2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【幹細胞】がん遺伝子を使わずにiPS細胞を作成=京大・山中教授

1 : ◆KzI.AmWAVE @Hφ=Eφ ★:2007/12/01(土) 08:30:08 ID:??? ?2BP(135)

iPS細胞:がん遺伝子使わずに作成 京大チームが成功

 成人の皮膚細胞からさまざまな細胞に分化する能力を持つ万能幹細胞「人工多能性幹細胞
(iPS細胞)」を作成した京都大の山中伸弥教授(45)らのチームが、当初必要とされたがん
遺伝子を使わずに、高品質のiPS細胞を作ることに成功。応用に向けた安全面でのハードルを
一つ越えた。1日付の英科学誌「ネイチャー・バイオテクノロジー」電子版に発表した。

 山中教授らは、四つの遺伝子をレトロウイルスに運ばせて体細胞に導入する手法で、昨年8月に
マウス、今年11月に成人の皮膚細胞から、さまざまな臓器・組織の細胞に分化するiPS細胞を
作成したと発表した。今回は、がん遺伝子(c−Myc)を除いた三つの遺伝子を導入してiPS細胞を
作成することに、マウスとヒトそれぞれの皮膚細胞で成功。iPS細胞ができるまでの期間は従来の
2〜3週間より約1週間長いが、分化能力に遜色(そんしょく)はなかった。チームは「ヒトの細胞が
もともと持っているc−Mycが三つの遺伝子の導入により活性化し、細胞の初期化に働いたのでは
ないか」とみている。

 iPS細胞をマウスの受精卵に入れて子宮に戻し、iPS細胞由来の細胞と受精卵由来の細胞が
混じり合ったキメラマウスを誕生させ、約100日間育てた。その結果、c−Mycを導入したiPS細胞
によるマウスは37匹中6匹が腫瘍(しゅよう)により死んだが、今回のマウスは26匹すべてで腫瘍
ができなかった。

 細胞の導入にレトロウイルスを使うこと自体にも、がんを引き起こす危険性がある。山中教授は
「臨床に一歩近付いたと言えるが、まだ課題は残っている。最終的にはレトロウイルスを使わない
方法を確立したい」と話している。

 山中教授らと同時期にヒトのiPS細胞作成に成功した米ウィスコンシン大のチームは、c−Mycを
含まない四つの遺伝子を導入しているが、成人ではなく、新生児や胎児の体細胞を使っている。

毎日新聞 2007年12月1日 4時00分
http://mainichi.jp/select/science/news/20071201k0000m040146000c.html

2 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 08:31:56 ID:4YAEHxkm
大丈夫か?

3 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 08:32:25 ID:LPuemmTz
taishita monda

4 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 08:38:44 ID:Tzc2ouAa
すげぇwww

5 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 08:41:46 ID:7zD9Zw+c
ウィスコンシン大と同日発表とかしといて今まで隠してたんだなw

6 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 08:48:38 ID:acdj1Awd
ガーン

7 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 08:56:03 ID:XO99vaGi
がん遺伝子使うから危険性が高いってこの前なんかの報道で見たんだけど
もう改良策だしてきたんか、すげー

8 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 08:58:34 ID:QKWMtQOh
>>1
そういうことじゃなくて
残存する無軌道な未分化細胞が癌化するんだろが
癌化しないってことは、「ポテンシャルが低い」ことにも繋がる
それに、マーカー遺伝子だけだと細胞融合と見分けが付かないことは
以前から言われてたじゃん


9 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 09:42:06 ID:xUSf1Q5p
チョン涙目www


誰が癌遺伝子を自分の体に入れたいと思うのか
って

10 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 09:50:39 ID:YH6CzqHv
こういう技術がどんどん進む

爺婆がどんどん長生きするようになる

年金など社会システムがガタガタになる

人類オワタ!!!

11 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 09:53:06 ID:Piw4kqec
>>10
社会的システムも発展すんだろ?
なんでそこだけ止まってんだよ。

12 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 09:57:57 ID:YH6CzqHv
>>11
では画期的なご提案を‥‥どぞ。
それがなけりゃ医学研究は,長い目で見たら 犯罪 だお。

13 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 09:59:17 ID:xyu4+sli
こういう技術がどんどん進む

爺婆がどんどん長生きするようになる

爺婆がどんどん働く

社会システムが老人向けだけになってくる

若者にとってつまらない世の中になる。

14 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 09:59:30 ID:GwplLB/f
アメリカだと、こういった高度治療をカバーする保険会社に加入できる人だけが恩恵を受けます。
ニッポンだと、テイラーメイド治療は費用がかかりすぎるので、保険システムの改悪が必要です。

15 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 10:01:58 ID:6QbU12QW
んん?以前の発表は何だった?
いきなり改良が出来ましたってことは実験を並行してやっていた事?

16 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 10:04:23 ID:aMpAezaw
>>15
ふつう、二段階くらい先まで実験は進めておいて、順次発表していく。
あるいは、先日の発表は、ウィスコンシン大学の発表に合わせるためだったのかもね。
意外と、次のブレイクスルーは早そうだ、あとは投入されるリソースの関数だな。

17 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 10:10:23 ID:YH6CzqHv
>>16
視野狭窄症のバイオ屋が湧いてきたw

18 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 10:21:25 ID:mCsw2OT7
朝鮮人かわいそうに

19 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 10:25:07 ID:vHOmYyqQ
こういう技術がどんどん進む

爺婆がどんどん長生きするようになる

爺婆がどんどん働く

社会システムが老人向けだけになってくる

若者にとってつまらない世の中になる。

そしてカーズは考えるのをやめた

20 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 10:30:45 ID:tlaQzGkC
はえーよw

21 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 10:35:29 ID:+vRA9zTq
>>8
良レス

22 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 10:37:55 ID:uIMjHzVu
同じ事を同時に思いつくのはよくある事。(有名なのがベルの電話かな?)
誰が公表するかってのもタイミング次第なんだよね。
さて、実用レベルは何処が完成させるかな?

23 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 10:49:22 ID:SsaUnr+h
年金システム自体が年老いて体と頭が付いてこなくなった人を救済するシステムだろ
じゃあ体はこの技術でバンバン新しく付けかえれるし脳みそは120年位もつんだっけか
これで少子化による労働力にの不足にも対応できるし
妊娠する時には頭以外を全部変えることもでき好きな時に出産ができるようになる
まあ、夢のような技術だよな
俺的には「ピッコロさん」みたいに腕きられてもムゥウゥとかいって生やしたいw

24 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 10:58:13 ID:Dzqzw8lx
がん遺伝子(c−Myc)を除くと、従来の方法と較べて、
iPS細胞を作る効率が10分1くらいに落ちるという。

25 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 10:59:17 ID:GwplLB/f
脳の老化は思ったよりひどい。
たとえ体が20代の若者でも、50代の脳はそれをうまくオペレートできんでしょうなぁ。
脳みそを若く保つつぅのは、ちょっと考えれば、とっても難しいよぉ。

26 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 11:03:15 ID:rQ+Wggvg
まぁ老害多いよな。
アメリカでもそうなんだし。

27 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 11:06:44 ID:nPZv/Mkz
寝たきり老人が減るだけでもだいぶましだっつーの
元気な年寄りが増えればみんなの負担が軽くなる
そうなりゃ少子化にもちょっとは影響するだろうよ

28 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 11:09:52 ID:YUxlM8H4
こういう技術がどんどん進む

年を取らなくなる

若者だらけになる

ついでに生物ロボットを作ってほとんどの仕事をロボットに

良い行いをした人や良い職人には永遠の命を

うまー

29 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 11:10:40 ID:YH6CzqHv
>>24
シッシッ,あっち行きなさい。そんな話はどうでもいいの。

30 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 11:18:53 ID:e7aQllkr
もうかよ

31 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 11:22:26 ID:hLOSeTE9
このスレには自分だけはジジババにはならないという馬鹿が多すぎる。

これからもずっと今の年齢のままだと思っているのか、それとも近く自殺する予定でもあるのか・・。

32 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 11:52:32 ID:e7aQllkr
ってか仮に技術が確立しても貧乏庶民の俺には恩恵のない技術だからな

33 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 11:56:20 ID:wH9WGGn0
見た目は若々しいのに、歩くのトロくて交通事故起こすような奴が大量に出てくるのか

34 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 12:11:59 ID:sgVKjW12
このおっさんスゲー

35 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 12:12:19 ID:I0xBNhPC
>>8
 
分かってないのは喪前さんの方だろwww
iPS入れてキメラマウスが出来てんだから喪前さんの理屈は全くの的外れだなwww
 
>>21
も同じく分かってないようだなw 自作自演?www

36 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 12:14:51 ID:3p4lop3n
ぶちゃけサイボーグ化の技術も良い感じで進んでいるから電脳は無理(危険度が高い)でも
人工関節等から推測するとあと十年くらいで下半身不随みたいな人は自発的に歩ける
位のガジェットが安易に手に張ると思う。
有機体の比率が著しく低下する事によって消費カロリーが少なくて住むから極端な話ブトウ糖が入っている
カプセルを一週間に二回くらい飲む程度で住んじゃう世界も来るだろうな。

37 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 12:30:20 ID:DfTSEBrr
黄教授の名前が人びとの記憶から忘れ去られていた二〇一〇年秋、難治病患者たちのなかで
金剛山観光に行ってきて完治したという奇跡のような話が広がった。

金剛山に万病に効くわき水があるといったウワサも流れたが
完治した人たちは沈黙していた。

しかし完治患者が千人に達したとき、韓国政府は世界を驚かせる発表をした。
黄教授の才能を惜しんだ政府が、北朝鮮の協力を得て
ひそかに金剛山に秘密研究所を設置し研究を続けさせていたのだ。

この秘密は北朝鮮の積極的な協力で守られ、黄教授はついにES細胞の大量生産に成功した。

http://www.buyking.com/news/2005/02/news200502111359583/stamp.jpg
http://www.chosunonline.com/article/20050512000067
http://blog27.fc2.com/g/ginkalife/file/sankei01.jpg
http://www.allim.go.kr/download1/good_flash/human.swf

【韓国】チョン・ヨンギ博士:「日本の山中教授の作った万能細胞はウイルスを使う。そんなもの誰が欲しがるか?」[11/19]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1195655470/l50


38 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 12:38:32 ID:jg5HfqfQ
レトロウィルスで遺伝し運ぶってのは一般的でそこそこ安全じゃないの?
もちろんもっと安全になるに越したことはないんだろうけど。

39 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 13:06:01 ID:WQpqbRaQ
文系だから良く分からんが、まだ26匹しか試していないから、
1000匹くらい試して、癌化するのが数匹以下なら臨床に行くって感じなのか?

40 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 13:38:44 ID:YcE3aV80
いっきに研究成果が出てきたな3年後には多分…

41 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 13:51:38 ID:+vRA9zTq
>>35
良レス認定

42 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 14:16:26 ID:Gzu8ZsdA
遠い未来には、死因は事故と自殺だけになってるんかねえ。

43 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 14:38:16 ID:3p4lop3n
>>39

数じゃなくて種類な。
鼠、牛、虎、卯、龍、未・・・ってやって48種くらい試したのち人体実験に
移りある程度の結果が出たら臨床で実践的なデータを取って完璧を目指していくみたいな。


44 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 15:43:41 ID:P84uTg6V
NatureのPDFは?

45 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 15:47:08 ID:ZcW2nSpN
>>43
龍は大変そうだな、暴れて

46 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 16:04:24 ID:YH6CzqHv
>>41
愚レス認定w

47 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 16:06:32 ID:5LOdfIEB
>>12
ID:YH6CzqHv みたいなバカを殺していけば
社会的な負債が減って老人を養えるようになる。

48 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 16:29:02 ID:y1LMCA7j
記憶はそのままでちょっとずつ脳細胞をiPS細胞に置換する事って出来ないの?

49 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 16:47:37 ID:LWZgoAXR
>42
脳のすべてを一から再生するのは、
ニューロンやシナプスや記憶の構造からいって
まだ簡単じゃないと思うよ。
ただ、脳梗塞で一部が壊死して麻痺してしまった状態とかだったら
リハビリで何とかなるかもしれない

50 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 17:03:27 ID:jUAH6VAW
IPS細胞を作れたっていっても、それをどうやって使うんですか?

51 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 17:07:27 ID:0jaiHsQP
>>49
脳はニューロンよりシナプスの網の状態が重要であり、
それ網(ネットワーク)そのものが記憶や仕組みというのは
当然知っていると思う。
つまり脳を再生してもリハビリしても経験や体験の一部は
再生できない。更に無意識下で動く体の連動部分も同じ。
リハビリで一部の欠損個所を電気的やホルモン的要素で活性化させ
リハビリ効果を著しく促進する技術は将来的に可能だと思う。
脳で重要なのは発生と同時に育ってきた脳内のネットワークで
そのネットワークが知識としての記憶ならば生命の影響は少ない
と思うが、体の維持に対する機能部分だとすればかなり問題に
なるとおもわれる。

52 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 17:12:31 ID:8eHpPLVs
>>42
事故でも死なないようにするには
体を気体にするしかないんだろうね

53 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 17:28:15 ID:ZcW2nSpN
不老で病気にもかからない存在になったら
死ぬ時は総じて悲惨な最期になる罠

54 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 17:31:48 ID:kV4S15Y7
後は、ウィルスによる導入法をクリアできれば完璧だな。
その後は、実際に完成された臓器まで作って、実際に移植して、経過をみる。
当然、まずマウスでやる訳だが。
最短で5年後くらいには、iPS細胞で作った臓器を移植して命を救われたって人が出てくることを期待♪

55 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 17:34:29 ID:tP9PUMeP
また大阪か

56 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 17:55:36 ID:LWZgoAXR
問題はまだあると思うよ。
iPS細胞をそのまま培養していったら、
一個体が出来上がっちゃうわけで、

どんな細胞にもなりうるiPS細胞を、
いかに必要としている臓器や器官の細胞にして培養するかが
課題になるわけでしょ?


57 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 18:02:03 ID:Jn+QMS8A
>>56
それは、たんぱく質の種類を変えて投与することで操作できるんじゃないの?

58 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 18:04:57 ID:4+n3GHNy
しかしアレだな、遺伝子組み替え食品だと非難して、iPS細胞だと称賛って、どんだけ民度低いんだよ

同じ技術使ってんのに

59 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 18:10:50 ID:o3UyyXWa
>>58
同じ技術ではないし、信頼性が根本的に違うだろう。

60 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 18:23:21 ID:Jn+QMS8A
>>58
韓国も日本を見習って遺伝子組み換え食品を問題にしておきながら、捏造ES研究で大騒ぎしてたよ♪
しかも、最高科学者なんて称号までつくって、研究所まで作ろうとして・・・w

61 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 18:30:33 ID:Qvzb1EYf
知り合いに頚椎損傷の人がいるがマジ実用化を望む


62 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 18:41:54 ID:Gzu8ZsdA
>>58
なんか起こったときに不特定多数が被害を蒙るか田舎じゃない。

63 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 18:42:17 ID:vuSV7OpF
臓器つくるのが難しそうだな。なんかで心臓をみたけど、まだまだって感じだった。
うまく分化させる条件を検討するのに年月はかかりそうだが。
国全体で研究をバックアップするべき。

64 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 18:47:25 ID:ogrtmLvB
>>56
「そのまま」で
「一個体」
なの?

65 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 18:56:44 ID:rlw8zBFn
追試再現、確認検証が、普通にできるのかにゃ?

66 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 19:00:12 ID:z8Fb5u6s
------------------------------------------
科学ってのは

1.仮説が立てられる
2.仮説を裏付ける実験結果が得られる
3.第三者が追試して同じ結果が得られる
4.他の科学者が否定を試みるが未だ明確な否定に至らない

こういう事をもって、「現時点での事実」とする学問。
-------------------------------------------

67 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 19:15:31 ID:Dzqzw8lx
>>56 >>64
マウスのiPS細胞から神経細胞や心筋細胞などを作製することには成功したが、
「iPS細胞だけ」から、1匹のマウスを誕生させることには成功してないようです。
「マウスのiPS細胞を普通のマウスの胚に入れ、(母親マウスの子宮に着床させると?)
細胞が混じり合ったキメラマウスが26匹生まれた。」ということです。

68 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 19:30:19 ID:Eq5B1jpR
そのマウスの細胞見たらiPS由来か胚由来か簡単にわかるん?


69 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 19:30:48 ID:Tj4L3bQn
しかし
マウス体細胞からiPS→ヒト体細胞からiPS→ガン遺伝子なしでiPS化
ってつぎからつぎへと凄い勢いだなあ
ウィスコンシン大との競争で
リードしてるのはこっち!!っていうアピールか?

70 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 19:45:15 ID:Tj4L3bQn
>>67
>「iPS細胞だけ」から、1匹のマウスを誕生させることには成功してないようです。
>「マウスのiPS細胞を普通のマウスの胚に入れ、(母親マウスの子宮に着床させると?)
違うでしょ。「iPS細胞をマウスの受精卵に入れて子宮に戻し」たんだから
iPS細胞由来の細胞と受精卵由来の細胞が混じり合ったキメラマウスができるのが当然。
iPSクローン・マウスを作るつもりならiPS細胞の核を除核卵と細胞融合させるはず。


71 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 19:46:43 ID:lGs9j2Yj
現時点でノーベル賞複数貰っても良いくらいの成果挙げてるんじゃないの

72 :67:2007/12/01(土) 19:52:45 ID:Dzqzw8lx
>>70
何が「違う」のか分からないのですが?
受精卵や未受精卵を使わずに、「iPS細胞だけ」から、
1匹のマウスを誕生させることには成功してないのでは?

73 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 20:00:20 ID:1PALbjce
この人は現代の錬金術師ですか?

74 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 20:06:55 ID:Tj4L3bQn
>>72
成功してないのではなくて
iPSクローン・マウスを作ろうとしているのではないということ。
哺乳類のクローン個体を作るのは倫理的・社会的にいろいろややこしい議論を起こすし
ヒトにおける幹細胞の医学的応用はそっちの方向へいってない。
この実験は現在パーキンソン病などで試みられているような
幹細胞移植による治療にiPS細胞を使ってもガン化が起こらない方法を示そうとした。

75 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 20:11:14 ID:LWZgoAXR
>67
わかりました。
レスありがとう^^

76 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 20:13:56 ID:RdkxiFHr

486 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2007/12/01(土) 16:19:16
理系の素養ゼロの大卒官僚、次々名前だけ新しくして自己顕示したい官僚から
大きなお金を取ってくるためには、科学的な真の意義を全面に出していたら負ける。
流行の言葉で注目を浴びるか、CNSを連発して有無を言わさせないか、どちらかしか生き残る道はない。


所詮は、目的は研究費ゲットのための手段にすぎないマヤカシ論文だということだろな。

77 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 21:35:31 ID:2E++4Ckj
>>7

もともと改良策はあったけど雑誌に出るまで黙ってただけの希ガス。

>>13

不老化したら若者と老人ってどういう風に違ってくるんだろ。個人差のほうが大きそうだが。

>>32

今庶民が使ってる抗生物質とか予防注射だって昔は一部の人だけだったわけで再生医療だって最初は金持ちだけでも将来庶民も使えるようになるだろ。

>>62

それは両方で当てはまることだろ。

>>76

そもそも最先端の研究なら官僚やマスコミとかの部外者の理解が不十分なのはあたり前。
それに官僚の試験は理系科目もあるわけだから素養が0というほどでもない。
まやかしかどうかは載せる雑誌の査読か他の研究者の追試で判断すればいい事。

78 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 21:39:35 ID:CpOy9OXc
まさに日進月歩

79 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 22:05:21 ID:5LOdfIEB
>>54
日本のシステムだとどんなに頑張っても最短で20年ってとこじゃないかな。

80 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 22:05:37 ID:km9xMQxk
http://www.allim.go.kr/download1/good_flash/human.swf

誇らしいにだ

81 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 22:12:32 ID:gdRjYKb4
在日で初めてのノーベル賞ニダ

82 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 22:14:11 ID:GrQOuvFr
>>76
2chソースwww
正気か

83 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 22:20:55 ID:Tj4L3bQn
>>54>>79
>最短で5年後くらいには、iPS細胞で作った臓器を移植して命を救われたって人が出てくることを期待♪
>日本のシステムだとどんなに頑張っても最短で20年ってとこじゃないかな
皮膚、筋、神経、膵(ランゲルハンス島)、肝細胞など、
細胞レベルでiPSを分化させるのは比較的早くできるだろうが
臓器丸ごとを作るのは日本に限らず20年でも難しいだろう。
ES細胞からでも通常の胚からでも個体発生のプロセス以外の方法で心臓や肝臓などの臓器を
作る方法を見つけた人はまだいないと思う。

84 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 22:42:06 ID:0NHxv+V2
>>83そんなもんなんだ…。かなり残念…

85 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 23:14:57 ID:7C7BGoAz
>>51
そのネットワーク構造を解析・保存・構築できるようになれば電脳化も夢じゃない!?


86 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 23:35:26 ID:Ly8LWYpy
いわゆる最先端的な考え方じゃなく、常識的に細胞から臓器を作るということが
できるとはとても思えん。そんなに単純なつくりじゃないと思う。
ドリーがいるわけだが・・・・

夢を実現するためにがんばってほしいが。

87 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 23:41:57 ID:A4+Crm82
遺伝子が同じであれば、細胞組織も同じで、それを使って部品交換するみたいに、
生体の部位の交換移植が可能だと思い込むのは、あまりにもお気楽で無知な、
空想妄想ファンタジーの住人だな。
臓器や細胞組織は、生長履歴経験こそがものをいう。
自己増殖するカスタムメイドの一個一個の個性を有する存在だということについて、
もうすこし深く洞察しておいたほうがいいよ。
移植医療に関わってる連中は、できないそぶりを見せない詐欺師ばかりだよ。

88 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 23:47:11 ID:Ck6MKh62
確かに、ぶくぶく泡の立つ生理食塩水を満たした大きなガラス容器の中で、心臓1個がまるまる作られてゆく情景なんてSFだよな。
それが現実になりうるのだろうか? という気がする。

89 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 23:48:28 ID:qLTOZHjA
>>82
自分の書き込みを転載してソースとする手法ですよ。

信頼性が増した気になります(自分だけ)。

90 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 23:50:36 ID:Ck6MKh62
たぶん個々の完全な臓器は、体全体の中でしか作れないだろうね。繋がってる訳だから・・・
できるのは、臓器の部分的組織、もしくは細胞の塊だけだと思うな。

91 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 23:51:14 ID:/8t2n9wU
のちの、多国籍企業アンブレラ社創立の瞬間である。

92 :名無しのひみつ:2007/12/01(土) 23:53:36 ID:tiLcKgi/
>>89
その手法、いまや仲間内で引用しあって科学論文でやってる連中もいるからなw

93 : ◆KzI.AmWAVE @Hφ=Eφ ★:2007/12/02(日) 00:31:10 ID:??? ?2BP(135)
Generation of induced pluripotent stem cells without Myc from mouse and human fibroblasts
Nature Biotechnology
Published online: 30 November 2007 | doi:10.1038/nbt1374
http://www.nature.com/nbt/journal/vaop/ncurrent/abs/nbt1374.html

94 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 04:25:58 ID:yCvnhWDu
>>89
朝日みたいだな


95 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 05:08:16 ID:ogo0YNgJ
なん…だと…?

96 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 07:22:11 ID:b2GO10BO
またファイブロブラストかよ・・・
ケラチノサイトを使えよ


97 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 08:55:27 ID:Nwvkaq1e
>>87

がっつり素人臭が出ているから誰もつっこまないがそいう管理をテロメアが一括に
担ってやっているから生きながら進化しないんだよね。


98 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 11:00:55 ID:Cwx4BCxV
>>97
そういうことじゃないだろ。

遺伝的に同じであってもまったく同じ器官を作り出すのは不可能だということ。
発達過程における環境の違い(栄養、ストレス、ホルモンなどのシグナルの受け方)に
よっては似て非なる器官に出来上がってしまう。もちろん、免疫の観点からは移植でき
ないということはないが、微妙な違いっつーのは移植の適合性に大きく影響を与える
重要なファクターなので、楽観的に見るのはまだ時期尚早ってこと。

また、それ以前の問題として、iPS細胞はエピジェネティックな変異に関しては
現状ではなんら検討されていないしね。

99 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 12:23:12 ID:VO0aWsv6
>>98
楽観的もなにもまだ初まってもいないだろw


100 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 12:46:15 ID:Cwx4BCxV
>>99
別に俺がどう思ってるかじゃなくて、>>87のカキコに対応させて書いただけ。

研究業界に足を突っ込んだ人なら良く分かると思うが、研究成果の発表って
嘘はないもののポジティブで分かりやすい面しか言わないから、素人からみると
何でも出来そうと思えてしまうことがありがち(もちろん捏造はなしという前提)。
企業広告なんかもそうだよね。

でも、ポジティブな面以上に課題がたくさん残されているわけで、
研究者は日夜その次なる問題に取り組んで飯の種とするわけだ。
当然、山中先生なんかは俺たちのうかがい知ることの出来ない次の次の問題まで
思索をめぐらせて研究プランを組んでるはず。

101 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 13:06:59 ID:ahDcApy+
つーかw なんで 「多能性幹細胞が出来た」→「人工臓器」 と思考がショートするのか分からんなwww
そんなもんの基礎的な研究は今回の iPSなんて無くてもマウスやら他のモデル動物のES細胞が幾らでも使えるしw 
この技術の確立を待つまでもないwww ただ未だに人工臓器は実現に程遠いだろうがなwww
 
今回のiPSが注目されてるのはこれまでに骨髄由来の多能性幹細胞とかで試みられてきた心筋梗塞とかパーキンソン病
とか脊髄損傷とかに対して幹細胞を注入する方法だろwww

102 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 13:16:35 ID:17ladYYl
移植医療のいんちきがバレる前に、こぞって、
これまたマヤカシヤマナカ再生医療にシフトですかな?w

103 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 13:24:33 ID:+NhoPg3j
それにしてもイエローウソツクがVサインしている顔は馬鹿面だな

捏造しておいて

104 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 13:31:33 ID:7P7MnIXb
日本語で頼む

105 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 13:38:38 ID:+q2456mQ
>>104
お前の日本語ってのはチョソ訛りの日本語じゃね?

106 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 14:27:32 ID:l5/VwhzC
>>87>>98
なんでまったく同じである必要が??

107 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 14:56:05 ID:hzzsrYvK
ID:A4+Crm82 = ID:Cwx4BCxV

108 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 15:01:05 ID:17GZuV++
ただレトロウイルスを使う限り、癌化の可能性は減らないよね。
レトロウイルスはトランスポゾンの様に遺伝子の中に割込む感じで入るから、抑制遺伝子に割って入った場合は癌化する、というのがレトロウイルスを使った遺伝子治療の治験で報告されていると思う。
あとこれからもiPSの論文は結構出て来ると思うよ。脊髄損傷の研究で有名な慶應の整形外科のグループが、マウスの脊損モデルにiPSを移植する研究を年内に投稿出来ればと言っていたよ。

109 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 15:22:05 ID:arq4kG3o
>>89
ワロタ

110 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 16:47:22 ID:rQtEgNbG
この研究の延長上には、不老不死や若返り、
火の鳥(不死鳥)、万世一系の思想の具現がある。

111 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 17:06:52 ID:Cwx4BCxV
>>106
要は遺伝的に同じ生体組織であっても形成過程で差が生じるわけで、
移植して想定どおりの機能を問題なく発揮するかどうかは臨床試験を
重ねていかない限りわからないという話であって、まったく同じじゃ
なきゃだめなんて書いていない。現時点ではっきりクリアできているのは
拒絶反応が起きないという一転に尽きるからな。

ただし、いつになるかは分からんがiPS細胞からの臓器生成技術が完成した暁には、
今以上に移植手術の適用例が増えると考えられるため、組織の微妙な差異が移植後の
患者の体に及ぼす影響は事前に十分に検討されておくべき課題であることは間違いない。

>>107
勝手に同一人物扱いするなよ。

112 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 17:08:17 ID:Cwx4BCxV
一転→一点

113 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 17:17:22 ID:4JN7c5at
【万能細胞】京大・山中教授グループ、早くも「次のハードル」越える!…"がん遺伝子"使わない方法で成功★2
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1196511132/

114 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 19:34:40 ID:WrDcTDSC
>>110
やけにデンパ杉だな。あるのは、単なる研究助成金のオネダリねただってこと。
成果でるなんてことありえないのは、やってる当事者たちが一番よく知ってるはず。

115 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 22:11:10 ID:bh/gE9fr
>>56
微妙に勘違いしてね?

116 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 22:12:47 ID:bh/gE9fr
入れるのをだんだん削っていって、実は入れる遺伝子より使ったウイルスベクターが大事ってオチになったら笑うな

117 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 22:28:52 ID:ZyL2H2bD
「プロウイルス」とか「レトロトランスポゾン(ジャンクDNA)」とか・・・
ヘンな勘違いやらかしてなきゃいいけどな。

118 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 22:33:02 ID:l5/VwhzC
>>114
110は電波だけどお前も電波だろが・いつまでやってんだよ

119 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 22:33:43 ID:cVV2ylxE
そういえば最近、「人造ウイルス」に関して、ほとんど言及されることがなくなったな。

【分子生物】「リバースジェネティクス」が注目されている- 遺伝子からウイルス合成
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1163513417/

あれも最初から、かなり捏っぽかったけどな。
生物ではないとはいうものの生命体にかわりないものを、
人工的に合成できるような作り話や捏造・偽造はよくないよな。

120 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 22:50:20 ID:7P7MnIXb
別にそれも捏造ではないと思うけど
すぐに成果が出ないといかんなら科学研究なんて成り立たんぞ

121 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 22:53:36 ID:zaLL7+Eh
ウイルスなら作れてもおかしくないけどな。
すくなくともRNAもしくはDNAの人口合成はすでに可能なわけで。
たんぱく質によるコーティングが可能か知らんが。


122 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 22:56:41 ID:VrLi8H82
仮説には、白い仮説と黒い仮説と灰色の仮説があり、
灰色の仮説にも、限りなく白に近い仮説と、限りなく黒に近い仮説がある。

黒く汚れたあるいは限りなく黒に近い灰色の仮説からは、
良識を持った人間は何も言わずに静かに遠ざかっていくものさ。

123 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 23:00:48 ID:7P7MnIXb
ポエム?

124 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 23:13:13 ID:M0aKGDgV
これが犯罪者だったら「山中」は左右対称だから絶対チョンだとか言うくせによ

125 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 23:17:45 ID:VrLi8H82
【山中教授】
http://find.2ch.net/?STR=%BB%B3%C3%E6%B6%B5%BC%F8

京都大学の山中教授って間違いなく在日だよな
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/korea/1196463207

126 :名無しのひみつ:2007/12/03(月) 00:16:55 ID:xwKJ8DA8
またソースは2chか

127 :名無しのひみつ:2007/12/03(月) 00:47:18 ID:Dhz6JJkY
在日じゃなくて在米じゃないのw?

128 :名無しのひみつ:2007/12/03(月) 15:14:24 ID:Ty0CHu9B
とりあえず、捏造だらけだった黄の話題とかは正直もうどうでもいいし
議論する余地もないカス

ところでc-Myc使わない研究も平行でやってたんだな・・・さすがというかw

129 :名無しのひみつ:2007/12/04(火) 12:52:07 ID:eM3Uaid2
よくわからないんですがセキソンの人は近い将来歩けるようになるんですか?兄がセキソンで車椅子なんです。

130 :名無しのひみつ:2007/12/04(火) 15:16:52 ID:P8d7vX3y
つーか臓器とのの初期発生自体は眼とかと同じく誘導からだろうから
スタートさえ特定すればそこまで苦労はなく作れるんじゃないの?

まあ心臓とかの循環器は困難かもだけど、とりあえず肝臓あたりは
そこまで大変じゃなく作れそうな希ガス。

131 :名無しのひみつ:2007/12/05(水) 00:56:54 ID:1GBoDm92
【指針】同様の効果で問題の少ないiPS細胞の登場で文科省「これまで通りES細胞、クローン胚研究もするように。」
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1196768353/

チョソ流いんちき創造科学には、予算つくのも早い早い・・・。
吹き溜まりつくって、凝集させておかないと、ろくなことやらかすから?
北朝鮮みたいに固めておかないとダメなのかもね。
捏科学をあっちこっちに散らかすよりはマシみたいだな。

132 :名無しのひみつ:2007/12/05(水) 01:29:36 ID:e3gGzxoG
 この2週間まえくらいに、NHKで脳の不可逆的脱落欠損部位に万能細胞注入して
5時間で手が動くようになったっていう治験、一部始終がやってたな。
 不老不死技術きたっておもったね。パンドラの箱あけちゃったよって
おもった。脳の更新が永遠になっちゃったって。人類オワタ。


133 :名無しのひみつ:2007/12/05(水) 01:32:27 ID:2HFA95CF
http://jp.youtube.com/watch?v=JL98uMxGqqM
シドニー白人暴動

134 :名無しのひみつ:2007/12/05(水) 01:37:03 ID:OUP7mIgA
>>132 
かなり捏っぽいって気づかなかったか?w
ゼニゲバ犬HKの電波ジャックだぜ。

135 :名無しのひみつ:2007/12/05(水) 02:07:05 ID:oVErONnd
天漢日乗: 皮膚細胞から万能細胞を作った山中伸弥京大教授(その4)山中教授グループの研究に個人で寄付をしたい
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/11/4_299a.html

一応な、実際アメリカに行くようだけど


日本全体が今や日亜化しているから、科学者には日本は住みづらいんだろう

136 :名無しのひみつ:2007/12/05(水) 02:14:26 ID:oVErONnd
天漢日乗: 皮膚細胞から万能細胞を作った山中伸弥京大教授(その4)山中教授グループの研究に個人で寄付をしたい
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/11/4_299a.html

一応な、実際アメリカに行くようだけど


日本全体が今や日亜化しているから、科学者には日本は住みづらいんだろう

137 :名無しのひみつ:2007/12/05(水) 02:14:53 ID:5tEOghRU
いんちき科学者はどんどん海外へ流出しておくんなせい。
日本の金だけ吸い込んで、いんちき実験は海外でやれば
日本国内だけでハデに言ってるかぎりはバレることがないしな。

138 :名無しのひみつ:2007/12/05(水) 02:16:33 ID:yBZd4xyo
灯台の皮丘くんはその手をつかってるよ。

139 :名無しのひみつ:2007/12/05(水) 06:51:23 ID:HWXaco75
ストーカー乙www

140 :名無しのひみつ:2007/12/05(水) 10:45:45 ID:MYDJTeQy
再生医療とか分かりやすいゴールが目に付く傾向があるけど、
山中氏の研究は正攻法だし、今後の研究発展の礎となること
は間違いない。既に他国で再現実験はされてるしな。

141 :名無しのひみつ:2007/12/05(水) 13:50:25 ID:XS5R2plu
それは歩けるようになるって事ですか?

142 :名無しのひみつ:2007/12/05(水) 14:41:06 ID:Z9rOJTO+
> これが犯罪者だったら「山中」は左右対称だから絶対チョンだとか言うくせによ

大丈夫だよ、心配しなくても、アッチの鮮人が在日認定してくれるから。



37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)