2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【エネルギー】予算総額1兆円超、米国防総省が宇宙太陽光発電所の開発計画案を公表[07/10/14]

1 : ◆science2zw @ガブラッチョφ ★:2007/10/14(日) 14:31:42 ID:???
米国防総省は10日、宇宙太陽光発電所の開発計画案(Phase 0 Architecture Feasibility Study)
を公表した。

 試案で示された内容は、地球の軌道上に数キロメートルに及ぶ巨大なソーラーパネルを
備えた軌道プラットホームを打ち上げ、ソーラーパネルから供給される電力を高周波か
レーザーに変換して地上に送信するというもの。

 試案をまとめた国防総省のNational Security Space Office(NSSO)では、資材の打ち上げと
建設に必要な費用総額は100億ドル(約1兆1500億円)前後と見積もっており、計画が認められた
場合には今後、10年以内に地上に5〜10メガワットの電力を送信可能な太陽光宇宙発電所の
実現を目指すとしている。

  NSSOによると、現在、イラクの戦闘地域にある米軍基地の場合、1キロワット/時あたりの
電力コストは米国内の10倍となる1ドルを超える場合もあるとした上で、宇宙太陽光発電所の
場合は地球上のどこにでも電力を供給することが可能となるため、戦闘地域や自然災害の
被災地域などの危険地帯へのエネルギー供給が容易になると述べている。

 しかし、この計画案で示されている宇宙太陽光発電所は、現在、建設が進められている
国際宇宙ステーションの約10倍の規模を持つものともなっており、米国が保有している
ロケットの打ち上げ能力では、10年以内という短期間にこれだけ巨大な構造物を地球の
軌道上に建設するのは不可能(スペースシャトル級の大型ロケットで最低100回の打ち上げ
が必要)。NSSOの試案は資材運搬用の新型のロケット開発まで言及されており、試案が
認められた場合、米宇宙開発史上、アポロ計画に次ぐ巨大プロジェクトが始動することに
なりそうだ。

(ニュースソース)
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200710130121&page=2

(関連スレ)
【エネルギー】人工衛星で集めた太陽の光を大出力のレーザーに変換して地上に送る
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1188818721/




2 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 14:33:51 ID:UAkqvsoP
日本の予算は、特権階級。部落民・在日鮮人のものです。
軍備・科学に金を使うな。道路を造れ!橋を架けろ!
人民平等のために生活保護に使え!

3 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 14:34:04 ID:YeJ0r9kE
既に日本でやってたような・・・


4 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 14:39:39 ID:dCHqjAmE
馬鹿だ馬鹿だと思ってたけど
ブッシュがここまで馬鹿だとは

5 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 14:39:57 ID:nrhY6IYa
どうみてもやっぱり兵器です

6 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 14:41:51 ID:cE7lrCBg
>>1
>米国防総省

なんかリアルソーラレイを作りそうな.....

7 :ガムはロッテ チョコもロッテ:2007/10/14(日) 14:43:35 ID:XnJROZ0E
新エネルギー開発まで後れを取ったら、資源小国の日本涙目
せめて、その発電用パネルを日本企業から採用してくれないかな。

8 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 14:43:54 ID:jiHKap5u
>1キロワット/時
これは一体どういう単位なんだ…?

9 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 14:45:06 ID:D6yCTgp3
砂漠に作った方が安上がりじゃないか?
なんでわざわざ宇宙に?

10 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 14:48:48 ID:D6yCTgp3
>>8
スラはいらんよなw

11 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 14:51:28 ID:vf8p04J2
>>9
全天候型

12 : :2007/10/14(日) 14:52:41 ID:MXLCO6ba
小学生ばっかりw 乙

13 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 14:53:11 ID:6SN9O2aa
昔から計画だけは出るんだけど打ち上げコストがね。
戦闘地域の電力なら小型原子炉持って行ったほうがいい。

14 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 14:54:25 ID:D6yCTgp3
ああ雨天・曇天・夜間発電まで考えてのことか。
なるほどわかった。

15 : :2007/10/14(日) 14:54:28 ID:MXLCO6ba
>13
そこを攻撃されるわけだが・・・
自分で戦地に弱点持ち込んでどうするw

16 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 14:56:38 ID:+Qge+Gpz
>>1 地球の軌道上に数キロメートルに及ぶ巨大なソーラーパネルを

ソーラーパネルの大きさを計算

100万キロワット/hの出力を得るには

大気圏外での太陽エネルギーは 1m2当たり1.38kW。これの42%を利用できるとして

1m2当たり 1.38k*0.42=0.5796kW/m2の発電力

100 0000kw/0.5796Kw=173 3402m2が必要
1Km2=100 0000m2だからたかだか1.7平方キロ程度


17 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 14:58:18 ID:6SN9O2aa
>15

いや、まさか前線に置かないだろ。砲撃程度で壊れるものは
作らないだろうし。

18 : :2007/10/14(日) 15:01:04 ID:MXLCO6ba
>17
わかったよ。君に作戦でおk

19 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 15:03:47 ID:j9ITFDAV
資材運搬用の新型のロケットか。
こっちのほうが興味深げ。

20 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 15:03:55 ID:vf8p04J2
>>16
よっぽど効率のいい太陽電池の効率が42%としても
地球へ電力を送信するのと地上で受信して電力に変換する
ロスを考えると、実際利用できるのは10%も行かないだろう。

21 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 15:16:35 ID:IkxQmsP5
1兆円使って良いなら大規模ソーラー発電所20個くらい建設したほうがずっと良いと思うのだが…

日本のだって住宅地の戸建ては問答無用でソーラー義務化して差額分を補助金出せば良い。

22 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 15:25:04 ID:4u1TrKtB
これからソーラー関連株が上がるというのはわかった。


23 : :2007/10/14(日) 15:25:11 ID:MXLCO6ba
>>21
>戦闘地域や自然災害の
被災地域などの危険地帯へのエネルギー供給が容易になると述べている。

言い訳は多いが所詮、兵器です

24 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 15:27:32 ID:oTTjrVbN
日本でも実験してますが
ソーラパネル設置は可能
マイクロ波などで地上の電力を送るのも可能

兵器にもなる
故障などで地上受信地以外を攻撃することもあるおwwwwww

25 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 15:34:02 ID:EQGFtoRH
衛星砲?

26 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 15:37:42 ID:HOlHOInY
瀬戸大橋とかアクアラインも総額一兆円くらいいってなかったっけ?

27 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 15:43:39 ID:OILO/s9B
アメ公は、温暖化防止のため宇宙にパネル状の傘(?)みたいなものをさして、太陽光エネルギー
の入力をコントロールしよう、ってのがあった。
今回の方がずっと不気味だ。中国の衛星破壊実験が・・・?

ところで、ソースの「10月10日」ってのは、ゴアが平和賞もらう前だな。
民主党大統領が選ばれる前に予算確保ってことなのかなあ?



28 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 15:44:43 ID:l6ZMkW3n
B-2が5機分ぐらいか。
意外と安いと思った。

29 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 15:46:23 ID:r3nudGRv
>>9
 昔、サハラ砂漠の砂の上で一晩明かしたことあるけど、明け方とかめちゃくちゃ強い風が吹きまくって
朝起きると目の前の砂丘がなくなってるという経験をした。
 砂漠といっても砂だらけの砂漠以外の石だらけの砂漠もあるけど、砂ぼこりにまみれたり、下手したら
砂に埋まる可能性もある。砂漠といっても降水量が0じゃないところも多い。水に塗れたらもっと砂は落ちにくい。

 砂に埋もれて傾くから土台も砂の下の岩盤まで土台を築く必要もある。砂漠といってもいろいろな生物が
いるかし。

30 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 15:52:57 ID:CVpN8gAT
太平洋と大西洋の電位差みたいなのがもしもあったら、太いケーブルで繋いだら
電気流れたりして。

31 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 15:55:50 ID:Jrj1wsAD
西暦2017年=宇宙世紀01年



32 :ばか俺:2007/10/14(日) 15:58:10 ID:rMa0B1QO
アメリカの考えは「兵器への転用」

33 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 16:04:58 ID:crfu65EJ
>1キロワット/時あたりの
>電力コストは米国内の10倍となる1ドルを超える場合もあるとした上で、宇宙太陽光発電所の
>場合は地球上のどこにでも電力を供給することが可能となるため、戦闘地域や自然災害の
>被災地域などの危険地帯へのエネルギー供給が容易になると述べている。

日本帝国のエネルギー衛星を思い出した。

34 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 16:06:22 ID:5J/KSMue
>>21
長い目で見た場合の将来性は宇宙空間設置の方が上だからじゃね?
よくわからんけど

35 :J('A& ◆XayDDWbew2 :2007/10/14(日) 16:22:03 ID:RDdpieIL
>>9
アメリカ人はそこに気付けない。
てかどう考えても1兆円程度じゃ作れないだろこれ…

36 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 16:22:19 ID:ONDpDB8g
宇宙開発で問題になるのが電力、電力が多く確保できれば研究・実験で出来る
範囲は大きく広がる。特に金属加工の場合石炭なんて使えないから電気で熱するしかない。

37 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 16:31:22 ID:sgKGpdrJ
構想自体はずいぶん前からあるんだけどね・・・。実現性が非常に薄い。
実験だけでも相当大変なことになるはず。

砂漠に太陽電池を・・・という話もあるが、保守管理が大変な上に太陽電池
そのものの劣化が思ったより早いのであまりお勧めできない。また、砂漠
からだと送電面でもこえなきゃならないハードルは多そうだしな。

38 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 16:48:41 ID:jha6g19u
宇宙線で発電ってできねーのかな

39 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 16:53:52 ID:pJphrm5z
簡単に攻撃用兵器に転用できそうだし
一石二鳥というやつですな(w

40 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 17:09:26 ID:P01DD1Wl
ガミラスの反射衛星砲作った方が使い勝手がいいんジャマイカ?

41 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 17:25:50 ID:+Qge+Gpz
>>39
マジレスすると、それやったら宇宙協定違反になるので、アメリカといえども無理。
第一攻撃衛星なんて今の技術じゃあっという間に地上からミサイルで撃墜されるから割りにあわない。

それでデブリがでたら、ほかの衛星にも影響がでまくりだから、攻撃衛星はつくれんよ。

42 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 17:26:56 ID:5JZJfekH
sdi de ok?


43 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 17:38:54 ID:YP4SD8TW
また軍事利用か?

44 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 17:40:48 ID:It6pAQLF
輪転機回転させるだけか・・

45 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 18:27:26 ID:4vvzx4yc
2008年にむけて
いよいよアメリカはギガントを飛ばし超磁力兵器を使う準備な入ったか。

46 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 19:13:47 ID:t/avaTao
軌道エレベータができればなぁ

47 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 19:16:23 ID:6rmlfW5p
 


            アァ、あれは憎しみの光だー!

 

48 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 19:25:20 ID:zShrOKpU
いっぽうビンラディンは地上設備に飛行機をおとした。

49 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 19:42:12 ID:9u3H6sW6
恐怖の大王が降ってくる

50 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 19:45:41 ID:xuUZHYCA
こんな大きなソーラーパネルを軌道上になんか持って行ったら、隕石とかデブリとかで穴だらけにならないのか?

51 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 19:55:03 ID:UH1eN8Ei
出力数MWか。原子炉一基の1,000分の1だな。
こういう衛星を1000機単位で飛ばすのか?

52 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 20:03:30 ID:VDrZTzY4
ふと思ったんだが火星とか水星とか誰の物なんだ?
真っ先に火星にすんでしまえばそいつのものなのか?

53 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 20:16:49 ID:dKUXInqW
原油枯渇による文明崩壊を

何とか、回避できるの

か?????

54 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 20:47:40 ID:cE7lrCBg
>>29
パネル掃除で雇用の創出も出来て一石二鳥

55 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 22:23:55 ID:cbC061L5
>>1
表向きは平和利用だが、実態は兵器利用としての計画の匂いがプンプン

56 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 22:28:31 ID:ke7bXv60
どう考えても軍事利用だろ
宇宙からレーザー光線を照射することができたら各国は手を打てなくなる
ミサイルじゃないから迎撃も不可能

57 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 22:34:23 ID:GLYa7bPu
地球からではなく月面から材料調達して軌道上で加工というのは夢物語なのかな。

58 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 22:53:53 ID:CXv/lKMH
ハープとハリケーンコントロールと、太陽レーザーか。
地球支配計画か?

59 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 23:03:04 ID:Oy4DYxK1
まず軌道エレベーターだろうな。話があべこべだ。

60 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 23:25:09 ID:CDaRsnEw
外から持ってきたエネルギーで更に地球の気温が上がったりしたら笑う

61 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 23:26:28 ID:jvDAQyXE
アメリカの経済学者ラビ・バトラ博士

「1979年、イランで革命が起こり、パーレビ国王は退位するだろう。」

「1980年からイランとイラクとの間に7年間におよぶ血生臭い
戦争が勃発するだろう。」

「1990年1月から3月の第1四半期の間に東京市場で株価の
大暴落が起こるだろう。」

「どんなに遅くとも2000年までに共産主義は断末魔の苦しい革命を経て
崩壊し、2010年までに資本主義は崩壊する。」

「資本主義の崩壊(世界同時大恐慌)は住宅バブル・原油バブルの2つのバブルの崩壊に
端を発するNY株式市場の大暴落から始まるだろう。資本主義は花火のように爆発する。」

「世界同時大恐慌の入り口は2005年。そして2010年までに
『搾取的資本主義』は崩壊するだろう。」

(大恐慌・資本主義の崩壊によって)
「日本と世界は同時に崩壊する。」

ラビ・バトラ博士の恩師、サーカー師

「共産主義は早死にするだろう。資本主義は爆竹のように弾けて終焉するだろう。」

62 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 23:36:01 ID:UnYWsJV+
地上の太陽光発電だと、砂漠だと実際は砂嵐等で、太陽電池パネルがすぐに
表面がぼろぼろ(砂による損傷)になり、実は補修費用等を考えると、ペイしない。
マイクロ波は、電子レンジなんかよりもはるかに弱い電波を送り、広大なアンテナ
で受ける。問題は、打ち上げロケット。はるかに安い手段を開発しないと、宇宙へ
資材を送ること自体が、ペイしない。ただ、石油が本当に枯渇してしまい、原発も反対
核融合もまだとなると、原始時代に戻るのでは無ければ、ひとつの解ではある。
 日本が実は、この分野継続的に研究を一番やっている。
 

63 :名無しのひみつ:2007/10/14(日) 23:59:41 ID:HOlHOInY
やっぱ打ち上げ費用が一番かかるんだろう、カムイロケットとか
宇宙往復機みたいな安くあげる方法の開発がキモだろう。

64 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 00:27:56 ID:wMJq+3gH
宇宙空間もしくは月面で、
太陽の当たっている側で水を沸かして水蒸気に変えて
発電機のタービンを回して発電し、
太陽の当たらない陰の側で発電後の蒸気を冷やして水に戻す。
火力も原子力も要らない、こんなサイクルの発電所が作れたらいいのに。

65 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 00:34:35 ID:atbc8/vy
↑それ衛星でもでも出来るんじゃね

66 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 02:59:07 ID:ED6PZgKx
宇宙にでっかいスターリングエンジンでも作るか?

67 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 03:10:31 ID:8W8wyapK
日本の技術パクられちゃったのかよ?

68 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 03:44:29 ID:8SSjvYpS
64、65はアタマイイ

69 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 05:54:20 ID:rpdyA2R2
凄いとは思うけど、一度打ち上げた太陽光発電パネルはどれくらいもつの?
多分宇宙環境だと結構痛むの早いよね?

70 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 06:18:57 ID:8mCHDS3E
>>54
砂漠に人間を常駐させる費用を考えたら、ペイしないだろう。

71 :REI KAI TSUSHIN:2007/10/15(月) 06:23:32 ID:B09rHUUE
【高周波】で地上に送信する場合。

【広範囲に拡散送信】して【地上の大規模パラボラで受信】しないと

受信エリアにいる【人間が発火】する。

72 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 10:01:51 ID:Er5bmfKn
>>69
空気ないし、まあ電磁波対策と放熱だね

73 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 10:08:11 ID:TC7AfQZw
国際宇宙発電所という名前になって、資金を吸い上げられる悪寒


74 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 10:35:00 ID:AElpaMuC
こういうのもは体裁だけでも非軍事ということにしておくもんだろうと思うが
アメは感覚が違うのか

75 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 11:07:22 ID:dTwH465c
>>65
地球でもでも

76 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 11:10:22 ID:c1ggl2l5
>>73
提供した資金の割合で電力を割るなら良いんじゃないかな。

まあ、日本で本格的に使うなら日本から見える範囲の
静止軌道上に置かないと余り意味がないから、ISSみたいな感じには出来ないだろうけど。

77 :J('A& ◆XayDDWbew2 :2007/10/15(月) 11:10:52 ID:Yw8l5L1c
三菱電機が、大量の小さな太陽発電衛星を使った宇宙太陽光発電システムを提案してるね。

78 :J('A& ◆XayDDWbew2 :2007/10/15(月) 11:19:03 ID:Yw8l5L1c
>>76
少なくとも、地球の食に入る高度では無意味だよな。

79 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 12:37:04 ID:gJ/+QSqe
飛行船で太陽光発電システムなら衛星軌道>成層圏>地上。ま、夜は駄目だが

80 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 12:49:49 ID:TC7AfQZw
>>79
つ【反射衛星発電所】

81 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 13:04:57 ID:/0UKFRRA
>>1

後の「オリンポスシステム」である。

82 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 13:33:45 ID:R44F2tkz
>>64
蒸気機関はエネルギー変換効率が60%ぐらいあるが、重量が太陽電池よりもずっと大きいので
月の資源だけで月が開発できるような時代には使うかもしれんが衛星では効率悪いと思う。


83 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 13:58:43 ID:SyeCO/XT
ソレスタルb(ry

84 :踊るガニメデ星人:2007/10/15(月) 14:32:52 ID:Qoo7OILI
本当に作る気あるのかねぇ。

85 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 14:51:51 ID:wIge7FDA
産油国からのテロ被害にあいそう

86 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 14:53:59 ID:f7Cs30cx
日本の北海道新幹線と同じ値段か?
札幌と函館の間に新幹線が走るんだぞ〜〜

87 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 17:30:55 ID:gJ/+QSqe
いろいろな軌道エレベーターの仲間があるんだな。
ttp://www.tenmou.net/forum/atlas/orbit/index.htm

88 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 18:35:24 ID:dPd90FrV
ガノタか…

89 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 19:39:01 ID:oJ98rozB
なぜにペンタゴンなんだ?

90 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 19:48:43 ID:gsYKED4j
たった5千や1万KVAで1兆円も掛かるなら、その金を核融合研究につぎ込んだ方がいいわな。

91 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 20:11:11 ID:asKWl1fU
これが実用化されれば月面も開発できるだろう。やはり問題は発電効率と
設備費用。宇宙での太陽熱と影との温度差を利用した発電の方が効率よさそう。

92 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 20:22:00 ID:gsYKED4j
エネルギーの輸送が大変だよ、取り出したエネルギーの半分も送れやしない。
宇宙から地球に、じゃ。

93 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 20:28:02 ID:gsYKED4j
宇宙空間じゃ熱の放出は放射に頼るしか無いじゃん、
伝導や対流は使えないから大変だよ。たぶん。

94 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 20:46:59 ID:zmj4P944
小沢に続いてブッシュまでガンダムネタか…

95 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 21:06:13 ID:J33Rylhw
日本こそ太陽光発電すべき

96 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 21:44:00 ID:gsYKED4j
俺んちにちょくちょく、どこの馬の骨だかわかんねえ業者から
太陽光発電設備買わんかい?って電話があったが、そんな話に乗っかっていたら
大損こいた上何の足しにもなって無かったろうな、何せここいら雲ってばっか。
瀬戸内でもなきゃ、端にも棒にも掛からんよ、たぶん。


97 :名無しのひみつ:2007/10/15(月) 22:03:01 ID:b5kvqwng
テキサスやグランドキャニオンあたりに建てろよとも思うが
離れた希望の場所への送電が出来ることが要件だと、こうなるんだろうな

98 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 00:05:10 ID:62Uuhpu5
太陽電池 建設費1KW=100万円 として、
建設費1億円かければ、100KW得られることになる。

1兆円=1億×1万
地上に100KWの太陽光発電所を1万箇所作るほうが、
はるかに世の中のためになると思う。

99 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 01:45:10 ID:bBjn+K1u
>74
逆立ちして世界を眺めてはいけない。
軍を宇宙開発から排除する日本が異常なだけ

100 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 02:41:30 ID:r9jspM4V
日照権が国際問題に発展

101 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 02:59:21 ID:ZLz5gTy/
1兆円かぁ〜。
瀬戸大橋1本分の値段で可能なら安いかと…

102 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 03:51:09 ID:ZhIpmwzO
アメリカがなんでこれ以上エネルギーがいるねん。
こういうのは日本がやれ

103 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 04:09:00 ID:aznTkhkB
1兆円で電力が賄えるなら東京電力がとっくにやってらあ

104 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 04:31:38 ID:Y5Q0TbWN
世界中で不可欠なインフラになりそうだな。

105 :J('A& ◆XayDDWbew2 :2007/10/16(火) 04:53:03 ID:6mct7sQv
>>97
電力供給を受けるためには受信用のアンテナが必要。
戦闘地域に受信アンテナを設置する手間を考えれば、太陽電池やディーゼル発電機をそのまま持っていけば良いじゃんと思う。

106 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 10:55:38 ID:sdNXN3ZQ
同じことを考えてた人が日本にもいたようだけど、
机上の空論で終わるのが日本、実行に移すだけの能力を備えてるのがアメリカ。

107 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 11:10:55 ID:GGjncH2x
>>59
9.11ふたたび

108 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 11:11:41 ID:wRah2D8Q
アメリカは一度諦めたけど
日本は諦めずコツコツ研究を進めてきたらしい

でも、結局はお金なんだよね・・・

109 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 11:52:42 ID:XUcY1dS4
地上太陽光発電は天候に左右されるし、夜間は発電出来ないのが問題だし、
核融合は1兆円かけても原型炉すら作れない状態、商業発電は夢のまた夢だからな…

110 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 11:59:13 ID:QkTp8NMP
>>108
まるでアメリカが研究を進めていなかったような言い方だな

111 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 15:11:33 ID:pLhm5a0K
SDIの再燃ですね

112 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 16:02:55 ID:vLQO5tX5
こんなの何千個あっても元気玉には勝てねえよっ

113 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 16:31:48 ID:Qklyckc5
月は出ているか

114 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 20:08:47 ID:WV1cBIav
藤棚みたいにもちあげてパネルを超広範囲に敷き詰め
パネルの隙間からこぼれた光で下で繊維用麻でも育てれば
ほこりも立ちにくくなるんじゃないかなあ
パネルで遮光すれば点滴かんがいも効率よくなると思う

115 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 20:58:55 ID:bOm/s+VN
>>1
また、アメリカの世界支配の序章かよ…。キモイ。

116 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 21:08:36 ID:jUl8Ysk2
>>16
太陽電池パネルの発電効率は、最も効率の高い衛星用のものでも40%くらいしかないが、
宇宙の場合は気象現象に伴う日照の変化などに影響を受けることがないため、同じパネル
でも発電効率は数倍高い。また、朝と昼と夕方で発電量に変化が生じるということもなく
常に最大パワーを出すことができるため、その計算式よりも効率はかなり高くなる。


117 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 21:35:43 ID:ULZzU68C
レーガンのときのスターウォーズ計画みたいだな

118 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 22:59:29 ID:QDpkdgrI
>>55
表向きも糞も・・・立案が国防総省なんだから軍事目的にきまっとるがな。
前線基地で補給の心配無しで大電力を使えるってだけで軍事的な価値は十分に高い。

119 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 23:02:56 ID:jUl8Ysk2
>>118
それを言ったらインターネットも軍事用ということになる。
国防総省の実態は地球温暖化を大変、心配しているエコエネルギーの実用化に積極的な地球市民団体。


120 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 23:06:18 ID:QDpkdgrI
>>74
国際協力にするなら、非軍事にするだろね。じゃないと日本とESAがのってこない。(ISSがそうだったし)

これは軍事用途を前面に押し出してアメリカ議会を説得するつもりなんだろね。
うまくすれば好天時には燃料消費のない乗り物とかできそうだし。
(高々度偵察機とかタンカー当たりかね)

121 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 23:08:49 ID:ULZzU68C
文系の俺にはさっぱり分からん^^

122 :名無しのひみつ:2007/10/16(火) 23:13:55 ID:QDpkdgrI
>>119
そりゃ、燃料を石油に依存していては、いざというとき
燃料が無くて装備が動かせないなんてのは洒落にならんからな。
石油代替のエネルギー源は国防の視点からも非常に重要さね。

コストダウン考えたらそれが民間分野でも使える燃料の方がいいわけで
そうすると国防的な視点からも二酸化炭素排出量の少ない石油代替燃料は喜ばしいわけだ。

123 :名無しのひみつ:2007/10/17(水) 02:57:04 ID:qkBtNOYR
これ、だいぶ前に京大の先生がゆってたパクリだべ
日本は何もやらんから


124 :名無しのひみつ:2007/10/17(水) 02:58:33 ID:51IVpV0h
これ落ちてきて未曾有の災害になるんじゃねw

125 :名無しのひみつ:2007/10/17(水) 03:38:53 ID:pf86cgGf
>>123
SFで太古から頻出のテーマだと思うよ
ソーラーパネルの開発もロケットの開発もずっとやってたし。

126 :名無しのひみつ:2007/10/17(水) 04:02:04 ID:8ZPJ5jxJ
マイクロ波の日本が勝ち〜

127 :名無しのひみつ:2007/10/17(水) 06:47:42 ID:dBqa44F2
レーザーで衛星から地上を攻撃できるなら、もっと低コストで地上からも衛星を攻撃できる
莫大な金使って打ち上げたのにブッシュ涙目

128 :名無しのひみつ:2007/10/17(水) 07:33:52 ID:B9qmFvDN
ただの観測衛星でも数百億するっつーのに。
なんか桁間違えてないか?
つーかソルだろ?これ?

129 :名無しのひみつ:2007/10/17(水) 08:51:03 ID:QuTakuoh
SOL(=ストーカー・おしおき・レーザー)

130 :名無しのひみつ:2007/10/17(水) 17:55:52 ID:QyOMDK0J
チョイワラ

131 :名無しのひみつ:2007/10/18(木) 01:42:49 ID:Ag+/i8nJ
原子炉を宇宙に打ち上げて、その電力をビームで地上に送ればいいんじゃね?

132 :名無しのひみつ:2007/10/18(木) 03:07:49 ID:Ros6B2wZ
なんだ、やっぱり軍事利用したいだけか

133 :名無しのひみつ:2007/10/18(木) 10:23:04 ID:5RPlwVU9
>>131
原子炉単独で発電してると思っているわけじゃあるまいな?


134 :名無しのひみつ:2007/10/18(木) 11:17:18 ID:1sdu4XDZ
石油消費が減るのならいいことだね

135 :名無しのひみつ:2007/10/18(木) 17:20:03 ID:5MnRy3ob
アメリカも日本を朴るまでに落ちぶれたか

136 :名無しのひみつ:2007/10/18(木) 19:08:27 ID:1Revyj8R
くもりの日は使えません

137 :名無しのひみつ:2007/10/18(木) 20:07:06 ID:34JXfxZZ
僅かでも衛星がぶれると
数都市賄える電力からなる熱線が

「 な ぎ 払 え ! 」

138 :名無しのひみつ:2007/10/18(木) 20:15:47 ID:5lAx3xdn
わははは、人がごみのようだ
ですか

139 :名無しのひみつ:2007/10/18(木) 20:19:45 ID:34JXfxZZ
はなから兵器として使うつもりなら誤射は想定範囲だが
発電所として使うなら自国領土に給電=照射するわけで、、、

140 :名無しのひみつ:2007/10/19(金) 11:32:26 ID:QkePMc96
>>139

>>1
>宇宙太陽光発電所の場合は地球上のどこにでも電力を供給することが可能となるため、
>戦闘地域や自然災害の被災地域などの危険地帯へのエネルギー供給が容易になると
>述べている。

誤射は想定内

141 :名無しのひみつ:2007/10/21(日) 00:31:15 ID:guYRg2pw
>>135
宇宙発電所ってアイデアはアメリカが発祥だぞ。
宇宙植民島ってのも発電所建設要員の飯場として考えられたもんだ。

142 :名無しのひみつ:2007/10/21(日) 01:57:12 ID:a5+zC7EE
>>140
>誤射は想定内

http://news22.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1192890095/ 【アメリカ】アメリカでコンピューター制御のレーザー砲が暴走、2千名以上が死傷[10/18]


143 :名無しのひみつ:2007/10/21(日) 04:41:52 ID:tf7+bGvo
航空機への応用が可能になれば燃料積まなくていいから大きいね
空中要塞とか空中空母とか造れる
水と食料さえ続けばいくらでも飛んでいられる

144 :名無しのひみつ:2007/10/21(日) 05:09:27 ID:H2Eb7n9w
日本も もんじゅには一兆くらい使ってね?

145 :名無しのひみつ:2007/10/21(日) 06:22:40 ID:DndoVTwA
1兆でできるんか?
リニア、東京→名古屋でたしか2〜5兆でなかったっけ?

ところで宇宙で発電したらその電力、電磁波かなんかで地球に運ぶの?
無理のような希ガス

146 :名無しのひみつ:2007/10/21(日) 09:08:28 ID:p5EHMKog
>>137
そんなに高出力にはならんよ。
せいぜい「目がぁ目がぁ」には成るかも?程度の出力

147 :名無しのひみつ:2007/10/24(水) 17:10:31 ID:bF5fvQwy
>>145
リニアとかの場合、工費の6割は用地買収費用とかじゃね?

148 :名無しのひみつ:2007/10/24(水) 17:23:42 ID:KE+HOSP7
国防総省がやるのがミソだな

149 :名無しのひみつ:2007/10/24(水) 17:44:55 ID:brQNeURD
採算が取れないものは軍事で

150 :名無しのひみつ:2007/10/27(土) 15:34:31 ID:yZJOAQ3y
もしかしてこれって、エネルギー増幅装置
実際この衛星が増幅する物ではありませんが・・
おれも実際研究したいです

151 :名無しのひみつ:2007/10/28(日) 17:43:37 ID:fb+yn33r
地上だと平均発電量が落ちるっつーても10倍の太陽電池を作れば解決
世界中に設置してテスラコイルで送電すればおk

152 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 09:03:49 ID:Hn3Q+i27
これ、ミラー式だと太陽の表面温度までしか加熱できないからレーザーかメーザーなんだよね。

153 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 09:27:20 ID:WRC6WEZm
>>150
米国防総省にレジュメント送っていかに研究したいか書いてみたら?
熱意と実力があれば意外といけそうなのがアメリカっぽいが。


154 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 09:49:11 ID:cBxmFW1r
>>145
面積で比較するべき

155 :名無しのひみつ:2007/12/02(日) 11:23:19 ID:nVBjkx8E
数年前にこれに似たものの研究をしたことがあるな。
カプトンフィルムなどに金属蒸着してトラスで鏡を作り、
これを多数組み合わせて放物面ミラーを作る。
大きさがだいたい3km。
南北に二つ用意して集光してフレネルレンズか傾斜ミラーで屈折し、
地球指向の発送電素子(1.5km)に光をあてる。
問題は
1)経済性(とりあえず無視。一般家庭では電気代試算で月たったの15万円)
2)柔軟構造物の超長期時定数運動と日陰日の出で発生する熱衝撃
3)太陽電池の寿命。静止軌道は放射線が強烈。将来を見据えても寿命は数年か?
4)太陽指向部分と地球指向部分の安定性(日月地の引力、重力ポテンシャル、太陽光、太陽風)
5)デブリ。石ころや砂の弾丸
6)メンテナンス(人身御供)
7)そもそも地球からの輸送。H-IIクラスで建築に1000回、維持に年間数十回位必要。
だったかな。
米国は昔から太陽発電に熱心で様々な大学で研究が行われている。
アドバルーンとしては壮大でかっこいいし、
湯水のようにお金をかければ絶対にできないというものでもないからね。

31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)