2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【みなさん】私メリーさん【ようこそ】

1 :私事ですが名無しです:2007/08/15(水) 23:19:20 ID:sLXf6P/C0
まぁ、あれです。
私メリーさん、いま、あなたの後ろにいるの・・・
て、ことなんですが、
適当に何か、楽しい事、つらい事、誰にも相談できないような事、
アダルトネタ・オカルトネタ・時事問題、自己紹介、
いろいろ書いてください。
ルール?
うーん、まぁ常識的なことで・・・。
とりあえず「悪意のあるレス」お断りかな。
では、命のいらない方はどうぞ、こちらへ!

2 :流石 ◆6WxBudK9W6 :2007/08/15(水) 23:24:45 ID:???0
メリーさんのしもべ流石登場!&2げと

3 :私事ですが名無しです:2007/08/15(水) 23:25:05 ID:sLXf6P/C0
ドキドキ・・・

     〃´`ヽ
く⌒ゝ  川゚ 。川
 W━━つ━と━
     イ)   (リ
     ん へ ノ

4 :スナフキン ◆Mhc47gmqgs :2007/08/15(水) 23:25:38 ID:???P

 ┌-──┐  (  )     ♪
\_|*+*` |_   ( )   ♪
<________フ   )
  从  >ノ──┛〜 新スレおめでとうメリーさん。
  /゙゙|`ヽ     よい旅であることを〜
./ ̄ヽ― つヽ  。。。。。。    ♪
| ||三I三I三三三レーJ. ♪
.L_SRVつ
 `〜rrrrー′
   |_i|(_

5 :私事ですが名無しです:2007/08/15(水) 23:36:30 ID:???0
ではスレタイのメリーさんを知らない方の為に。

メリーさんは都市伝説です。
ある日、
携帯電話に知らない人から電話がかかります。
「私メリーさん、いまあなたの町にいるの」
次の日また電話がかかります。
「私メリーさん、いまあなた家の前にいるの」
そしてまた次の日、
「私メリーさん、いまあなたの部屋の前にいるの」

と、どんどん近づいていき、
最後には
「いま あなたのうしろにいるの」


6 :うにくん携帯だい!:2007/08/15(水) 23:39:44 ID:???O
メリーさん!おめでと!

お盆に……なんか似合わないけど
怖い夢久しぶりに見て
助けてほしくて電話するが
その電話機がテレビのリモコン…
笑っちゃうけど、首にスゴい汗…
まだ12時前かぁ…と携帯モジョモジョしたら あらま♪

もれなく遊びに来ちゃいます!

7 :私事ですが名無しです:2007/08/15(水) 23:41:48 ID:???0
>>5の続き

もちろん、伝説ですから
いろんな異伝があります。

メリーさんとは交通事故で死んだかわいそうな女の子のことだとか、
持ち主に捨てられたお人形さんだとか、

その接近するパターンも、一日のうちに済ましてしまうとか、いろいろあるようです。
そのうち、機会があればメリーさんの不思議な物語も紹介できるかもしれません。

・・・とゆーわけで怖い話や体験談も随時募集中です。

ではでは!

8 :BORION ◆QQSzDG9wu. :2007/08/15(水) 23:46:34 ID:???0
メリーさん、スレ立ておめでとうございます!

いつの日か、電話をいただけることを心待ちにしております^^

9 :pya! [・ω・]:2007/08/15(水) 23:47:05 ID:v+NVpvZr0
アイス食べていい?

10 :イレグイ道2006 ◆1ZWW/8mQkA :2007/08/15(水) 23:48:26 ID:???0
来てしまった

11 :スナフキン ◆Mhc47gmqgs :2007/08/15(水) 23:49:29 ID:???P
メリーさん早速遊びに来ました。

ちょっと騒がしい連中なのですが・・・









狩らないでくださいw

12 :スナフキン道 ◆aNEpG7BQN. :2007/08/15(水) 23:50:42 ID:???P
おっと、旅人バージョンに戻さないとw

13 :イレグイ道2006 ◆1ZWW/8mQkA :2007/08/15(水) 23:51:43 ID:???0
メリーさんって

ハマのメリーさん?

14 :私事ですが名無しです:2007/08/15(水) 23:53:11 ID:???0
>>13 それは「白いメリーさん」ですね。

先日、お亡くなりになりました。



15 :私事ですが名無しです:2007/08/15(水) 23:53:53 ID:???0
>>8 リリリリリリリリリン・・・!

16 :イレグイ道2006 ◆1ZWW/8mQkA :2007/08/15(水) 23:53:58 ID:???0
>>14
先日って・・・

最近まで生きてたの?

17 :スナフキン道 ◆aNEpG7BQN. :2007/08/15(水) 23:54:25 ID:???P
>>13
いや・・・こっちのメリーさんです。

変なこと書き込むと・・・狩られますからw

もしもし・・・・ あたしメリーさん
http://www.youtube.com/watch?v=53Dj9geR6FI

18 :イレグイ道2006 ◆1ZWW/8mQkA :2007/08/15(水) 23:55:57 ID:???0
>>17
こえええええええええええええええええ

19 :私事ですが名無しです:2007/08/15(水) 23:56:56 ID:???0
>>16 そうです。

何しろ、進駐軍にカラダ売ってた方ですから、ご高齢で。

で、ここのメリーさんは人形のほうなんで・・・。

20 :スナフキン道 ◆aNEpG7BQN. :2007/08/15(水) 23:57:21 ID:???P
>>18
だからここでは特に言葉を慎みましょうw

旅らしくなってきたでしょ?w

21 :イレグイ道2006 ◆1ZWW/8mQkA :2007/08/15(水) 23:59:20 ID:???0
>>19
それにしても長寿ですね

>>20
まあな

22 :スナフキン道 ◆aNEpG7BQN. :2007/08/15(水) 23:59:32 ID:???P
>>14>>19
やっぱり、本格的な巣になると・・・怖いっす><

23 :私事ですが名無しです:2007/08/16(木) 00:05:12 ID:???0
>>22 まぁまぁ、 とりあえず、みなさんで仲良く。

イレグイさんとは昔、会話したかなぁ?
この板に書くの久しぶりだからなぁ?

モェモェは覚えてるんだけど・・・。

24 :◆Jyo..vAIO. :2007/08/16(木) 00:05:58 ID:???O
こんばんは^^

メリーさんはヘンリー・リー・ルーカスが所属していたカルト集団

『死の腕』については詳しいですか?

25 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/08/16(木) 00:08:14 ID:???0
>>24 こんばんわ

「メリーさんは」
と言われればコテをつけざるを得ませんね。

あんまり現在のカルトには詳しくありません。
私の物語ではいくつか出してますけど、
あくまでフィクションです。

・・・で・・・その人たちが何か・・・?

26 :イレグイ道2006 ◆1ZWW/8mQkA :2007/08/16(木) 00:09:14 ID:???0
>>23
記憶ありますよ

結構前のことだと思いますが

27 :スナフキン道 ◆aNEpG7BQN. :2007/08/16(木) 00:11:37 ID:???P
>>23
仲良く大人しく紳士的に進行していきます><

28 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/08/16(木) 00:12:15 ID:???0
>>26 え・・・マジ? でもコテは違うと思うのだけど・・・。

別人じゃ?

29 :◆Jyo..vAIO. :2007/08/16(木) 00:14:02 ID:???O
>>25
あら?無理に固定出させてすいません><

1980年代に100人以上の殺人を犯したヘンリーについて語れるかなっと^^;
羊たちの沈黙以降大量殺人犯や快楽殺人犯に興味がありまして!!

オカルト好きならカルト集団も知ってるかなって?

30 :イレグイ道2006 ◆1ZWW/8mQkA :2007/08/16(木) 00:14:26 ID:???0
>>28
多分間違いないかと?
スナフキン達のとこにいたでしょ?

31 :スナフキン道 ◆aNEpG7BQN. :2007/08/16(木) 00:18:57 ID:???P
>>30
そうだよ。

あそこのスレの主が召還した人だよ。

32 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/08/16(木) 00:19:00 ID:???0
>>29 ごーめーんーねぇー、
私のオカルトジャンルは限定的なのです。

>>30 ああ、メンサロ系で見たのなら間違いないです。

「私のニュース板」では当時、
「とおりすがりの〜」みたいな名前でした。


33 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/08/16(木) 00:19:59 ID:???0
さて、
ここらで懐かしの集団メリーを。

http://roxik.com/pictaps/?pid=248744

まぁデッサンむちゃくちゃだけど・・・。

34 :イレグイ道2006 ◆1ZWW/8mQkA :2007/08/16(木) 00:22:10 ID:???0
>>31-32
よかった

多分ご迷惑をw

35 :◆Jyo..vAIO. :2007/08/16(木) 00:22:44 ID:???O
>>32
いやいや!いきなり来てわけわからん事言ってる俺もどうかと・・・^^;

黒魔術とか?タロットなら昔やった憶えがあるけど・・・

タロットムズい><

36 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/08/16(木) 00:25:07 ID:???0
>>35 タロットは高校から20才くらいまではまってました。

的中率は70%くらいです。

自分占って、でた答えと現実に驚愕して、以来一度も触ってません。

黒魔術は・・・興味あるけど小説のネタぐらいにしか考えてません。
何か面白い魔術があったら紹介してください。

37 :スナフキン道 ◆aNEpG7BQN. :2007/08/16(木) 00:26:11 ID:???P
>>33
それかわいいんだが、不気味なんだか・・・

38 :◆Jyo..vAIO. :2007/08/16(木) 00:28:14 ID:???O
>>36
タロット占い当たるんだぁ・・・もっとしっかりやるべきだったかも(笑w

魔術は詳しくないです!すいません
オカルト→黒魔術→ミサって勝手な想像の範囲です


39 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/08/16(木) 00:30:26 ID:???0
http://freett.com/colt1911/denwa.html

では・・・うり、じゃない、スナフキンさんに対抗してもう一つのメリーさんフラッシュを・・・。

見てて「やばい」と思ったら途中で消してください。

40 :スナフキン道 ◆aNEpG7BQN. :2007/08/16(木) 00:34:57 ID:???P
>>39
・・・夢に出そう・・・


そろそろ帰ります。
メリーさん乙でした。

また、遊びにきます ノシ



41 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/08/16(木) 00:40:09 ID:???0
>>40 あいよー、あんがとー!

そういや、この板も、昔、
「不治の病」だの「自殺する」だの、「お薦めの洋楽」スレとかあったなぁ
みんな、元気かぴら?

42 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/08/16(木) 00:48:24 ID:???0
 私メリーさん、
まぁ、 みなさん、
ゆっくりしてってくださいな、
そろそろ、私はおねむモードに・・・。
       
. 〃〆⌒へ 
./´ノ ヘヽヽ )ヾ 
ノ( ●  ●)¶|y
ノ  >  ■丿ミヘ)
〆^ん   《゙ン

43 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/08/16(木) 06:58:46 ID:???0
>>メリーさん
オハヨ♪  またね〜〜なのです。

44 :私事ですが名無しです:2007/08/16(木) 07:02:04 ID:pEQwL/2R0
「さぁ、Ladyメリーの登場です!
薔薇の刺繍のドレスを纏い、
か細き腕には、一振りの鎌
カラダと別れる覚悟はできたのかしら?
Uoo La La〜、
私は見つける、法を犯したもの、そして私は知らせる、ベルを鳴らして、
そして私は近づく、確実に一歩ずつ、そして私は準備する、死刑執行のその時を、
そして私は恐怖を与える、罪を後悔させるため、
そして私は鎌を振るう、汚れた命を絶つために・・・」


45 :斑葉虫:2007/08/16(木) 07:53:02 ID:???0
記念カキコ
夏バテや腹下しもあって体重が49kg台に突入。

46 :私事ですが名無しです:2007/08/16(木) 07:56:47 ID:???0
>>45 水分を摂るのです。

夏はとくに・・・。


47 :斑葉虫:2007/08/16(木) 07:58:30 ID:???0
>>46
水分取りすぎて腹下しちゃいましたw
ほどよく取ることにします。

48 :のん ◆PinkK.u3WI :2007/08/16(木) 09:44:50 ID:???0
あいさつがてらよってみました^^
アダルトネタOKなんすか?ウハウハ



といいつつ下ネタ苦手w





49 ::2007/08/16(木) 12:07:50 ID:???O
上品な下ネタ歓迎

50 ::2007/08/16(木) 13:45:14 ID:???0
そいえば下ネタの“下”って何?

51 :私事ですが名無しです:2007/08/16(木) 14:44:20 ID:???0
下半身のことかな?テケトー

52 :私事ですが名無しです:2007/08/16(木) 20:02:01 ID:???0
乳は?

53 :私事ですが名無しです:2007/08/16(木) 20:02:50 ID:???0
>>50 「お毛゛毛゙」のことだよ、きっと。

54 :BORION ◆QQSzDG9wu. :2007/08/16(木) 20:06:50 ID:???0
猫が、ゴキブリを取りました。その優しい手で、朝私の口を叩いて起こしてくれます。

55 :私事ですが名無しです:2007/08/16(木) 20:10:55 ID:???0
良かったじゃないですか、

・・・口の中に放り込まれなくて・・・。

56 :BORION ◆QQSzDG9wu. :2007/08/16(木) 20:25:22 ID:???0
・・・よかった・・・んですね?

57 :私事ですが名無しです:2007/08/16(木) 21:03:14 ID:???0
緑色した眼の竜が、人々の心に取り憑いている
薬漬けになった子供達は、蜜とミルクの大地に棄てられる
私は膝を崩して泣き叫ぶ
何故、天地の法が犯される?
何故、子供達が死んでいくのを見続けねばならないの?

  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
 /;;;;;;;;;;;;;ノ ノ)ノ)
丿;;;;;;;;ィヤ) 夊く                 ト
;;;;ノ;;;;;;;;;;;;)ヽ /´                 | \
ノ;;;;;;;;ノ;;リ ;;)⌒ヽ                |  ;;|
;;;;(;;; ;;;ノ);;ヽ   ゝ               |  ;;|
 リ;;)  イ イ  \             /   ;;|
 ヽ  __   \  丿ヽ         //|   ;;|
   )爻 `` 丿  ゝ  \      ヤ ´  イ  ;;/
  /_爻____ /|       \ ゞ兮´    /   ::/

58 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/16(木) 21:08:21 ID:pEQwL/2R0
第一話
 「先輩! ヤベェっすよ、テレビ見ました? あの事件の事・・・」
先輩と呼ばれた男は、首を鳴らしながら、めんどくさそうに応えた。
 「ボケェ! 真二ぃ! 証拠はな〜んも残しとらんじゃろぉ?
 どんだけニュースになろうと、ばれやせんて・・・。
 たくのぉ、あのクソアマ、おとなしくゆーこと聞いとりゃー、火だるまになることも
 なかったのにのぉ。」
・・・数ヶ月前、一人の少女が行方不明になった・・・警察の必死の捜索にもかかわらず、
消息はつかめなかった。
ところがつい先ごろ、犬を散歩中の男性が、湖に浮かんだ少女の死体を発見したのである。
死体が腐乱していたためか、石の重りが外れたと見られている。
そして、警察の発表によれば少女は生きながら顔を焼かれたらしい・・・。
 「たく、アホが、クスリの運び屋なんて楽な仕事じゃろが・・・、それより真二ぃ、
 余計なとこで口滑らさんとけよぉ、そンときゃおどれが水の底やぞ! ええな!」
真二は高校を中退して以来、ずっとこの男についてきた。
彼に逆らうマネは決して取らない。
 「だ、大丈夫っす、オレを信じてくださいよぉ・・・ん? 先輩、ケータイ鳴ってますよ。」
 「ん? おお・・・あーこれか? お? 誰じゃ・・・非通知?」
男はいぶかしがりながらも携帯を耳にあてた。
 「おー、誰じゃ? ・・・もしもし」
携帯からは、小さく、しかしはっきりとした女性の声で、彼の耳に届いた。
 『わたし・・・メリー   』

59 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/16(木) 21:10:39 ID:???0
第二話

 「あ? なんじゃい、お姉ちゃん、この電話、誰に聞いたんじゃ?  ・・・お?」
通話はすぐに途切れたようだ。
 「先輩、何すか?」男は不機嫌そうに携帯を閉じた。
 「分らん、『お客さん』かものぉ、ワシんとこには直接かけんことになっとるんじゃが。」
彼らの世界では、分業は徹底されている。
捕まるリスクを最小限に抑えるためだ。
だが、彼らはまだ気づいてなかった、
警察や同業の犯罪者より、もっと恐ろしいものに見つかったことを・・・。

二時間後、兄貴分の男は事務所を出て、自宅へ帰ろうとしていた。
何の気なしにカーラジオをつけた時、奇妙なノイズに気づいた。
 『・・・道路状況です・・・国道○号線では、事故処理のため・・・ジジ・・・
 キュィ〜ン・・・』
 「ん? 変じゃのう、このあたりの電波は、入りがええはずじゃが・・・」
その時、彼は耳を疑った・・・ラジオのスピーカーから、聞き覚えのある声が流れたからだ。
 『・・・もしもし、わたし・・・メリー 』
反射的に男はブレーキを踏んだ。後ろの車が肝を冷やしたようだが、知ったことではない。
むしろ、飯の種だ。
・・・残念ながらというか、車は無事だ、だがそんなことはどうでもいい。
ラジオは、元の放送に戻ってる、携帯は今は鳴ってない、着信の記録もない。
 なんじゃ・・・?
待ち伏せや闇討ちなど、彼らの世界では珍しくない。
だが、今起きてる不可思議は、暴力的なにおいは感じさせなかった。
それゆえ、まだ、彼は落ち着いてたのだが、
自分のマンションに着いた時、彼の心に恐怖と言うものが芽生え始めた・・・。
自宅の電話にメッセージとファクスが届いていた。
 まさか・・・
ファクスには「わ た し メ リ −」

60 :のん ◆PinkK.u3WI :2007/08/16(木) 21:11:54 ID:???0
ドキドキ…

61 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/16(木) 21:12:11 ID:???0
第三話

ありえなかった・・・、携帯ならともかく、この電話は身内しか知らない。
着信メッセージにも例の声が入っていた・・・、
 「ざけやがって・・・!」
不意に携帯が鳴った。
 何処の誰じゃあ、クソッタラァ!
喉まで用意した言葉だったが、今度は発信者が表示されていた。
・・・真二だ。
 「おぅ! 真二ぃ!ええとこにかけてきた、わしにつまらんマネしよるアホがおってな・・・」
彼の言葉が終わらないうちに、真二は怯えた様子で訴え始めた。
 『せ、先輩! 事務所に誰かいるんです! で・・・電気も切られて、
 上の部屋の窓が割られました!』
彼らの事務所は三階建てで、一階はガレージ兼物置だ。
普段は二階をメインに使い、部屋は上の階を含めて六つある。
今夜は真二が夜の番というわけだ。
 「・・・真二! 落ち着かんかい! 鍵はかけとろう? 上から入られたんか?
 そいつは一人なんか?」・・・自分達の事務所に侵入する・・・それが何を意味するか、
彼らにはもちろん、わかっている。
死人が出ることも覚悟せねばならない。
 『あ、ハイ、ひ・・・一人だと思います、もしかすると女かもしれ・・・ません。』
それは意外な返答だった。
 「あぁ? そんなモンにびくついとるんかぁ!? ・・・待たれ、何で女や思うんじゃ?」
そう聞きながらも、彼には予感めいたものがあった。
 『す・・・すいません、先輩が事務所を出てから、電話が何度もあったんです・・・
女の声で・・・『わたし メリー』・・・って! (遠くのほうで大きな音) !!』

62 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/16(木) 21:14:35 ID:???0
第四話

真二の、うろたえた声を聞く男の背筋に寒気が走った。
 「おぃ、今の音は何じゃ!? エモノは持っとるな? 近場の奴を応援に行かす、
 それまで持ちこたえとけ! 」
 (何じゃ? ただのクスリでおかしくなった奴ちがうんか?
 対立組織? まさか? こんなふざけた手口の奴らなぞおらんわ!
 しかも三階から事務所に侵入したじゃと?)
そう考えていると、電話の向こうから真二の強がる声が聞こえた。
 『と・・・隣の部屋やと思います。今もなんかごそごそやってます! 物盗りかもしれません、
 大丈夫っすよ・・・一人で片付けます!』
そうは言うものの、男の胸中には言い知れぬ不安感がぬぐえなかった。
 「お・・・おい、ちょっと待たれ・・・」
 『先輩・・・一度、電話きり ま  す・・・う わ あ あ 』
  ガチャーン!
激しい窓ガラスの破れる音が聞こえた。今度は電話口のすぐそばだ。
真二の叫びが早かったかもしれない、窓の外に「それ」を見たのだろうか?
また、それと前後して、携帯を床に落としたような衝撃音も続いた。
 「おい! 真二ぃ! 真二ぃぃ!!」
電話口からは人間の声というより、動物の悲鳴のような嗚咽が断続的に聞こえている。
何かを引きちぎるような嫌な音も聞こえる。
男は必死で呼びかけるが、悲鳴はもはやそれ以上、発せられることはなかった・・・。
電話口ではまだなにかゴソゴソ、音が聞こえる・・・
 「真二ぃ・・・!」何が起きたかは想像に難くない、
彼が携帯に向かって怒鳴り声をあげようとした、まさにその時、
向こうの電話を拾い上げるような音が入ってきた。
相手の呼吸音が小さく聞き取れる・・・間違いなくそれは真二のものとは違う。
 「おまえ・・・誰じゃ・・・!」
小さな声は、しかしはっきりと男の耳に届いた・・・。
 『わたし、 メリー・・・  若くして 生きることを奪われた少女に 安らぎを・・・ 』

63 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/16(木) 21:15:11 ID:???0
 ☆  続きはうぇぶで!

64 :もなか ◆monaka.Ncs :2007/08/16(木) 21:37:47 ID:???O
とりま、うにきゅん経由でテレポーテーションw


てか、wktk gkblなお話が早速w
ブクマして堪能するぞ⊂(゚Д゚,,⊂⌒`つ≡≡≡

65 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/17(金) 00:08:00 ID:???0
第五話

 「・・・お姉ちゃん、あの小娘のツレかなんかか?
 ・・・真二は 死んだンか?」 
男は冷静になった。
自分を慕っていた真二を殺された怒りもあったが、
狙われた原因を特定できたこと、
相手が対立組織でなければ、たいしたことはできまい、という予想もあった。
電話は程なく切れた。
その後の男の行動はすばやかった。
部屋に隠してある武器の確認−手に吸い付く大振りのナイフ、
窓や戸締りの確認、部屋の中の死角のチェック・・・、
そして他の舎弟たちに連絡を取るべく、携帯を再び取ろうとした時、男に一つの疑問が生まれた。
 (なんで真二は簡単に殺られたんじゃ?)
不意をつかれれば、暴力の世界に住む彼らとて遅れをとることはある。
だが、すでに真二は警戒していた。
もし、相手が本当に女性なら、
本当に反撃もできずに真二が殺されるだろうか?
・・・そんなことを考えながら携帯のリストを開こうとした時、
またもやそれは鳴った・・・発信者非通知・・・彼はゆっくりとボタンを押し、
自分の耳にあてた・・・
 「もーしもーし お姉ちゃんかいのー?」
二、三秒応答はなかったが、もはや聞きなれた声が流れた。
 『わたし メリー・・・ いま、あなたの家の下にいるの 』

66 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/17(金) 00:10:04 ID:???0
第六話
 (はぁぁ? 何を言っとんじゃい?) 
あの事務所からここまで、車を使ったところで五分はかかる。
先ほどの通話を終えてから三分も経ってない。
彼女の言葉を信じはしなかったが、慎重な男は警戒しながら部屋のドアを開け、
マンションの通路に出て階下をのぞいた。
・・・人の気配は感じなかった。だが、耳を澄ますと、遠くのほうで
カツ、 カツ・・・というゆっくりとしたヒールの音が聞こえていた。
昇ってきている・・・。
男はコートの内側にナイフを忍ばせ、ゆっくりと音のする階段のほうへ向かっていった。
突然、音は止んだ・・・まだ階上まで上がりきってはないはずだ、
下の階の住人だというのか?
男は警戒したまま、息を殺し、足音を忍ばせ、階段を見渡せるすぐそこまでに
たどり着いた・・・もし女が飛び出してきても、冷静に対処できる心構えがあった。
男は階段の防火扉を注視した。身を潜めるにはそこしかない。
彼は十分に間合いを取りながら、その内側を覗く為に回り込んだ・・・!
   「うぉッ!!」
いたのだ! 銀色のカールした髪を垂らし、血の気のない白い肌、
肩のパフスリーブのレースの下から、折れそうなほど細い腕が露出している
あらぬ方向を向いたグレーの瞳、薔薇の刺繍のついたドレスを纏った女・・・
だが、それは・・・精巧にできたマネキンだったのである。
警戒はしていたが、予想外の出来事に彼の心臓は早鐘を打った。
 「脅かしおって・・・!」 男は左手の拳でマネキンを叩いた。
間違いなく人形の感触である。勢い余って人形は後ろに倒れた。
ゴトッ、無機質な音が階下に響く。
だが、いつからこの人形はあったのか? 男はあたりを伺って部屋に戻ろうとした。
 「待てよ・・・アレはもしかして・・・おとり・・・?」
彼は警戒態勢を保ったまま、部屋の前まで戻り、ゆっくりドアを開けた。
異状は・・・ないか? いや、またしても家の電話機に新しいメッセージが入っていた・・・。
彼は静かにドアの鍵を閉め、電話機の前に向かい再生ボタンを押した。
録音は、自分が外にいた、まさにその時だった。
 『・・・わたし、メリー・・・ 今、あなたの部屋の前にいるの 』

67 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/17(金) 00:15:14 ID:???0
第七話
 ピーンポーン・・・
インターホンが鳴った・・・馬鹿な、何処に隠れとったんじゃ!?
男は身動きを止め、息を潜める・・・。
 ピーン  ポーン・・・
男はゆっくりドアに近づきスコープから外を覗いた。・・・案の定、何も見えない・・・。
突然、小さな窓の視界が塞がれた! いや、グレーの瞳がこちらを見つめている、
さっきの人形・・・。
思わず男は外に飛び出す衝動に駆られたが、真二の例もある、部屋の真ん中に戻り、携帯を開いた。
「おぅ、わしじゃ! 真二がやられたかもしれん・・・連絡取れる奴、
みんな集めてワシの部屋に集合じゃ! 道具も用意せられ!」
小声で短い会話と細かい指示をした後、携帯を切り、もう一度ドアスコープに寄ってみた。
・・・もう人形は見えない。
バスルームのほうから、何かを壊すような大きな音が聞こえた。
・・・バスルームにも小窓はある。
だが、人の入れる大きさではない・・・そう思ったが、男は恐ろしい事実に気づいた。
バスルームの窓の外は、マンションの壁・・・もちろん、なんの取っ掛かりもない。
そういえば、真二の話では何者かは三階から侵入したという、
そして恐らくは、隣の部屋から一度外に出て、外の壁を伝って真二のいる部屋の窓から・・・。
男は注意深くバスルームの扉の前まで寄った・・・、電気をつけ曇りガラスの向こうを
見透かそうとする。動くものはない。そおっと扉を開けてみた。
・・・小窓が窓枠ごと破壊されていた。
この時、彼にはキッチンから聞こえてくる、小さな金属音に気づくことができなかった・・・
事前に仕掛けられていたのか、キッチンの換気扇が容易に外されてしまったことに。
彼が窓の外に注意を向けてた隙に、「それ」は部屋に侵入していた。
男が部屋の中に再び、眼を向けた・・・のは、ほぼ強制的だったといえる。
テレビが突然大音響で響いた。
彼はもはや無言で部屋に戻った・・・手に持ったナイフはいつでも反応できる。
画面ではくだらないバラエティをやっていたが、しばらくすると、画面が乱れ始め、サンドストームになった。
男にはそれが必然的な結果であるように、自然な事と思われた。
テレビの雑音の中に、はっきりとした声が聞こえる・・・
 『・・・わたし、 メリー ・・・今、あなたの 後ろにいるの 』

68 :うにくん携帯モジョ!:2007/08/17(金) 06:35:04 ID:???O
メリーさん♪オハヨ。
忙しくなっちったね〜
んじゃ、またね〜 でした。

69 :私事ですが名無しです:2007/08/17(金) 11:14:22 ID:???0
おはよー・・・

. 〃〆⌒へ 
./´ノ ヘヽヽ )ヾ 
ノ( ●  ●)¶|y
ノ  >  ■丿ミヘ)
〆^ん   《゙ン

70 :私事ですが名無しです:2007/08/17(金) 11:23:34 ID:???0
 第八話
もし、第三者がそこにいたら、この奇妙な事態はどう見えるのか?
テレビと男の一直線上の天井に、「彼女」は這いつくばっていた。
そして、細い・・・細い腕を一つの関節ごと延ばしていき、
そのか細い腕の先には、さらに細いアラベスク文様の装飾を施された鎌を床に延ばしていた。
形容するならば、毒蜘蛛が獲物を捕まえた時に、蜘蛛の巣を伝って降りてくる様が適当かもしれない。
終いには、天井に接しているのは、つま先と両膝のみで、
細い身体は床に向かって、ぶら下がっているだけになっていた。
「彼女」は鎌を使ってゆっくり・・・スローモーションのように着地する。
・・・音はしなかった、だが、男にはそれがわかった・・・、
自分の命に絶望的な死を与えようとする凶悪な気配を。
全身鳥肌が立ち、呼吸は不規則になり、
口の中は鉄の味しかせず、ナイフを握っているはずの手は汗でビショ濡れだった。
・・・どれぐらいの時間が経ったのか・・・いや、ほんの数秒だったのか・・・、
男はあらん限りの叫び声を上げ、ナイフをかざして振り返った!

彼は見た! 目の前にいる人の姿をした「彼女」を。
不気味に光る鎌を持ち、薔薇の刺繍のドレスを纏い、
肩のレースからは、小枝のようにか細く白い肌が露わになったその姿を! 
銀色の髪は無機的に輝き、生気のない青白い頬を! 
そして鏡のように全てを写すグレーの瞳、
この世のあらゆる美しさを備えながらも、かつ、何者をも拒絶するかのような神聖な顔立ちを・・・!
つい今しがた見たはずのマネキン人形とは全くの異質なものだった。
眼球だけが、本物の人間のように小刻みに動いている。
無慈悲な鎌の軌道は、男の首に触れる寸前で止まった・・・、
男は必死で左手で鎌の柄をつかみ、右手のナイフを何度も「彼女」に突き刺そうとした。
だが、何度彼女の頬に刃を立てても、表面を傷つけるだけでひるまない。
それどころか、装飾鎌の力がどんどん強くなって、左手で支えきれなくなっていた。
 「なんでじゃぁ・・・! なんでマネキン人形にこんな力があるんじゃぁッ!」
男の声は悲鳴に変わっていた。人形は獲物を見つめながら、独り言のようにつぶやいた。
 「・・・わたし、 メリー・・・憎しみ、恨み・・・救われる事の無い苦しみが わたしのちから・・・」

71 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/17(金) 11:26:53 ID:???0
第九話

 ・・・もはや男の手にはナイフは無い・・・。
刃物が効かないと分ったからには、男は両の手で鎌を持つ手を抑えようとするのみだ。
 何故だ!? 
 何故マネキンが動いている? この感触の冷たさ・・・このか細い腕・・・
 何故折れない・・・!? 
白いコルセットで締められたウェストは、男の太ももより細いかもしれないのに・・・!
 「あ あ あ あ・・・!」
力の増加は既に止むことが無い・・・。
もはやその力は男の限界を超えようとしていた・・・。
 「・・・わ、悪かったぁ! 殺すつもりはなかったんじゃぁ! 頼むぅ! 許してくれぇッ!!」
文様のある鎌の刃は、既に男の咽喉の皮膚を切り裂き始めていた・・・。
男の首から鮮血が溢れ始めた・・・。

 「わたしの名は メリー・・・ わたしは鎌を振るう・・・汚れた命を絶つ・・・ために 」

マンションの下には、男の舎弟たちが集まっていた・・・。
彼らが階下から階段を昇ろうとしたとき、
彼らの耳に、生理的な嫌悪をもよおす叫び声が聞こえた・・・。
彼らは大きな声を張り上げ、男の部屋の前にたどり着いた。
外されている換気扇・・・鍵の閉まった扉・・・チャイムを押すもの・・・ドアを叩くもの・・・
携帯で必死に通話を試みるもの・・・もはや全てが無駄だった・・・。
彼らがドアを破壊し、部屋に入った時には、大量の血の海の中に・・・
頭部が切り離され、既に肉の塊となった男の死体が転がっているだけだった・・・。

・・・マンションの下ではゆっくりとしたハイヒールの音が響いていた。
彼女は小さく、はっきりした声でつぶやきながら歩いていた・・・

72 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/17(金) 11:28:02 ID:jokFQxO10
最終話

 「・・・うぅ  らぁ らぁ・・・
 私は 見つける 法を犯したもの 
 そして 私は 知らせる ・・・ベルを鳴らし・・・
 そして 私は 近づく 確実に・・・一歩ずつ
 そして私は 準備する 死刑執行の その時を
 そして 私は・・・恐怖を与える 罪を後悔させる ため
 そして私は 鎌を・・・振るう 汚れた 命 絶つ ために・・・」

壊れたゼンマイ人形のように・・・「彼女」は一定の無機的な動作で
闇の中に消えようとしていた・・・、つぶやきながら・・・。

 「 主よ、われを助けたまえ・・・われに平安と安息を与えたまえ・・・
 ヒトの心を失い・・・思い出を奪われたわたしに・・・
 大いなる慈悲を お恵み下さいますよう・・・   」

 うぅ らぁ らぁ・・・ 
もはや誰にも彼女の姿は見えはしない・・・。
ただ・・・小さな声がそこに残っているだけだった・・・
 うぅ らぁ らぁ・・・・・・うぅ らぁ らぁ・・・・・・

             ・・・うぅ らぁ らぁ・・・・・・・・・(エコー)

  (第一章 「Ladyメリー登場」 終了)

73 :私事ですが名無しです:2007/08/17(金) 11:52:58 ID:???0
Teena Marie ”Recycle Hate to Love”

http://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F540%2F519540%5F1%5F10%2Easx%3Fobj%3Dv60308

http://www.amazon.com/gp/music/wma-pop-up/B00022FWZO001010/ref=mu_sam_wma_001_010/102-5206799-0035319

74 :私事ですが名無しです:2007/08/17(金) 22:19:11 ID:jokFQxO10
誰もいない・・・。

75 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/08/17(金) 22:28:32 ID:???0
きた〜!
最初からまた読んだ!
忘れてるようなところあり…また、新鮮!

私くらいになると読み直し必要だわ…

76 :私事ですが名無しです:2007/08/17(金) 22:30:26 ID:???0
>>75 いらっさい。

まぁ、この板の人の書き込みが少ないから、
なんかうにくんの、今日の一日でも書き込んでってくださいな。
私宛じゃなくてけっこうですので。

77 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/08/17(金) 22:43:21 ID:???0
どうも「ウラウラウラ〜〜!ベッカンコ〜!」
このアニメなんだっけ…
思い出してしまう…

78 :私事ですが名無しです:2007/08/17(金) 23:33:44 ID:???0
なんだっけ・・・、ジャングル大帝じゃなくて、
藤子不二夫の・・・(漢字すら覚えていない)
あ、そんな昔じゃない?

79 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/08/17(金) 23:45:10 ID:???0
このアニメ知ってたらヤバスよ〜
相当昔々だもん

まだ思い出せない〜

80 :私事ですが名無しです:2007/08/17(金) 23:50:56 ID:???0
パオパオとか出てない?


ジャングルくろべぇ!?

ちょっと調べてみる!

81 :私事ですが名無しです:2007/08/17(金) 23:55:05 ID:???0
あたったー!!

http://jp.youtube.com/watch?v=7-JSVheuRHE
http://jp.youtube.com/watch?v=-W-GhSHoGSU&mode=related&search=


まだ私の記憶力も捨てたものではない!

しかし、ピグミー族だったんだ・・・。
結構、エンディング、ファンキーでいい曲だな。

82 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/08/17(金) 23:55:15 ID:???0
>>80
それだ!!
なつかし〜!  まさか、昔リアルで見てなかったよね…

83 :私事ですが名無しです:2007/08/17(金) 23:59:21 ID:???0
なんのことでしょう?

. 〃〆⌒へ 
./´ノ ヘヽヽ )ヾ 
ノ( ●  ●)¶|y
ノ  >  ■丿ミヘ)
〆^ん   《゙ン

84 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/08/17(金) 23:59:57 ID:???0
>>81
この時間にサイコーの曲!!
わらっちたよ〜!
ありがとですよ!優しさに感動ですよ!

ベッカンコーで感動するとは…

85 :私事ですが名無しです:2007/08/18(土) 00:03:14 ID:SxDd6ZJY0
>>83
なんでもねぇです!

ジャングルクロべ〜とメリーさん重ねちゃ
イメージかなりヤバヤバ!

申し訳ねぇです…

86 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/08/18(土) 00:05:08 ID:???0
ありゃ…
なして…わたすも名無しサン

87 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/08/18(土) 00:09:02 ID:???0
くろべーありがと…  寝る…おやすみ…

88 :私事ですが名無しです:2007/08/18(土) 00:22:59 ID:???0
おやすみなさい・・・、良い夢を。

朝、起きたら物語が進んでいるかもね・・・。

89 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/08/18(土) 07:25:28 ID:???0
オハヨ♪
メリーさんち行ってきた
間違った世界がリアルで存在してそうで怖い…

「日浦」が〜〜!   心配!やな予感!  いや、大丈夫だべ

90 :私事ですが名無しです:2007/08/18(土) 15:40:24 ID:???0
『牛の首』って話、知ってる?
怖いよね〜w

91 :私事ですが名無しです:2007/08/18(土) 16:08:03 ID:???0
「牛の首」ですか。

確か・・・小さな村で起きた事件と言うか、風習と言うか、

何でも近親相姦から生まれた男が・・・。

牛の首を切り落として・・・。

隣の村で掴まえた女性に牛の首をかぶせて、

事に及んだとか、

飢饉の時に、弱ったものの肉を食うのに、

人の姿をしていると、罪悪感に責めさいなまされるために、

無理矢理、牛の首をかぶせてから殺したとか、

いろんな異伝があるようです・・・。

まぁ、私もそんなに詳しくありませんが・・・。


・・・でもこの手のお話、大歓迎!

92 :私事ですが名無しです:2007/08/18(土) 16:51:27 ID:???0
>>91
おお、いいねぇ!
じゃあ『黒いキューピー』の話は知ってる?

グロいよね〜

93 :私事ですが名無しです:2007/08/18(土) 18:25:08 ID:???0
そ、それは知らない・・・。

良ければ教えてください。

94 :私事ですが名無しです:2007/08/18(土) 18:50:53 ID:???0
かいつまんで話すとね、
母一人赤ちゃん一人の家庭で
お母さん交通事故に遭っちゃって、
で、身元が特定されなくて
無縁仏として処理されちゃったんだよ。
で、数カ月後に大家さんが部屋に入って…



虫がたかって 黒いキューピー人形みたくなった赤ちゃんの遺体が…
ギャー

95 :私事ですが名無しです:2007/08/18(土) 18:54:13 ID:???0
きゃー

96 :私事ですが名無しです:2007/08/18(土) 21:15:54 ID:???0
>>77 ちなみに「う〜ら〜ら〜」の元ネタは

ティーナ・マリーの
同名タイトル「Ooh La La La」です。
http://jp.youtube.com/watch?v=WZg46VqEk1s&mode=related&search=

ゆーがっとみーふぉーりんぐ
ふぉーりんぐふぉーゆー
ふぉーりんぐうぃずゆー
ふぉーりんぐとぅーゆー
ふぉーりんぐあーふたーゆー
ふぉーりんぐ うぅ! すぃーとつぃんぐ

ゆーがっとみーしんぎんぐ
うぅ らららららららららららぁ〜♪

97 :うにくん ◆dFIgBk5asg :2007/08/18(土) 21:46:52 ID:???0
>>96
だよね〜!
ベッカンコ!じゃおかしすぎる!

でも、しばらくはまりそうだ!

98 :私事ですが名無しです:2007/08/18(土) 22:44:31 ID:???0
 私メリーさん、
ここはチラシのうらです。
人には言えないような恥ずかしい秘密や体験、
バンバン書いちゃえばいいんですぅ
       
. 〃〆⌒へ 
./´ノ ヘヽヽ )ヾ 
ノ( ●  ●)¶|y
ノ  >  ■丿ミヘ)
〆^ん   《゙ン


99 :私事ですが名無しです:2007/08/19(日) 01:11:34 ID:TUJPQUqX0
   〆⌒\ ♪
 У'ζτλヽ 
♭(●  ● )) ヾ
ζ > -( ζ ι)
〆⌒/舎\⌒ゝ
〜 /イ  ゝヘ〜
/  ノ ‡ 乂  )
\/--ハ--\/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

100 :私事ですが名無しです:2007/08/19(日) 12:05:00 ID:???0
100

101 :私事ですが名無しです:2007/08/19(日) 12:09:21 ID:???0
   ♭       
       〆⌒\ ♪ >>100 げと おめでとう!!
     У'ζτλヽ   メリー百烈コーヒープレゼント!
  ィ■bノ( ●  ● ) d■ヾ
( (■b.■b> ▽ ζd■ d■) )
  ((■b ■b  d■ d■))
   ゝ■b ::| |::: d■丿
     ゝイ┘└入_
      /      ヽ
     <-ム ⊥ ム-ゝ

102 :私事ですが名無しです:2007/08/19(日) 12:38:22 ID:???0
・・・コーヒーの後に狩られるから逃げるうw ノシ

103 :スナフキン道 ◆aNEpG7BQN. :2007/08/19(日) 12:42:49 ID:???P
                   ____
                /:::::::::::::::::::::::ヽ
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             /::::::::;イ:::ハ::::ト:::::ト:::::::::ヘ
          {:::::::〃|:;' !:::|::!::::|:i::::::::::}  >>101
             i::::::」| l'.__ L.j:」::::j」:::::::::j  いただきます メリーさん。
          !:ハ. 代_、/´代チj:::::,′
            !::ハ.    ||   ,'::::/
           ヽ::::ヘ ー^一 ハ::,′
             |:::::↑、_ ̄__,イ::h
            |:::::::|三厂 |:::::::!
          ___」:::::::|ヲ′ !::::!
         /´ ̄\ヾ::::::ト ___  ルハj_
       i     ヽ ル′ `ー' jノリ 、`ヽ
.         !     ヽ \  `ヽ   \|
       ,r┤   h  ,>―`ー-┘一''¨`ヽ
     〃´:!    レ'" ,,r――‐---一''¨`Y
     {:{::::::!     |'"      ..::;::.     }
      入ヽ !     ! ゝ ........:::::::;::'.....__..._ノ}ト
     {   \\____ !   ` ̄ ̄   ̄「 /,ハ
      `>、  `  、 `ヽ          // /ト、         n
       {  ヽ ____ヽ__ \, - 、  , ∠ '―――---.√ ̄ ̄ ̄}ノ`>
      >ー--     ノ   /^'′       、ヽア/!     /_/>
      {  {:.___,;;;ノフ´,. '7 /  /:「`ー‐一'^ヽ. 〉!     {一´>
      \     // / / /_}! :|::::::::::://::::::Yヽ、ヽ.___ノ ̄

104 :スナフキン道 ◆aNEpG7BQN. :2007/08/19(日) 12:43:47 ID:???P
          |    〃  ./ /   /:/ |_:::/ /:::::::,r――- 、
.        |   /′..::' {   レ'   !ー、__/::::/  :!    ヽ
.         |  ,/  ..:::{ | ,ノ  ,ノ::::::::::::/.:/  :i       \
       |..:::{__...:::::! |:::::..... /::::::::::/ :/   .:!           }
       >―'⌒.y'   ト、:::::./.::::::/  .:/   .:!          i
       /     h    l::::〉イ.:::/  .::/   ..::!         |
.      〈      |    i;:' {::/   .::/    ..::|         |

105 :スナフキン道 ◆aNEpG7BQN. :2007/08/19(日) 12:49:50 ID:???P
                   _,,,
         ___、、     /;:;:;:;:;:;ヽ
        }゙ヅ ̄`゙''ヾヽ-、/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:{,
        ト{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`\ii,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ\,_{ヽ
        {};;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;トヽ,;:;:、;:;:;:;:;:;:;:;:゙`.\\  珈琲美味しかったです。
        {};;;;;;;;\ヾー\;;;;;;`ii,;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:∧丶ヽ
        \;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ }},;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:/`}}, ヽヽ  それではまたです、メリーさん ノシ
         \,/;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;ヾ,レ};:;:,;:;:;:;:tー〈  }  ヾ }
           ! ;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;/;;;;;\iヽヽ;:;:;:;{\ヽy    i
           }.:.:|.:.:.:l.:.:.:;!;i;;;!;;;;;;/!!;ヾ;:;:;:;:;:ュ ヽ     ヽ
           }.:.:i.:.:.:l.:.:.:.:j;:/ヾ;;;;;ラ}ヾ'!l;;:ヾ;x  `゙'-、,,    ヽ
           ヾ;;;;;;;;i;.:.:;;;;i  `゙""´.}/';;\ャ;\   jー---l
         _,,,-└-、,|;;;;;;;;;{ 、   ._}!;;;;;/}}ゞヾニヾョ {´ ̄ ̄ ゙̄|
         \:;:;:;、:;:;l;;;;;;;;;ト、 `=‐/i."       i:;:;:;:;:;:;:;:;:; {
          ゝ:;:;:;ヾ;;;;;;ヽ/ヽ`゙/;;;;;;i        |:;:;:;:;:;:;:;:;:;{
          ,〉:;:;:;:;:;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!!;;;;;{        l:;:;:;:;:;:;:;:;:;{
         /:;:;:;:;:;ィ"´´/´`゙\i i;;;;ヽ        l:;:;:;:;:;:;:;:;:;{
       ,/!:;:;:;/:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;:;:;:;;\;;;;;;;>.       l;:;:;:;:;:;:;:;:;:{
     ,r'';:;:;{:;:;:;:;:;:;:;:ヾ:;/;:;:;:;:;:; /:;:;:;:;:゙''i_,,,       |:;:;:;:;:;:;:;:;:{
     !:;:;:;:;i:;:;:;:;:;:;:;:;:;};/:;:;:;:;/:;:;:;:;:;-‐‐:;:;:;:;!,      !:;:;:;:;:;:;:;:;{
     l:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ{/´ィ‐":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;``゙';;';;;-、/:;:;:;:;:;:;:;:;;i

106 :スナフキン道 ◆aNEpG7BQN. :2007/08/19(日) 12:50:54 ID:???P
     l!:;:;:;!、 、:;:;:;:;:;:;:;:;:;Y; ゙゙̄‐、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:1`ヾ;::;:;:;:;;!
     }ヾ:;l:;ヾヾヾ:;:;:;:;:;:;}:;:;:;:;:;:;:;:}`゙'}=-、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;}:;:;:;;ヾ:;:;{
    ノ:;ヾi:;:;ヾ:;ヾ:;:;:;:;:;〈ヾ:;:;:;:;:;/;:;:;;/:;:;:;;}`` ‐-、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
    ゝ:;.;{{:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;人:;ヾ:;/:;:;:;:;/:;:;:ソ      ``゙'-、:;:;:;:ノ
    〈;:;:;:;il:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:〉;ヾ;:;ナ;:;:;/:;/ 
    };:;:;:;:;i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ:;:;:;:;〉:;〈"´
    .},:;:;:;:;:;;l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;{;:;:;:;:;メ;:;〉
    }:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ:;:;;:;{:;弋,
   y,:;:;:;:;:;:;:∧;:;:;:;:;:;:;ィ-‐‐---、_{
   /;:;:;:;:;:;:;:;//},,,/´       \
  〈:;:;:;:;:;:;:;";;〉:;:;:;i          \,,,
   \:;:;:;:;:;:;:;\:;:;i         /:;:;∨、

107 :私事ですが名無しです:2007/08/19(日) 15:10:58 ID:???0
なにしにきたーッ!?

・・・まぁ、いつでもどうぞ・・・。

108 :もくもく:2007/08/19(日) 17:06:25 ID:???0
ここで、小説みたいなもの書いて良いですか?

109 :私事ですが名無しです:2007/08/19(日) 17:37:41 ID:???0
>>108 楽しみです!

110 :もくもく ◆zCS1o.kilU :2007/08/19(日) 20:59:05 ID:???0
>>109
ありがとう(^_-)-☆
チョッとですが、早速作りました!

【題名未定】
閉め切ったカーテンの隙間から、常夏の陽射しが室内に反射し、幻想的な空間を作り出している。
ここは、位置的には、太平洋の真中あたり。
正確には、船の上。
忘れられた船、ジョンストン号の船長室。
私は・・・もうどれ位こうしているだろうか。
果てしなく遠い記憶、虚ろげだが覚えている。
私に生が、鼓動があった日の記憶を。


111 :もくもく ◆zCS1o.kilU :2007/08/19(日) 21:07:30 ID:???0
>>メリー
全部、一気読ませてもらいました。
とても良く出来ていて、臨場感とかも伝わって、面白かった!
怖かったけどw

112 :私事ですが名無しです:2007/08/19(日) 21:32:29 ID:???0
>>110 もくもくさん、ジャンルはなぁに?
オカルト? ミステリー?

ちなみに「全部、一気」ってなっがいよぉぉぉ、私のを全部読むの。

113 :( モェモ) ◆MOEuuytwis :2007/08/19(日) 21:38:07 ID:???0
メリーさん、こばわーっ!

114 :私事ですが名無しです:2007/08/19(日) 21:51:41 ID:???0
>>113 こんばんわぁ!

  /;;;; イノ ゝヽヾ    
 /;;;;;; / ノ(● ●))
/;;;;  //  ゝ ∇ ノ ゝ  
l;;;; / ノ (  〆へ \   
l;;;; l  人 《(   ヽ へ  
ヽ;; ヘ   リ;;::ゝ、/^  )\ 
 `'' ゝ   ヽ   ゝ、/ ゝ唱 
      イ:::::::::::;;;;::::::::::::::ヾ  \ 

やっと、この板の人が来た!

この板からオカルト板に流れて、
さらにメンサロまで・・・。

みんな来い来い、癒しのスレにぃぃっ!

115 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/08/19(日) 21:54:23 ID:TUJPQUqX0
千 客 万 殺!

. 〃〆⌒へ 
./´ノ ヘヽヽ )ヾ 
ノ( ●  ●)¶|y
ノ  >  ■丿ミヘ)
〆^ん   《゙ン

116 :もくもく ◆zCS1o.kilU :2007/08/19(日) 21:57:57 ID:???0
>>112
さっき思いつきで作ったので、ジャンルとか考えてなかった・・・
決まっている事は、「哀しい雰囲気」というイメージを基に作っていく事です。
だから、当分は題名&ジャンル未定という事でちょこちょこ書きたいと思ってます。


117 :私事ですが名無しです:2007/08/19(日) 21:58:40 ID:???0
  ∧∧
  ミ ・д・ミ  癒しのスレって聞いたのに・・・千客万殺・・・
  /  |
〜0∪∪つ


|    【逃走】
|ミ
|ミ ピャッ
|

118 :( モェモ) ◆MOEuuytwis :2007/08/19(日) 22:01:33 ID:???0
メリーさん

【音楽】クリストファー・クロス、来日公演決定
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1187523113/

びっくりですーっ!(><)

119 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/08/19(日) 22:15:02 ID:???0
>>118 さっそくありがとん!!

くりすとふぁーくろすってそういえばいくつになったんだ?

たしかニューヨークセレナーデ歌ってた人だっけ?

120 :( モェモ) ◆MOEuuytwis :2007/08/19(日) 22:18:03 ID:???0
>>119
そうですっ!
あとは、「セーリング」とか「オールライト」がお薦め。
透明感がある歌声がすてきっ!

121 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/08/19(日) 22:45:50 ID:???0
では洋楽タイムになったところで、

メリーさんエンディングテーマ(勝手に)

”Wishing on a star"
http://jp.youtube.com/watch?v=Ew2lojVRh5c&mode=related&search=

122 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/20(月) 03:11:13 ID:aMpuhLrz0
「さぁ、Ladyメリーの登場です!
薔薇の刺繍のドレスを纏い、
か細き腕には、一振りの鎌
この世と別れる覚悟はできたのかしら?
Uoo La La〜、
私は見つける、法を犯したもの、そして私は知らせる、ベルを鳴らして、
そして私は近づく、確実に一歩ずつ、そして私は準備する、死刑執行のその時を、
そして私は恐怖を与える、罪を後悔させるため、
そして私は鎌を振るう、汚れた命を絶つために・・・」

123 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/20(月) 03:12:53 ID:???0
第二章第一話

  シュバッ! シュバッ! 
 「こっち、向いて!」 「被害者の女性達に何かおっしゃりたいことは!?」
カメラのフラッシュと質問の嵐・・・。
一人の男性が、報道陣に囲まれながら警察に連行されていた。
 森村剛志21才・・・。
親が与えたマンションに一人暮らし。そしてその部屋に3人もの女性を同時に監禁、
彼女達を奴隷のように扱い、暴虐の限りを尽くしていた。
彼女達全員に誓約書を書かせた男の言い分は、
 「合意の上での共同生活、法には触れない 」
被害者の一人が男の不在時に、トイレの窓から助けを呼び、事件が発覚。
ここに逮捕となった。

 「・・・ええ、編集長! すぐに追加記事を送ります! ・・・そうなんですよ、
 例の監禁事件の犯人の祖父が、どうも地元の警察署の元署長らしいんですよ!
 ハイ、苗字は違います、でも、元々地元の名士らしく、今は県議会議員とか・・・、
 ええ、そこのところ、家庭環境とか生い立ちとか調べますんで、早急に!」
ふ〜、ここのところ、こんな事件ばっかりだ、・・・ああ、え〜と、
私はある出版社の専属ライターをしている・・・伊藤・・・とでも覚えていてほしい。
出勤時間は拘束されず、一つの記事を担当しては、契約したギャラをもらっている。
今回も、こんな寒い田舎にまで飛んで、事件を追っているというわけだ。
・・・まったく仕事の性質上、外にいることも多いんで手足がかじかむ。
屋内に戻ってキーボード打とうにも、中々思い通りに指先が動かない。
・・・と、かつてグチをこぼしていたら、妻の百合子が毛糸の赤い手袋を編んでくれていた。
滅多にそんなマネをしてくれる妻ではなかったので、とても感激だ。
・・・赤いのは恥ずかしいけれど・・・。
 あ、申し訳ない、どうでもいい話だったね。で、編集長との電話の後、外回り、地元の聞き込み、
懇意にしている新聞社での情報収集、それなりの裏づけと記事の大枠がまとまったので、
その地元新聞社の小部屋を借りて、原稿を打っていたんだ。
 「おい! 大変だ!」 その時とんでもないニュースが、私の耳に飛び込んできた・・・。
 「例の監禁事件の被害者の子が、・・・死体で見つかった!!」

124 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/20(月) 03:14:49 ID:???0
第二話

 一方、こちらは拘置所・・・面会室。
 「え・・・弁護士の先生・・・オレ、どうなんの?」
きれいに染め上げた髪の美形の青年は、気弱そうに面会に来た弁護士に尋ねた。
 「心配はいらないよ・・・ お祖父さんやわたしが、全力で君を助ける、
 気をしっかり持って欲しい。もうしばらくの辛抱だよ。」
青年の祖父に依頼された弁護士は、短い接見時間の中で、
警察の尋問での対処の仕方・注意事項・今後の方針等を事細かに伝えた。
 「だいじょ〜ぶ・・・、元々合意の上なんだろう? 
 今のところ、被害届けは二人からしか出てないが、きっと彼女達も思い直してくれるさ・・・。」
徐々に青年・森村剛志は、持ち前の明るさを取り戻して言った。
 「そうだよね! オレがこんなとこにいるの、おかしいもんね!
 あ〜、早くあの生活に戻りたいよ〜!」
彼には反省する気持ちはさらさらないようだ。
しばらくして、拘置所を出た弁護士の元に、携帯の連絡が入った・・・。
 『あ〜、弁護士先生ですかい? 二人のほう・・・被害届け・・・取り下げるみたいですよ・・・
 物分りのいい子達で・・・』
弁護士はそれを聞いて冷静に答えた。
まるで予定通りとでもいうふうに・・・。
 「そう、それは良かった、そう言えば、もう一人の子は自殺したって・・・? 可愛そうに・・・。
 私達には関係のない話だけどね・・・、 うん、先生には私のほうから・・・」
電話を切った弁護士は、高級そうな外車に静かに乗りこみ、
そして、その拘置所を後にした。
向かう先は、県議会議員自宅・・・。


125 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/20(月) 03:16:12 ID:???0
第三話

 「どういうことですか!?」 「何故、被害者が自殺を!?」
記者会見現場では物々しい雰囲気に包まれていた。
無理もない、今まで被害届けを出していなかった被害者の死亡・・・、
しかも彼女の父親は、例の県議会議員の息のかかった地元企業で働いていると言う・・・
私でなくともウラを疑う。
 「えー、場所は自宅の裏山の神社の境内、アルコールを摂取した後、
 神社の老木に紐をくくりつけ、首吊りによる頸部圧迫が死因、遺書は現在のところ、
 見つかっておりません!」 
厳しい顔の警察幹部は、たんたんと書面を読み上げた。
 「例の監禁事件との関連性は!?」
相次ぐ質問に、ようやく発表者は顔を起こし、記者団に向かってこう述べた。
 「現在のところ、事件として両者を結びつける事は考えておりません・・・!
 以上で、会見を終了いたします!」
怒声と罵声が会場を包んだ・・・。そんな馬鹿げた話があるものか!?
少女が精神的に病んでいたとしても無理はないが、何故、このタイミングで自殺をするんだ?
私は編集部に電話をして、自殺した被害者の自宅へ向かうべく、その会場を後にした。

既に私同様、ハイエナのような報道関係者が群がっていた。
地元のケーブルテレビも取材に来ている。玄関には「取材お断り」の張り紙が張られていた・・・。
 「あ、どーも、伊藤さん、考えることは同じっすね?」
同業者の中には当然、顔見知りは多い。
特ダネを教えあうことはありえないが、軽い情報交換などはすることもある。
 「どう思うー? 自殺だと思うー?」
 「ありえないっしょー? でも、事件だとするととんでもない大ごとですよ、これはー?」
 「だよなー・・・ 」
私は庭に目をやった、・・・そういえば、昼間もこの近辺に来たが、確かこの家は、
車を二台所有してたはず・・・。今は一台しかない・・・。
 「なぁ、今、ここのご夫婦は出かけているのかい?」
 「ああ、警察にでも出かけたままみたいですよー、帰るの待ってるんすけどねー。」
私は途方に暮れた・・・。さぁーて、どうしたもんかなぁ?

126 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/20(月) 03:22:31 ID:???0
第四話

夫婦はいずれ帰ってくるとは思うが、取材には答えてくれそうにはないだろう。
ホテルに戻るか、新聞社に立ち寄るか、まずは家にでも連絡するか・・・。
 「あーもしもし、百合子? おれ、ん、今、現場、結構長引きそう・・・ ん、 
 あ、 そうだ、 ・・・手袋 ありがとう、暖かいよ。」
実はそれでも結構寒いのだ、ただ気持ちがうれしい、精一杯の感謝を込めて礼を言った。
 『あら、あなたから、「ありがとう」なんて久しぶりに聞いたわ、でも、たまにはいいものね、
 あ、待って・・・ 麻衣がなんか出たいみたい。』
なんというか、夫婦仲は悪くない・・・と思う。
ただ娘の麻衣が生まれてから、妻はそっけなくなったのかもしれない。
だが、娘の麻衣が可愛い! という気持ちでは妻には負けない!
 『ぱ〜ぱぁ〜!』 一人娘の麻衣、4才。めちゃくちゃ可愛い・・・!
 「は〜いぃ〜、パパだよ〜! 麻衣ちゃん、いい子にしてた〜?」
親ばかとでも何とでも言うがいい。
 『んー、まいちゃん、いい子・・・ぱぱ、今日帰れるの?』
 「ごめーんねぇ、パパ、今夜は帰れない、明日なるべく早く帰るから、まいちゃん、待っててねぇ〜」
隣で、同業者が笑ってるが、知るか、笑え。
 『ぱぱぁ?』 「ん〜何だい?」

 『 お人形さんによろしくね ! 』

 「・・・お人形・・・さん? えっと・・・、何だい? ママに買ってもらったお人形さん?」
 『ううん、 今日ね、お昼ねしてたらね、お祖母ちゃんが言ってたの。
 ぱぱがお人形さんに会うって 』
・・・実を言うと、麻衣は時々不思議なことを言う。
いや、子供はそんなものなんだろう、この「お祖母ちゃん」というのも、時々麻衣の口から出るが、
・・・これは百合子の母親のことなんだが、麻衣が生まれる前に亡くなっている。
 「へぇ? どこにいるのかなぁ、そのお人形さん? なんて名前なの?」
 『・・・んっとね・・・』 悩んでるようだ、私はニヤニヤしながら麻衣の続きを待った。
 『じゅーじかのあるところ、でも そこじゃない・・・、 大きなおうち? まいちゃんわかんない・・・、
 でも、名前は えっと  メリーさん! 』

127 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/08/20(月) 03:23:41 ID:???0
☆ つづく!

128 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/08/20(月) 19:12:57 ID:???0
また読んだ!このへんはドキドキワクワク…で
だ〜っと読んだ所だ!
読み直し〜♪今日はここまで…

129 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/08/20(月) 22:47:52 ID:aMpuhLrz0
今日も暑い・・・

        
. 〃〆⌒へ 
./´ノ ヘヽヽ )ヾ 
ノ( ●  ●)¶|y
ノ  >  ■丿ミヘ)
〆^ん   《゙ン

130 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/21(火) 01:56:27 ID:???0
 第五話

 ああ、麻衣はなんて可愛いんだろう? 
一人で悦に入ってると、携帯の向こうから「ママに代わって? 」 という妻の声が聞こえてきた。
 『あなた?』 ハッと我にかえる自分。「あ、ああ、何だい、百合子?」
 『麻衣の言ったお祖母ちゃんの事は気にしないで・・・。子供のいう事だし・・・。』
 「ああ、大丈夫だよ、気になんかしちゃいないさ。」
 『それよりあなた。』 「ん? 何だい?」
実を言うと、妻はこの一瞬の間が怖い。いつかお見せしよう。
 『無理しちゃ駄目よ、危ないと思ったら、・・・手を引いてね。』
 「・・・ありがとう百合子・・・。決して危ないことはしないさ・・・!」
今日、二回目の「ありがとう」が自然に口に出た。そういや、前はいつだったかな?
私はおやすみを告げて、携帯を切った。「よーし! やるぞーッ!」
我ながら現金である。
 カラ元気だけではない。電話してるうちにふとした事に気づいたのだ。
被害者の一家は熱心なクリスチャンだったはず。麻衣の言ってた「じゅーじか」で思い出した。
彼らは毎週日曜には、親子三人で教会に通っていたとも聞いている。
実際のところ、そこも引っかかっていた。(神社で自殺するものかな?)
私は駄目もとで、車を教会まで走らせた。場所は聞いていたが、まだ取材の対象にしていない。
うまく行けば教会関係者に、事件の感想ぐらいは取れるだろう。

教会の敷地には何台か車が止まっていたが、そのうちの一台に目が留まる。
 あの家族の車だ! ここに来ていたのか?
私は車を敷地に停め、教会の正面の大きな扉を開けた。
 「すいませーん、夜分失礼しまーす」
しばらくすると、神父と思しき白髪交じりの年配の男性が現れた。
 「・・・どちら様ですか・・・?」 とりあえず記者という身分は隠して・・・
 「○○さんがこちらにいらっしゃると、伺ったんですが・・・」
神父はあからさまに迷惑そうな顔をして 「もうお帰りになりましたよ。」
と、ぶっきらぼうに答えた。ごまかされるものか。
 「ですが、車は表に停まったままですよ?」
突然、神父の表情に変化が生じる。 何か、良くないことが起こったのか・・・?

131 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/21(火) 02:04:41 ID:???0
第六話

神父は途端に、身を翻し奥へと戻っていった。「あ・・・あの・・・」
ところが思ったより早く、神父は再び姿を現した。外套をはおり、手には懐中電灯を握っている。
 「あなたは新聞記者ですか?」
神父は私の身体を追い越し、あわただしく表に出ようとしていた。
容易ならざる事態が起きていることは、私にも感じられる。「ルポライターです。」 
ごまかすつもりだったが、そんな空気ではない。神父は表に出る前に一度振り返った。
 「マスコミに話す事はありません・・・、と言いたいのですが、手伝って下さい。
 もしかすると・・・。」
私の返答を待たず、神父は表へと飛び出した。
神父は車の所まで行き、ライトを照らす。
すぐに私も追いつき、ライトに照らされた車内をのぞいた。
 「あれ? 運転席に封筒が・・・ !  『遺書』!?」
神父は私の顔を見た後、車のドアを開けようと試みた。
・・・ロックされてはいない。神父は遺書を取り出した。
 「し、神父様・・・ですよね? あ、あの夫婦がここを出られたのはいつ頃なんですか?」
遺書に封はしていなかった。私は肩越しに、ライトで照らされた遺書の一部を読んだ。
細かいことは書いていなかった。
 「○○様(神父の名?)」に最後まで迷惑をかけたこと、愛する愛娘を失った事への絶望、
加害者とその祖父への恨みが書かれていた。・・・そして
  『・・・主のお教えに背くかもしれません、ですが私達夫婦にはこれしか道はございません、
 愛する娘の苦痛を少しでも和らげるために、私達の命と恨みの情念を・・・
 あの人形・メリーの糧として 奉げようと思います・・・ どうか・・・』
内容を把握できたのはそこまでだった。神父は書面を封に戻し、こちらを振り返った。
 「彼らがここを出たのは一時間前です。」 神父は近所の扉を叩き、私は警察に連絡をとった。
その間、遺書に書いてあった部分が、私の頭からどうしても離れない・・・。
    人形・・・メリー  メリーさん・・・? 
 近隣住民総出での捜索の結果、・・・彼らの行方の手がかりが見つかった。
教会のすぐ先の街道沿いに大き目の橋があり、そこで、夫婦の靴が揃えて並べられていたのである。
そして・・・事件は、一家全員死亡という最悪の結果を迎えてしまった。

132 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/21(火) 02:08:37 ID:???0
 第七話

日付が変わってしまった。
疲れた・・・。まさか自分が警察に聴取されるとは・・・。
反対に、こっちが何か聞き出してやろうと思ったが、さすがにそうは甘くない。
ただ担当の若い刑事は 「証拠さえあれば(例え警察OBでも)動く」とは、言っていた。
信用してよいのだろうか?
帰り際、神父の姿が見えた。話しかけるタイミングは今しかない。
あの、気になる記述の事を聞いてみたかったのだ。
遺書にあった、メリーという人形とは何の事なのか?
寒さで白い息を吐きながら、神父が車に戻る前に声を掛けることができた。
 「聴取、終わったんですか? ご苦労様です。」
神父は複雑な表情をしたが、礼儀正しく頭を下げた。
 「・・・先ほどは見ず知らずの方に、手伝って頂いてすみません、
 あの親子が祝福された土地に辿り着けるといいのですけれど・・・」
私は、一呼吸置いてから、
 「・・・あの親子の事を、詳しくお聞きしたいのですが?」 と尋ねたが、返答は冷たかった・・・。
 「マスコミの方には何も申し上げることは無い、と言った筈です。」
 「では、遺書の・・・人形の事を教えてくれませんか? メリー とは?」
初老の神父はこちらを見上げた。
 「何の事か、私にも分りませんな・・・。確かに遺書にありましたが・・・。」
神父は自分の車に乗ろうとしている。全く立ち入るスキがない。でも、負けるもんか。
 「い、いや、人形の件は、マスコミというより、子供の父親として・・・、夕方、ウチの子供が
 変なことを・・・言って・・・あ、アレ、何を言ってるんだろ? 」
我ながら何を言っているのだ? いくら神父を引き止めるセリフが思い浮かばないと言ったって・・・。
だが、意外にも神父は興味を持ったようだ。
 「お子さんが・・・なにか?」 神父の動きが止まった。
 「え? ・・・ええ! 夕方、電話したら、4つになる娘が、『メリーさん』という人形に私が会うと、
 死んだ祖母に教えてもらったって言うんですよ。」 もういいや。言っちゃえ。
神父の驚いた顔は言葉に言い表せない。しばらく神父は無言だったが、ようやく口を開いた。
 「明日、朝、教会においでなさい・・・。」
翌日、隣町で3人の男の斬殺死体が見つかるのだが、この時まだ、私達はそれを知らない・・・。

133 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/21(火) 02:11:05 ID:???0
 第八話

朝の教会は、寒さの分もあるせいか、余計に荘厳に感じられる。
今朝は雲も厚く、陽の光も十分には降り注がない。
決して大きな教会ではなかったが、古びた感じがなお、その荘厳さを高めていた。
白い息を吐きながら、スカーフをかぶった修道女に案内されると、
昨日の神父が朝の礼拝を行っている。
 ここでは寒いからと、石油ストーブの焚いてある小さな部屋へと向かった。
しばらく待っていると、祈りを終えた神父がやってきた。
 「おはようございます、今日はわざわざ、ありがとうございます。」
神父は私の挨拶には答えず、短く頭を下げると、こう切り出した。
 「あなたの・・・お子さん、娘さんでしたかな? 普段、何か変わったことはございませんか?」
今度は私が面食らった、まぁ昨日、話をふったのは私だからしょうがないんだが・・・。
 「え、ええ、普通の子供ですよ、特に・・・別段・・・何も・・・。」
 「では、お祖母さんというのは・・・?」
 「ああ、えーと、母親の方の祖母のことなんですけど、時々、
 娘が夢でお話するっていうんですよ、 娘が生まれる前に亡くなっているんですけどね。」
神父にこんな話をすると、なんか重大な話に聞こえてくる。 
 「あの・・・ 娘は何か・・・?」 神父はしばらく考え込んだ後、
 「いえ、失礼しました、・・・問題はないと思います・・・それで、ゴホンッ、
 昨晩の件ですが。」 
 「あ、ハイ。」 背筋を伸ばして姿勢を正す。
 「まず、『メリー』という人形について・・・、これは我々の教会や宗派と何の関係もない事、
 また、まともなニュースには決して取り上げられる価値の無い、ただの噂話だということ・・・、
 これを覚えておいていただけますかな・・・?」
価値が無い・・・という割には、神父の語気には強い意志のようなものを感じられた。
 「は、はい・・・。」 と言うしかない。だが、この時点で私の心中には、
未知のものに憧れる期待と、娘への関わりとの不安で想いを交錯させていた・・・。
後になって考えれば、聞かなかったほうが良かったのかもしれない。
 「・・・では 」
神父はため息をついて、呪われた「人形・メリー」の話を私に語って聞かせた・・・。

134 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/08/21(火) 02:13:27 ID:qLL2qah20
☆ 続く

     〃´`ヽ
く⌒ゝ  川゚ 。川
 W━━つ━と━
     イ)   (リ
     ん へ ノ

135 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/21(火) 23:17:42 ID:???0
 第九話

ここからは神父の話になる。この間、私には口を挟むことができなかった。
「 ・・・私がこの教会を任されて、もう20年になります。
この教会が建ってからは、私は三代目なのですが、
当初、この教会には、海外から越してきた信者が何名かおったそうです。
修道女の中にもおりました。
彼女達は熱心な信者でしたが、
よく、村の子供達に、自分達の生まれ育った土地の民話や伝説を話すことがあったそうです。
私も正確には覚えておりませんが、これはその内の一つです・・・。

 ヨーロッパのある小さな町に、かわいい女の子が住んでいました。
 名前は伏せましょう・・・(ここでは便宜上○○○ーとします)。
 彼女には母親がいましたが、きつい母親だったそうです。
 女の子は、しつけの厳しい母親にいつも叱られていました。
 寒い冬のある日、母親は女の子に「ある物」をプレゼントします。女の子は大喜びです。
 ところが女の子はあまりにはしゃいだために、「それ」を失くしてしまいます。
 母親は大変怒りました。女の子は泣きながら、町中、探し回ります。
 女の子は町外れに住んでいるという、魔法使いに聞いてみようと思いました。
 なんと、大事なその「ある物」は、どういう訳か魔法使いの家にあったのです。
 魔法使いは「それ」を返すにあたり、女の子に約束をさせました。
 「私から返してもらったことは誰にも言わないこと、この約束を破ったら今夜12時におまえの
 命を奪いに行く」・・・と。女の子は約束し、喜んで帰りました。
 ところが、母親があまりの剣幕で娘を問い詰めたため、娘は約束を破ってしまいました。
 その夜・・・約束を破った女の子の元に魔法使いがやってきたのです・・・。」

 ○○○〜ッ、私だよぉ、私は今、おまえの家の前にいるよぉ・・・

 「その声は少女の耳に、はっきりと聞こえてきました。」

136 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/21(火) 23:18:42 ID:???0
 第十話

 少女は必死に叫び声をあげたり、壁を叩いて助けを求めますが、
魔法のためか母親は気づきません。
  ○○○〜ッ、今からお前を殺しに行くからねぇ〜 
  アハハハハッ ほ〜ら、家の中に着いたよぅ ○○○〜ッ・・・
  今、階段の下にいるんだぁ、 どんな風に殺されるか想像してごらぁん・・・
  ○○○〜ッ、一段上がったよぉ 怖いのかねぇ? アハハハハッー
  ほぉ〜ら、二段目だ・・・ だんだん近づいているよぉ〜 かわいい○○○〜ッ!
  いま、三段目だ ○○○〜ッ、手足をノコギリで挽いてあげようかぁ〜?
  四段目、四段目だぁ、もうじきおまえを連れてくよぉ〜 
  どんどん、声が近づいているだろう? いま五段目だぁ 
  六段目〜ぇ、、誰も助けにきてくれないぃぃ〜、怖いかぁい? 怖いかぁい?
  ま〜た、一段あがった、もう半分過ぎたよぉ? 七段目だ ○○○〜ッ 
  ○○○〜の部屋が見えてきたぁ、八段目だ〜、ああぁ、早くおまえに会いたいいぃ
  九段目、目玉をくりぬくのも楽しいぞぉ? アハハハハッ 
  さぁ、十段目だぁ、もうぅ手が届きそうだよ ○○○〜ッ 
  ・・・十一段目、あと少し、あと少し! 内臓を引きずり出してあげるよぉ ○○○〜ッ! 
  ああああぁ! ほぉ〜ら、十二段目だ! 覚悟はいぃかぁい? 
  ・・・昇りきったよ・・・、○○○〜、今、わたしはお前の部屋の前にいるよぉ・・・

 「・・・神父様、すいませんが・・・手短に 」 
気持ち悪くなってきた。怯える少女の姿と娘の麻衣が重なったのである・・・。
これ以上は聞けそうにない・・・。
 「あ・・・ 申し訳ありません・・・ご想像の通り、少女はバラバラに殺されてしまいます。
 そして、その後も少女には哀れな運命が待ってます。殺された少女の魂は天国へ行けず、
 魔法使いの作った人形に封じ込められてしまうのです。」
 「ひど過ぎる・・・ 」 私は思わずつぶやいた。
 「魔法使いは、少女の魂が入った人形を慰み者にし続けました・・・。
 しかしある日、この町に、やはり魔法使いと思われる老人がやって来ました。
 彼は少女を哀れに思い、使い魔であるワタリガラス・熊・キツネの三匹の動物を使って、
 人形を奪う事に成功するのです。」

137 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/21(火) 23:21:28 ID:???0
 第十一話

 「しかし、その老人の魔力を持ってしても、少女への呪いは解けません。
 呪いをかけた本人でなければ、その呪いをとくことはおろか、
 人形を動かす事すら できなかったのです。
 ある時彼は、近くで非業の死を遂げた者がいると、
 少女の人形がひどく反応する事に気づきました。老人は人形に「死神の鎌」を与えてみました。
 それは彼が直接、死者の王に授かった物だと言われています。
 するとどうでしょう、人形は立ち上がり動き始めたのです。
 以来、彼女は、死にゆく者の恐怖や怨念を感じると、まるで自らの恨みを晴らすかのように、
 その不気味な鎌を振るい、非道な犯罪者達の命を狩るようになったのです・・・」

 「その人形が・・・メリー?」
 「少女の名前は本来、別の名前であったようです。別の民話が混ざったのか、
 老人が新たに名前をつけたのかは分りません。ただ、私がこの教会に赴任した時には、
 既にここの住人の間では、『メリー』として定着していたようです。」
 「それはつまり、恨みのある相手を・・・人形が晴らしてくれる、と信じられている・・・と?」
神父の顔は残念そうな表情を見せていた。
 「お分かりでしょう、主の教えと相容れる訳がない、
 この教会ではその話は タブーだったんです。 
 かつて、人形による殺人事件が起きていたとしても・・・。」
 「何ですって!? 」 私は驚愕した。それはそうだ、
今までの話は、全て外国の伝説だと思っていたからだ。神父はため息をついた。
 「先代の館長の頃の話です、村で何人もの少年が殺されるという事件がありました。 
 犯人は性的倒錯者のようでしたが、当初、捜査は難航しました。
 そんなある日の晩、村の青年が、大きな鎌を持った人形が路地を走り去ってゆく姿を目撃しました。
 青年は腰を抜かしてしまいましたが、近くを通った駐在に助けられ、人形のやってきた道を辿ります。
 すると、一軒の小屋がありました。中をのぞくと、カラダをバラバラにされた男の死体があったのです。
 村で変わり者とされてた男の死体でしたが、よく調べると、
 その小屋から、以前に殺された少年達の遺品が見つかったのです。
 以来、それはメリーの報復だという噂が、村人達の間にあっという間に拡がったのです。」

138 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/21(火) 23:23:01 ID:???0
 第十二話

 突然、私の携帯が鳴った。編集長からだ。
 「神父様、すいません、失礼します。」 神父はどうぞ、というジェスチャーをとった。
 「ああ、編集長、おはようございます、すいません、正午までにはそちらに・・・?
 えッ!? 隣町で建設会社の作業員3人の斬殺死体ッ!?
 その建設会社って、あの県議会議員の一族が経営している・・・ハイ、すぐに・・・!」
私は反射的に神父に目をやった。
初老の神父は目を見開いて驚いた様子だったが、静かに十字を切って天を仰いだ・・・。

他にも聞きたい事があったのだが、私は神父に別れを告げ、地元の新聞社に向かった。
そこで手に入れた情報を整理してみると、斬殺死体は、正確には、
建設会社の末端の子会社で、ヤクザのダミー団体とも言われていること、また、そのうち二名は、
この会社に昨年から働いている中国人労働者のようだ。
三名は、作業現場のプレハブ小屋で酒盛りをしていたが、その前までは町の風俗店にいたことが判っている。
作業現場は荒らされており、激しく争っていた様子が伺えられる。
死体は全て鋭利な刃物によって切り刻まれ、日本人男性の携帯には、
直前まで何者かと、短い間隔で何度か通話していた記録が残っていたという。
私は、昨日までのまとめた原稿と、今回の事件の速報を編集長に送り、
「今後さらに急展開する恐れがある」ことを伝え、了承をもらった。人形の件は伏せたが・・・。

薄暗い、曇り空の事件現場では、警察が厳戒体制を敷いていた。
私は昨日、老夫婦の心中の件で私を聴取した、若い刑事をその場で見つける事ができた。
 「いやぁ、昨日はどうも」 若い刑事は立ち入り禁止区域外にいた。
 「ここは刑事さんの管轄ではないんじゃあないのですか?」 
刑事はためらってた様子だったが、私に口を開いてくれた。
 「別件ですよ、・・・多分もう、発表するだろうから言いますけど、監禁事件の方、
 二件の被害届けが取り下げられた。じき、森村容疑者は拘置所を出ます。」
 「何ですって!? そんな馬鹿な! 何故、被害者が・・・!?」
言いかけて、ハッと恐ろしい考えが私の頭に浮かんだ・・・。
 「ま、まさか・・・、あの自殺とされた女の子の事が原因で・・・。」

139 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/08/22(水) 00:09:26 ID:M8whp6Lg0
☆ ・・・むぅ。

140 :うにくん携帯だい!:2007/08/22(水) 06:12:47 ID:???O
ここまで読んだ( ~っ~)/

141 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/08/22(水) 06:45:55 ID:M8whp6Lg0
いつもあんがと・・・!

142 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/22(水) 23:07:45 ID:???0
 第十三話

 「被害届けを出すかどうか悩んでいた少女が死んだ、
 既に被害届けを出していた他の女の子達はどう思ったのかな・・・。」
若い刑事は独り言のようにつぶやいた。
 「まさか、脅迫・・・その為の材料にするためにあの子を・・・。」 
自分の体が震えているのがわかった。止められそうにない。
 「和解を申し出ていた弁護士以外に、彼女達に何らかの接触をした者がいるんじゃないか、
 と思って調べてたら、ここの責任者に行き着いたんだけど・・・、
 死体になっちゃこれ以上は無理かな・・・。」
 「これ以上は捜査できないと・・・!?」
 「監禁事件は終了、自殺・心中事件もこれ以上捜査の必要なし、と上が判断すればそうなるでしょうね。
 こっちの事件は確実に殺人だから、むしろ、こっちに力を入れる事になるだろう。
 死体の損壊程度から言って、中国マフィアが絡んでるかもしれない。」
私は我慢ができなくなって叫んだ! 
 「では、自殺に見せかけられた少女の真犯人は捕まえられないッ!
 指示をした警察OBには手出しできないと、言うのですか!?」
刑事は眉をしかめ、別れ際にこうつぶやいて、私から離れた。
 「だから何度も言ったでしょう・・・我々は証拠がなければ動けないんです・・・。」

私はもはや、ジャーナリストとしてより、一人の親としての想いが自分を動かしてたように思う。
心中した家族が自分の家庭に重なり、また今朝、神父から聞いた、天国にも行けない少女の話、
永遠の苦しみを味わう悲しい話を、この痛ましい事件に重ね合わせていた。
もしも麻衣が同じような目に遭うとしたら・・・、
私には麻衣の怖がる姿すら、とても想像できない・・・誰も助けに来てくれない、逃げる事もできない永遠の絶望・・・。
あの家族の尊厳を守り、少しでも恨みを晴らしてやりたい、
できうる限りのことを調べてマスコミに公表する。それが私のなすべきことだ。
この時私は、この建設現場の三人が誰に殺されたか・・・、
彼らが何か知っていて(もしかしたら彼女を自殺に見せかけて殺した実行犯かも)、
口封じの為に殺されたのではないか、と思っていた。
妻の「無理はしないでね」という、電話の声も頭に残る。
だが、私は車を走らせるしかなかった、県議会議員の自宅に向けて・・・。

143 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/22(水) 23:10:40 ID:???0
 第十四話

・・・とは言ってみたものの、高い塀に囲まれた大きな屋敷には、何者をも拒むような雰囲気が醸し出されていた。
入り口は閉じられており、脇に小さなインターホンがあるのみである。
近くには、何人かの報道関係者がいた。顔見知りもいたので声をかけてみた。
 「や、寒い中、お疲れ様、誰かインタビュー、やってみた?」
 「ああ、伊藤さん、どーも、駄目だねぇ、お手伝いさんらしき人しかインターホンは出ないし、
 本人なんか一歩も表に出やしない。せめて、二階の窓から顔だけでも出してもらいたいんだけど・・・。」 
釣られるように私は、塀の上にわずかに見える、階上の部分に目をやった。  !
 ・・・何か動いた・・・? モノトーンの細い物体・・・
 「な・・・? 今、何かいたよな!?」 私は興奮気味に確認を求めた。
 「えっ? 猫かなんかじゃないんですか?」
 「えっ、猫? いや・・・もっと大きくなかったか・・・?」
もう一度目を凝らして見たが、もう動くものは見えない・・・。
私は急に思い出した・・・神父から聞いた動く人形の物語を・・・。
 そして
麻衣の電話・・・お祖母ちゃんの 予言(?)めいた言葉を思い出した・・・。
 「お 人 形 さ ん に よ ろ し く ね 」
その言葉が何を意味するのか・・・背筋が寒くなった・・・。

たぶん・・・私はその時、周りの声や音が耳に入ってなかった。
恐らく 「おいおい、伊藤さん?」 とか言っていたのではないだろうか?
私は屋敷の正面入り口までゆっくりと歩き・・・、
そして力強くインターホンを鳴らした。
プルルルルル カチャ 「はい? どちら様でございましょう?」
私は何かに憑かれていたのかも知れない、
さっきまでなら思いも寄らない言葉が自分の口から出ていた。
 「隣村の○○神父の使いで来ました・・・。
 県議会議員のご主人様にお会いしたいのですが・・・。」
 「? 一体、どのようなご用件で・・・?」
 「まずはそう、伝えていただけませんか?」

144 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/22(水) 23:13:21 ID:???0
 第十五話

 「少々お待ち下さいませ。」
しばらくすると、インターホンのスピーカーから先程の女性の声が再び聞こえた。
カチャッ 「どうぞ お入りください。」 門のロックが開いたようだ。
周りからどよめきが起きる。中に入ろうとすると、先程の知り合いが、
 「伊藤さん、どうやって入れてもらったんです? 後で取材内容教えて下さい!」
と、寄ってきたが 「ごめんな、取材じゃないかもしれないんだ。」
としか言えず、困った表情をしてみせた。向こうも困惑している、
そりゃあそうだろう。 自分でもこの先どうしたいのかよく分らない。
広い庭には池もあり、鯉も泳いでいるようだ。
古ぼけた灯篭や豪勢な松の木、向こうには立派な倉もある。あちこちにガードマンと思しき人物が立っている。
玄関にようやくたどり着き、敷居をまたぐと、体格のいい男に迎えられた。
 「いらっしゃいませ、秘書の丸山と申します。こちらへどうぞ。」
用意されたスリッパを履き、案内されたのは立派な応接室だった。
私は手袋を外しコートを脱ぎ、これまたいくらするのか想像つかないソファに座った。
 「議員先生は・・・?」と尋ねると、きっぱりと言われてしまった。
 「先生は初対面の方に、直接お会いする事はありません、
 まずは私に用件をお伝え下さい。」 なかなかうまくいかない・・・。
私が切り出し方を躊躇していると、丸山の方から問いかけてきた。
 「○○神父の使いの方、という事ですが、本当ですか? 名刺か何かお持ちですか?」
 「あ? ・・・え、神父のところから来たのは確かですが、ここへは自分の意思で・・・」
マヌケにも自分の名刺を差し出してしまった。丸山は名刺をチラッと見てため息をついた。
 「お帰りいただけますかな。」
 「・・・いや、待って下さい! ここの先生の命を狙ってる者がいるかも知れないんです。」
一瞬、場の空気が止まる。丸山はしかし動じず、そのまま私に質問した。
 「ほう? どこで知った情報か教えてもらえますかね?」
質問と言うか恫喝だ。だが、ここでひるむわけにはいかない。
 「例の・・・お孫さんが起こした監禁事件、被害者の一家が心中したのはご存知ですか?」
丸山は顔色一つ変えない。
この時、彼の内ポケットの携帯に一本の電話がかかってきた。

145 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/22(水) 23:16:33 ID:???0
 第十六話

丸山は携帯を取り出し、発信者を確認していた。
少し怪訝そうな表情をしていたのは私も見て取れる。
 「いや、存じませんでしたな。」 家族の死にも電話の着信にも彼は冷たかった。
 「で、不幸なことですが、当方にどういう関わりが・・・?」
私は息を飲んで、彼を揺さぶる発言を行おうと試みた。
 「彼らの車から遺書が見つかりました。私も神父もそれを読んでおります。
 遺書には、ここの先生とお孫さんに恨みを残し、
 殺し屋のようなものに依頼を行ったと読める件(くだり)がありました。」
さて、どんな反応をする?
 そこにまた携帯の着信、タイミングがいいのか悪いのか?
勢いを外されて私は 「よろしければ電話をどうぞ 」 と言う他なかった。
丸山も再び回線を切ろうとしていたようだが、私の言葉につられてか、
 「では失礼。」と言って窓際で電話を受けることにしたようだ。
 「は? 誰だ、君は?  ・・・もしもし?」 だが、電話はすぐに切れたらしい。
 「間違い電話ですか?」 「いや、イタズラの方かもしれません、失礼しました。」
 「で・・・殺し屋・・・ですか?」 丸山は再びソファにもたれて言う。
 「困りましたなぁ、娘さんの自殺を恨まれても逆恨みとしか・・・。」
 「逆恨み・・・ですか?」 なんとか本来の話に持っていかねば。
 「と、思いますがね。」 
 「では・・・、今朝方ここの関連会社の労働者が殺された事件は?
 あれは実行犯への復讐とは考えられませんか?」
最初は口封じの為の仲間割れだと自分でも思っていたのだが、実際その説も有りだな、
・・・じゃあ「誰が」ということになるのだが。
 「そちらも無関係ではないのですか? いづれにしても警察の捜査待ちでしてね、
 しかし・・・この日本で殺し屋ですか・・・? 事実だとしたら誰に頼むのでしょうね?」
丸山の落ち着き振りが癇に障る。どうすれば核心に近づけるのか?
 「この土地の者なら、メリーにでも頼むんじゃないのですか?」
やけ気味に放った一言だったが、突然、丸山の様子が変わった。
 「・・・メリー!? 君『達』は私をからかいに来たのか!? どうやって私の番号を知った?
 何が 『わたしメリー』 だ!? 何が 『お屋敷の前にいるの』 なんだ!?」

146 :もくもく ◆zCS1o.kilU :2007/08/23(木) 00:59:46 ID:???0
【題名未定の続き】
群れをはぐれ、孤独に亡くなった海豚の魂が私を見つめ、想ってくれる。
少しの過ち、たった少しの・・・理由さえ分からぬまま世界を失った海豚。
それでも、純粋に生きた。
お前は、そんなにも、なぜ愛を汚さずに。
私はなぜ・・・。
しかし、私にもあった、お前に比べれば微々たるものだが、純粋。
限りなく濁った純白を。
生を持っていた私の、ほんとうに真実を、真実を見つけし時、真実は胴を貫き
吐息すら許さなかった。
目覚めた私は絶望へ。


147 :もくもく ◆zCS1o.kilU :2007/08/23(木) 01:12:02 ID:???0
また少しだけですが、書きました。↑



148 :私事ですが名無しです:2007/08/23(木) 01:35:07 ID:dZwYwYcN0
きたーっ!!

  /;;;; イノ ゝヽヾ    
 /;;;;;; / ノ(● ●))
/;;;;  //  ゝ ▽ノ ゝ  
l;;;; / ノ (  〆へ \     
l;;;; l  人 《(   ヽ へ   
ヽ;; ヘ   リ;;::ゝ、/^  )\ 
 `'' ゝ   ヽ;;;;;;;; ゝ、/ ゝ唱 
     ...:イ::::;;:::::;;;;::::::;ヾ    \

149 :うにくん携帯だい!:2007/08/23(木) 03:16:30 ID:???O
ここまで読んだ! ( ~っ~)/

150 :スナフキン道 ◆aNEpG7BQN. :2007/08/23(木) 23:03:17 ID:UJeZ9H2W0
ここまで読んでない! ( ~っ~)/

151 :私事ですが名無しです:2007/08/23(木) 23:31:01 ID:???0
では今日のミュージック!

アートオブノイズ!
ピーターガンのテーマ!!
http://jp.youtube.com/watch?v=iH33RIfi2KI

152 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/24(金) 01:01:43 ID:???0
 第十七話

丸山の豹変にこちらが驚かされた。
 「・・・? ちょ・・・え? 何のことです!? 今の電話のことですか?
 私はあなたの番号なんて知りませんよ!」
丸山は立ち上がってこちらを見下ろした。
戦ったら、間違いなく勝ち目はないな・・・。
 「では、何故 『メリー』 などと口にした!?」
 「ですからそれは遺書に・・・・・・!」 いかん、余計なことまで言ってしまった。
丸山はニヤリと笑って、再び落ち着きを取り戻した。
 「・・・お帰り下さい。先生には伝えておきますよ・・・。」 有無を言わせぬ態度・・・、
担がれたのはこっちだったのか・・・。私は万策尽き、落胆しながらコートを取ろうとした。

その時、またもや丸山の携帯が鳴った。
彼は 「またか」 とでもいう風に画面を見た。
 「もう演出は終わりだと、言ってあげるんですな。」
 「?」 私は未だに何のことか分らずに、彼から携帯を受け取った。電話に出ろというのか?
携帯を耳に当てると、聞いたことのない女の声で、小さく、はっきりとした音声が流れてきた・・・。

   『 わ た し メ リ − 、 今、こ の お 屋 敷 の 中 に い る の 』

それを聞いた瞬間、全ての身体の毛が逆立った・・・!
また、全ての謎というジグソーパズルが組みあがったかのような錯覚に陥った。
私は声にならない声をあげ、叩きつけるように携帯を丸山に返した。
今度は混乱したのは丸山のほうだ、私の錯乱振りが演技ではないと感じたらしい。
すぐに携帯を耳に当てたが、もう切れているのだろう、
すぐさま携帯を閉じて私に怒鳴りつけた。
 「おい! 『メリー』 とは誰だ!? 何者なんだ!?」
私は先ほど取りかけたコートと手袋を握り締め、震えている事しかできなかった・・・!

 「の・・・呪われた・・・少女の 人形・・・?」

153 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/24(金) 01:03:00 ID:???0
 第十八話

突然、家中に叫び声が響き渡る! 私も丸山も視線をドアの外に向ける。
程なく家のあちこちから大勢の男達の、ドカドカという足音が聞こえた。
ドアを開けて、丸山は近くを通った男を呼び止めた。
 「どうした!? 何があった!?」
 「竹下が・・・殺されました・・・!」
 「・・・暴漢でも侵入してるのか!?」
 「分りません! 叫び声をあげたのは書生の井口です。ただ・・・、井口は竹下のそばで、
 動くマネキンのような物を見たと・・・! 竹下は首を切断されてます!」
丸山はこちらを一度振り向いた後、もう一度部下と思われる男に話しかけた。
 「先生の護衛は?」 「現在、三名が!」 「あと二人補充しろ!」 「はい!」
そして部屋の入り口にあった内線で会話を始めた。
 「あっ、 先生、 すいません! ハイ、ご安心してください。すぐに騒ぎを収めます。」
丸山は静かに受話器を置くと、もう一度、ちぢこまっている私のそばに寄って来た。
 「もう一度聞く、 この屋敷に侵入してるのは・・・『メリー』 か!?」
私にわかるはずもない、だがこう答えるしかなかった・・・。
 「は・・・い、そう・・・としか考えられ ません・・・」 言い終わらないうちに次の質問が来る。
 「さっき、人形と言ったか? 何故、人形が動く? 仮装じゃないのか!?」
私は震えながら、自分の聞いてきたことを必死で思い出しながら答えた・・・。
 「・・・殺された恨みや、行き場のない魂がエネルギー源・・・?
 自分の境遇と重ね合わせて動いてる・・・?」
しばらく丸山は黙って聞いていたが、私の言うことを理解したのか、あきれたのか、
ドアの外に出ようとしていた。
外はにわかに騒がしくなっていた。怒号や大きな衝撃音がこちらまで響いている。
彼がドアを開けた瞬間、その隙間から遠くで「何か」が通り過ぎるのを見た。
先ほど屋根の上で見かけたものだ!
丸山の目にも映った様だ。

悲鳴が続いた! 家具の飛ぶ音! 花瓶やガラスが砕け 家全体が揺れる!
庭にいた警備員もが続々と集まっているのが、音の方向でわかる。

154 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/24(金) 01:04:22 ID:???0
第十九話

丸山は静かに出て行った。
騒ぎは静まろうとしない。私は必死に冷静になろうとした。
相手が例え危険な暴漢だとしても、これだけの人数の護衛がいて、
なぜ捕まえられない? 何か武器を持ってるのか?
「メリー」だとしたら死神の鎌を持っている・・・?
止せばいいのに・・・私は恐怖に怯えながらもドアの外へ出て行こうとした。
扉の外・・・広間があり、その向こうは和室であった。
先ほど、異形を見たのはその和室でだと思う。
応接室の入り口から見えない和室の向こうの部分では、怒鳴り声と争いあう音が聞こえている。
既に応接室では足の踏み場がないほどだ。
スリッパを履かせてもらってなければ、ガラスで足を切りそうだ。
あたりを慎重に見回し、ゆっくり移動しているうちに騒ぎは静かになってきていた。
いや、騒ぎの音が少なくなったというべきなのか・・・、
応接室から和室へ移動する際、廊下で仕切られているのだが、
その廊下じゅうに・・・秘書やガードマン達の肉体が転がっていた!
血の海であった・・・。転がっている身体は、全く動かないもの・・・ピクピクと痙攣しているもの、
身体の一部分がなくなっている者・・・私の足からはもう、力が抜け去ってしまい、
動くことができずに、そこにしゃがみこんでしまった。
気がつくと廊下の先から、ゴッ ゴッ とゆっくりとした足音が聞こえている。
木製の廊下でハイヒールを履くと、こんな音がするのだろうか?
私の視線は廊下の壁に釘付けになった・・・。壁に「それ」の影が映っていたからだ。
もう男達の声も、争う音も聞こえない。影はだんだん、こちらに向かって近づいてくる・・・。
そしてついに、細い廊下の先に、不気味な光の鎌と共に、
 私の眼前に 「彼女」が姿を現した!
紛れもない人形! 銀色に光る長い髪、薔薇の刺繍の黒いドレスを纏い!
ウェストは白いコルセットで締められ、肩やドレスの裾からは折れそうなほどのか細い手足!
そしてその素肌は不気味なほどに青白い・・・!
ゆっくりとした動作で「彼女」はこちらを振り返った・・・私の存在に気がついたのである。
彼女は銀色の瞳をグルッと動かすと、文様のある大きな鎌を振りかぶって近づいてきた!
 ああぁ・・・百合子!  麻衣ッ!

155 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/24(金) 01:07:29 ID:???0
 第二十話

私の頭上を巨大な何かがかすめ飛んだ!
それは人形に激突して「彼女」は弾き飛ばされる。振り返ると、そこに丸山がいた。
丸山が投げたのは、和室にあった巨大な壺のようだ。大音響と共に「人形」は床に倒れこむ。
丸山はラグビーか柔道をやっていたのか、すぐさま「人形」に突進し
アラベスク文様のある鎌を蹴り飛ばした。武器がなければどう考えても人形に勝ち目はない。
・・・だがそれは私や丸山の思い違いだった。
丸山は馬乗りになって、石膏で覆われた人形を殴りつけていた。
しかし考えれば当然なのだが、殴ったところで人形にダメージはない・・・。
そのうち人形は細い腕を丸山の首に延ばし、彼の首を押さえ始めた。
彼も殴るのを止め、腕を押さえにかかったのだが、みるみる顔が青ざめ紫色になり始めた。
あの細い人形のほうが力が強いというのか!?
私は耳を疑った・・・このとき、人形ははっきりとしゃべったのだ。

 「わたし・・・メリー、 抵抗すら 許されず 縄に吊るされた 少女に 安らぎを 」
 「うおぉ!」 丸山は必死に人形ごと立ち上がり、首を絞められたまま人形を壁に叩き付けた!
その衝撃で指が離れたようだ、間髪入れず丸山は人形の身体を逆さに持ち上げ、
頭からまっ逆さまに廊下に叩き付けた! 決定的な鈍い音が廊下に響く・・・。
彼はむせりながら、なおも人形の身体をけり続けた。
既に人形の首は、支柱が折れたのか、変な角度に折れ曲がったままだ、人間ならとうに死亡しているだろう。
丸山はそのうち蹴るのを止め、その大きい肩で息をしながら、人形を黙って見据えていた。
だが、もう人形はピクリとも動かない・・・。
私はようやく口を開けることができるようになっていた。
 「ま、丸山・・・さん、あなたが・・・あの子の殺害を・・・?」
丸山は私のほうを見たが、咳き込むだけで何も答えなかった。
 プーッ
内線が鳴った。丸山は、人形に、もはや何の反応もないことを確かめると、
ゆっくりと私を通り越し、広間の向こうの受話器に向かった。
そこまで目で彼の動きを追った後、私は再び「人形」を見ようとして、信じられない光景を見た。
   そこには 人形も 鎌も 残ってはいなかったのである。
 「もしもし 私 メリー 今 あなたの 真上に  いるの 」

156 :BORION ◆QQSzDG9wu. :2007/08/24(金) 02:14:43 ID:???0
(((;゚ー゚))))コワー

ここまで読んだ。

157 :もくもく ◆zCS1o.kilU :2007/08/24(金) 02:45:46 ID:???0
ドキドキした。
分かってはいるが、思わず後ろを振り返ってしまった。

158 :うにくん携帯だい!:2007/08/24(金) 07:06:06 ID:???O
ここまで読んだ!( ~っ~)/

みなさん。だんだんハマって行くよ〜
一緒にドキドキワクワクしましょ♪

159 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/24(金) 23:04:41 ID:???0
 第二十一話

私が振り返るのと、丸山の驚愕の咆哮、どちらが先だったかは分らない。
丸山が顔を天井に向けたときには、既に人形は柱と天井に器用にしがみつき、
圧倒的に存在感のある不気味な鎌が、彼の首を射程距離内に収めていた。
・・・まるでカマキリがエモノを捕食する寸前のように。
次の瞬間、私が見たのは、丸山の咽喉に突き立てられる刃、そして、そこから溢れる真っ赤な鮮血。
丸山は受話器を握り締めたまま、ドサッと床にその巨体を沈み込ませた・・・。

「人形」はゆっくりと床に舞い降りた・・・。不気味なほど静かに。
私は再び絶望の恐怖に襲われた。
首が変な角度を向いたまま、足を引きずりながら・・・先ほどの鎌を携えて向かってくる・・・。
駄目だ もう 助からない・・・ それでも私は最後まで「生」にしがみつきたかった。
 「・・・お願いだ! 私は関係ない! たすけて・・・
 妻と・・・娘がいるんだ・・・生きてた時の 君と 同じように 可愛い娘が・・・
 私の帰りを 待っているんだ! おねがいだ むすめが 麻衣が泣いてしまう・・・ 」
私は泣き叫んだ。自分の置かれた状況・・・目に浮かんだ愛娘の姿・・・
どちらによるものかは分らないが、両の瞼からはどんどん涙が溢れてきた。
その時、何故か泣きじゃくる麻衣と、「人形」の過去が私の脳裏で重なっていた。
見ればこの人形もボロボロなのだ。
・・・相次ぐ戦闘のためか、
薔薇の刺繍の黒いドレスはあちこち破れ、手足の関節も正常ではない角度に曲がっている。
銀色の髪はボサボサに乱れ、首もずれ足も引きずり、
その白い手足や端正なはずの頬の表皮は、石膏がはげてボロボロになっていた。
人形の目の下の、はげた石膏の跡が、大粒の涙を流した跡のようにも見える・・・。
 「怖かった・・・のかい・・・?」
私の口からは、その場の状況にそぐわない言葉が出た。
「彼女」は私を黙って見つめている。
 「苦しかったのか? 今も苦しいのか・・・? メリー・・・?」
・・・人形は私の言葉を理解してるのか、全く聞こえてないのか、その表情や仕草からは全く読み取れない・・・。
ただ一点、曲がった首の瞳が、いつの間にか私というより、私の手元に注がれていることに気がついた。
私が握り締めているある物に。

160 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/24(金) 23:08:08 ID:???0
 第二十二話

私が握り締めていたのは、コートと、妻からもらった毛糸の赤い手袋だった。
私はほんの一瞬、それらに目をやり、再び人形の視線を追った・・・。
やはり赤い手袋を見ているようだ。
人形は、ゆらゆらと微妙にカラダを動かしているが、先ほどからほとんど動かない。
私は恐る恐る、赤い手袋を持った手を、・・・人形のほうへ動かしてみた。
・・・! やはりその銀色の眼球は手袋を追っている。
何故・・・!? 私は必死に神父の話を思い出そうとした。
  ヨーロッパの小さな町、しつけの厳しい母親、寒い日に母からのプレゼント、失くしてしまう・・・
 あ・・・ 
私の目には再び涙が溢れてきた・・・。
 「君が・・・ママからもらって 失くしてしまったのは この 赤い手袋なのかい? ・・・メリー?
 一度、取り戻したけど、君は殺されてしまったから・・・、
 君はもう二度と手にすることのできなかったもの・・・それが、これなのかい?  」
「人形」は相変わらず動かない・・・。
私は涙で顔をくしゃくしゃにしながら、意を決して、一対の手袋をゆっくりと「人形」に差し出した。
しばらく「彼女」はじっとしていたが、私の動きと同じぐらい遅い動作で手を伸ばした・・・。
「彼女」の指が触れた。・・・彼女はすぐには手袋を取らなかった。
怖かったが、私は麻衣に接するかのように、彼女の指を優しく撫でた。
硬くて冷たい指だった。彼女はその間、じっとわたしの動きを見ている。
 「ママから もらった手袋・・・ 」
その時彼女は、小さいが、はっきりとした声でしゃべったのだ。
私がそれに驚くと、
彼女は思い出したかのように急な動作で私から手袋を取り上げ、
はじけるように、応接室の窓ガラスに身体を突っ込んだ。
 うぅ らぁ らぁ
彼女はガラスの窓枠にいったんしがみつき、
歌うような声をあげた後、二階へとかけ登っていった・・・。

しばらくして、階上の遠くのほうで小さな電話の音が何回か・・・、
そして、数人の男性の悲鳴が聞こえた。 県議会議員の断末魔の声も・・・。

161 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/24(金) 23:13:35 ID:???0
 第二十三話

・・・それからしばらくして警察がやってきた。
私は重要参考人として何日も取り調べられた。
私の推測では、県議会議員(命令)→秘書丸山(工作立案)→建設現場の三人(少女を自殺に見せかけて殺害)
という仮説があったのだが、今となってはもはや無意味だ。
「人形」の話はしたが、「人形」を見たとか、「人形」が殺しまわったとは言わなかった。
応接室で、ただただ震えていたと・・・廊下に出た時にはもう血の海だったと、言い続けた。
実際証拠はないし、凶器もない。あんな大勢の警備を私が殺せるはずもない。
現場には、人形のものと思われる石膏の破片が落ちてたそうだが無駄だろう。
また、現場で生き残ったガードマン達(彼らを殺す目的はメリーにはない?)や、
家政婦の証言(彼女は争いや人形も見ていないが)などから、最終的には私は解放された。
警察の中にもベテランの中に、「メリー」という人形に思い当たる者もいたようだ。
後で知ったが、教会の神父も私の解放に尽力してくれたらしい。お礼を言いに行かねば。
仕事先の編集長には、出版用の原稿と、本当のことを書いた報告用の原稿を両方、提出した。
編集長は思いっきり対応に苦慮したようで(そりゃそーだろう)、
結局、報告用の原稿はファイルの奥底にしまわれた。日の目を見る事はないと思う。
それでも、大量殺人現場に居合わせた事や、警察に長期拘留された事をいろいろねぎらってくれた。
しばらく休みも頂いた。
あ、私の話も、もう終わりになるが、あの大量殺人が起きた次の日、こんな事が起きたらしい。

 ・・・拘置所から出て行く一台の車、運転手は昨日殺された県議会議員のお抱えの弁護士、
後部座席には監禁事件の加害者・森村剛志が乗っていた。
車は彼の両親の家に向かっていたが、高速で事故を起こし、車は中央分離帯に激突した。
不幸中の幸いか、二人とも命に別状はないが、弁護士は左足切断、青年のほうは、
フロントグラスに頭から突っ込み、顔の半分を皮膚移植することになった。
恐らく以前のような甘いマスクには戻れないだろう・・・。
事故の目撃者によると、「事故を起こした車のボンネットの上に、
赤い手袋をはめた『何か』が、しがみついているのが見えた」そうだ。

では今一度、私の最後の話を続けさせてもらう。

162 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/24(金) 23:16:00 ID:???0
 第二十四話

 「あなた」
 「は・・・はい!」 百合子は滅多に熱くなることはない。常にたんたんとこちらを責める。
 「あれほど危険なことはしないでと、いったでしょう?
 二、三日で帰るどころか警察にまで連行されて・・・
 自分の立場を分っているの?
 あなたに何かあったら、私や麻衣はどうなるか、考えたことあるの? 
 正社員じゃないあなたは労災もおりないのよ。」
私は小さくなって妻に平謝りだ・・・休みをもらって嬉しいのか嬉しくないのか・・・。
 「はい、もうおっしゃるとおりでございます、返す言葉もございません・・・。」
 「それであなた」
まだ来るよおぉ!
 「私が編んであげた・・・赤い手袋はどうなさったのかしら?」
・・・私の妻はきつい妻だったようです。
 「・・・え・・・と、向こうで失くしちゃった・・・かな?」 人形にあげちゃった、なんて言えるはずがない!
 「その程度なのね、もういいわ、もう作ってあげません。」
 「ごめんなさい・・・百合子・・・」
妻は後ろを向いて、洗濯物をたたみ始めた。もうこの場にはいづらい!
 「・・・スロット、行って・・・きていいですか?」 小さくポツリとつぶやくと、後ろを向きながら
 「はい?」 何の感情も見えない言葉が返ってくる。どちらが人形なんだか・・・。
 「あ・・・あの、(泣きながら) 町じゅう探してきまっす!」 
魔法使いには会いませんように! 何か機嫌の良くなるものでも買ってこよう・・・。

玄関で靴を履いていると、後ろから、ばりばりとおせんべを食べながら、麻衣がトコトコやってきた。
ああ、もう麻衣は本当に可愛い!
 「ぱぱぁ!」
 「出かけてくるね、麻衣、あ〜あ、ほっぺにおせんべつけて・・・」
私は麻衣の唇についた煎餅のかけらを取りながら話しかけた。
 「あのね、ぱぱぁ? 昼間ね、お昼ねしてたらね! 」
 「うん、うん」 
 「 お に ん ぎ ょ う さ ん が ね ! 」 

163 :Lady メリー ◆MERRY.VeEM :2007/08/24(金) 23:16:36 ID:???0
第二十五話(最終話)

 「 お に ん ぎ ょ う さ ん が ね っ 、 ぱ ぱ に 

   『 あ り が と ね 』 だ っ て ! ! 」


  (第二章「Ladyメリーの赤い手袋」終了)

164 :私事ですが名無しです:2007/08/25(土) 00:34:11 ID:rNdP68rx0
うぅ らぁ らぁ らぁ〜♪

映像なし・・・。
http://jp.youtube.com/watch?v=WZg46VqEk1s&eurl=http%3A%2F%2Fvideo%2E1st%2Dgame%2Enet%2Fyoutube%2Fv%5FWZg46VqEk1s%2Ehtml

165 :私事ですが名無しです:2007/08/25(土) 00:54:49 ID:???0
おまけ

Fu-gee-la (Fugees)
http://jp.youtube.com/watch?v=_AvSUCgTgUs&mode=related&search=

166 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/08/25(土) 07:19:17 ID:???0
ここまで読んだ〜!聞いた〜!見た〜!( ~っ~)/

167 :人妻長洲信子:2007/08/25(土) 08:40:35 ID:W0SkrA45O
独身時代も結婚後も不倫が一番。因みに旦那は公務員。茨城の人誰か遊んでぇヤリマン信子でーす。(*´∀`*)

168 :私事ですが名無しです:2007/08/25(土) 09:52:06 ID:???0
百合子「不倫ですって!?」

そして白い顔の百合子は包丁に手をかけた・・・。

169 :私事ですが名無しです:2007/08/26(日) 03:08:25 ID:kOPbCylS0
あーとおぶのいず
もーめんついんらぶ

http://jp.youtube.com/watch?v=RIcmIhOesaI&mode=related&search=

170 :私事ですが名無しです:2007/08/26(日) 22:17:27 ID:kOPbCylS0
さいこきねしーす てれぱしー
ちょのーりょくをーつかうときー

ばびるーにせいのひとみはもえーるぅ♪

171 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/08/26(日) 23:05:54 ID:???0
>>170
ロデム・ポセイドン・もうひとつが思い出せない
空飛ぶ鳥みたいなやつ。。。なんだっけ??

お先に寝る!おやすみ!

172 :私事ですが名無しです:2007/08/26(日) 23:09:34 ID:kOPbCylS0
おやすみなさい・・・

かーいちょー ろぷろすー そーらーをーとーべー 


ですよ。

173 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/08/27(月) 07:06:25 ID:???0
>>172
ろぷろすぅ〜!  これでスッキリ!
オハヨ!
化粧こいて行ってくるかァ…

みんな、戦ってる…
私はただなんとなく頑張ってる…  テキトウにね

174 :私事ですが名無しです:2007/08/27(月) 07:14:47 ID:miHYvyXs0
いってらさーい

175 :私事ですが名無しです:2007/08/28(火) 01:09:37 ID:kn2HgMOR0
夜です!

 ♭       
. 〃〆⌒へ  ♪
./´ノ ヘヽヽ )ヾ 
ノ( ●  ●)¶|y
ノ  > .▽丿 ミヘ)
〆^ん   《゙ン

176 :BORION ◆QQSzDG9wu. :2007/08/28(火) 01:12:36 ID:???0
夜ですね!!

177 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/08/28(火) 07:41:15 ID:???0
朝なんだな!

178 :私事ですが名無しです:2007/08/28(火) 21:28:05 ID:kn2HgMOR0
晩飯食ったか?

        
. 〃〆⌒へ 
./´ノ ヘヽヽ )ヾ 
ノ( ●  ●)¶|y
ノ  >  ■丿ミヘ)
〆^ん   《゙ン

179 :BORION ◆QQSzDG9wu. :2007/08/28(火) 21:36:39 ID:???0
たべたじょ!
えびマヨピザと、セロリのスープと、渡り蟹のから揚げと、なすとエリンギのパスタ。

オリーブオイルと、バジル〜♪

180 :私事ですが名無しです:2007/08/28(火) 22:21:30 ID:kn2HgMOR0
>>179 おいしそうだが・・・カロリーも高そうやなぁぁぁ

181 :BORION ◆QQSzDG9wu. :2007/08/28(火) 22:22:19 ID:???0
>>180
えぇ。しばらくイタリアンはいいです・・・。

182 :私事ですが名無しです:2007/08/29(水) 00:29:14 ID:???0
つづきが気になるわん

183 :私事ですが名無しです:2007/08/29(水) 06:53:38 ID:???0
なんの続き?

184 :私事ですが名無しです:2007/08/30(木) 00:22:19 ID:yrBvextC0
ひまじゃ・・・

185 :私事ですが名無しです:2007/08/30(木) 01:23:50 ID:???0
テスト

鱀 &H40001

186 :私事ですが名無しです:2007/08/30(木) 23:20:54 ID:???0
うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
わあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
わあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
わあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ


無闇に叫ぶと、人が怖がるのでやめましょう。
 


















                       総務省

187 :うにくん携帯だい!:2007/08/31(金) 01:32:57 ID:???O
あちこち… うだうだ…
おっと… うにうに…w
寝るしかないらしい… (;_;)

188 :( モェモ) ◆MOEuuytwis :2007/08/31(金) 02:34:35 ID:ArXp8OEI0
ここまで読んだ。

189 :私事ですが名無しです:2007/08/31(金) 07:24:33 ID:???0
やあ!

190 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/08/31(金) 19:06:09 ID:???0
こんばんわ〜!
マイッタ…まったく…ドジ…

25日の更新がちょびっと…あらま…
よくよく見たら「次の5件」が…

今読み終わりました…スリッパの意味が分かった
自分でもやんなっちゃう〜

191 :私事ですが名無しです:2007/08/31(金) 21:27:43 ID:???0
>>190 はっはっは、と笑ってくれれば嬉しいのですが。

あの二人の最後の微笑ましい光景・・・。


192 :私事ですが名無しです:2007/08/31(金) 21:47:00 ID:???0
メリーさん専用ナイトラウンジ
;;;;;;☆;;;;;;;;; ________________________
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |:::: _ '':::::. _ |::  _ '':::::...  C a s t l e  .     |;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |:::: |::::  |:::: |::::. |::  |:::: |::::.      O f           |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |:::: _ ノ:::  _. |::    ノ::::  ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆     .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |:::: |::::  |:::  |:::  |::  |. l:::::::     M e r r y       ..  |:::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::: |::::___ノ::::_!:::_|::_!:ヽ__|:::                  .. . |:::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::: | ̄  ̄  ̄ ̄  ̄  ̄ ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
       | | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ _______________| .|
       || ̄ | ̄ | ̄ | ̄ /       Heineken         \
       | | ̄ .____ .┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       || ̄ ||        ||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |   
       | | ̄||.__Å__.||  | ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄|. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  
       || ̄ ||.O.P.E.N ||  | ̄ ̄ ̄ ̄ | ≡≡ |. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |   
       | | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ | ≡≡ |. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |   〃´`ヽ    
       || ̄ ||       O||  | ̄ ̄ ̄ ̄ |      |. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |   川゙ ゚川   
       | | ̄||        ||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |   と `´ つ   
       || ̄ ||        ||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |    ) ^ (リ     
         ̄ / ̄ ̄ ̄ ̄\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     |   |

193 :私事ですが名無しです:2007/08/31(金) 23:50:04 ID:fgBY5ngk0
私メリーさん!

. 〃〆⌒へ 
./´ノ ヘヽヽ )ヾ 
ノ( ○  ○)¶|y
ノ  >  ▽丿ミヘ)
〆^ん   《゙ン


194 :うにくん携帯だい!:2007/09/01(土) 02:03:44 ID:???O
今日のメリーさんかわいい!
何か心境の変化でも…

あ〜2時だ〜!
また、寝ちゃったったよ〜
最近この繰り返しだ〜!


195 :私事ですが名無しです:2007/09/01(土) 09:38:19 ID:CQKkhG+10
. 〃〆⌒へ 
./´ノ ヘヽヽ )ヾ 
ノ( ●  ●)¶|y
ノ  >//■/ノミヘ)
〜〜〜〜〜〜

196 :私事ですが名無しです:2007/09/01(土) 21:16:51 ID:CQKkhG+10
今夜はこれで!

Jody Watly  ”I want your love”
http://jp.youtube.com/watch?v=SanoFC3agz0&mode=related&search=

あいうぉんちゅー
がったはびゅー
あいにーじゅあらぁぶ〜 うぉんちゅぁらぁぶ

おぉおべぃべ、べぃべべぃべぷりぃず
おおおべぃべ、べぃべべぃべぷりぃず
おぉおべいべ、べぃべべぃべぷりぃぃず!

あいうぉんちゅう あっ・・・ はっ・・・

197 :私事ですが名無しです:2007/09/03(月) 00:02:18 ID:LGzbD6Ol0
モニター見すぎで目が痛い・・・

198 :うにくん携帯だい!:2007/09/03(月) 06:56:44 ID:???O
美香姉ぇ〜の事もあって、
目にきてる?

オハヨ〜!
んじゃ、月曜日の朝は目が〜〜!
って事かい? お大事にw

199 :私事ですが名無しです:2007/09/03(月) 21:13:45 ID:LGzbD6Ol0
今夜はトーキング・ヘッズで行くぜ!!

http://jp.youtube.com/watch?v=LLiX8sgfgQU&mode=related&search=

Road to Nowhere


べぇびいっつおーるらぃとっ!!

200 :メロンすとっぱー:2007/09/04(火) 00:05:08 ID:???0
         ∧_∧   ┌────────────
       ◯(一王一)◯ < めぐみの父の英雄だ!ワシが200get!
        \    /  └───────ノシ!! ─────
       _/ __ \_
      (_/   \_)
           lll

201 :私事ですが名無しです:2007/09/04(火) 00:10:06 ID:uGQqiesg0
ひでお? えいゆう?

. 〃〆⌒へ 
./´ノ ヘヽヽ )ヾ 
ノ( ●  ●)¶|y
ノ  >  ■丿ミヘ)
〆^ん   《゙ン

202 :私事ですが名無しです:2007/09/04(火) 21:47:03 ID:uGQqiesg0
こんな曲も好き

DURAN DURAN
Too Much Information
http://jp.youtube.com/watch?v=jVswli_1H3I


明日はINXSでも・・・!

203 :うにくん携帯だい!:2007/09/05(水) 01:07:00 ID:???O
>>202
携帯だから聞けないサミシ。
明日にしよっと。

160q運転したのに、疲れてな〜い!
眠くな〜れ! どした。どした。
寝るぞ〜! あ、それそれ!

何やってんだか……(T_T)

204 :私事ですが名無しです:2007/09/05(水) 01:13:22 ID:???0
>>203 うつぶせになって難しい本を読んだりすると眠くなりませんか?

205 :うにくん携帯だい!:2007/09/05(水) 01:22:27 ID:???O
>>204
うちにある難しい本と言えば、
ハリーポッターシリーズ…
しかも、読み終わらないうちに、
映画に先越されたという情けなさ〜(`ε´)

206 :うにくん携帯だい!:2007/09/05(水) 01:38:03 ID:???O
それでは、ハリーポッターの本を枕にして…ではなく
読まずに寝ます。
全巻買って〜はよ、読めや!
ピンク色の下巻まだだった…

思い出して、眠れなくなる〜!
んにゃ、寝るべ。

207 :私事ですが名無しです:2007/09/05(水) 20:41:25 ID:???0
ねむさまっくす!

なんでおきてるんだろう?
寝ちゃってもいいのかな?
でもいま、ねると、中途半端な時間に・・・。

とりあえず・・・
INXS
The Original Sin

http://jp.youtube.com/watch?v=I4gKzW6y2B0&mode=related&search=
それにしてもこのビデオなんだ?
なんとか水産・・・土浦ナンバー、縁日のお面・・・。


208 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/09/05(水) 22:01:15 ID:???0
>>207
・・・水産??なして??パーマンのお面に反応しちまった〜
微妙な・・・わからん
水産の文字がでかい…

209 :私事ですが名無しです:2007/09/06(木) 21:51:09 ID:sP4Gg7BH0
りくえすともないなぁ・・・
80年代名曲集・・・
次どうしよ?

210 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/09/07(金) 18:55:17 ID:???0
「ジョジョ」荒木さんスゴイ〜!
画像はアクセス集中で見づらくなってますよ〜!だって…

「ジョジョ」自体知らなかった〜w
研究もスゴイけど、日本人の荒木さんもなかなかですね
へぇ〜!ふぅ〜ん〜!な域だけど…

211 :私事ですが名無しです:2007/09/07(金) 22:26:46 ID:cWCfIFeM0
よっし!
ジョジョと来たからには
ジョジョキャラ元ネタソング特集にしよう!
まずは第一部から ワンチャン!

http://www.youtube.com/watch?v=JrBoOd7JQtk&mode=related&search=

えーぶりばーでぃはぶふぁんとぅないっ!(えぶりばではぶふぁんとぅない)
えーぶりばーでぃわんちゃんとぅないっ!(えぶりばでわんちゃんとぅないっ)

 ♭       
. 〃〆⌒へ  ♪
./´ノ ヘヽヽ )ヾ 
ノ( ●  ●)¶|y
ノ  > .▽丿 ミヘ)
〆^ん   《゙ン

212 :( モェモ) ◆MOEuuytwis :2007/09/08(土) 00:40:36 ID:???0
>>211
それ、いい企画かもっ!

REOスピードワゴン財団きぼんぬ。

213 :( モェモ) ◆MOEuuytwis :2007/09/08(土) 00:41:34 ID:???0
ああ、第1部からでしたか。失礼。

214 :私事ですが名無しです:2007/09/08(土) 01:00:52 ID:uT8b/N4m0
先書かれたか・・・。

すいません、
スピードワゴンはシカゴと区別つきづらいんで、パスしよーかなぁーなんて・・・。

一応、つぎは、同じく一部から、
えーと、タイトルだけ・・・。

まねーふぉーざなっしんぐ
を歌ってるあの人(ジョジョでは、あの人とあの人)
でいこうかなと。
youtubeにあるか?

215 :( モェモ) ◆MOEuuytwis :2007/09/08(土) 01:04:04 ID:???0
だれだろ?ワクワク

216 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/09/08(土) 13:23:09 ID:???0
とうとう美香姉ぇ〜が…
スペインのテロ思い出した…

217 :私事ですが名無しです:2007/09/08(土) 18:43:39 ID:???0
>>216 いつも読んでくれてありがとね・・・。

でも、このスレ開いた人は何がなんだかわからないでしょうね・・・。

「私メリーさん」のリンク、ここでは出してないから・・・。


218 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/08(土) 18:55:41 ID:uT8b/N4m0
とゆーわけで、

ダイアー「波紋入りの薔薇は痛かろう・・・!」
ストレィツォ「このストレィツォ容赦せん!」

ビデオ、こんなんだったか・・・下着の姉ちゃんは確かに出てた記憶はあったが・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=ACGUasFWVsI

219 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/09(日) 21:22:49 ID:BX+Ar8RS0
ではここらで偉大なるツェペリ男爵と、
ゾンビ四人衆

「オレの名はペイジ」
「プラント」
「ジョーンズ」
「ボーンナム」
「「「「喰らえッ! 血管針攻撃ッ!!」」」」
http://www.youtube.com/watch?v=kl59_d23ytc

この曲も格好いいね・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=tTaOvzZKRxA&mode=related&search=

220 :( モェモ) ◆MOEuuytwis :2007/09/10(月) 01:30:36 ID:ZWsiVHVV0
ツェッペリン、かっこいいなぁ!骨太な感じがGOOD!

221 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/10(月) 23:20:15 ID:3LWkTkpq0
・・・えーと、
Tompetty師匠のhit曲って何があったっけ・・・。
名前は知ってるんだけど思い出せない。

http://www.youtube.com/watch?v=WdTYcnUBADw&mode=related&search=

とゆーわけで、
お詫び代わりに
ゾンビのドゥービーを。

Long Train Runnin
http://www.youtube.com/watch?v=lROEpVhZGJg

一部はこれで終了!

ビル・ブラッフォードやタルカスなんか探してらんないや!


222 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/11(火) 21:35:09 ID:Eh6voQWE0
ジョジョの二部は
スモーキーからスタート!

Being With You
http://www.youtube.com/watch?v=qV7XlZPdzZI&mode=related&search=

次からは派手になるかな?
サンタナ・ワムゥ・エシディシ・ロギンズ&メッシーナ・カーズ・リサリサ・スージーQ


あと誰かいたっけ?
ドノヴァンって誰がモデルだ?
シュトロハイムは?
知らんけんね。

223 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/12(水) 21:23:49 ID:DfgtM7840
サンタナ!!

スムース!!
http://www.youtube.com/watch?v=Rtlm5oID4Bg

この曲はかっこいいですね!

224 :私事ですが名無しです:2007/09/13(木) 18:22:20 ID:A89oowJQO
見事にだれもいねーでやんの

225 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/09/13(木) 21:37:29 ID:???0
ほんとだ〜w

226 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/13(木) 21:44:34 ID:7JzujA9k0
ワムゥ!
闘技! 神砂嵐ッ!!

The Edge of Heaven
http://www.youtube.com/watch?v=dy14ywPAnLQ&mode=related&search=

227 :( モェモ) ◆MOEuuytwis :2007/09/14(金) 01:43:27 ID:o4hiXtmB0
ジョージ・マイケル、かっこいいねっ!

たしか、最近、男の人と結婚したんだよね?

228 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/14(金) 20:33:03 ID:DYmzwe/L0
おっ・・・男と血痕・・・じゃなくて

結婚ッ!?

知らなかった・・・。

229 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/14(金) 23:43:52 ID:DYmzwe/L0
とゆーわけで今夜はエシディシ!

「あ〜んまぁり〜だぁ〜ッ!!」
http://www.youtube.com/watch?v=rAg5kTLeMh4&mode=related&search=

230 :仕受 壊丙 ◆xXjCBwC.tw :2007/09/15(土) 00:50:13 ID:???O
とゆーわけで今夜は記念カキコ!

231 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/15(土) 01:15:27 ID:jHjdw6Me0
しーうーけーぇ!!

232 :仕受 壊丙 ◆xXjCBwC.tw :2007/09/15(土) 01:27:47 ID:???O
めーりーすわぁぁん!!

233 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/15(土) 21:28:50 ID:jHjdw6Me0
さぁて今夜は

メロウチックにリサリサで行きましょう・・・。

ALL CRIED OUT
http://www.youtube.com/watch?v=16shEIbNVmo&mode=related&search=


あとオマケ
エイジャの赤石
http://www.youtube.com/watch?v=fUVlubs8G2k

234 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/17(月) 00:12:49 ID:SLAsqENj0
フン!くだらんなあ〜
このカーズの目的は
どんな手をつかおうが……最終的に…勝てばよかろうなのだァァァァッ!!

http://www.youtube.com/watch?v=uBLGlb-MOGg&mode=related&search=

235 :私事ですが名無しです:2007/09/18(火) 13:36:17 ID:vghUkikB0
えれれ

236 :仕受 ◆xXjCBwC.tw :2007/09/18(火) 16:40:22 ID:???O
があでん?

237 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/18(火) 20:45:32 ID:???0
なんや〜?



238 :仕受 ◆xXjCBwC.tw :2007/09/18(火) 21:40:33 ID:???O
ただ、ELLEGARDENってバンドが
あったようなと思いましてね

239 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/09/19(水) 21:14:53 ID:???0
あ!シューケさんみっけ!  って昨日じゃん…

240 :仕受 ◆xXjCBwC.tw :2007/09/19(水) 22:36:47 ID:???O
彼方此方の出没スレで「みつけた」や「シューケ発見」などと言われている気がします

241 :BORION ◆QQSzDG9wu. :2007/09/19(水) 22:39:40 ID:???0
みっけ!!

242 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/09/20(木) 07:50:17 ID:???0
あ!きたきた!  って昨日じゃん…

243 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/21(金) 07:03:40 ID:???0
めーりさんめーりさん、おーはなーがながいのね?
そーよー、かーさんもーなーがいのよー







244 :うにくん ◆CxWBqy7wZQ :2007/09/22(土) 07:04:46 ID:???O
めりさんオハヨ〜!
最近、PCより携帯でのカキコミが多くなっております。
めんどくちゃい〜!
だが、ゴロゴロしながらできるんだよね。
だから、すぐ眠くなるのだよ。

で、結局なに言いたいの ???

245 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/22(土) 12:13:38 ID:???0
な、なんでめんどいのに、わざわざ携帯で?



246 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/09/22(土) 20:12:27 ID:???0
>>245
家の仕事そっちのけでパソはやりずらいのだよ…
パソの時は、掃除も洗濯も食事もまぁまぁちゃんとやってるときw
あとは、ゴロゴロしたいときw

なんか自由じゃないんだな…
パソやっててもガタガタ言われないんだけど…
なぁ〜んかヤなんだな   妙なぼやきw

247 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/22(土) 20:19:11 ID:???0
心地よい束縛・・・というのもあるのではないでしょうか?

口と手を同時に動かしてる風景・・・て、私は好きですよ。
さて、
久しぶりにミンサガでもやるか・・・。

248 :私事ですが名無しです:2007/09/22(土) 20:35:49 ID:???0
間違い探しです。

http://29g.net/html/080402.php

怖かった…。

249 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/09/22(土) 20:50:12 ID:???0
>>248
ヤラレタ…      家族全員に迷惑かけちった…




「どうした〜!?ドシタ?  ニャー!」でパソの前に集合さ!  涙…

250 :うにくん ◆CxWBqy7wZQ :2007/09/24(月) 08:42:47 ID:???O
あらやだ。
間違い探し試した人いにゃあのかしら…
私だけかい?大騒ぎしたの…


えっ?たいしたこたぁないって〜? そげな……(T_T)

251 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/24(月) 22:16:57 ID:VUXGCf4f0
久しぶりにJOJOソング集

第三部トップバッター
マジシャンズ・レッド
ならぬ
ポーラ・アブドゥル
http://www.youtube.com/watch?v=Iu4NcgQZucE

・・・昔WOW WOWかなんかのコマーシャルでやってたのを探そうとしたが、見つからなかった・・・。
「コッチヘオイデヨォ♪」ってやつ・・・。

252 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/09/24(月) 22:22:57 ID:???0
>>251
こういうのは好きだぁ〜w
この前の漁業関係者の曲よりいいわ〜w

253 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/24(月) 22:33:39 ID:???0
漁業関係者って・・・orz

254 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/26(水) 01:06:22 ID:???0
アタイがエンプレスさ!
チュミミ〜ン!

うわぁ、なつかし・・・ネーナ 99はルフトバルーン・・・だっけ? 日本語タイトル

http://www.youtube.com/watch?v=jQYQTFudrqc

255 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/09/26(水) 19:32:31 ID:???0
>>254
曲はムカシに聴いたことあるう〜
確かになつかしなつかしだw  いいわ〜w

256 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/27(木) 21:52:15 ID:???0
今夜は「皇帝」ホル・ホース!

「銃は剣より強し・・・! ンッン〜、名言だなこれは・・・。」

http://jp.youtube.com/watch?v=peycgyWR0w8

フルフォースって、リサリサの曲に参加してなかったっけ?
もう、思い出せない・・・。

257 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/30(日) 08:40:35 ID:fOnM9bGz0
霧のスタンド、「正義(ジャスティス)は勝つ!」

泣く子も黙るエンヤ婆さん
http://www.youtube.com/watch?v=a88-Tyl1gkI&mode=related&search=

・・・エンヤって名前は有名だけど、あんまり曲聞く機会なかったんだよな・・・。
どこの国の人?

258 :スナフキン道 ◆aNEpG7BQN. :2007/09/30(日) 08:47:48 ID:???P
「僕の花」PV
http://www.youtube.com/watch?v=rWImJ4SZth0&mode=related&search=
                   r,            l   
             ___   ´ 。       l   これ・・・・
           , -'"´::::::::::::::`ヽ、           l 
         /      l,イハ::',`        l   怖かったよ・・・
       ,.イ::::::::::::::::::::::::l/ ー lノヽ          l  
        /::::::::::::::::::::;ヘ:l /┃l             l
       /::::::::::::::::::::ゝ、  , - )「',       <   
       /;イ::;ィ::::::::l:/_r‐ー─' (! l        l  
        l:/ l`‐イl  `ヽ  lヽ〈           ',    
          l      ,.ゝ / /        
         l    ヽヘ'´ ヽ/ /          
         l      l\  /
        l      l   ̄
       / ) ,-、   _ l
      /-i  = '  (__i
     「  ヽ-' L ノ ̄l
     」 ̄ ` ‐- 、._ ノ
  _「::::::::::::::::::::::::::::::::',
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

259 :スナフキン道 ◆aNEpG7BQN. :2007/09/30(日) 08:48:44 ID:???P
都市伝説ホラー 「メリーさん」 ~ Merry, The Movies ~
http://www.youtube.com/watch?v=vlf-3xo76yA
                   r,            l   
             ___   ´ 。       l   これも・・・
           , -'"´::::::::::::::`ヽ、           l 
         /      l,イハ::',`        l   怖かったよ・・・
       ,.イ::::::::::::::::::::::::l/ ー lノヽ          l  
        /::::::::::::::::::::;ヘ:l /┃l             l
       /::::::::::::::::::::ゝ、  , - )「',       <   
       /;イ::;ィ::::::::l:/_r‐ー─' (! l        l  
        l:/ l`‐イl  `ヽ  lヽ〈           ',    
          l      ,.ゝ / /        
         l    ヽヘ'´ ヽ/ /          
         l      l\  /
        l      l   ̄
       / ) ,-、   _ l
      /-i  = '  (__i
     「  ヽ-' L ノ ̄l
     」 ̄ ` ‐- 、._ ノ
  _「::::::::::::::::::::::::::::::::',
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l


260 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/09/30(日) 09:38:31 ID:fOnM9bGz0
>>259 うむ! よく見つけてきた!

褒めて使わす!!


261 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/10/01(月) 23:46:52 ID:PZGobtDz0
そしてラヴァーズ

最弱が最も最も最も! 恐ろしいィ! マギーッ!!

STEELY DAN
http://www.youtube.com/watch?v=bLya_2sNuUA&mode=related&search=
・・・これはなんのビデオだ?
せくしーな女性さんたちがいっぱい・・・。

あー、話を元に戻して・・・、
この歌は、マイケルジャクソンのビリージーンをメロディーにしても歌えると評判の歌だったね、そういえば。

262 :うにくん ◆CxWBqy7wZQ :2007/10/02(火) 06:50:39 ID:???O
どれもこれも、おっかくて踏めない〜 まぁ、携帯だからもれなく踏めヌ。

慣れないもんだ…これだけは…

さて、更新ゆったり待つじょ〜\(^ー^)/

263 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/10/02(火) 07:02:12 ID:U0sUcN5G0
ぜんぶ、ようつべだからウィルスとかはないよぉ

264 :ココ夏 ◆GMjkVSekDA :2007/10/04(木) 14:22:56 ID:???0
血圧が上がるウイルスのようです


(;´Д`)ハァハァ

265 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/10/05(金) 23:02:56 ID:NIaDV/750
ココ夏さん、いらっしゃーい♪

266 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/10/06(土) 07:39:40 ID:B3u6S8KQ0
ではではタワーオブグレー

You Belong To The City
http://www.youtube.com/watch?v=OSDBfukwllg
これはマイアミバイスで使ってた曲だったっけ?

267 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/10/07(日) 20:07:02 ID:7qorKTWL0
呪いのデーボ

エボニーデビルッ!!

http://www.youtube.com/watch?v=CvcuaJy9OwI
けんけんのぉっ
さーてぃすふぁーくしょんっ!

268 :ココ夏 ◆GMjkVSekDA :2007/10/09(火) 12:44:26 ID:???0
最高にハイってやつだぜぇ!!!!!!!!!






はぁ・・・

269 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/10/09(火) 20:27:15 ID:s5rsVPW70
ここたん、何があった?

270 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/10/12(金) 20:15:55 ID:e16R5FQ50
てst

271 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/10/12(金) 20:37:37 ID:???0
へいる とぅー ゆー!

272 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/10/12(金) 21:05:34 ID:???0
いよいよ、ジャッジメント!
カメオの出番!

「3っつだ! 願いを3っつ言えッ!!」


273 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/10/12(金) 21:08:44 ID:???0
http://www.youtube.com/watch?v=QKmtsN_gzMM

JOJO第三部の中でこの曲が一番好き!!

WORD UP!!

274 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/10/14(日) 10:56:26 ID:???0
ザ・フール!
砂のスタンド

http://www.youtube.com/watch?v=lHe9M8rY5FI&mode=related&search=
いぎーぽっぷだ!
CHINA GIRL
・・・この曲ってディビッド・ボーイのかと思ったけど、
こっちが先なの?

275 :私事ですが名無しです:2007/10/16(火) 20:16:57 ID:???0
test

http://blog.with2.net/link.php?544190

276 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/10/16(火) 21:09:10 ID:???0
えじぷと9柱神編いきまっす。

んどぅーるって元ネタなんだ? 知らんぞ?

ということで、

おいんご・ぼいんご ぶらざーずから・・・。

Dead Man's Party
http://www.youtube.com/watch?v=iypUpv9xelg&mode=related&search=


277 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/10/17(水) 21:36:23 ID:???0
私の名はダービーだッ!
オービーでもバービーでもないッ!!

http://www.youtube.com/watch?v=V1YkdCVg9Qs

さーいんゆぁねーむ♪

278 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/10/20(土) 18:34:07 ID:OcDj2ztS0
アヌビス神のスタンド!

絶ッッッ対に負けんのだぁッ!!
I feel for you
http://jp.youtube.com/watch?v=I9LuS4kf29I&mode=related&search=

さらに、
Ain't Nobody
http://jp.youtube.com/watch?v=X_IMG7VGYNk

美しいメロディ
Through The Fire
http://jp.youtube.com/watch?v=39NsVi2G-pE

279 :うにくん ◆AA0y49lncs :2007/10/21(日) 16:03:16 ID:???0
ひさっしぶりw
かたっぱしから聞いてみたw


ナツカシ〜のが数曲…   はぁ…

280 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/10/21(日) 17:25:15 ID:ChBeNwu60
リクエストがあれば随時受け付けます。

自分で探した方が早いでしょうけど・・・。

281 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/10/23(火) 20:52:59 ID:42QSSbpr0
あと誰がいたっけかなぁ?
 まらいあ、あんま好きじゃないんだよなぁ

嫌いじゃないんだが、誰でも歌えそうな歌ばっかのくせに、やけに名前だけが肥大してる気がして。

いーやペットショップ、いっちゃえ!
http://www.youtube.com/watch?v=il6gAYbS8HU

いふ! ぅえん! ほわぃ! ほわっと! はうまっちはぶゆーがっと!!

282 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/10/28(日) 00:16:46 ID:vt+g/OU50
test


283 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/10/29(月) 21:05:19 ID:b6UN/sWQ0
じゃあ、三部はこいつで終了!

Kenny G Song Bird
http://www.youtube.com/watch?v=EGtTblTR0YU

284 :(ノ刄_ 刄) ゝ ◆MERRY.VeEM :2007/11/03(土) 13:07:43 ID:r/qQytxi0
死も月

285 :私事ですが名無しです:2007/11/04(日) 09:22:32 ID:noAtFETvO
私メリーさん
今、柏にいるの

286 :私事ですが名無しです:2007/11/08(木) 21:20:58 ID:???0
きゃほ♪

287 :私事ですが名無しです:2007/11/12(月) 01:46:55 ID:???0
うーらーらー

288 :私事ですが名無しです:2007/11/15(木) 16:41:45 ID:2ve+WZasO


289 :私事ですが名無しです:2007/11/20(火) 22:11:38 ID:???0
ひまである。

いや、ひまではないが、
このスレがひまだ。

ああ、忙しい。

290 :私事ですが名無しです:2007/11/28(水) 22:30:14 ID:???0
ブログで覗きに来てくれるのは嬉しいが、

・・・お礼にと思い、相手方のブログにいくと・・・。

乳をあっぷしてどうする!?
そりゃあ閉鎖されるわ!

291 :私事ですが名無しです:2007/12/03(月) 02:12:53 ID:/AAetdt80
だれかいますかー?

129 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)