2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

26番目の戦士・DOALA 「冬眠」中もトレーニング

1 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 21:53:38 ID:oZFXfGgn
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/s03/CK2007111502064593.html
 ベンチ入りこそできないが、ドアラは「26番目」の竜戦士だ。
日本シリーズ初戦に負けて、これで昨年から数え、札幌では4連敗。
援軍として遠征したドアラも悔しかった。
だから第2戦では、檄(げき)を大の仲良し森野にポーズで飛ばした。
「気合だぁ〜!!」と。そこから一気の連勝街道だ。

 ファンのみならず、その妙技に、竜ナインも熱い視線を送っている。
7回終了後、ナゴヤドームの一塁ファウルゾーンで行われるドアラのバック転だ。

 「最近は選手から、きょうは成功したら、“このポーズ”を。失敗したら“これ”って、いろいろ注文が飛んで来るんですよね」

 そんな選手からの“指令”とも格闘した今季。
失敗、成功を日々チェックはしていないが「昨年よりも絶対に成功率は高かった」とドアラは胸を張る。
2年前から、演技終了直後に、ビジョンでVTRが流されるようになった。
注目度アップに加え、失敗した際にはチアドラのメンバーが成功の模範演技を披露するようにもなった。
本家のプライドにかけても失敗するわけにはいかないのだ。

 バック転でファンの、そしてナインの士気を高めているが、実はドアラには「セラピスト」と呼びたくなる顔も。
ゲーム直前の一塁ベンチ前。
森野や英智らと、何やら話し込んでいるシーンをナゴヤドームに行ったことのあるファンなら目撃したことがあるだろう。

 「中身? 世間話ですよ。
でも、あれで、選手の緊張感を解きほぐし、癒やしになってるんじゃないかって、ボク的には考えているんです」

 クリーンアップに定着する一方、守りでは7つのポジションをこなすなど、
まさに“八面六臂(ろっぴ)”の活躍した森野の陰にドアラあり!!
だからなのか? 川相コーチが突然のように、こうドアラに言ってきた。
「よくよく見ると、なんか、ドアラと森野って、そっくりだな」

2 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 21:54:18 ID:oZFXfGgn
 シーズン中にあった若竜の劇的シーンも、ある意味、ドアラが“生みの親”ともいえた。
堂上剛が巨人戦で放った代打サヨナラ3ラン。その2週間ほど前のこと。
1軍再昇格してもノーヒットが続いた若竜は「ドアラ君、オレ全然ヒットが打てないよ」。
悩みを打ち明けてきた。ドアラはすかさず、メンタルケアに乗り出す。
「クヨクヨしてたらダメ!! ますます打てなくなるだけだよ。とにかく元気を出さなきゃ」。
激励の効果はてきめん。直後のヤクルト戦でプロ初ヒットをはじめ初ホームランも。そして巨人戦の代打サヨナラ弾−。
「あの時は自分のことのようにうれしくて、グラウンドで跳びはねましたよ」。
そういえば、シーズン終盤からクライマックスシリーズそして日本シリーズとプロ2年目の平田がシンデレラボーイのように活躍した。
1軍の緊張感いっぱいの中、若竜がとけ込みやすいムードをドアラが演出しているからだろう。

 「これでボクも日本一のマスコットキャラクターになったわけですからね。
来年はバック転の精度をもっともっと高めないと」。
“冬眠”の間も、ドアラはひそかにトレーニングを積み重ねるつもりだ。


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)