2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死刑議論 その5

1 :age:2007/11/15(木) 16:13:00 ID:fUvEraY5



前スレ>>869
>だから、その理由をちゃんと教えて欲しい。何故罰としての死刑はおかしいのか? それは他の罰とは違うのか?

例えばです。
仏教の経典で描かれた地獄のように、一度体がばらばらにされて、また元に戻り、
また、ばらばらにされるといったような阿鼻地獄があったとしたら、
罰の意味はあるでしょうが、安楽に死ぬのが罰になるはずがありません。
死というのは、本人しか感じることができず、常に他人を通じて感じるものです。
もし、死刑が罰になるとしたら、それは死刑囚の家族に対してでしょう。
もし、天涯孤独のものが死刑になったとしたら、それこそ、執行人に虚しさしか残りません。
死刑囚が苦しむとしたら、愛する家族に迷惑をかけてしまったことに対する後悔でしょう。
私達は、死刑という刑が与えるであろう苦痛を想像してそれが脅威となって、一般予防になると 信じるのですが、あまりに恣意的で希望的観測です。
刑罰によって犯罪者やその予備軍を教化したいのなら、拷問しかないのですが、
拷問は国際人権条約や日本国憲法で強く禁じられています。 当然でしょう。犬や猫と人間を同列に考えるべRきではありません。
文明社会には、文明社会に相応しい、刑罰のありかたがあるべきで、更にいえば、
刑罰ではなく、愛と信仰によってのみ、人を更生させることができるのです。
「北風によっては、人にコート脱がせることはできないが、太陽の暖かい日ざしがコートを脱がせる」
という寓話を思いだしましょう。

2 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 16:25:04 ID:1fMCELnw
・安楽に死ぬのが罰になるはずがありません。
 →勝手な思い込み
・死というのは、本人しか感じることができず、常に他人を通じて感じるものです。
 →意味不明
・もし、死刑が罰になるとしたら、それは死刑囚の家族に対してでしょう。
 →勝手な決めつけ
・天涯孤独のものが死刑になったとしたら、それこそ、執行人に虚しさしか残りません。
 →勝手な決めつけ
・死刑囚が苦しむとしたら、愛する家族に迷惑をかけてしまったことに対する後悔でしょう。
 →立派な罰ですね!
・あまりに恣意的で希望的観測です。
 →オマエガナー
・刑罰によって犯罪者やその予備軍を教化したいのなら、拷問しかないのですが
 →勝手な思い込み
・文明社会には、文明社会に相応しい、刑罰のありかたがあるべきで
 →具体案の無いお花畑的発言
・刑罰ではなく、愛と信仰によってのみ、人を更生させることができるのです。
 →具体案の無いお花畑的発言 あんたなに教の信者?w
・「北風によっては、人にコート脱がせることはできないが、太陽の暖かい日ざしがコートを脱がせる」
 という寓話を思いだしましょう。
 →情けは人のためならず のことわざを思い出しましょう

3 :コピペ:2007/11/15(木) 16:28:58 ID:fUvEraY5
前スレ
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1192072197/
死刑制度がどうあるべきかについて議論するスレッドです。
以下、>>3-10あたりまでは、死刑存置・廃止について議論されるときに廃止論者がしばしば根拠に挙げる、
”冤罪(の可能性)”についての考察です。
この件について議論するときは、これらを熟読の上でお願いします。


そして、廃止論者の方はまず、是非とも”これらは間違った考えである!”と証明してください。
それができずに、安易に「冤罪」と言うのはご遠慮願います。

また、死刑制度についての問題は、テレビ番組「たかじんのそこまで言って委員会」で度々扱われています。
番組サイトの掲示板も一度ご覧下さい。

※注意※
良い議論をするために、以下のことを守ってください。
・テンプレを読む
・中傷発言はしない
・理論を提示するときにはその根拠も同時に述べる
・対立意見の人からの質問にはなるべく答える



4 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 16:38:08 ID:fUvEraY5
訂正>>1
>拷問は国際人権条約や日本国憲法で強く禁じられています。 当然でしょう。犬や猫と人間を同列に考えるべRきではありません。
文明社会には、文明社会に相応しい、刑罰のありかたがあるべきで、更にいえば、
刑罰ではなく、愛と信仰によってのみ、人を更生させることができるのです。

拷問は国際人権条約や日本国憲法で強く禁じられています。 当然でしょう。犬や猫と人間を同列に考えるべきではありません。
文明社会には、文明社会に相応しい、刑罰のありかたがあるべきで、更にいえば、
刑罰ではなく、愛と信仰によってのみ、人を更生させることができるのです。

5 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 16:38:48 ID:vUelrUyG
長文のお陰でスレストとわ…www


6 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 16:54:44 ID:nZGrNN6Q
>拷問は国際人権条約や日本国憲法で強く禁じられています。 当然でしょう。犬や猫と人間を同列に考えるべきではありません。

犬や猫になら拷問加えてもいいのか?犬や猫を家族同然に考えてる人だっているんだぞ

7 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 17:02:42 ID:HSkKMZdT
更生したかどうか誰が判断すんの?
神様?
会ったこと無いから連れてきてよ
新興宗教の教祖とかは却下な
本物連れてきて判断してもらわなきゃ安心できん

8 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 18:00:12 ID:fUvEraY5
>>7
>会ったこと無いから連れてきてよ
→大塚公子「死刑執行人の苦悩」より引用
(略)吉信展ちゃん誘拐殺人事件の小原保は、この場でこう言い残している。
「自分の成仏のためより、自分が殺めた被害者のために冥福を祈ってください。
それが自分の成仏につながるのです」
小原は、死刑確定後はまるで生まれ変わったような立派な人間になって刑の執行を
受けた。短歌の上達もめざましく、朝日歌壇にとりあげられるほどの才能も発揮した。(略)
おおかたの死刑囚が、死刑確定後は犯した罪を悔い、刑の執行を従容として受け入れよう
という気持ちになる。
(略)「こんないい人間を、裁判で決まったからといって、殺してしまうのは神を
冒涜することではないかと、いつも恐ろしい気持ちでいましたよ」
(略)目隠しをされているためHさんとは知らぬJが、Hさんにしきりと感謝の言葉を言う。
「極楽への道案内に感謝いたします」手錠も両手で合掌した。
なんという法の無情。
こんなに立派な人間を殺してしまうとは。Hさんは死刑制度も腹が立つというより、
悲しみのほうが先に立った。
法の無情への悲しみであった。

9 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 18:33:17 ID:1fMCELnw
馬鹿は死ななきゃ治らないってことだねw
正しくは「馬鹿は死ぬ事になるまで気付かない」だな

10 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 20:03:30 ID:LYmD0did
>>8
軽薄短小

11 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 22:30:46 ID:HSkKMZdT
>>8
死刑があるからこその更正の一例じゃないか。
廃止と関係ないよな。
で、死刑を廃止した時はどうするんだ?

12 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 02:08:07 ID:KM0XupEH
>>6
議論の趣旨がわかってないですね。
いくら犬が猫が可愛くとも、もし病気にかっかたら、治療することより、
一刻も早く安楽死をさせてあげるべきでしょう。それが、本当の愛情というものです。
ところが、人間というものは、「存在」そのものに価値があるのです。
「そこに存在している」というだけで、意味をもちます。人々に勇気を与えることができるのです。
私の心の師に、神谷美恵子さんがいます。
彼女は、ハンセン病患者を通じて、「生き甲斐」の研究をしたことで有名です。
彼女は、「存在していることに意味のない人などいない。どんな人でも、そこに居るというだけで人々に勇気を与えることができる」
と結論します。ハンセン病は当時にあっては、不治ではあるが、すぐに死ぬような病気ではありません。
そういう慢性の病気をもった人の生き甲斐は、現代でも考えさせられる問題です。
現在の死刑囚は、一頃のように、確定→死刑という覚悟だけではなくて、長い拘置所暮らしを
覚悟しなくてはなりません。
その間に、自分の犯した罪の大きさに目覚め、償いたいと思う死刑囚も当然多くでてくるでしょう。
彼等を「生きる屍」として、狭い物置きに閉じ込めておくわけにはいかないのです。また、事実として、
拘置所では、そういう管理のしかたをしていません。
死刑囚の心情の安定を図るために、娯楽活動や宗教活動もそれなりに奨励されているのです。
「死刑囚達の生き甲斐」−−おかしな響きですが、これも重要な関心事なのです。'

13 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 02:33:37 ID:B6pXcXCJ
>>12
>議論の趣旨がわかってないですね。

論旨を伝える能力が無いのか、単なるモラルハラスメント人間なのか、
どちらにせよ非は明らかにあなたにある。

14 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 03:21:24 ID:UyU2wpwn
まず死刑が拷問って間違った認識は改めた方がいい
殺す方法としては温情的だ
銃殺や一部の薬殺でもいい



よく聞け、拷問ってのはな
そいつが被害者を殺した時やった方法を言うんだよ!

15 :m(_ _)m ごめんU^ェ^U :2007/11/16(金) 06:08:47 ID:ESefnIcP
訂正>>12
>いくら犬が猫が可愛くとも、もし病気にかっかたら、治療することより、
一刻も早く安楽死をさせてあげるべきでしょう。それが、本当の愛情というものです。

いくら犬が猫が可愛くとも、もし不治の病気にかっかたら、治療することより、
一刻も早く安楽死をさせてあげるべきでしょう。それが、本当の愛情というものです。

16 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 07:15:00 ID:ThU8VtqL
>>12
誰もそんな議論求めてないが?

17 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 09:24:20 ID:Qelm1yZ5
いつもの長文矢印だな

18 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 11:10:26 ID:Whz1KNQU
>長文矢印へ
一体いくつスレを乱立させれば気が済むのだ?
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1192634724/
を立てたのもお前だろ?
3歩歩いたらすぐに忘れるニワトリ並みの頭しかないのか?
無責任に放置せず、全部削除依頼出しておけよ。

>その他の皆さん
今後の議論は
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1192703946/
でやりましょうよ。
議論にならないキチガイのループ書き込みはもうウンザリだ。


19 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 12:23:34 ID:zKJFeDIZ
>>15
嫌がらせか?

20 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 15:07:18 ID:8IZ47D7T
>>18さんへ

すんませんでした。
うっかりしてました。m(_ _)m ごめん

21 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 15:21:48 ID:8IZ47D7T
慎重な検討の結果、こちらを本スレにします。


22 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 15:40:26 ID:ThU8VtqL
>>21
反対
検討したのはあんただけだし

23 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 15:45:34 ID:8IZ47D7T
精神疾患の内に、多重人格症というのがあります。
幼い頃、虐待などを受けた結果、幾つもの人格が一人の人間に棲みつき、
大人になっても、幼い頃の人格が消えずに現れるのです。
ときには、大人の人格は、もう一つの人格がしたことを全く憶えていないことがあります。
犯罪者の多くも、深刻さに差はあるものの、犯行を犯したとき、
自分の中に別の人格が居たようだったと言っています。
また、たとえ犯行時に凶悪犯であっても、死刑が確定し、死の恐怖から、人格に劇的な変化がおき、聖人とよびたいような人も出てくるのです。
無罪放免せよと主張はしませんが、殺人を犯したものの、司法の手に委ねられてた犯人は、未決囚です。その全人格を否定するような死刑は意味がないばかりか、被害者への侮辱ともなります。
次に、殺人事件の被害者の家族にも拘わらず、
死刑反対運動をしている原田正治さんが、高村正彦法務大臣(当時)に提出した上申書の一部を転載する。


24 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 15:52:53 ID:I0C8pSIr
>>1
更正不能なんじゃないの。 
最近の裁判みてても、審議を冒涜する様な態度の人間が物凄く多いし。 今までマトモな事を言って居た人間が急に、精神薄弱になったり、警察に強要されたりと、平気で180度転換してるし。
 
 その態度の何処に、反省って態度があるの?

 余りにも、自己中心的じゃないの?

しかも、被害者の苦悩や酷い状況は、棚上げして、加害者(犯罪者)の擁護ばかりしてる。 ’あんたらは、悪魔にでも魂売ってるのか?’ って、疑いたくなるね。

殺人犯の内容も、短絡的で残酷で冷徹なのが多いしさ。
特にこの犯罪者に甘い日本の中で、死刑囚には、考慮する余地なく、死刑だね。

25 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 16:04:43 ID:8IZ47D7T
高村法務大臣殿
名古屋拘置所在監 長谷川(旧姓竹内)敏彦
右の者について、一被害者遺族の立場から上申します。
(略)被害者遺族として彼等(加害者)に対し望み、
要望要求することは決して死刑執行ではなく、謝罪、
償いだと考えます。生きる存在があるからこそ、そこに謝罪、
償う意識が生まれるのではないかと考えています。
(略)接見交流の場が与えられるということは少なくとも
加害者が被害者に対し謝罪し、償いをする意識を
増幅できる場だと思っています。(略)
私、一被害者遺族としまして加害者に対し、必ずしも
死刑を望むものではありません。
加害者を死刑にすることによって、本当に被害者が
救われるものなのでしょうか。死刑によって何も解決しない、
そして何一つ得られるものがないと思っています。

26 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 16:07:04 ID:t0uCazxQ
>自分の中に別の人格が居たようだったと言っています。
責任逃れの言い訳でしかない

>死刑が確定し、死の恐怖から、人格に劇的な変化がおき、聖人とよびたいような人も出てくるのです。
死への恐怖で聖人になるのなら死刑がなければ凶悪犯のまま

>その全人格を否定するような死刑は意味がないばかりか
被害者の全人格を否定する殺人という行為をしておいて何言ってんの



27 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 16:36:37 ID:8IZ47D7T
>>26
>死への恐怖で聖人になるのなら死刑がなければ凶悪犯のまま
→そういうのを水掛け論というのです。
鶏が先か卵が先かの議論ではないのです。
死への恐怖が、人生の真の価値に目覚めさせることを哲学語で
実存的に生きるというのですが、
この境地は、宗教者が会得するものです。
真の宗教者は、「今こそが臨終のとき。目覚めよ!」と主張します。
死刑囚は、たまたま、そういう意識を強制的に得るのでしょう。
そうすると、死刑になるような罪を犯してしまった人は、死刑判決によって、
「人生の醍醐味を味わう」ことになるのでしょうか
これでは、自殺志願ならぬ死刑志願みたいなものですね(笑)
そういう意味からも、死刑が刑罰の役割を果たしていないとする根拠なのです。
やはり、原田さんが言っているように、生きて生き抜いて、自分の'犯した罪を思い、
謝罪をし、できうる限りの償いをしてこそ、被害者や被害者家族の心の傷を癒せるのだと思います。

28 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 17:16:36 ID:UyU2wpwn
死刑囚監獄内聖人化論が水掛け論なら

>>27も水掛け論なので終了してくれ

29 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 18:26:23 ID:wV+TD37Y
>>14

死刑などを支持してる連中って、凶悪事件が起きるたびに、頭の中で「犯人殺せ!犯人殺せ!」
とかつぶやいてるのかねえ。空しくないのか?まったく、心の ひもじい連中だぜ。
死刑によって何がもたらされる?犯人が死ねばそれで満足?殺された人間が生き返るのか?
そうじゃない。もう一人の人間が死ぬだけだ。新たな「死」がもたらされるだけ。
「遺族の心情を考えると」などと建前をほざいて、実は自分がうさを晴らしたいだけなんだからな。まったくかわいそうな連中だ。
まあ、「赤 穂浪士」なんて馬鹿共が崇拝されている国だから無理もないか。あの馬鹿共によって
復讐という行為がいかに間抜けな行為かがよく分かる。浅野が死んで、更に吉良や四十七士まで
まとめて死んでるんだからな。墓穴を掘るとはまさにこのことだ。日本の恥さらしだ。復讐なんて、小学生かヤクザがやるもんだろ。
だいたい、死刑なんて日本国憲法25条「生存権」違反なんだよ。おまけに「絞首刑は残虐な刑罰じゃない」
なんて最高裁が間抜けな判決まで出してる。「残虐じゃない死刑」なんて存在するのか?
絞首刑なんていってみれば首吊りだよ。首吊り死体なんて悲惨なもんだ。ベロは飛び出し、
糞尿垂れ流しだよ。死刑判決が出てから数年間、死刑囚はいつ来るとも分からない執行の日
まで、毎日死の恐怖におびえるんだ。これのどこが残虐じゃないっていうんだ。日本政府は
ずる賢いことに、死刑について国会での追及を避けるために、国会が休会してる日を選んで
死刑を執行してるっていうんだ。死刑を執行するとき、直接死刑囚を「殺す」のは刑務官だぜ。
刑務官なんて悲惨なもんだ。なんせ、「人を殺す」のが仕事だもんな。親の仕事が刑務官って分かったとたん、
子供は学校でいじめにあうんだぜ。やーいお前の父ちゃん人殺しってな。なんなら、処刑の仕事を国民から
募集したらどうだ?「正義」のために、極悪人を成敗するんだからな。人を殺したくてたまらないおまえらに
とって、こんなふさわしい仕事はないぜ。死刑支 持派のみのもんたさんや土本武司さんなんかうってつけだぜw w ww


30 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 20:17:39 ID:B6pXcXCJ
>>27
> →そういうのを水掛け論というのです。

言いません。
あなたは水掛け論の意味を知りませんね?

31 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 20:25:48 ID:ThU8VtqL
>>29
ここもか。
死ね、馬鹿

32 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 21:38:36 ID:Whz1KNQU
>>21
自分で勝手に決めるな!
俺はここを本スレとすることに断固反対する!
慎重な検討の結果って、一体どういう検討をしたんだよ?
そういう独りよがりの態度が皆から嫌われる原因なんだよ。

今後の議論は
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1192703946/
でやるべきだ!

33 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 00:02:16 ID:F4YzmWwK
なんで死刑廃止論者の書き込みはくそ長いんだ?
議論したいなら、もっと簡潔にまとめなさいな
リソースの無駄だ

34 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 00:18:38 ID:0nBKMLnd
>>33
廃止論は、本来ごく例外的で狭い時空にしか存在しないものに無理矢理普遍性を持たせるため、
非常に膨大な言い訳で煙に巻く必要があります。
その性質上、まず簡潔にはなりません。

35 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 00:45:57 ID:hr1+ZaGt
って言うか、ズバリ言ってしまうと、yurikoの頭が悪いからだよ。

36 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 00:52:22 ID:0nBKMLnd
頭のいい人は隙を無くすため、もっと長い文章を書きます。

37 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 03:14:49 ID:hkhHgRFk
加賀乙彦氏は、本名で「死刑囚と無期囚の心理」という本を書いています。
執筆当時、無期囚といっても、更生状態次第では、15年くらいで出所するのは、
珍しくありませんでした。
それでも、長期に懲役に服している人々にとって、生き甲斐は難しい問題を孕んでいます。
すなわち、生きる目標を定めにくいのです。
一方、死刑囚は何時訪れるかわからぬ死の宣告に怯えながら、
自分の犯した罪への償いと、家族があれば、家族への謝罪と、憂いを絶とうとするのです。
普通に暮らしている、私達も実は、死と隣り合わせで生きているのに、
それに気付かぬふりをしています。
死刑囚の中には、短歌を学び、相当に上達した人もいます。
そういう人は、一日に何十もの優れた短歌を詠めるようになったそうです。
現代では難しいですが、私達は本来、死を見詰めながら生きていくべきなのです。

38 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 03:16:18 ID:hr1+ZaGt
おい、yuriko!
何でもいいから、仕事しろ!
お前、社会の役に立っているのか?

39 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 03:46:29 ID:lJBMfEpj
>>21
その5、二本も立てたんだろう?できたらどちらか削除依頼してくれんかのう
そしてせめて一方は上げないくらいの配慮はあってもいいんじゃ・・なあ?


40 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 04:00:56 ID:6AOfTqfR
>>39
無駄な呼び掛けだと思うよ
この人建てたスレは自分の物だと思ってるから

41 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 09:47:06 ID:hr1+ZaGt
yurikoに人間として話しかけても無駄。
あいつが責任を感じて削除依頼を出すなんて絶対にありえないこと。
過去の経験から言ってそんなまともな人間ではない。

つまり、yurikoは「不治の病の犬・猫と同様にw」安楽死させるのが一番。

と言うことで、本スレへ誘導です。
【新】死刑制度議論 その1
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1192703946/l50

42 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 13:22:39 ID:EZc67xZk
http://aqualeafree.blog70.fc2.com/?mode=m&no=910

43 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 16:36:27 ID:xw36dhmr
>>11
>死刑を廃止した時はどうするんだ?
→まず、二度と生きて社会に出すべきではありません。
その範囲で、人間らしく扱い、人間性の回復を試みるべきです。
少しで反省し、償いと思ったら、懲役刑を科して、働いてもらえばいいでしょう。
なにより、反面教師として、犯罪防止の為に教化活動をしてもらえばいいのです。

44 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 17:24:17 ID:6AOfTqfR
>>43
仮釈放無しの終身刑って事だな
最初からそう書けばいいのに

45 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 17:38:32 ID:0nBKMLnd
>>44
そんなことしたら薄っぺらさがばれてしまいますので

46 :朝まで名無しさん:2007/11/18(日) 02:08:57 ID:5D3i5969

だからyurikoを相手にするなってば!


47 :朝まで名無しさん:2007/11/18(日) 03:32:51 ID:Hah4754q
まともな議論してるスレって今どこにあるの?
去年はかなり面白かったのに。

48 :朝まで名無しさん:2007/11/18(日) 05:47:46 ID:mWriA5tO
>>43
>人間らしく扱い、人間性の回復を試みるべき
→これは、他のスレッドでも書いたことですが、
死を禊(みそぎ)とする日本の文化にあって、死刑を罰とするのは難しいと思います。
最近、国務大臣が自殺するという事件がありましたが、
そのことに非難する意見は当然のごとく少なかったようです。「これ以上関係者に迷惑をかけたくない」
ということで、潔い死、立派だったと評する人も多かったのです。
大塚公子「死刑執行人の苦悩」では、死刑が必ずしも儀式的に厳かに行われるわけではないものの、
日本らしい儀式的な面もあると語っています。
死刑囚は、死刑の朝、拘置所長の部屋に連行され、「大変残念だが、君とお別れすることになったよ」と
死刑に宣告を受け、刑場に=連行されます。
そこで、何か言い残したいことはないか、と聞かれ、遺言があればここでします。そして、30年くらいまでは、
最後の晩さんが前日に振る舞われたのですが、現在では、好物の饅頭などが供されます。
面白いのは、そこに死刑囚の為に祭壇が用意され、線香が焚かれていることです。
自分で自分の死後の成仏を祈ることができるように配慮されてるのですね。
クリスチャンなら、他の祭壇が用意されてるのでしょう。
カーテンでしきられた隣の部屋が、すぐに刑場となっているのです。グロテスクな感じがします。

49 :朝まで名無しさん:2007/11/18(日) 06:43:55 ID:qwXy9uhP
ただでさえ刑務所パンクしかけなのに、
さらに死刑囚まで生涯税金で養えってか

つか、更正の見込みがないから死刑なんだよ。
怪しげな電波本ばっかじゃなくてちゃんとした知識をつけようや

50 :朝まで名無しさん:2007/11/18(日) 06:45:28 ID:qwXy9uhP
ああ、ここ議論板だったか。
すまんニュー速と間違えた

>>49撤回。好きなだけ独自理論を展開してくれ。

51 :age:2007/11/18(日) 08:38:30 ID:aHfxa7Ua
>>49
>更正の見込みがないから死刑なんだよ。
→それは如何なものでしょうか?
現在、全国に五つの拘置所と二つの刑務所を兼ねた拘置所に、108人の
死刑確定囚と未決囚が暮らしています。
毒入りカレー事件の林真寿美は、未決囚として、大阪拘置所に暮らしているのですが、
確定すれば、今よりさらに厳しい生活を強いられるでしょう。
確定囚は、心情の安定が第一とされるので、面会は家族の者とでも、一度に一人とか、手紙でも、
検閲は当たり前で、しばしば書き直しを命じられます。
林未決囚は、最近、房内で髪の毛を勝手にあらったとして、懲罰房に入れられたのですが、
確定囚になれば、髪の毛を洗うことさえ許可されず、24時間監視付きの懲罰房同然の
部屋でくらさなければならないでしょう。
果たして、林被告が死刑執行に臨んで、どういう態度を取るのか興味のあるところです。

52 :朝まで名無しさん:2007/11/18(日) 08:53:59 ID:H9JM1Br9
>>51
「後悔先に立たず」の一言に尽きるわけだがw
確定してから反省しても「後の祭」。

53 :朝まで名無しさん:2007/11/18(日) 09:16:25 ID:e016qq2e
なんの役にも立たず、世間に迷惑ばかりをかけた死刑囚は、
最後ぐらい社会に貢献すべき。単なる死刑執行には何の生産的意義も見出せない。

そこで、死刑囚の臓器提供制度を設けてはどうか。




54 :朝まで名無しさん:2007/11/18(日) 09:58:14 ID:H9JM1Br9
「仮釈放無しの終身刑」は無意味。
現行の「無期懲役」は「期限を定めていない」だけなので、
運用次第で実質的な終身刑になります。
また、死刑が確定しても執行しなければ、やはり実質的な
終身刑になります。

実質的な終身刑が既に存在しているので、「仮釈放無しの
終身刑」が死刑の代わりになることはありません。
つまり「仮釈放無しの終身刑」は、死刑廃止の論拠には
なり得ません。

55 :sage:2007/11/18(日) 11:32:44 ID:5D3i5969

もしyurikoが反省して電波な書き込みをしなくなったら、悪人であれど
更生する可能性があることを認めてやろう。
しかし、こんなにみんなから指摘されながらいつまで経っても電波な
書き込みを続けるならば、更生できない悪人もいることの典型的な例だと
言えよう。

お前ら、更生できない悪人を相手にするなよ。




56 :朝まで名無しさん:2007/11/18(日) 19:35:39 ID:prUhHaaw
>>27
>死刑が刑罰の役割を果たしていない
死刑囚監獄内聖人化論が何を言いたいのかやっと分かった。
しかし俺はこれを根拠とすることには反対だな。
更正を諦めざるを得ないケースだってあるだろう。
念のため書いておくけど、俺は(冤罪死刑があり得るから)死刑反対だ。

57 :朝まで名無しさん:2007/11/18(日) 19:52:39 ID:5D3i5969

>>56

キチガイを相手にしないで下さい。



58 :sage:2007/11/18(日) 21:54:10 ID:ZyyBsOn6
>俺は(冤罪死刑があり得るから)死刑反対だ。

冤罪を理由にするならあらゆる刑罰が実施不可能になるな。

あと現行犯逮捕で自供つき控訴なしとか
完全に犯行が確定している時にも死刑にできなくなるので
制度としての死刑をなくす理由にならない。

59 :sage:2007/11/18(日) 22:02:07 ID:ZyyBsOn6
死刑は
「社会復帰させる価値もない。コスト合わない
社会もこいつを受け入れられないだろう。リスク高すぎ」

という「オマエこの社会から出ていって」
という退場通達なんだから死刑囚が更正するかどうかは関係ない。

60 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 00:14:10 ID:dqrVF1VI
>>56
> 念のため書いておくけど、俺は(冤罪死刑があり得るから)死刑反対だ。

冤罪が判明したら、関係者すべて死刑にする。
ほら、無問題だ。

61 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 00:37:58 ID:0W2Xzlcf
>>54
>>54
>「仮釈放無しの終身刑」は無意味。
>現行の「無期懲役」は「期限を定めていない」だけ
>死刑が確定しても執行しなければ、やはり実質的な
>終身刑になります。
→私も、現行の無期懲役の運用次第で死刑に次ぐ重い刑として機能するような気も
していたのです。
しかし、やはり、もう一歩工夫が必要だと思います。
最近、「新潮45」の殺人者シリーズを読んでいるのですが、
読んでいて吐き気がしてきます。
中でも、無期懲役で出所した男の犯行の章では、
「これじゃ何とかするしかないだろ」と思いました。

62 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 06:44:31 ID:deNZ7zSk
新潮45編集部編「殺人者はそこにいる」
●「無期懲役」で出所した男の憎悪の矛先
○(略)平成十一年九月、この森川を含め、全国で三人の死刑囚の刑が執行された。
三人の死刑囚には共通点がある。かれらは、ともに死刑判決の直接の原因となった犯行以前に、
同じような手口で殺人を犯している。三人とも、かつて極刑に処せられても不思議ではない、
極めて凶悪な犯罪をおこなっているのだ。
一度目の犯行時、死刑判決が下れば、二次犯罪を防ぐことができたのは、むろん言うまでもない。
少なくとも仮出獄がなければ、再び犠牲者は出なかったことになる。(略)
日本では、犯人がいくら罪を重ねても量刑は最長十五年であり、(略)さらに、
刑法十四条により有期の最高刑を懲役二十年以内と定めている。(略)死刑を除けば、最高刑が無期刑なのである。

63 :続き:2007/11/19(月) 07:16:35 ID:deNZ7zSk
日本では、犯人がいくつもの罪を犯した場合、刑法45条の
併合罪が適用される。簡単にいえば併合罪とは、犯人がいくら
罪を重ねても量刑はその中の最も重い刑の1.5倍となる制度だ(略)米国では、日本のように併合罪が適用されないため、
犯した罪によってその刑罰が積み上げられていく。
何百年という懲役刑が存在するのはよく知られたところだ。
平成元年からの過去十年間で、百六十六人の無期懲役受刑者が
平均十九年四月の刑期で仮釈放を許されている。(略)
「仮釈放については、刑法上、改悛の状が認められた場合に
これをおこないます。悔悟、更生の意欲、再犯の恐れがないこと、
社会感情の是認、などが条件です」(法務省保護局)(略)
仮出獄の手続きは、刑務部長が高等裁判所の所在地にある
全国八ヶ所の地方更生保護委員会へ申請するだけ。
法務省職員の三人の委員が本人を面接して、許可を出す。
だが、申請後の棄却率はわずか二%程度。
兇悪犯である無期懲役囚に限っても、大抵半数以上が、
あっさりと仮出獄を許されているのである。


64 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 08:08:22 ID:deNZ7zSk
(仮出獄中二女性を殺害した森川哲行に対して、被害者の父親)
私自身、森川とは会ったこともなかったとです。娘は名前すら知らんかったはずです。それが、なんであんな惨い目に遭わなならんとか、どげん考えても納得がいきません。(略)
できることなら、森川をこの手で殺してやりたかった。昔のように敵討ち制度があれば、手や足、耳や鼻を一つずつ一つずつ、もいでいって、苦しめながら殺してやりたかった。今でもそう思うことがあります。でも、残された被害者の遺族なんか、惨めなもんです。
森川とは、事件の公判で二度顔を合わせました。裁判官から私がどうしたいか質問されたので、
「当然、死刑にして殺さないかんでしょ」
と答えたのですが、あいつは私を爬虫類のような目でじっと睨んでいました。正直言うて鳥肌が立つほどゾッとしました。(略)
あいつが生きとる間はずっと恐ろしかったとです。もしかしたら死刑判決が出ても何かの拍子で出所して私らを殺しに来るんじゃなかか、とも思うたとです。




65 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 08:19:40 ID:K8GV67z8
長文矢印の人は、この読解力だといくら本を読んでも悪い知識しかつかないと思う。


66 :続2殺人鬼は死んでも殺人鬼:2007/11/19(月) 08:34:05 ID:deNZ7zSk
「他人が聞くと、そんな馬鹿げたことがあるか、ち思うでしょうが、
我々の気持ちは理解できんんでしょうね。憎しみと恐怖、それがこの数年間、交互にやって来るとです。
最近は死刑廃止論が盛んに叫ばれとるようですが、私に言わせれば、
事件に何も関わっとりもせんもんが無責任な話ばするな、って思います。
だいたい、人を一人殺したら、自分の命でつぐなうのが当たり前じゃないでしょうか。それなのに、無期懲役でも十年経ったら刑務所から出て来て、簡単にまた人を殺す……そぎゃん馬鹿な法律があるでしょでしょうか。去年九月、森川の死刑執行が載っていた新聞を持って、
すぐに娘の墓に報告に行きました。」(対して森川は)
「何も反省していないし、反省するぐらいならこんな事件は起こしません。それより、二人を殺したぐらいではまだまだ足りない、それが正直な気持ちです」

67 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 09:05:02 ID:vM1mjvuj
人を殺したら、自分も死ななければならない。
これでいいんではないの?
こういうシンプルさが、必要だと思うんだけど。
冤罪の可能性っていうのは、限りなく低いだろうし、
そこまで十分な論議を行えば、ある程度は抑えられる。
0ではないだろうけれど、それは 人間の行うことだから、
仕方ないだろう。
罰なんだから、少なくとも
等価にしなければならないでしょう。
人を殺して、その等価が懲役10年とかで、みなさんは満足ですか?
もし自分が殺されて、君の命は懲役10年分ですよ、って
言われて満足ですか?
俺は全く満足できません。


68 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 09:40:29 ID:EOM6XN7C
満足できるはずが無かろう。

よって議論板ゆえ議論はするが
yuriko始め死刑廃止論者の言う事なんざ
論理的、感情的共に納得しうる案でも出さない限り
聞く耳は持って無いがな。

69 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 12:13:00 ID:gpCu3CtE
日本人はある意味、全員殺人経験者です。

正当防衛を主張している少女を非難する投稿が見受けますが、
なんだか日本人特有の穢れ思想をふりかざしてるようで気持ち悪いです。
獣の肉は食っても獣はある階級に殺させて、
「自分は穢れてない」と言っている感じです。
それで正当防衛で自分の身を守るために中年男性を殺した少女に
殺人者の烙印を押して非難してる。

あのですね。日本人は全員が合法殺人とはいえ殺人者ですので、
なぜなら日本には死刑制度がありますからね。
例え、犯人に裁判長が死刑の判決を出し、
法務大臣が死刑執行命令書に捺印し、
刑務官が死刑執行を行おうとも
それらは彼らがあくまで勝手にやっている事ではなく、
死刑制度を支持し維持している日本国民全体の意思を代行しているにすぎないのですから、
死刑囚が縊り殺される責任は日本人全員にあります。
綺麗な体の日本人など一人もいません。
もちろん、私もその一人だとは思ってます。

「私が直に殺しているわけではない」という反論もあるかもしれませんが、
麻原とか八木茂みたいに一人も自分自身では手を汚さずに死刑囚になった
人物もたくさんいますので。

70 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 12:31:07 ID:K8GV67z8
>>69
的外れ。

71 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 12:52:17 ID:Yxaagaar
>>69
だから?
その話の先に何があるの?
このスレに関係ある話になるの?
なるんだったら話を進めてよ

72 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 16:50:49 ID:2NIoWHZB
働いても働いても賃金不払いサービス残業リストラ
体を壊し生活保護を求めても門前払い
どうしようもなく空き巣に入ったところ家人に見つかり殺してしまう→死刑

年収800万円で競馬パチンコ麻雀とギャンブル漬けの生活をしているが
同僚が外車を買ったというんで悔しくて払い込みに着た市民の金をポケットにしまい
癖になって5年で2億円の横領、余罪も多くあると見られる→懲役5年執行猶予付き

俺は死刑反対派だけど、この辺が納得いかない理由の一つなんだよねえ
この辺を改善してくれたらとりあえず文句は言わないよ

73 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 17:15:07 ID:Dw7VsOk4
>>72
まず弁護士を配給制にでもしないとな
経済的に苦しいと当然優秀な弁護士を雇えない分不利になるわけでして・・・

本来なら経済犯罪は重罪化するべきなんだがな
計画犯罪押さえるのには重罪化が最適
でも衝動犯罪に重罪かけてるのが現状なわけで
所詮国家としては犯罪を押さえる気なんてさらさらないって事だ罠


74 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 17:41:00 ID:nW+J5lT2
これの1を立てた者だが、まだやってたのかwwwwwwww
そもそも死刑は必要でしょ。廃止論者が意味不明な反論ばっかしているが
君たちに問う。もし死刑が無い日本で、再犯する可能性がある凶悪犯を君
達はどうするの?死刑になるのは、それ相応(殺人など)の罪を犯す人間だけ
なのに、どうして君達は反対するの?この質問にちゃんと答えてね。

75 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 18:12:07 ID:2NIoWHZB
>>74は人殺しそうだから死刑でいいよね

76 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 18:24:15 ID:K8GV67z8
>>75
今のところあなたの方が殺しそうに見える

77 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 18:25:41 ID:N4PNfaSh
「死刑」よりも重い刑。
それは、

























北朝鮮へ移住

78 :yuriko:2007/11/19(月) 19:20:27 ID:YkEOLjwx
学歴詐称はやめてね。

79 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 23:42:49 ID:tVq4Xdjv
>>75
すまんがそれは絶対無い。人の命を奪うくらいなら、自害する。
命の重さはよくわかってるつもりだし。

80 :朝まで名無しさん:2007/11/20(火) 05:08:24 ID:t5TN62aJ
>>68
>yuriko始め死刑廃止論者の言う事なんざ
論理的、感情的共に納得しうる案でも出さない限り
聞く耳は持って無いがな。
→一つ誤解しないで欲しいのは、
死刑制度廃止論者の意見は、必ずしも、「犯罪者の言い分を聞こう」というような
犯罪者福祉型社会を主張しているわけではないのです。
>>66の被害者家族の気持ちを聞けば、加害者の為にも、「死刑で全てを終わらせる」という考えもあっていいと
思うのです。日本の文化の「死によって禊をすます」というのもあっていいと思うのです。
怨みを飲んで死んだ人も、その魂を鎮める祈りによって成仏させるというのも、
実際にあるのです。これは、信仰の領域ですから証明のしようがありませんが、
私は個人的に、「こういうこともあるのか」と思うしかない出来事を何度も体験しているのです。
ですから、私の立場は、1 死にたがっていない死刑囚を殺すのは間違っている 2 死刑囚と被害者家族の
両方が納得している限り、死刑を執行しても構わない
というものです。
死刑を執行する刑務官も、「自分は良いことをしている」と思って仕事をして欲しいのです。

81 :朝まで名無しさん:2007/11/20(火) 06:01:35 ID:t5TN62aJ
ですから、私が主張するのは「死刑制度」の実質的廃止です。
普通に考えても、死刑に値するような犯罪を犯した死刑囚が、
自らの死によって償いたいと思う、とは思えませんから、そういう人は、仮釈放無しの独房拘禁で。希望があれば、死刑にしてもらえばいいと思います。
強制的死刑は、どんな場合でも廃止するべきです。
現在、私は郷田マモラ作「モリのアサガオ」の第六巻まで読み進みました。あと残すところ一巻です。\(^o^)/
物語りは、さすがに非現実的で、「どこか憎みきれない死刑囚達」が主人公です。しょうがないでしょ。
物語りでは、35年間獄に繋がれ、冤罪が明らかになって釈放される男の話も登場します。「司法の犯罪」として、衝撃力があります。
感動したのは、登場した冤罪死刑囚が「死刑囚になったお陰で、人生に感謝することができた。死刑囚になってよかった」と壁に落書きをしていたところです。
逆説的ですが、死刑制度という非人間的制度があったが故に、人生の素晴らしさがわかったというのです。
しかし、何より、グラフィックで衝説得力があるのは、刑務官が配置されて、事務的に死刑が執行される部分です。
死刑執行に携わった刑務官は、二万円の特別手当てと二日間の特別休暇を貰えます。
尤も、マンガでは、死刑囚の糞尿の始末や湯煎(屍体を洗う作業)は、グロテスク過ぎるせいか、描いていません。
昭和30年代から40年代まで、こういう死刑執行が、日本全国で、毎週行われていたことは、信じがたいことです。
私の予測では、来月、もう三人くらいの執行があるような気がします。鳩山法相は、話題作りの為にも、自ら、死刑執行に立ち会っていただけたら、と思います。

82 :朝まで名無しさん:2007/11/20(火) 06:07:33 ID:b/1tmvwA
死刑制度を廃止して、代わりに
「人体実験用ドナー認定」という
社会貢献的身分を与えるべきだ。


83 :朝まで名無しさん:2007/11/20(火) 07:17:29 ID:m3SXxU8W
>>80-81
あなたのような人格障害が、現実世界で誰かの上司でないことを祈るばかりです・・・

84 :朝まで名無しさん:2007/11/20(火) 07:28:38 ID:t5TN62aJ
>>62
>社会貢献的身分を与えるべき
→そうですよね。
死刑に相当する罪を犯した人というのは、もう相当なもので、
どんなに努力しても更生、矯正は不可能の断罪されているわけですから、
その肉体を有効利用するというのは、神の摂理に適っていると思うのです。
ところで、横綱朝青龍が、母国の地で、チャリティーで「無理をして」子供達とサッカーを興じていて、
処分された件です考えても、朝青龍に非はありませんね。
長い場所を、素晴らしい相撲で、一人横綱として相撲界を支えてきた貢献度を評価するべきです。
話が弱冠それましたが、要するに、死刑囚がほんの僅かでも社会貢献できる道が残されているとしたら、
本人も同意の上で、医学スタッフが万全の準備をした上で、体のあらゆる部分を再利用するべきですね。
また話が逸れますが、日本の伝統捕鯨にしても、日本では外国とは違って、鯨の体のあらゆる部分を利用します。
それが、本当の「自然の恵みへの感謝、恩返し」だと思うのです。
死刑も「罰」というより、同じ人間として、恩返しの場を与える行為と、発想の転換をするべきでしょう。
さらに、そうすれば死刑執行をする刑務官や医業をしながら、人の命を奪う医務官への
精神的負担をどれだけ軽くできるか知れないのです。

85 :朝まで名無しさん:2007/11/20(火) 08:05:42 ID:t5TN62aJ
>>83
\(^o^)/
´ρ`)σ そこの君!
くびだよ。
アフォ!

86 :朝まで名無しさん:2007/11/20(火) 08:06:50 ID:AsWOweq2

スクープ これが真相2 徳島刑務所暴動!
http://kamibakunews.cocolog-nifty.
com/blog/2007/11/post_2534.html#more
スクープ これが真相 徳島刑務所暴動!
http://kamibakunews.cocolog-
nifty.com/blog/2007/11/post_3853.html

87 :朝まで名無しさん:2007/11/20(火) 09:23:02 ID:muy4Qma9
>>85
フィクション漫画の感想なんかを根拠に、
死刑制度のよ良し悪し語ってんじゃねーよ低能w

88 :朝まで名無しさん:2007/11/20(火) 12:37:27 ID:EY/mJGNj
>>87
>フィクション漫画の感想なんかを根拠に、
死刑制度のよ良し悪し語ってんじゃねーよ低能w
→郷田ラモラ作「モリのアサガオ」は、本当にいいですよ。
他に、小説では加賀乙彦「宣告」とかありますけど、郷田氏の作品の方が
死刑に関わる本質的問題をよく描いてますね。
すなわち、犯罪とは殆ど関係のない日常を送っている人々にとって、
「死刑とは何か」とか「死刑制度は必要か」を考えさせてくれるのです。
死刑囚というのは、大抵最低三人くらいを、それも猟奇的に殺さないとならないのです。
精神異常者とはいえないけれど、完全無欠の人格異常者なわけです。
一度、そういう事件を起こしてしまえば、実の親からも「早く死ね」といわれたり、
死刑にされてからも、遺体さえ引き取り手にが誰も来ない場合が殆どです。
戦争を放棄した日本で、唯一、計画的に、合法的に国家が殺すのです。背筋が寒くなります。
そして、死刑囚への同情は殆どの場合、ゼロです。
死刑執行は、国会が閉会したり、与党が選挙で圧勝したりした後、「どさくさに紛れて」行れます。
死刑囚が確定判決を受けたあと、何を思い、どう執行されたかは、殆ど、一般に知らされることはないのです。
密行主義といわれる所以です。
郷田ラモラ「モリのアサガオ」は、マンガという日常語で、生々しい死刑問題を語る、
好作品といえます。
読んでみて評価してみては如何でしょうか?

89 :朝まで名無しさん:2007/11/20(火) 12:42:08 ID:EY/mJGNj
密行主義といわれる所以です。
郷田ラモラ「モリのアサガオ」は、マンガという日常語で、生々しい死刑問題を語る、
好作品といえます。
読んでみて評価してみては如何でしょうか?



90 :朝まで名無しさん:2007/11/20(火) 20:43:36 ID:Q4LZAVbK
george walkerって誰のことですか?

91 :朝まで名無しさん:2007/11/20(火) 20:56:16 ID:Yv9svCaJ
>死刑囚への同情は殆どの場合、ゼロです

そりゃそうだろwwwそれなりの罪を犯したのに同情なんてできねーよwww

92 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 02:13:50 ID:+bh8bo6t
>>88-89
「モリのアサガオ」の作者に謝れ

93 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 02:33:16 ID:yz5pXCDp
しかし死刑をやめて終身刑にする「意味と意義」って何?
サクっと被害者の意志に沿って処分したほうがよくないか?
被害者も心にケジメつけられるし、費用が浮く
更生を放棄して社会から隔離するならするで何か使い道はないのか?
使い道がないなら処分すべきでしょ

わざわざ金かけてまで生かして飼っておく理由がわからない

94 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 05:57:06 ID:HSbTSd8o
>>93
>死刑をやめて終身刑にする「意味と意義」
「モリのアサガオ」では、死刑の意義について、「復讐の連鎖を断つ」が挙げられています。
すなわち、「殺られたら殺り返す」という仇討ちでは、復讐が、逆恨みによって、家族が半永久的に
担うことになりかねない、というのです。
そこで、国家が仲立ちに入って、裁きを受けさせて、「更生、矯正の見込みが無さそうな者に限って」
死刑になって貰おう、というわけです。
でも、これは如何なものか、と思いました。
現代に於いては、小林よしのりの「戦争論」が文字通りマンガなように、
国家が正義を代行するということは、ありえないでしょう。
年間千人以上の殺人事件の犠牲者が出ているというのに、犯人が捕まらない件数も増え、
捕まっても、12年の懲役で、10年くらいで出所します。
最大の刑罰である無期懲役刑を受けても、半数以上は20年くらいで出てくるのです。
例えば、25才くらいで、暴力団抗争で二人射殺した男は、45才で幹部待遇で組に復帰するのです。
こういう矛盾は、偏に、死刑=極刑で死刑と無期懲役の間を埋める、厳罰がない為です。
死刑は、冤罪死刑の問題も含めて問題が多くあり過ぎます。
死刑をなくしたから問題が解決するとまではいえませんが、すくなくとも、
「社会復帰」を念頭に於いて、完全な形での更生を目指し、より厳しい厳罰主義で臨むべきなのです。

95 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 06:04:15 ID:HSbTSd8o
死刑をなくしたから問題が解決するとまではいえませんが、すくなくとも、
「社会復帰」を念頭に於いて、完全な形での更生を目指し、より厳しい厳罰主義で臨むべきなのです。



96 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 06:26:56 ID:+bh8bo6t
>>94
「モリのアサガオ」の作者に謝れ

97 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 07:08:04 ID:fUtq/boK
>>95
だから、社会復帰はムリだから死刑になったの。
ただ殺すことは不毛で、そこからは何も生まれない。金のムダ使いだ。
禁じられている人体実験をこいつらでまかなうことにより、医療その他
動物実験では限界があったことに飛躍的な進歩をもたらすことができる。


98 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 14:50:25 ID:Ljv9/+FD
東京拘置所で、長らく精神科医として、医官を務めていた、
加賀乙彦氏によれば、死刑囚の殆どが自分の行った犯罪が、
死刑に値するような重罪だと認識していなかったという。
俄には信じ難いが、昭和20\年代後半から、昭和40年くらいまでは、平均30
くらいの死刑が、毎年行われていたから、死刑へのハードルは相当低かったのかもしれない。
それでも、殆どの死刑囚の行った犯罪というのは、二人以上を殺害しているのだから、それで死刑から
逃れようと考えたのも、ムシのいい話だ。
しかし、もっと興味深かったのは、多くの死刑囚が、当時、武士が切腹するときのように、
潔く死んでいったというのだ。
そこに日本の死の文化が息づいていた。

99 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 15:20:08 ID:Ljv9/+FD
死刑囚の中には、自分の死に臨んで、悟りの境地みたいな所に到達したものもいた。
果たして、そういう立派な人間を殺して、いいものだろうか?
死刑執行に携わらない人から言わせれば、「それによって、本人が罪を償い、被害者家族の心を鎮める」というかも知れない。
しかし、どれほどの被害者家族が心から反省し、悔いている人間を殺したいと思うだろうか?  彼等は、事件を忘れてほしくない、けれど死んで欲しいとは思わないのではないか?
一方、全く反省もしない。殺したことを最期まで、自慢するような薬科ら はどうだろうか?
人間の心を失った者を殺して、何の目的が達成されるのだろうか。
よく言われる、死刑の脅威によるみせしめ、一般予防の見地からはどうだろう。
そもそも、「誰もみていないから万引きしてやろう」とか「どうせ死刑にならないなら、一人二人殺してもいいだろう」みたいな人間が生息する社会は闇だ。そういう病んだ社会は存在意義がないと思う。
改心した人を殺さなければない刑務官の辛さや
人間の心を失い、最期まで力一杯抵抗する死刑囚も首に無理矢理、ロープをはめる刑務官の虚しさを思ってほしい。












?

100 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 15:28:18 ID:Ljv9/+FD
訂正>>99
>一方、全く反省もしない。殺したことを最期まで、自慢するような薬科ら はどうだろうか?

一方、全く反省もしない。殺したことを最期まで、自慢するような
奴等はどうだろうか?

101 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 16:10:32 ID:fY6XW+wt
>>99
くどいね

立派な人間を殺していいのか?
→いいに決まっている。なら坊主の殺人は基本的に無罪だ。これは差別だ。

悔いている人間を殺していいのか?
→いいに決まっている。悔いれば死刑にならないなら悔いるつもりでいくらでも殺せる。

死んで欲しいか?
→欲しいに決まっている。そうでないなら少なくともデータを示せ。

反省しないやつは?
→殺せ。そんなやつは生かす意味も無い。


102 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 16:23:33 ID:c4e4Aozs
刑務官の辛さは察するに余りある。より負担が軽減されるような方式を模索せねばならん。
ゼロにはならんがな。

それはそれとして、
反省し改心した。でも殺される。 これが死刑という刑罰だと個人的には思う。
「理不尽な死」こそ、死刑の本質なのだとね。

犯人による殺人と死刑による犯人の死、この二つの理不尽な死を
我々は重く受け止めることで、被害者にも加害者にもならないように
努力しなければいけないのだ。

103 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 16:46:24 ID:yz5pXCDp
>>102
やめればいいだろイヤなら
やりたいヤツは五万といるはずだからな
手当て見れば飛びつくホームレスが何人出るやら

104 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 17:03:24 ID:kRYOFUYm
>>99
人殺して立派な人とは恐れ入ったよ
かなり酷いことしなきゃ、死刑にならんのに。
やった事忘れてないか?

105 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 19:06:33 ID:17FTvs0H
裁判所の正式判決として仇討ち制度の復活。


もし被害者、遺族が許せば、終身刑。
許さなければ本人により仇討ち。(返り討ちは無し)W

これならば外野がとやかく言う問題でも無いとオモウヨ。

106 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 19:07:02 ID:FnGYY2mQ
>>104
>人殺して立派な人とは恐れ入ったよ
→「人を殺した」から立派な人ではないのです。
人を殺してしまった、という過ちを認め、そのことに償いをしようと決意している勇気が
立派だというのです。
「謝っても、謝っても許されません。しかし、生きている限り、すべての時間を
あなたたち家族への償いのために使います」
と書いている死刑囚もいたのです。
やはり、自身の死を見詰め、自分の家族を思うことで、自分の行った犯罪の重大さがわかるのでしょう。
こういう死刑囚は、最早、憎むべき犯罪者とはいえないでしょ。
「自分(死刑になる)より被害者の為に祈ってください」とは、吉展ちゃん誘拐殺人事件の
小原保の最期の言葉です。

107 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 19:29:44 ID:r33V5sCe
アホか

108 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 19:51:42 ID:12FJSWda
自分の死を見詰めることで反省し、改心するのなら
やっぱり死刑は必要だという話になりそうだが。



109 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 19:56:01 ID:VJ0x3eaM
ある女性ボランテアの話だが。
下級審で死刑判決が出た囚人に面会した。
驚いたことに、心から罪を反省し、ほれぼれするような
人格の青年だった。
こんな若人を殺してはいけない、と件のおばさん。
張り切って、色々やって何とか死刑判決を覆すことに成功した。
やれやれ、と思って再び面会して、再度驚いた。
青年は、以前のごろつきに戻ってしまっていた。
青年は、死を直前にして、あのような素晴らしい人格に
なれたのだ。
その死が遠くなって、元に戻ってしまったらしい。

110 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 19:59:12 ID:VJ0x3eaM
>>105
何度同じ事を言わせるのかね。
少しは前のカキコを読めよ。

1,遺族が居ない場合はどうするのか。
2,暴力団の親分だったら、遺族は仇討ちをためらうことが多くなるだろう。
3,買収されるおそれもある。
  そうなるとビンボウニンは仇討ちされるが、金持ちは助かる、ということになる。

111 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 20:00:52 ID:VJ0x3eaM
>>106
書くだけなら誰でも出来るわな。
一生かけて実行できるやつなんて、実際に存在するのか。できるのか。
まして、通常人よりも意志薄弱な犯罪者に。

112 :yurikoの姪 ◆CS.BvHdcWg :2007/11/21(水) 20:13:11 ID:KTOx2Kai
アタマの悪いアフォばかりで仕方がないから、固定ハンドルを書き込みました。
死刑は冤罪があるから必要なのです。まだ、わからないのか?(苦笑)

日本人の思考能力を疑ってしまいます。


113 :yurikoの姪@yurikowalker:2007/11/21(水) 20:14:53 ID:KTOx2Kai
訂正

死刑は冤罪があるから必要なのです。

死刑は冤罪があるから必要でないのです。

114 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 20:29:21 ID:kRYOFUYm
>>112
落ち着きの無い奴だな
で、生きて償う方法って何?
随分前にも聞いたけど納得出来る答え無かったよ?
被害者でない俺が納得出来ない物が、被害者家族の理解得られるかな?

115 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 20:31:52 ID:VJ0x3eaM
罰金は冤罪があるから必要でないのです。
懲役刑は冤罪があるから必要でないのです。

116 :yurikoの姪 ◆CS.BvHdcWg :2007/11/21(水) 21:01:11 ID:KTOx2Kai
>>114

死刑に関する考え方は日本とアメリカでは根本的に異なるのだよ。
アタマがよくないのは仕方ないと思うが、アメリカでは冤罪による廃止論が
主流でありトレンドだということを少なくとも理解して欲しい。

117 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 21:09:55 ID:VJ0x3eaM
そんなに米国の真似をしたいなら、イラン相手に戦争でも起こしたらどうだ?

118 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 21:21:58 ID:TE4UIg63
>>108
>自分の死を見詰めることで反省し、改心するのなら
やっぱり死刑は必要だという話
→そういうのって、哲学論議になってしまうのです。
哲学者達は「人間とは死に向かっている存在」だとし、
だからこそ実存的生き方(真実の自分)ができるのだ、としています。
ところが、現代の死刑は、終身刑に限り無く近付いています。
確定するまで、6、7年の時間がかかり、それから更に、執行されるまで、8年くらいがかかる
のです。
最近執行された宅間などは、荒んだ心を全く改めることなく、確定から一年くらいで
執行されましたが、例外でしょう。
ですから、現代の死刑囚というのは、死ぬ間際に改心する機会も奪われているといえます。
果たして、充分な時間をあげて改心させるのがいいのか、時間がない故に、完全燃焼の
日々を送らせるにがいいのか、考えてもいいと思います。

119 :yurikoの姪 ◆IdzQGmyPUc :2007/11/21(水) 21:22:54 ID:KTOx2Kai
>>117

>>そんなに米国の真似

真似ではありません。現実に米国カリフォルニア州に居住している人間として、
日本人のディベートに対するスキルのなさを心配して助言しているのだよ。

私は激務をこなしながら、毎日2冊の本を読破しています。


120 :yurikoの姪 ◆IdzQGmyPUc :2007/11/21(水) 21:36:20 ID:KTOx2Kai
>>118

いい加減に嘘の書き込みをするの止めたらどうだ?
お前みたいななりすましが世の中をのさばっているのは害悪なのだよ。

市場の原理に従って、はやく刑務所へ投獄されるのがよいと思います。


121 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 21:38:55 ID:VJ0x3eaM
>>119
何の本を読んでいるんだ?
電気工学の本を読んで、死刑論議かや?

米国は、起訴された半分が無罪になる国だ。
だからこそ冤罪が大きな問題となっている。
起訴の99%が有罪になる日本にそのまま
持ち込める議論か?

122 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 21:40:37 ID:kRYOFUYm
>>116
アメリカの話じゃないんだよ、此処で話してるのは。
それも理解してないなら出てくるなよ。

123 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 21:53:20 ID:VJ0x3eaM
欧米白人様がやっていることは
何でも正しい、と思っているんじゃないのか。

124 :yurikoの姪@tomoko42851:2007/11/21(水) 22:26:41 ID:KTOx2Kai
>>123

そこなんですよ。
私も含めた欧米人は論理的思考に長けているのだよ。
あまり大きな声ではいえないのですが、こちらでの日本人に対する正直な評価は、
語学力がない、論理的思考に欠ける、同族意識が強すぎる等批判が絶えません。

死刑の議論に対しても説得力をまったく感じないのが現状です。
中学卒業レベルなのはよいとしても、もう少し世の中の現状を理解する姿勢が欲しいと思います。


125 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 22:35:41 ID:o7T8G8oV
悪いがこちらでのアメリカ人に対する正直な評価も
大した事は無いって事を知っといた方がいいよ。

ま、アメリカ人もピンキリいるんで平均的な、と付け加えておくわ。

126 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 23:00:23 ID:VJ0x3eaM
>>124
理論、理論という奴に限って、理論とは何か、ってことについて
調べたことも、考察したこともない奴が多いのだがね。
社会科学における理論ってのは、生じた事象に対する因果的説明に過ぎないんだがね。

それに、語学力って何よ?
日本語ができる米国人よりも、英語ができる日本人の方が遙かに多いと思うが。

それでは説得力のある死刑反対論を展開してみて下さいな。
おっと、今までのはあまり説得力があるとは思えないけどな。

127 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 23:03:41 ID:VJ0x3eaM
平均値で言えば、米国よりも日本の方がはるかに上だろう?
トップクラスは米国の方が上かも知れないけど。

128 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 23:08:23 ID:VJ0x3eaM
理論ってのはこんなものだから、理論から価値は生じないのだよ。
そこら辺りが解っていないようだ。

129 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 23:23:25 ID:o7T8G8oV
煽るにしても、もう少し日本の事勉強した方がいいね。
民族性の違いを能力の優劣だと思い込んでるところはかなり痛いし
その能力も欧米人が勝ってると勘違いしてるところは目も当てられんよ

130 :朝まで名無しさん:2007/11/21(水) 23:41:56 ID:DoPcEcoO
少なくともKTOx2Kaiは賢くないし、知性も低い。
論理的思考以前の以前の以前のレベルだな

131 :yurikoの姪 ◆IdzQGmyPUc :2007/11/22(木) 00:57:37 ID:qhjBOn+S
私も含めて英語で生活している人は、論理的な思考能力において優秀であることは
まちがいないのだよ。アフォ!

132 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 01:25:10 ID:JhYjzSnw
>>99
またもや死刑囚監獄内聖人化論か。で、あんたはこれで何を言いたいんだ?
「死刑が刑罰の役割を果たしていない(>>27)」ではないようだが。

>>121
>起訴の99%が有罪になる日本にそのまま持ち込める議論か?
50%と99%では五十歩百歩。1%が、いや一人でも無罪になるなら
冤罪死刑の可能性を考えない訳にはいかない。

133 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 01:26:20 ID:c1u4Ar5t
変なの湧いちゃったなあ
長文矢印より話にならない奴が居るとは…
おっかない世の中になったもんだ。
しばらく来ない方が良いな…

134 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 02:32:05 ID:0GE4RG5W
もはやどうでもいいが>>102はスルーか?



135 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 04:01:42 ID:O8K0RxGf
>>131
何かもうね、痛いを通り越して言葉が出んよ・・・
俺サバと同レベルだなwwww


私も含めて日本語で生活している人は、論理的な思考能力において優秀であることは
まちがいないのだよ。アフォ!
プププ

136 :sage:2007/11/22(木) 04:46:28 ID:R+oB/2/4
>冤罪死刑の可能性を考えない訳にはいかない。

その場合冤罪をなくす努力をすべきであって
なんで、死刑を廃止するって話になるのよ。

懲役刑だって罰金刑だって冤罪はあり得るんだぞ。
死刑は回復不可能だからっつーけど
実際、懲役10年くらってから冤罪ってわかったとして人生回復できるかよ

137 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 05:01:17 ID:nJEfOPMl
>>131
冤罪の可能性だけなら、財産刑も自由刑も同じだろう。
それこそ刑事法の存在そのものの否定だ。
死刑だけ特別だ、というのなら冤罪だけではなくて
さらに理論を付け加えなければならない。
あんたにはそれが無い。

どこが理論的だ?

138 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 05:05:44 ID:nJEfOPMl
米国に住んで英語を使えるのがよほど自慢らしい。
子供だって米国人なら、英語はぺらぺらだろうが。

139 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 05:27:42 ID:OOH2NNn9
>>131は釣りか?

140 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 07:35:24 ID:Ui9RmXzZ
>>127
>平均値で言えば、米国よりも日本の方がはるかに上だろう?
トップクラスは米国の方が上かも知れないけど。
→いや、アメリカの凄さがわかってないですよ。
最初に断っておきますが、個人的には、政策面、社会的矛盾、経済格差など、
アメリカは嫌いな面が多いですよ。
けれど、「機会が全ての人に開かれている」という点では徹底していて、
あらゆる人が社会的にも経済的にも成功しているのです。
詳しい資料は示しませんが、アメリカ大企業やベンチャー企業の半分以上が、一世の移民によって、設立されたものです。
言い換えれば、元々外国人だった彼等が、自分のアイデアを活かして、一獲千金を夢みて、
アメリカに渡って、成功を納めているのです。
日本でノーベル賞を受賞した人や将来、ノーベル賞を受賞する人は必ず、アメリカでの
研究経験ありです。最近のニュースでは、ステムセルの研究で日米の共同研究が注目を浴びています。
これからも、好き嫌いに拘わらず、アメリカが世界のあらゆる文化をリードしていくのは間違い無いでしょう。
ただ、これからは、中国とインドの勢いが増し、アメリカとの絆が深まるのは間違い無いでしょう。
日本がどういう役割を果たすかはわかりませんが、少なくとも、世界語となった英語も喋れないようでは、
それだけで「問題外」の烙印を押されるでしょう。

141 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 07:50:00 ID:Ui9RmXzZ
>>136
>実際、懲役10年くらってから冤罪ってわかったとして人生回復できるかよ
→冤罪死刑囚が少なくとも、日本では三人いましたよ。
彼等は、言ってみれば、死刑囚という人生を30年以上生きてきたのです。
最近では、富山で強姦冤罪で男性が、一年半刑務所に収容されたあと、釈放されました。
私が、疑うのは、それらの例のように、明らかな冤罪で、その疑いが晴れたケース以外にも、「冤罪の疑いあり」という例があると思うのです。
それらは、「司法の犯罪」よ呼ぶべきなのです。

142 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 07:59:23 ID:8SVvEGzy
>>140
そもそも君の言っている「冤罪論」も「受刑者聖人論」も「更生論」も
どれもこれも中途半端な理論じゃないかw

143 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 09:37:45 ID:eeviGRKz
>>142
>中途半端な理論
→小学校のとき、何かというと、
「ばーか」という男の子がいました。
実に鬱陶しかったです。
「ばーか」とかを口癖というか、枕詞で使っても意味ないのです。
何が、どう中途半端なのか具体的に言ってくれなくては、議論が発展しないのです。

144 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 11:04:25 ID:Vd3HHjh8
死刑は必要。

死刑反対論は訳がわからん。被害者ではなく犯罪者の方にしか目が向いてないじゃん。

是非とも死刑、もしくは仇討ちの復活を!

145 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 12:31:15 ID:eeviGRKz
>>144
>是非とも死刑、もしくは仇討ちの復活を!
→無責任ですね。
● 年間起きる、千四百件起こる殺人事件の内、死刑判決が下るのは、せいぜい
15,6件で、実際に執行されるのは、年間三件~六件でしょう。ふた桁になることは、
ありえないでしょう。鳩山さんに、そんな度胸はありません。
仇討ち制度が行われていた頃にしても、交通や通信手段の不備で、仇を見つけられなかったり、
見つけても、返り討ちにあったりするケースが殆どだったそうです。
近代市民憲法が成立し、法による司法権力の行使によって、より合理的に、国が個人に代わって、
仇を討つというのはあっていいかも知れません。
それなら、そこから、もう一歩進んで、「仇討ち」=殺すではなく、
あくまで国の手に仇の命を預けるという、法の支配がああ中心になるべきでしょう。
一旦、国に敵=犯罪者の命を預けたら、基本的には、被害者家族は口を挟むべきではないでしょ。


146 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 12:38:39 ID:MwjEGK1L
>>143

そいつの気持ちはよく分かるよ
いくら言っても聞く耳持たない、不利な質問はスルーじゃ
議論にはならないね

ばぁ〜か、って言われる意味を少し考えてみれば?


147 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 12:53:04 ID:8SVvEGzy
>>143
では徹底的にバカにしてあげよう。

まず「聖人論」。
死刑は罪に対する罰なので、聖人になったからと言って罪は消えません。

次に「冤罪論」。
冤罪でない場合についての説明できていません。

そして「更生論」。
再犯率が高すぎ。

さらにアメリカについて言えば、アメリカは国土が広いのでどこにでも
刑務所が作れますが、日本は国土が狭いのでやたらと刑務所が作れません。

現実からかけ離れた理論は、空理空論にしかなりません。


判りましたかね、おバカさんw

148 :yurikoの姪 ◆oUQvXpmpFE :2007/11/22(木) 15:18:20 ID:qhjBOn+S
皆さん、知的障害者の私を相手にしてくれてどうもありがとうございました。
それではさようなら。

149 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 16:33:10 ID:MwjEGK1L
はいはい、さようなら
早く入院して下さいね(^-^)ノシ


二度と現れない事を期待してますよ

150 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 17:52:43 ID:Vd3HHjh8
死刑反対論者の家族、友人が殺人被害者になればいいのに

151 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 21:52:05 ID:hwPVCpA9
さあ、皆さん 盛り上がってきましたよ!

長文矢印のyurikoさんと一緒に大いに死刑について語りましょうw

152 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 22:49:47 ID:JhYjzSnw
>>150
冤罪死刑になった者、なりかけた者の気持ちを考えてみてくれ。

153 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 23:36:52 ID:5FjMw7/d
こちらも荒れてますねw 長文矢印の効果でしょうかw

http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1192703946/

154 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 23:55:44 ID:1EGaVz/w
>>152
> 冤罪死刑になった者、なりかけた者の気持ちを考えてみてくれ。

誰も冤罪死刑がいいなんて言っていないよ・・・

車に40キロのスピードリミッターを付けたとしよう。
交通事故の死者は確かに減る。

おまえの主張は「交通事故死が減るから、40キロのスピードリミッター付けよう」というようなもの。

155 :朝まで名無しさん:2007/11/23(金) 00:00:22 ID:18hVu8ky
冤罪が怖いので、犯罪者を牢屋に入れるのをやめよう!

これに反対するやつは、冤罪になたやつの気持ちを考えてくれ

156 :朝まで名無しさん:2007/11/23(金) 00:56:29 ID:tV4FA/qN

さあみんな、長文矢印のyurikoさんとヒーバーしようぜ!



157 :朝まで名無しさん:2007/11/23(金) 15:29:52 ID:ztnj2SRj
>>156
yurikoさんとやらは都合の悪いレスは全てスルーするからね。
話にならないよ。

158 :朝まで名無しさん:2007/11/23(金) 15:55:44 ID:njG2umS1
>>154
>おまえの主張は「交通事故死が減るから、40キロのスピードリミッター付けよう」というようなもの。
→横レス失礼します。
ひどいこといいますね。
免田栄氏が再審無罪判決を受けたとき、当時、参議院議院だった立川談志が
「あいつやってんだろ」などといって、顰蹙を買いました。あなたも、そのくちですね。
確かに、本気で交通事故を減らそうと社会全体が決意するなら、せめてスピードメータの最大限は
時速80キロにするべきでしょう。
それにしても、かつては、10000人の交通事故死者が居たのですから、事態は向上しているのでしょう。
ここは、ガソリンの値段も上がっているのですから、せめて最高速度を80キロにするのは、いい提案です。
同様に、「冤罪死刑」の可能性をゼロにするという目的で死刑制度を廃止してもいいでしょ。
イギリスでは実際に、明らかな冤罪死刑が起きてしまい、それが死刑制度を廃止に繋がりました。

159 :朝まで名無しさん:2007/11/23(金) 16:22:21 ID:5nOi4Pow
また冤罪かよ。知能遅れの障害者か

160 :朝まで名無しさん:2007/11/23(金) 16:42:22 ID:njG2umS1
>>153のスレから
>冤罪で死刑になる確率よりも、死刑相当の犯罪の被害者になる確率の>方が、圧倒的に高いので
>冤罪を理由にする廃止論には、まったく同意できない
→こいつは、肝心なところで、論点のすりかえをしているわね(笑)
二点1 死刑制度が犯罪予防となっている 2 一人、二人の犠牲者は全体の利益のためにヤムをえない
まず1だが、これは、迷信に過ぎない。常識でわかりそうなものだ。
だいたい、「かっとなって人殺しをした」とか「酔っぱらってとか覚醒剤中毒で人を殺した」場合は、死刑にはならない。死刑になる為には、三人以上殺すとか、身代金目的で誘拐の末、焼き殺したり、生き埋めにしたりして、死刑になる。
逆に、それで却って、死刑にならんがために、大量殺人が起きることもある。拡大自殺という。
確かに、冤罪死刑が起こる可能性は限り無くゼロに'近いだろう。
しかし、近年に起きた富山強姦冤罪事件や鹿児島県選挙違反冤罪事件など、「まさが、平成の世になっても、こんなバカなことが起きたのか」という感想を持った人もいただろう。
これらの事件の真相は、完全な捏ち上げだった。それなら、「怪しきは被告人の利益に」どころか「怪しきは、とりあえず有罪に」された
ケースもあるような気がする。
まして、これが死刑冤罪だったら、「死人に口無し」ではすまない。
民主主義で最も重要な精神の一つは、少数意見の尊重、すなわち、個人の尊厳だ。言い換えれば、
「自分が冤罪死刑になったら」と一人ひとりが考えなければならない。



161 :朝まで名無しさん:2007/11/23(金) 17:16:02 ID:5nOi4Pow
>>160

yurikoがまず冤罪死刑になれよw

162 :朝まで名無しさん:2007/11/23(金) 18:09:58 ID:8JBwdRpD
なんか都合良く社会の責任を使ってる気がする

163 :朝まで名無しさん:2007/11/23(金) 19:18:53 ID:5CQvmfH6
>>145
>一旦、国に敵=犯罪者の命を預けたら、基本的には、被害者家族は口を挟むべきではないでしょ。
→スレ違いになるかもしれませんが、
そういう意味で、光子母子暴行殺害事件の被告になった少年の死刑は、一時的でも中止に
するべきではないでしょうか?
そもそも少年が逮捕されたのは18才になったばかりのときで、あの神戸の首無し殺人事件の
犯人の少年と三才しか違わなかった。矯正教育の可能性を当局は考えなかったのか?
現在の裁判では大抵、裁判長が公判の最後に遺族に「被告にどんな判決を望みますか」と
聞くのが慣例となっている。
遺族者感情ということで世間体が気になるだろう。「死刑を望みます」と答えるしかない。
ここで「被告はまだ若い。寛大な判決を望みます」と言ったら、私は、生涯、本村さんを尊敬し続けるだろう。
でも、そもそも、国が下すかもしれない、死刑判決に遺族者感情が反映するのはいかがなものか。
死刑存廃論議の前に死刑の絶対基準があるべきだろう。最高裁永山判決が一応の参考にはなる。といっても、
私は、永山判決が正しかったと思っているわけではない。
過去の判例からみて、この裁判は、あらゆる面でボーダーラインだ。
私が裁判官だったら、「取り敢えず死刑。ただし、今後五年間観察処分として、拘置所内で、更生教育
を受けさせ、更生したら減刑。」とする。

164 :朝まで名無しさん:2007/11/23(金) 19:22:08 ID:5CQvmfH6
私が裁判官だったら、「取り敢えず死刑。ただし、今後五年間観察処分として、拘置所内で、更生教育
を受けさせ、更生したら減刑。」とする。


165 :朝まで名無しさん:2007/11/23(金) 19:32:26 ID:8JBwdRpD
>>164
意味不明な連投は止めないか?
ただの嫌がらせじゃないか。

166 :朝まで名無しさん:2007/11/23(金) 21:35:22 ID:K9OB4rxb
私が裁判官だったら、「即座に死刑。最高裁法廷に死刑設備を常備。」とする。

167 :朝まで名無しさん:2007/11/23(金) 21:42:45 ID:K9OB4rxb
と、茶化すのは簡単だが、ちょっと置いといて。
なぜ死刑廃止論者は、この様な根拠薄弱な状況で
死刑廃止を呟き続けるのか?
まったくもって意外である。もっと整然とした廃止根拠を
提示できない限り、2chにおいてすらリソースの無駄と
言わねばならない。

168 :朝まで名無しさん:2007/11/23(金) 22:41:18 ID:EYXLQnBu
>>165

yurikoはまともな会話すらできない。知的障害者なのです。
都合の良い部分だけを引用して、妄想を書き込む。
都合の悪い指摘をされると平気で無視して、次の長文を書き込む。
さらに都合の悪い指摘をされると数日間書き込みを止めて、
ホトボリが冷めた頃にまた妄想を書き込む。

重度の身体障害者とやりとりしているようなもの。


169 :yuriko:2007/11/24(土) 00:20:20 ID:L5PFfDH+
私は交通事故と脳腫瘍によって、脳に障害を抱えてしまったのだよ。
謂わば社会的弱者だ。
このような人間が差別される世の中は間違っている。
だから、お前ら、私を丁寧に扱いなさい。

170 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 00:43:47 ID:1gvaWynT
2ヶ月ぶりに覗いたのに全然変わってないな

171 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 01:12:12 ID:wucIIFsG
だいたい、ポンポン殺すから死刑なんて刑罰が罰にならないんだ。

精神がおかしくなる一歩手前の苦痛を2ヶ月間毎日与えながら殺す、とかじゃないと
ほんとの意味での死刑にはならん、と思うのだがな。

その間に宅間だろうが、福田だろうが、真実を語るだろ。


172 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 02:28:17 ID:NIN+Z1PG
俺は死刑制度には断固反対する。
人権的に許されざる罰だ。


よく代替案を聞かれるが、一例を挙げるだけでも容易である。
当然罰自体は必要であるので死刑相当囚用の刑務所を用意する。
税が使われる事を非難する人もいるので、土地建設費を抑えるため
できれば絶海の離島、または北海道原野の極寒地がいいだろう。
食料費を抑えるため完全自給自足、管理費を抑えるため基本的に何も関与しない。
もちろん出所はあり得ない。完全終身刑とする。
経費節約のためその他の施設は作らない。

これで死刑を廃止し、税のムダ遣いも最小限に抑えられる。
中で殺し合いしようが病死しようが、それは囚人の自由。
償いたい人は思う存分生きて償ってくれ。死んでもらっても自殺なら一向に構わん。



死刑を廃止し経費を抑え、「被害者」の人権に最大限配慮した案だ。
囚人の人権?死刑相当囚は死人と同じ、人権などそもそも存在しない。

173 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 02:47:39 ID:GO0D1fM9
>>162
>都合良く社会の責任を使ってる
→もっと、具体的にお願いします。

174 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 02:47:52 ID:rqQ5ao3j
>>172
それってただの自給自足生活じゃん

175 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 03:34:34 ID:NIN+Z1PG
>>174
カネをかけずに社会と断絶するにはいい案だと思ったんだがなw

まぁ人間が1年に消費する食料の量から考えれば
餓死率100%なのは言うまでも無いwwwww

176 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 04:36:44 ID:x75wO2vg
172
人権的に許されざると言っておきながら、最後に人権など存在しないってどいうこと?

177 :yuriko:2007/11/24(土) 05:58:04 ID:L5PFfDH+
実を言いますと、私はもう2ちゃんに書き込みはしたくないのだよ。
しかし、お前たちが私にレスするから、書き込まざるを得ないのだ。
頼むから、もう私にレスするのは止めてくれ。
私は何か仕事を探して働かなければならないと思っている。
にもかかわらず、職探しの時間を作れないのは、お前たちの責任だ。
場合によっては死刑を求刑するぞ。

178 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 06:58:48 ID:ydkQBK1x
>>177
あははは〜
似てる似てる
ソックリだよ〜

179 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 07:16:08 ID:2ifu/zMN
>>171
通常囚人に与えるのは教育であって罰ではない
ほんで真実語るかどうかってのはもう意味不明の妄言だ罠
追い込んだら嘘でもなんでも認めるだけで真実なんて言うわけが無い
>>172
それで独立国になっちゃった例があったような

180 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 08:15:26 ID:NIN+Z1PG
>>176
人権っつーとすぐ囚人の人権と思うやつが多いな
被害者の人権を蹂躙する体たらくな死刑制度など廃止だと言ったんだ。
安楽死に近い死刑より孤島での餓死か極北での凍死あたりがふさわしいつったんだよ。

181 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 08:25:55 ID:wucIIFsG
>>179
うぉい。更正可能性が無いから死刑なんだけど?
やったかどうかは既に確定してるわけで。
いや、まぁ別に拷問でも教育でも正直どっちゃでもいいんだ。

すぐに殺すのは良く無いってだけでね。
反省して殺されようと、命乞いをしながら殺されようとそれはまた別。
ま、死刑囚も色々なんだろうから、一緒くたには出来んのだろうが。

判決時に5年後の何月何日に執行します、とか決めちゃえばどうだ?
冤罪も軽減するぞ。





182 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 10:07:06 ID:uKC3mpOn
|.-──-、
| : : : : : : : : \
|: : : : : : : : : : : ヽ
|-…-…-ミ: : : : :',
| '⌒'  '⌒' i: : : : :} .。oO(随分頑張ってるな→さん)
|(●),(●) |: : : : :)
| ,,ノ(、_, )ヽ、,,|:: : : :;!
| `-=ニ=- ' | : : :ノ
|!  `ニニ´ イゞ‐′ 
| ` ー一'´丿 \

183 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 19:49:56 ID:m1tZBmRt
|.-──-、
| : : : : : : : : \
|: : : : : : : : : : : ヽ
|-…-…-ミ: : : : :',
| '⌒'  '⌒' i: : : : :} .。oO(随分貧しいんだろうなーyurikoさん)
|(●),(●) |: : : : :)
| ,,ノ(、_, )ヽ、,,|:: : : :;!
| `-=ニ=- ' | : : :ノ
|!  `ニニ´ イゞ‐′ 
| ` ー一'´丿 \



184 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 20:02:16 ID:m1tZBmRt
|.-──-、
| : : : : : : : : \
|: : : : : : : : : : : ヽ
|-…-…-ミ: : : : :',
| '⌒'  '⌒' i: : : : :} .。oO(発想(考え方)がpoor出身だもんな〜yurikoさん)
|(●),(●) |: : : : :)
| ,,ノ(、_, )ヽ、,,|:: : : :;!
| `-=ニ=- ' | : : :ノ
|!  `ニニ´ イゞ‐′ 
| ` ー一'´丿 \





185 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 20:03:19 ID:m1tZBmRt
|.-──-、
| : : : : : : : : \
|: : : : : : : : : : : ヽ
|-…-…-ミ: : : : :',
| '⌒'  '⌒' i: : : : :} .。oO(ベイエリアでハンバーガーでも食べて落ち着いてね、yurikoさん)
|(●),(●) |: : : : :)
| ,,ノ(、_, )ヽ、,,|:: : : :;!
| `-=ニ=- ' | : : :ノ
|!  `ニニ´ イゞ‐′ 
| ` ー一'´丿 \





186 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 21:05:31 ID:ddCl4pCj
|.-──-、
| : : : : : : : : \
|: : : : : : : : : : : ヽ
|-…-…-ミ: : : : :',
| '⌒'  '⌒' i: : : : :} .。oO(自分が死刑になるのがこわいんだろうな、yurikoさん)
|(●),(●) |: : : : :)
| ,,ノ(、_, )ヽ、,,|:: : : :;!
| `-=ニ=- ' | : : :ノ
|!  `ニニ´ イゞ‐′ 
| ` ー一'´丿 \







187 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 00:14:33 ID:3pygaN8G
|.-──-、
| : : : : : : : : \
|: : : : : : : : : : : ヽ
|-…-…-ミ: : : : :',
| '⌒'  '⌒' i: : : : :} .。oO(そろそろ切り詰めて行かないとおせち買えないよ、yurikoさん)
|(●),(●) |: : : : :)
| ,,ノ(、_, )ヽ、,,|:: : : :;!
| `-=ニ=- ' | : : :ノ
|!  `ニニ´ イゞ‐′ 
| ` ー一'´丿 \



188 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 00:37:29 ID://+YNWlJ
ストップ

189 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 01:58:17 ID:XdCb62Ol
>>181
>判決時に5年後の何月何日に執行します、とか決めちゃえばどうだ?
冤罪も軽減するぞ。
→それはいかがなものでしょうか?
日本国憲法で明文化されている人権の中で最も重要なのが、
公平な裁判を受ける権利です。
言い換えれば、「どんな人間の言い分でも、一応聞こうというものです」
そうすると、確かに悪用しようとするものも現れるでしょう。
場合によっては、殺人犯とされた人間は、被害者の親族より二十年、三十年長生きすることもあり、
天寿を全うすることもあります。
「怪しいけれど、絶対的という証拠がない」からなのです。
果たして、これで正義が実現しているといえるでしょうか?
それだけ死刑執行には慎重を期しているという見方も可能ですが、
現在、全国の拘置所や刑務所に108人の確定囚がいることを考えれば、
もっと効率的に罪を償う方法があってもいいように思います。


190 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 02:29:54 ID:CZykCOkl
>>189
で??

認めてくれてるのはいいが、何を反論したいんだ?
冤罪が減るのは死刑執行までの猶予期間に再審請求をすればいいからだ。



191 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 11:42:53 ID:u4EOYFI1
>>190
だから一レスの中でも整合性の取れないことを書く奴なんだから相手にスンナw
コイツは書いてる途中で思いついたことを書くだけで、自分が何を主張したいか自分でもわかってないんだよ。

192 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 11:57:25 ID:3pygaN8G
というか、リアルの脳障害者だから・・・。
相手にしちゃだめ!

193 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 12:11:59 ID:CZykCOkl
>>191,192
すまん。
そうなのか。

194 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 12:54:30 ID:u4EOYFI1
>>193
コイツがいるせいで誰もまともな死刑廃止論者が出てこない。
廃止論者にまともな人がいるかは別の話だけど。
俺が廃止論者ならこういう奴が死刑廃止を妨害していると思うだろうな。

195 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 17:46:47 ID:Ap8RDERC
>>194
おいおい、知らんのか?コイツは死刑論者だよw
廃止論者を装って無謀な書込みで反感を買って
廃止論を貶める工作員だって。

みんな知ってて釣られてんだから、あんまりそこに突っ込んでやるなよw

196 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 21:00:41 ID:7ef9cGzI
え、そうなの、yurikoって存置論者なの?w

結構、アタマいいじゃん、長文矢印君w

197 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 23:53:14 ID:dKTrjfY8
冤罪死刑が問題っつーけど、それは死刑が否定される理由にならんと思うが。

たとえば絶対的終身刑が導入されて、40歳の奴が服役したら死ぬまで平均40年とする。
40年も疑いを晴らす猶予があるが、死刑の場合は10年しかない。
でもさ、10年でダメだったら40年でもダメなんじゃないか?普通。
確率的には終身刑の冤罪食らったら、もうオシマイと言っても良い。



198 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 01:44:21 ID:COu9srxs

詐欺師政治屋、汚職公務員、うじ虫天下りは

死刑にする法律を作れ

抑止効果がないと血税が食いつぶされる

199 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 04:33:00 ID:k3mVb/3J
>>167
根拠はすでに出尽くしているのではないのかと思うが、念のため
俺の(冤罪死刑があり得ることを根拠にする)死刑廃止論の詳細を
書いておく。

1 冤罪死刑は、死刑にされるような犯罪者と言う汚名、不名誉を、
 公に着せられて殺されるという、ある意味残虐な殺人。

2 冤罪死刑という殺人の主体は国家、国民、つまり我々。他の殺人は
 防ごうとしているが防ぎきれなくて起こってしまうものであり、冤罪死刑
 としての殺人と他の殺人を同列に扱うわけにはいかない。

3 冤罪死刑が起こるということは、死刑にされるような犯罪の真犯人が、
 他の冤罪の場合以上のノーマークで野放しになるということ。

4 明らかに冤罪ではあり得ない場合に限って死刑があり得るように
 すればいい、という主張がある。
 しかし冤罪ではあり得ないケースとあり得るケースに明確な境界はない。
 冤罪ではあり得ないと思われる場合に限って死刑をしていっても、
 いつかは冤罪死刑が現実になってしまうだろう。
 冤罪死刑を一件も無いようにするためには、死刑を廃止するしか無い。

200 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 05:27:03 ID:x3Xh6kjC
とりあえず3は明らかにオカシイ点を指摘しとく

それは死刑と何ら関係ないね
懲役だろうが禁固だろうが同じだろ?


冤罪自体と冤罪死刑は似てて非なるものだ

で、どうするんだ?
冤罪怖いから殺人には罰金刑にでもするか?

201 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 06:15:11 ID:oaesQRme
>>199
>しかし冤罪ではあり得ないケースとあり得るケースに明確な境界はない。

ハイハイそれよくある口答えだけど、思いっきり自分の首絞めてるよ。

そこまで人間の認識力を疑うのなら、君はまずその自分の理屈を疑わなければならない。
そして死刑に冤罪をかけないために廃止論を廃止するしかない。
要するに君は、ここでそんな理屈こねてる時点で、自分の理屈の間違いを完全に証明し終えている。

まあ君が神様か何か人間の上位の存在であるなら別だがね。
残念ながら個人でしかない君の信用性は、現代の日本の司法や警察とは比較しようがないほど劣るんだ。

202 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 07:27:56 ID:oaesQRme
>>199
・1について
 死刑でなければ必ず冤罪が晴れるというわけではない。
 汚名、不名誉を公に着せられ、死ぬまで監禁されるのが残虐ではないという奴がいるのなら、
 そんな無神経な偽善者に、残虐性を理由にした死刑廃止を語る資格は無い。

・2について
 1と同様の欠点に加えて、できる事をやらないで人が死んだ場合には、
 何もやらなかった責任が発生することが無視されている。
 死刑廃止で生き延びた死刑相当の凶悪犯 による再犯の犠牲は、仕方ないのではなく、
 やはり国民、つまり我々の責任になる。
 この視点の欠落も、偽善者の無神経ゆえといわざるを得ない。

3について
 死刑でなければ必ず冤罪が晴れるというわけではない。
 死刑がなくなっても、人がその分軽い罪までしか犯さなくなるわけでもない。
 だから全く根拠になっていない。

4について
 >>201参照

加えていうと、>>199のように考えている裁判関係者は、もし死刑がなくなったら今より多少気が楽になって、
相対的に仕事に対する慎重さ、真剣さが減退する可能性がある。
つまり>>199の言う通りだとすると、冤罪を恐れるあまり、冤罪自体を増やしてしまう可能性が高い。

203 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 07:34:55 ID:S0Ftl479
このスレだけでも、冤罪が死刑廃止の根拠にならない理由が
たくさん書かれてるわけだが
いくら書いても無駄なようだな

204 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 07:55:01 ID:oaesQRme
まあ警察が当たり前のように買収に応じるとか、
思想犯がホイホイ死刑になるような国ならまだ通用するんだろうけどな>冤罪理由

もっとも、そんな国は例え死刑廃止してても、国を良くしようとかそういう理由じゃなくて
単に死刑廃止国という免罪符が欲しいだけなのがあからさまだし、
ほとんど国民の足しにはならないけどな。

205 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 15:25:41 ID:1xgvyKdy
冤罪を理由にするのは、199みたいな「それ痴漢冤罪にも言えるじゃん」というのじゃなくて、
冤罪判明後の回復度合いだと思う。死刑は0だから他の刑罰と比較すると不利なので、
その観点に限れば、死刑より終身刑その他のほうが良い。
もちろん終身刑だって事後的に冤罪被害を完全に回復できるわけじゃないけど、比較の話で。

206 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 15:58:03 ID:oaesQRme
>>205
だからその理屈は比較になってないんだよ。

・死刑をなくしたって冤罪が晴れずに死んでいく人が激減するわけじゃない。
・死刑廃止国でも、何十年も監禁されて死ぬのは、死刑より残酷だとすら言われている。
・「絞首じゃなくて監禁致死なら、殺してないから責任が軽いよ」などと考えるなら、それはあまりに無神経。

つまり、本当に冤罪の犠牲者のことを考えてるなら、
死刑だけじゃなくて長期拘束する刑もすべて反対しなければ筋が通らない。
高齢の犯人の場合、拘束そのものが許されない場合だってある。

それを死刑だけ目の仇にすると言うことは、
単に「死刑という行為そのものが気に入らないだけ」ということか、
実際の効果とは不釣合いに「何かいい事をしてる気分になっているだけ」に過ぎない。

207 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 16:01:36 ID:PfJRuNaH
冤罪ねぇ、
まぁ、ちょっと話は違うかもしれないけど、それを承知で言わせて貰えば、
人間は完璧じゃない。
医者だって患者取り違えて過失を犯す。だからといって外科手術廃止せよ、とは誰も言わない。
事故みたいなもんは完璧に防げない。不断の努力あるのみ。
疑わしきは罰せず。
不幸にも死刑執行後に冤罪と証明されたら、賠償金積んで諦めてもらうしかない。
理不尽だが「交通事故に遭ったようなもん」だと思って諦めてもらうしかない。




208 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 16:55:18 ID:M727iduV
>>207
そのコストは誰が負担するんだって話。
今は執行刑務官や裁判官、検察にのみ負担がかかるような構造になっとりますな。



209 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 17:29:01 ID:8m4cITv0
>>199
国家に完璧を求めてる時点でダメだね。

国家ってのは集合体だから、完璧じゃなくていいんだよ。
一部が死んでも、全体が生き残れば良い。国民は細胞に過ぎないのだから。
そこで問題になってくるのが「割合」。
日本は治安悪くなったっつーけど、世界的にはまだ高水準のスペックだ。

少なくとも死刑廃止して犯罪が増えることがあっても、減ることはないと思う。
外国の調査じゃその根拠は無いっつけど、日本人の性格を考えればわかるだろう。
やたら死刑に過剰反応&恐れているし、抑止力はあると思う。


210 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 20:03:35 ID:lKJ/Pfrg
で、yurikoはいま、日本のどこに住んでるの?
会いにいって、一発殴って死刑にしたいんだけれど。

211 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 21:08:23 ID:Yl0RMysQ
>>210

yurikoは、体格のいい、髭をはやしたメガネの凶暴男性だから、

逆に殴られて、ボコボコにされると思うよw

212 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 23:09:19 ID:cpY6NNmB
何ヶ月かにわたって読了するつもりだったのだが、
昨日、郷田ラモラ作「モリのアサガオ」七巻読了しました。
さすがに、最後の巻の中心テーマは、「冤罪死刑の可能性がある限りは死刑制度廃止するべき」
だけれども「死刑制度は必要」というものだった。
最大公約的な凡庸な結論という感は否めなかったが、新しい視点も示していた。
すなわち、1 死刑判決を受けた者にしても、少なくとも三種類に分けるべき
a 冤罪の可能性が僅かでもあり、再審請求をし続ける者→一般の刑法犯扱い
b 死刑判決を受けて深く反省と悔悟の情を示している者には、少なくとも、処刑の数日前に
に知らせ、遺言を書く余裕を与えたり、家族とのお別れ会を持たせる
c 最期まで反省しない死刑囚も決して見捨てることなく、教悔師を通じて、その犯した罪の大きさを自覚させ、
安らかに処刑される。死刑執行に本人が同意しない限り、生命は決して奪われない

213 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 23:32:26 ID:cpY6NNmB
郷田ラモラ氏の力作には感動したが、さすがに設定に無理があり、
現状にそぐわない部分もあったように思える。
日本の死刑制度の最大の問題点は、やはり冤罪死刑と量刑だと思う。
日本で毎年起こる殺人事件の数は、約1400件弱。その内で死刑判決を受けるのは、十数件。
死刑に値する罪とは、刑訴法で定めてある基準の他に 1 殺人の数
(一人ではならず、二人はボーダーライン)2 被害者が女子供で無抵抗(奈良の小林 薫は一人の幼女を殺害)3 身代金略取 拷問の末殺害 4 加害者が自首をした上、反省 悔悟の情が強い
(尾上某は200件の放火、五人焼死 40人の幼女強姦で無期懲役)5 加害者の年齢が犯行時、18才に達していない場合、死刑にできない
上に挙げた「死刑の基準」は、死刑制度廃止の国際世論の中で、ぎりぎりのところだと思う。

214 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 00:35:20 ID:V1RWzfAD
「モリのアサガオ」では、元々犯人が、ある一家を逆恨みから待ち伏せにして、二人の大人と、その息子を傷つけ(殺人未遂)たにも拘わらず、12年の有期刑しか受けなかった。
その男に対して、少年が出所を待って復讐(殺害)するのだが、
その男の娘を巻き添えに殺してしまい、そのことで死刑判決を受けてしまう。
確かに、こういう場合、判事が死刑を選択するかどうかは、ぎりぎりのところだろう。
しかし、元々、一家を逆恨みにして二人の大人を殺害し、一人の子供に殺人未遂をした男が有期刑というのはありえないし、そんな不幸な境遇の子供が長じて、復讐したことに情状が考慮されないことはありえない。
確かに、かつて日本では、少なくとも年間30もあった死刑執行が行われていたから、郷田ラモラが描いたマンガのような出来事もあったかも知れない。
例えば、麻原彰光が心から反省し、自分の罪を悔いた場合、
どう処遇すれば、被害者家族は納得すのだろうか?
こういう場合、死刑が犯罪予防になるどころか、狂信者に、「麻原は殉教者」の御墨付きを与えることになりかねない。
「死刑は復讐の悪循環を断つ有効な手段」という郷田の主張には納得できない。

215 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 01:02:41 ID:F8AZHKM1
>>214
最初の犯人を死刑にすれば復讐を防げたのに?

216 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 02:05:46 ID:69K4KFvz
死刑反対の人は、親族が残虐にネチネチ殺されたとしても反対と言えるのかなぁ。
それを聞きたい。
自分は死刑肯定派だけどどうしても感情で判断してしまう。何故か被害者側にいるような
感覚で光市母子殺害事件とか見ちゃうんだよねえ。
何か遠〜くから冷めた目で判断できたらいいんだけど。
はっきり言って答えはでないね。仇討ちが許されれば当人同士でやってください
ってそれで片付くんだけどね。

217 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 02:29:55 ID:HWMGWp0+
>麻原彰光が心から反省し、自分の罪を悔いた場合、
>どう処遇すれば、被害者家族は納得すのだろうか?

心から反省しているかってのはどう判断する。
それに、光市母子殺害事件の遺族は言っていた。
「(犯人の彼が心から反省したとして、でも)その上で死んでほしい」
言葉そのままの意味だろうし、被害者は加害者の反省などはなから信用していないのかもしれない。
いや、自分だったら信用しないな…。
現行法上に死刑がある限り遺族は死刑判決を望みそう。
あ、だから死刑反対なのか。

遺族が納得するかどうかと、犯罪予防が関連あるの?
神格化された教祖に殉死する自爆テロが誘発されそうだとか?そんな極端な。

218 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 03:41:19 ID:V1RWzfAD
>>209
>やたら死刑に過剰反応&恐れているし、抑止力はあると思う。
→抑止力って、何の犯罪に対してですか?
日本で死刑になるためには、一人殺しただけでは駄目ですね。
二人だと、心神耗弱が認められれば、強制入院で治療ということでしょう。
上に挙げたのは、あくまで目安ですが、普通、死刑にないたければ、三人以上
殺さないと死刑にはなりにくいですね。
そうすると、死刑制度が却って、大量殺人のための動機となって0しまいます。
かつて日本では、年間平均30くらいの死刑が行われていました。
それは、それだけ犯罪が多かったせいなのか、その効果があったお陰で、犯罪総数が減ったのか、
原因と結果は容易に解明できません。すべて結果論です。
ただ、確実にいえるのは、社会全体が豊かになり、教育環境が整うと、全体の
犯罪発生件数も減るということです。
防犯こそが、凶悪犯罪に立ち向かう最も有効な手段であって、厳罰主義ではないのです。

219 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 03:57:50 ID:V1RWzfAD
>>217
>「(犯人の彼が心から反省したとして、でも)その上で死んでほしい」
言葉そのままの意味だろうし、被害者は加害者の反省などはなから信用していないのかもしれない。
→最近、ストーカー警官が女性を殺害した上で、自殺しました。
被害者の両親は、ストカー警官に支給された退職金の受け取りを拒否しました。「如何なる形でも拘わりを持って欲しく無い」というものだったのでしょう。
死んだ人が二度と帰って来ない以上、それが最も賢い態度 ではないでしょうか?
加害者を死刑にするということは、言わば、加害者と屍を並べるだけで、それこそ加害者の思う壷ということもあると思います。
反省の言葉を信じたく無いし、受け入れたくない、という気持ちもわかります。しかし、被害者家族の中には、それがせめてもの慰めになる場合もありますし、人生の再出発ということにもなるのです。

220 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 05:15:51 ID:baVNurML
>>218
窃盗が死刑だとしても窃盗をためらうやつは現れないと言いたいのか?
人を殺す時それが死刑に繋がると思い傷害にとどまった事件が
1つも無いと確信でもあるのか?
1人でも躊躇したのなら立派な抑止力だ

>>219
関わりを持ちたくない事と死刑を望まない事は無関係
金を受け取らず謝罪も認めない上に
死んで欲しいと望む事に何ら矛盾は無い


あのさー、あんたちょっと何でも自分の都合良く考えすぎ
よほどいい人か頭のネジが緩んでるかどっちかだよ

221 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 05:44:10 ID:HWMGWp0+
そこは各々の考え方による。
被害者の感情の慰撫如何なんて、規範付けがあやふやにしかできなさそうなことを、どう議論しても着地させようがないでしょう。

死刑は、病気や怪我への外科的手術による処置と同じだと考えてる。
内臓疾患や、外傷、骨折等、患部は様々あれど、
現代医学の、内科的治療では効果が見込めない重症ケース。
だから確実な処置を望むなら切るべきだ、という。

いいじゃないか。どんな凶悪犯も公平に死ぬ。
死んで牢は一つ開き、刑は終わる。
それで遺族は納得すればいい。

222 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 08:52:23 ID:97RFTN+Z
だからさー深く考えないで
同じ方法で死刑にすればいいじゃない

メッタ刺しで殺人を犯した人には、メッタ刺しの刑
首絞めて殺人した人は、首絞めの刑

しかし執行人の人は嫌だろうな・・・w
う〜ん、そうだ
執行人は死刑囚の人にやらせる
これでOKだ

223 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 12:20:21 ID:cvtXN3pT
死刑執行人など使わずに、死刑囚自ら縄に首をかけ、台から飛び降りるように
させればいいと思う。


224 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 13:03:24 ID:NBvPtD9A
100人を超える死刑囚が今、日本にいるわけだが、
このすべての死刑囚を1日でALL処刑してもいいわけなんだよね
これを実行すると人件団体が非人道的などとバカ騒ぎするわけだが
死刑が確定しているので法的にはなにも問題はない


225 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 14:24:32 ID:M488uuVp
>>220
犯罪学用語に「拡大自殺」があります。
宅間守のやったことです。
確実に死刑になりたいという動機から、大量殺人をする場合がああります。
宅間は、後で、「幼稚園だったらもっと沢山殺せた」とか「死ぬことにびっびっていない」
などと嘯いていました。
検察官もそれに垂せられて、「死刑を求刑するのに、全く躊躇しないケ-スなどと
述べました。
人一人殺しただけでは、普通死刑になりません。
二人殺して、無期懲役。仮出獄中に新たに人殺しをして、死刑判決。
すぐに執行されるわけではなく、平均で8年。もし、拘置所で被害者に謝罪の手紙をだしたり、
態度がよければ、20年くらい執行されないこともあります。
心神耗弱が認められれば、執行中止です。元ボクサ-で確定囚の袴田氏は、
冤罪の可能性が高いにも拘わらず、自白が有力な証拠となり(またかよ)再審が
否定され続けています。本人の拘禁ノイロ-ゼが進んでるせいで、恐らく「心神耗弱」
で死刑はされないでしょう。袴田氏は40年にも渡って、拘禁されていて、死刑の時効は無論、
常識的にも、人権侵害の典型的ケ-スだ。帝銀事件で平沢氏が獄死してほくそ笑んだ当局だが、
同じ過ちを繰り返してはならない。

226 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 14:27:36 ID:M488uuVp
袴田氏は40年にも渡って、拘禁されていて、死刑の時効は無論、
常識的にも、人権侵害の典型的ケ-スだ。帝銀事件で平沢氏が獄死してほくそ笑んだ当局だが、
同じ過ちを繰り返してはならない。

227 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 14:28:34 ID:M488uuVp
袴田氏は40年にも渡って、拘禁されていて、死刑の時効は無論、
常識的にも、人権侵害の典型的ケ-スだ。帝銀事件で平沢氏が獄死してほくそ笑んだ当局だが、
同じ過ちを繰り返してはならない。

228 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 15:16:05 ID:baVNurML
いつの時代の話をしている?

なら当時は死刑は廃止されるべきだったが現代では必要だ

死刑が無ければ宅間は犯行をしなかったのか?
そもそも宅間のようなごく希な一例をもって
死刑論全般を議論すべきではない


229 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 15:24:14 ID:M488uuVp
鳩山法相が誠実な人間だたったら、
すなわち、もし、自分の言葉に誠実なら、来月は死刑執行が確実に行われるだろう。現在 確定囚の数は、109人。
ここで一体誰が死刑になれるか、予想したいと思う。
私の予想では、やはり三人で、
1 牧野正 福岡拘置所 北九州母娘殺人事件(1990年)
無期懲役 仮出獄中の事件
2 猪熊武夫 東京拘置所 山中湖連続殺人事件 (1984年)
澤地和夫 の共犯
3 萬谷義幸 大阪拘置所 短大生強盗殺人事件 (1988年)
無期懲役 仮出獄中の事件

230 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 15:34:52 ID:IcFj1Sod
>>225
宅間のアレを拡大自殺だと断定してよいなら、
死刑になるのが嫌だと言って自首したり自白した人間がいる事を
死刑の抑止力として断定してよい。

この場合、拡大自殺に死刑を利用した人間より、死刑によって殺人をやめた人間の方が多いので
死刑廃止してはいけないことになる事が確定する。

自滅乙

231 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 15:35:16 ID:rd5DqfYl
>>227
連投はやめろ
それに繰り返すほどの中身無いし

232 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 16:25:37 ID:cvtXN3pT
>>231
この長文矢印の馬鹿野郎って本当に学習能力ないよね。
どうして何度も同じ文章を書き込むんだろうね?
毎度毎度だぜ。
脳障害者らしいんだけど、笑えないほど深刻な脳障害だね。
はっきり言ってかなり気持ち悪い。

233 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 16:28:47 ID:M488uuVp
>>230
>死刑廃止してはいけないことになる事が確定する。
自滅乙
→アフォやね。
死刑に値するような大事件を起こしてからS、自首ああしたり自白したって意味だろ。ないだろ
そういうえば、そういう野郎がいたよな。
放火殺人で5人焼き殺した上、40人以上の幼女を強姦した、尾形某とかいう奴な。
ああいうのは、万が一、仮出獄したら、即日リンチ殺人されると思うね。
特殊といえば、そちらの方が超特殊だよ。
一方、拡大自殺の方は、古今東西例に暇が無い。何年か毎に世界のどこかで起きている。
犯罪者の心理を読み解くのは難しい。彼等には彼等しか通じない屁理屈で人殺しをするからだ。
それでも、「なにをどうやっても生きて償わせる」と全国民の意志で臨めば、拡大自殺志願者の数は確実に減る
と思うし、犠牲者の数も減ると思う。実を言うと「拡大自殺」とは国家間の戦争の異名だ。
これほど愚かしくも恐ろしい考え方はない。何故なら、彼等には彼等なりの正義が存在するからだ。

234 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 16:30:36 ID:M488uuVp
>>230
>死刑廃止してはいけないことになる事が確定する。
自滅乙
→アフォやね。
死刑に値するような大事件を起こしてからS、自首ああしたり自白したって意味だろ。ないだろ
そういうえば、そういう野郎がいたよな。
放火殺人で5人焼き殺した上、40人以上の幼女を強姦した、尾形某とかいう奴な。
ああいうのは、万が一、仮出獄したら、即日リンチ殺人されると思うね。
特殊といえば、そちらの方が超特殊だよ。
一方、拡大自殺の方は、古今東西例に暇が無い。何年か毎に世界のどこかで起きている。
犯罪者の心理を読み解くのは難しい。彼等には彼等しか通じない屁理屈で人殺しをするからだ。
それでも、「なにをどうやっても生きて償わせる」と全国民の意志で臨めば、拡大自殺志願者の数は確実に減る
と思うし、犠牲者の数も減ると思う。実を言うと「拡大自殺」とは国家間の戦争の異名だ。
これほど愚かしくも恐ろしい考え方はない。何故なら、彼等には彼等なりの正義が存在するからだ。

235 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 16:36:28 ID:ZO0xyiPa
M488uuVp ←何こいつ 馬鹿なの?

236 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 16:42:10 ID:a1j8nPhC
このレスを見たあなたは確実に交通事故に会います



逃れる方法はただ一つ
↓このスレに行き
http://game14.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1174218540/
http://game14.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1174959266/
http://game14.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1190100856/




デア・リヒター最強



と書き込んでください。書き込まなければ確実に明日交通事故にあいますよ

237 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 16:48:19 ID:M488uuVp
キ-ボ-ドの不具合で二度打ちしてしまいました。
すみません。
訂正>>233-234
>死刑に値するような大事件を起こしてからS、自首ああしたり自白したって意味だろ。ないだろ

死刑に値するような大事件を起こしてから、自首したり自白したって意味ないだろ
死刑の脅威が本当に犯罪防止に役立つというなら、犯罪前や犯行中に思いとどませるべきじゃないのかい?
「死刑囚の心理」で、長年東京拘置所で医官を務めた加賀乙彦氏によれば、
死刑囚の殆どが、犯行中や犯行前に「死刑の脅威は感じなかった」と答えている。当然といえば当然だが。
残念ながら、「死刑制度が存在したおかげで、犯罪を思い止まった」
人の数を調べることは不可能だろう。申し出た途端に「殺人未遂」で
罪に問われかねない(笑)

238 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 18:25:58 ID:IcFj1Sod
>>235
どうもそうみたいだな。

239 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 20:10:40 ID:IZk/GQth
M488uuVpは長文矢印だろ。ホント、アタマおかしいよね。

もう一つの新スレのほうが議論になってるからそっちいこうぜ。

このスレはAAで埋め立ててほしい。

240 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 20:38:32 ID:IZk/GQth
長文矢印のいないスレはこちらです。

http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1192703946/

241 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 21:24:01 ID:od6kWI0S

                 yuriko
                ━━━┓
                  || .   ┃  
                 ●)   ┃
                    /┃   ┃
   ヽ_○ノ ヽ_○ノ      ┃   ┃     ヽ_○ノ ヽ_○ノ
      ||      || .       人  ┃         ||      ||
      ||      ||               ┃         ||      ||
     人 .    人 . .  ━━━━┻━━    人   .  人

            ヽヽ冤罪で死刑になって万歳ノノ
              

242 :長文矢印 ◆XBZmJJLY9c :2007/11/28(水) 01:39:33 ID:v/2WwywM
頭の悪いお前たちへ。
いつでも私にかかって来なさい。
私が長文で論破してやろう!

243 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 02:37:14 ID:iiKNysXX
>>237
>犯行中や犯行前に「死刑の脅威は感じなかった」と答えている。

さらに補足すれば、死刑に値するような罪を犯してしまった人は、
何より、逃走することや死体を隠したり、遺棄することを考えるといいます。
自分の犯した罪が死刑に値すると後から気がつくというのです。
死刑に値する罪とは、計画性があり、残虐性があり、人数が三人(これは幅がある)以上、
矯正の余地がなく、更生(社会復帰)の可能性がないものです。
今回の香川県坂出市で起きた殺人事件にしても、男の前科にもよるが、死刑判決は避けられないだろう。
何と言っても、ばあさんに怨みがあったとしても、幼い子供まで殺したのは、やはり逃走しようと思ってのことだろうし、
死体遺棄も逃げ切れると思ったのだろう。
男の年齢も61才で、今更、刑務所から出ても更生はできないだろう。
これもある意味、「死刑を望んでの拡大自殺」という見方もできる。
犯罪に相応しい量刑を考えるのは難しいが、死刑制度が何の解決にもならないことだけは確かだ。

244 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 03:24:31 ID:XlL23TAA
>>242
偽物は消えろ
僕らの長文矢印がコテにする筈が無い
また、そんな短いレスをする訳が無い

245 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 06:17:34 ID:iiKNysXX
>>244
呼んだかい?
(((((((((((((俳( ̄ー ̄;o)ギクッ
アフォ!


246 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 07:50:50 ID:ccBuu2dr
「アフォ」って書くのは拉致スレの@くらいのもんだ。


247 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 08:14:33 ID:xDQyYmeb
毎日1センチずつ切断の刑にしようぜ
1メートル切断しても生きてたら釈放

248 :短文無印 ◆azqtHxJeBs :2007/11/28(水) 18:52:44 ID:v/2WwywM
私が書き込みを禁じられているスレ、
【新】死刑制度議論 その1
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1192703946/
でみんなが盛り上がっているのを見ると私はとても寂しいのだよ。
このスレでも死刑制度について語り合いましょう。
お前ら、障害者に優しくなりなさい。アフォ!


249 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 19:22:30 ID:KSzroZsM
大体さあ、日本の死刑は向こうからはやってこないんだよ?
いつだって犯罪者の側がめっちゃ高いハードル飛び越えて、わざと死刑に突っ込んできてる。
フェンスでがっちり囲まれた屋上から、自分の意思で飛び降りて死ぬ奴がいたとして、
その死因としてビルの高さや重力や地面を責める奴はいないわけで、
日本レベルの死刑ならなんら問題が無い。

それでも死刑を批判するなら、ぶつければ人が死ぬ可能性がある硬さのものや
落ちたら死ぬ可能性のある段差も全て批判しないと筋が通らない。

250 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 19:32:09 ID:+vxFqIcH
長文矢印のファンなんて信じられない。

サボリ部(yurikoの自作自演)以来だな。

どういう奴だよ、マジでキモい。


251 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 20:02:47 ID:v/2WwywM
っつーか、このスレにyurikoを封じ込んで誰も相手にするなよな。
レスすると喜んでピンボケ長文をダラダラ書くんだから。

252 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 20:07:15 ID:KSzroZsM
むしろここに釘付けにするなら、
適当に相手してここで時間潰してもらった方がいいのでは?

253 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 21:19:27 ID:nuexcohI
>>252

長文矢印が艶のある女性だとでも思ってるのかい?w

○んこの長いホモだったら、嘔吐だねww

254 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 21:26:01 ID:o7iEqfU0
意味わかってないな

255 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 21:42:59 ID:/GnPkD+o
どういう意味かな

256 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 21:52:04 ID:XlL23TAA
>>250
俺のことだと思うけど、本気にするなよ?
変態は2人要らないから言ったまでだよ

257 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 03:10:37 ID:/ru7H05y
>>249
>日本レベルの死刑ならなんら問題が無い。

確かに、昭和20年代から昭和30年代まで、毎年少なくとも、30人の死刑が執行されていました。
ほぼ毎週、どこかの拘置所や刑務所で執行されていたということです。
そういう時代だったら、冤罪もしょっちゅう起きたかもしれませんし、
警察や検察の捜査や取り調べで可視性など、殆どなかったでしょう。
現在の日本で死刑になる為には世程明らかな犯罪が立証されなければなりません。
それでも、毎年起こる、「死刑に値するような犯罪の多さ」はどうなんでしょうか?
恐らく、実態と離れて、私達の凶悪犯罪に対する体感がより、敏感になっているのと、
「売らんかな」のマスコミセンセーショナリズムがそう感じさせるのでしょうか?
そんなことを考えていると、まだ一審とはいえ、広島で検察の死刑求刑が覆され、無罪判決がでました。
自白偏重の日本の司法裁判に大きな警鐘を鳴らしたのは確かでしょう。
凶悪犯罪を犯した犯人を死刑にすることより、防犯により関心を向けることが重要なのは、
言うまでもありません。

258 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 03:27:14 ID:Kk5kHkjh
>>1の文章読んで思うけど
検察の調書を読むと、いかに死刑が犯罪抑止力になるかわかるよ
「死刑になるのが怖いから」という理由で
自首したりする人がいかに多いことか

259 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 06:49:41 ID:uLpZfZsI
>>258
>検察の調書を読むと、いかに死刑が犯罪抑止力になるかわかるよ
→いいですか、裁判というのは、基本的に弁護側は、原告が無罪と信じ、
検察側は原告が有罪と信じるところから始まるのです。さらに、有罪が明らかな場合は、
弁護側は情状の酌量の余地を主張し、検察側はより厳しい刑罰を望み、それが社会全体の防犯にとって
不可欠であることを訴えるのです。
日本の刑訴法の極刑が死刑である以上、死刑の効用を訴えるのは当然です。
ところで、私の友人は弁護士ですが、商法と遺産関係が専門です。
なんで、刑法をやらないんだ、と聞いたら。「日本の刑事裁判の殆どの有罪率は八割。
そんな中で弁護士の出る幕がない」と言っていました。
それも言えてるかな、と思いました。

260 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 07:19:07 ID:IA5YQD0I
そうだ!その通りだ!
オカマのyuriko(長文矢印)の言うことは全て正しい!
何て素晴らしい頭脳の持ち主なんだろう!
yurikoの言うことをそのまま法律にすれば日本の社会は絶対に良くなる!
将来ばら色だ!
頼む、yurikoよ、日本の国会議員に立候補してくれないか?
そのためにも何とか再入国の許可を取ってくれ!


261 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 07:33:02 ID:VTrWqsOS
ああー国会議員に立候補っていいね!
他にも何でもいいから、大勢の人の前に出て行って欲しい。

262 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 07:47:47 ID:Hbu+eKzD
yurikoって、誰のことかわからんが、
私は外人だよ。
アフォ!

263 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 08:09:55 ID:IA5YQD0I
>>262
ああ、何たる光栄!
yurikoさまが自分の身を隠して、私にレスして下さった!
害人なのに、日本の死刑制度を熱く語って下さるオカマ天使さま!
自分の国の死刑制度よりも、たかが年に3〜4人しか執行されない日本の
死刑制度のことをこんなにまで心配して下さるオカマ天使さま!
私は光栄のあまり、アヌスが濡れてしまいました。
yurikoさまの臭いチムポをいつの日か受け入れたいです!

264 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 08:51:48 ID:uKM8RPcs
来月は、四人の死刑執行の予想。
死刑確定囚は一人増えて、現在109人。
死刑囚の数が増えた分だけ、執行数を増やさないと、今に、
死刑囚が200人とかになるかも知れない。
死刑は普通三人(無期で仮出獄中事件を起こした場合は、前事件も含めて)だから、
単純計算でその後ろには、600人の犠牲者がいることを思い出すべきだし、
犠牲者の殆どが女子供である。

265 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 09:06:43 ID:uKM8RPcs
私の立場は無論、死刑制度廃止。
一番よくないと思うのは、行政側の偽善的態度。
殺すなら殺す。
代替刑を導入するなら、そうすべきだ。
死刑制度が刑務所費用を削減するのに役立つという意見も
迷信にすぎない。
懲役刑を科さずに何年も拘置所に拘留することこそが、金の無駄使い。
対策としては、刑務所産業を民間に依託して、競争力のある商品開発をすべきだ。
一流カメラマンによる「日本死刑囚カレンダー」なども一つの案だ。事件の概要と、死刑囚の反省の言葉が
綴られているとよい。
自分の罪を心から悔いている死刑囚が条件だから、
それを見ても、気を悪くする一般人も少ないと思う。

266 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 09:26:19 ID:sYq4UzAq
>一流カメラマンによる「日本死刑囚カレンダー」なども一つの案だ。
>自分の罪を心から悔いている死刑囚が条件だから、
>それを見ても、気を悪くする一般人も少ないと思う。

いや、どう考えても悪趣味だろ。
わざわざそんなカレンダーを使おうなんて奴は皆無だと思うよ。
写真集でいいじゃん。

267 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 09:33:28 ID:lNkNAL9q
>>241
おい!
yurikoは犯人じゃないんだな!
真犯人は別に居るんだな!

268 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 10:12:39 ID:oNFWmOtG
>>265
いや、確かに一理ある
受刑者は無料の労働力となればいいんだよ

言わば過労死の刑

269 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 13:07:33 ID:Kk5kHkjh
過労死 死刑はいいな
ほんとは宅間守あたりには
まず飯を3日間あたえない
次に犬のウンコをかけた飯を出す
爪を一日一枚ずつはいでいく
とか

270 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 14:03:58 ID:9n6TOaeV
>>13
>単なるモラルハラスメント人間なのか、
どちらにせよ非は明らかにあなたにある。
→モラルハラスメントとはモラルハザードのことかい?
意味不明の言葉を並べられても、応えようがないわね。
アフォ!


271 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 14:15:25 ID:9n6TOaeV
>>269
>過労死 死刑はいいな
→聞き捨てできませんね。
統計は敢えて参照しません。
恐ろしくて。
少なくとも、何百と過労死(疑いがあるものも含めて)している日本人が毎年いる。
これは悲劇としかいいようがない。
それを恰も「刑罰で死んだ」かのように書くのは如何なものか。
仏典に描かれている地獄図の一つに河原の石をひたすら積み上げるのだが、
積み上げるとすぐに鬼に崩される図がある。
考えようによっては、多数の労働者が、そういう地獄を味わっているのも確かだ。

272 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 14:34:55 ID:9n6TOaeV
>>266
>わざわざそんなカレンダーを使おうなんて奴は皆無だと思うよ。
→アメリカでチャリティー(全収益を寄付)目的で、
セクシファイアマン(消防士)、セクシーポリスマンのカレンダーが飛ぶように売れるのです。
死刑囚の中にも、結構セクシーな男とか、綺麗な女とかいると思う。
林真寿美のヘアヌードとかもいいし。
全収益金を犯罪被害者への救援基金に充ててもいい。

273 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 15:01:54 ID:VTrWqsOS
モラハラちょうぶんやじるしちゃん これあげゆ
つI

274 :肝臓:2007/11/29(木) 15:04:22 ID:cdAx0WDB
>>272
死刑囚の中にそんなのいない。くたびれたオヤジとオババだけだ。
静かに死んでもらうしかない。

>>265
刑務所産業を民間に依託して、競争力のある商品開発をすべきだ。

いくら競争力のある商品があっても、働く意欲が受刑者にないからムリ。
却下だな。

275 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 15:07:55 ID:sYq4UzAq
やっぱアレだな。
死刑囚は人力発電所送りだな。死ぬまで。

276 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 16:48:45 ID:mhHj6rEG
人殺しの死刑囚は人体実験のモルモットの刑にすればいいんじゃね?
最後に人の役にたって死ねる
新薬開発に貢献して貰おうよ
一人の命で何万もの人の命が救えるかもしれん
残酷かもしれないけど、そいつだって残酷な事したんだ
だめか?

277 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 18:19:30 ID:49xzqZQ2
>>272

でも、死刑囚のyurikoは全然、艶なくて美しくないだろ?

ブスでメガネは死刑で決定!

278 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 20:11:07 ID:49xzqZQ2
長文矢印、誘導スレ こちらのスレのほうが熱くなれるんじゃない?(大爆笑)

http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1196306062/

279 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 23:22:03 ID:IA5YQD0I

林真寿美のヘアヌードとかもいいし。

林真寿美のヘアヌードとかもいいし。

林真寿美のヘアヌードとかもいいし。

林真寿美のヘアヌードとかもいいし。

林真寿美のヘアヌードとかもいいし。


280 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 23:58:48 ID:LMaR14UX
>>265
三権分立を全く理解していないのですね。
中学校で習うだろ。
代替刑を作るのは、立法府の仕事。
判決を下すのは司法府の仕事。
そしてそれを承けて執行するのが行政府の仕事。
行政府は運用を任されているに過ぎません。
つまり行政府が代替刑を導入するというのは越権行為にあたります。

逆に考えてみな、判決や立法に因らずに権限を行使することは、判決より
も重い刑罰を科することも出きると言うことになり、かえって危険なのだよ。

281 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 03:27:05 ID:MjTHm517
>>276
>新薬開発に貢献して貰おうよ
一人の命で何万もの人の命が救えるかもしれん
→犯罪者への刑罰は何を目的とするかが問題です。
犯罪者に矯正教育を施す教育刑が基本となるのは言うまでもありませんが、
回復のしようがない病気(心身共に)に罹った者を治療するという名目で、
死刑にするのでしょうが、これは窮極の身体刑で人権侵害だと思います。
日本国憲法で厳しく、「残酷な刑を禁止する」と書かれていることを思い起こしましょう。
個人的には、日本の「首吊り刑」(絞首刑)は残酷な刑と思っています。
もっと、苦痛のなさそうな刑に代えるべきかもしれません。
安楽死をさせて、その上で献体をするなら、個人の自由だと思います。
尤も、レイプ犯人への去勢手術の強要を身体刑として、人権侵害とする人もありますが、
自由刑との選択で、本人の希望があれば認めるとするべきでしょう。



282 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 03:45:04 ID:MjTHm517
>>280
>代替刑を作るのは、立法府の仕事。
>判決を下すのは司法府の仕事。
>そしてそれを承けて執行するのが行政府の仕事。
>行政府は運用を任されているに過ぎません。
>つまり行政府が代替刑を導入するというのは越権行為
→全く、その通りなのですが、現実には、この三権分立が実行されていません。
例えば、司法の役割として最も重要なのは、憲法の番人として、
行政が条文を忠実に守っているかどうかを監視するものです。
ところが、実際は、司法(最高裁判所)が、行政に対して、
「憲法違反」と裁断したことは、少なくとも、日本では皆皆無です。
(尊属殺人が憲法違反としたのか唯一でしょうか)
この際、日本でも「闘う民主主義」として、憲法裁判所を開いて、公明党や共産党を憲法違反として解散させたり、死刑制度を廃止すればいいのです。
現在は、あの実態不明な「内閣法制局」という行政機関が憲法判断をしています。
自分で自分の鏡に向かって「鏡よ鏡さん、この世で一番美しいのは誰?」「あなたです」とやってるようなものです。
本当の民主主義、三権分立を確立したいものです。

283 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 07:05:30 ID:VkPoWzWG
人間のやる事に完璧なものはないから冤罪は出てくる。
今でもそうだから、これから裁判員制度になったら余計にどうなるかわからない。
自分も含めて法律の素人が判断に加わる場合、感情的に罰も軽くなるよりは重くなる傾向になりそうだったり、
冤罪は増える事があっても減る事はない気がするのであまり過激なのは不安。

死刑を無くすだけってのは駄目だけど。下手に無くして更正しない奴に出てこられると困る。
普通に恩赦とか仮釈放なしの終身刑を導入出来れば良いんじゃないだろうかね。
死刑に相当するほどの事を本当にやらかしたなら一生刑務所の中、再チャレンジがないとしても仕方ないだろう。
それに自分が裁判員になったとしても死刑を選ぶのは少し躊躇するが、終身刑ならハードルがちょっと低くなって選べそうなのも良い。
(選びやすい罰が増えるとそれが乱発されて増える事になるだろうかね?あと終身刑は犯罪者を生かすコストが死刑よりも掛かるね…)

もっとも、命はとらないが一生檻の中ってのも死刑よりもある意味残酷かもしれないけど。
どこぞの奴みたいに差し入れ自由とか、塀の中でも不自由なく暮らせるって状態なら別として、
まともな娯楽も楽しみもなく、外界とろくな接点がない。
代わり映えしない場所で自分だけが老いてヨボヨボに。最期を迎えるの檻の中…ってのも結構キツイかも。
(まあ、鈍感で馬鹿な人なら大して気に病まないどころか、生きてるだけラッキー!とか考えるかな?)

284 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 08:52:11 ID:FX6mlPeL

俺が裁判員になったら、どんな罪であろうがyurikoには死刑を主張するな。




285 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 19:21:10 ID:X0vpiYmL
>>283
>普通に恩赦とか仮釈放なしの終身刑を導入出来れば良いんじゃないだろうかね。
だからそういう更正出来ない奴の行くところは刑務所じゃなくて「精神病院」なの
(まあ更正プログラムがまともじゃないという面もあるが)
病気なんだから刑は一時停止状態になるので事実上の終身刑が可能なんだわ

後は死刑囚も一応日本国民である限り国家によって保護対象
当然福祉を受ける権利もあるという面を忘れずにね
(コストの問題はこれでクリアでしょ。一応データとして
囚人一人年約300万のコストがかかる。勿論役人搾取込みの値段
ぶっちゃけ年300万以下の収入の善良な人々は・・・)

286 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 19:23:11 ID:5oJrdwbD
今日の朝まで生テレビ
激論! ”検察の正義”とは何か?!

大谷昭宏(ジャーナリスト)
小沢遼子(評論家)
郷原信郎(桐蔭横浜大学法科大学院教授、元東京地検検事)
鈴木宗男(新党大地代表、衆議院議員、一審実刑:控訴中)
土本武司(白鴎大学法科大学院院長、元最高検察庁検事)
永野義一 (神奈川大学専任教員、元最高検検事)
中山信一(鹿児島県議、志布志市冤罪事件被害者)
平沢勝栄(自民党、衆議院議員、元警察官僚)
宮崎学(作家)
村岡兼造(元衆議院議員、日歯連1億円ヤミ金献金事件:上告中)
鷲見一雄(司法ジャーナル代表取締役)

色んな所に貼り付けて、多くの人に知らせてあげて 、みんなで考えよう。

287 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 10:23:31 ID:EmsZ17n0
ゴキブリyurikoはここを追い出された後、↓に移動しました。
みんなで駆除して下さい。
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1195779096/

288 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 11:09:18 ID:kl17pMon

http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1196407007/

289 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 11:42:49 ID:l5NmB4Dv
俺は 故意に人を殺せば、死刑。
理由は、病気や心神喪失、強盗なんであれ
故意 という事実が発覚すれば、
即 死刑。
罪というものは、加害者が起こした結果に対する審判だと、
俺は思っているから、
その犯罪の結果に対して、等価価値の罰則を
設ければよい。
で、人を殺したら、 自分も殺される。
これくらいシンプルにすると、
加害者も その罪を犯そうとするまえに、
この犯罪でもし逮捕されれば、自分はどれくらいの罰則を
与えられるか ということを きっと考えるはずだ。
人を殺しても まあ7〜10年の懲役かなぁ、もしかしたら、もうちょっと
早くシャバに戻れるかも って 考えるより、
あいつを殺せば、俺も殺される  って思えば、
殺す動機よりも それの^ほうが 普通は強いと思う。
被害者の気持ちももちろん組み入れなくてはならないが、
再犯防止、防犯 どちらの面も これで 十分だと思う。


290 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 12:46:25 ID:7vdzglOe
【裁判】 女性2人殺害で無期懲役刑の鬼畜男、仮釈放中に交際女性を殺害→死刑確定へ
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1196407007/


更正プログラムと冤罪説が共に否定されるこのケースに対する
死刑廃止論者の釈明が楽しみですw

291 :199:2007/12/02(日) 00:34:27 ID:xU7uzdrM
>>290
冤罪ではあり得ないと思われる死刑がこの事件で最後なら俺は口を
噤むよ。
だか、冤罪ではあり得ないと思われる事件は今後も起こる。
>>199にも書いたが、死刑を執行していけば、 いつかは冤罪死刑が
現実になってしまう。
冤罪死刑を一件も無いようにするためには死刑を廃止するしか無い。


292 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 01:01:55 ID:dsIj7+Ze
冤罪死刑ほど恐ろしいものはありません。
なら、冤罪終身刑ならましなのでしょうか?
これも恐ろしいことです。
実は、私は犯罪被害者です。
私は、自身っが被害者になるまで、
『犯罪加害者だけには、殺すと脅かされてもならない』と決意していました。
それはなんとか、果たしています。
犯罪被害にしても、被害者には何らかの隙があった筈。
自分は前科者とは絶対に付き合わないし、夜11時以降は、一人歩きしないし、
戸締まりもしっかりする。
などと決意していました。

293 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 01:09:33 ID:dsIj7+Ze

それでも犯罪被害者になってしまいました。
尚悪いことに、加害者が誰なのか、それとなくわかってしまいました。
殺してやろうと、何度も決意し、思いとどまりました。
復讐などをしたら、ブッシュ大統領のやってることと大差がなくなってしまいます。
人を信頼することは美しいことだし、それは間違っていないと思います。それを利用する人間にこそ問題があるのです。
これからvは、ますます自分の言動に気をつけなければならい、と決意していますが、
仕返しをしようとは思いません。やってはいけないことです。

294 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 01:29:35 ID:hbGNLjDM
冤罪はみんな恐ろしいこと。
その中でなぜ冤罪死刑だけ取り上げるのか。
少し考えてみたら。

295 :あたし達も忘れないで死刑にしてね♪:2007/12/02(日) 01:52:21 ID:dsIj7+Ze
諸橋昭江(東京拘置所):偽装夫殺害事件
永田洋子(東京拘置所):連合赤軍事件
藤波知子(名古屋拘置所):警察庁広域重要指定111号事件、旧姓は宮崎。
坂本春野(大阪拘置所):高知連続保険金殺人事件
石川恵子(福岡拘置所):宮崎2女性殺人事件
★戦後の女子死刑確定者は、確定順に以下のとおり。
山本宏子(大阪拘置所):兵庫・菅野村老婆殺人事件、昭和53年病死。
杉村サダメ(福岡拘置支所):女性連続毒殺魔、昭和45年9月19日刑執行
小林カウ(東京拘置所):ホテル日本閣殺人事件、昭和45年6月11日刑執行
日高信子(札幌拘置支所):夕張保険金6人放火殺害事件、平成6年8月1日刑執行
諸橋昭江(東京拘置所):偽装夫殺害事件、再審請求中
永田洋子(東京拘置所):連合赤軍事件、再審請求中
藤波知子(名古屋拘置所):警察庁広域重要指定111号事件、再審請求中、旧姓は宮崎。
坂本春野(大阪拘置所):高知連続保険金殺人事件、77歳で死刑確定。
石川恵子(福岡拘置所):宮崎2女性殺人事件
★ 以下、、死刑確定者ではありません。
現在、最高裁係属中の女子被告(高等裁判所:死刑判決)
林真須美(大阪拘置所):和歌山毒物カレー事件
風間博子(東京拘置所):埼玉愛犬家殺人事件
江藤幸子(仙台拘置支所):須賀川祈祷による信者殺人事件
吉田純子(福岡拘置所):看護師連続保険金殺人事件
★高裁係属中の女子被告(地方裁判所:死刑判決)
緒方純子(福岡):小倉監禁殺人事件
北村真美(福岡):大牟田市4人連続殺害事件


296 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 02:01:59 ID:dsIj7+Ze
確定囚の内、再審請求、特別抗告、恩赦請求
などを出していないものは、優先的に死刑を執行してあげるのが、却って、
思い遣りというものです。

297 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 02:09:50 ID:dsIj7+Ze
>>294
>冤罪はみんな恐ろしいこと。
その中でなぜ冤罪死刑だけ取り上げるのか。
少し考えてみたら。
→冤罪死刑になったら、無実を晴らす方法が一切なくなるのです。
ゼロです。
遺族が無実を証明したところで、本人は決して蘇ることがありません。

298 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 07:15:38 ID:dsIj7+Ze
無実のプロボクサー袴田死刑囚は、既に獄中に42年間拘留されています。
これが人権侵害といわずとして、何が人権侵害といえるのでしょうか?
こういう場合、実質的に死刑から罪一等を減じて、実質的に終身刑扱いです。
終身刑なら、冤罪が許されるのでしょうか?
無論、許されません。
死刑の時効は30年。これが適用されるべきです。
当局の言い分を聞くとしても、『疑わしきは死刑にせず』からもう一歩踏み込んで、
『疑わしきは罰せずに』=推定無罪にまで繋げるべきです。
元死刑囚平沢氏が亡くなったことをいいことに、『死人に口なし』を決め込み、
頬被りを決め込むべきではありません。

最新ニュースとしては、袴田氏に、日本プロボクシング協会から名誉ライセンスが贈られました。
一月には、再審を求めて、チャアアアリティー試合が開かれます。

299 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 07:36:13 ID:dsIj7+Ze
無実のプロボクサー袴田死刑囚は、既に獄中に42年間拘留されています。
これが人権侵害といわずとして、何が人権侵害といえるのでしょうか?
こういう場合、実質的に死刑から罪一等を減じて、実質的に終身刑扱いです。
終身刑なら、冤罪が許されるのでしょうか?
無論、許されません。
死刑の時効は30年。これが適用されるべきです。
当局の言い分を聞くとしても、『疑わしきは死刑にせず』からもう一歩踏み込んで、
『疑わしきは罰せずに』=推定無罪にまで繋げるべきです。
元死刑囚平沢氏が亡くなったことをいいことに、『死人に口なし』を決め込み、
頬被りを決め込むべきではありません。

最新ニュースとしては、袴田氏に、日本プロボクシング協会から名誉ライセンスが贈られました。
一月には、再審を求めて、チャアアアリティー試合が開かれます。

300 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 09:14:46 ID:3HztAnyc
昨今の事件の裁判を見ると、死刑判決が出るような裁判では、冤罪を主張
してる裁判は殆どない。
減刑を主張してるのが大部分を占めている。

冤罪事件が多発しているならまだしも、最早冤罪の可能性など限りなく
ゼロに近づいている現状では、冤罪の可能性だけで死刑廃止を主張して
も説得力がありません。


301 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 09:22:33 ID:3HztAnyc
>>299
>無実のプロボクサー袴田死刑囚は、既に獄中に42年間拘留されています。

無実で有ることの証明はまだ出来ていないでしょ。


302 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 12:33:56 ID:YJTtMWMD
>>285
>病気なんだから刑は一時停止状態になるので事実上の終身刑が可能なんだわ
→ちょっと興味を持ったのですが、
有名な事件の犯人で、本来な死刑相当だけれど、措置入院された例を
御存知でしょうか?
未成年者が措置入院という例は、有名なのが幾つかありますよね。

303 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 12:56:36 ID:FMENW/ru
yurikoは本来は死刑相当ですが、精神異常者なので現実社会から隔離されて
事実上の終身刑として2ちゃんに封じ込まれています。
もし彼が現実社会で仕事を始めたりしたら、社会に迷惑がかかることは衆目の
一致するところです。間違っても、社会に出してはいけません。
2ちゃんの皆さん、yurikoの教育、更生宜しくお願い致します。


304 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 13:00:21 ID:GXq03Igx
ばれなければいくらでも人を殺せると思いこんで殺しをやったやつらは死刑だな、ガル・エージェンシーの主犯格も死刑で当然だ
http://www.geocities.jp/cierrabit33/case.html

305 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 13:31:36 ID:br0w0/5+
>>299
また連投かよ。いい加減にしろよ、気違い
お前みたいな学習能力の無い奴が、何言っても聞く耳持たんぞ?

306 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 13:57:26 ID:FMENW/ru
>>305
全くだよ。
yurikoの脳障害は記憶障害を伴っているから、一度やった失敗を何度でも繰り返す。
やっぱり死ななきゃ治らないんだろうな。

307 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 14:01:28 ID:4SCnnMsY
                 yuriko
                ━━━┓
                  || .   ┃  
                 ●)   ┃
                    /┃   ┃
   ヽ_○ノ ヽ_○ノ      ┃   ┃     ヽ_○ノ ヽ_○ノ
      ||      || .       人  ┃         ||      ||
      ||      ||               ┃         ||      ||
     人 .    人 . .  ━━━━┻━━    人   .  人

            ヽヽ二度も死刑になって万歳ノノ

308 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 21:52:34 ID:Y6HN6jmT
>>302
              ∩___∩
            /  ノ   \  ヽ 
            | ●    ● |   ちょ、何マジになってんの?
          彡   (_●_)    ミ  
           /、   |∪|    ,\   この鮭の切り身やるから帰れよ
          /.|     ヽノ    | ヽ   
       ,,/-―ー-、, --、   .|_,|
    r-、,'''";;:;;:;::;;;;:;;::;:;:;;::;:;`'- /_,l,,__ )
   |,,ノ;;:;r'" ̄ ゙̄^"`Y'-、;;;::;:;::;:;:;:;::;:|
    .ヽ,′       ;   `"";;;;;⌒゙')
     ´`゙'''''''''''‐-‐'"`‐-‐'"゛  `゙´
              |  .‖ /
            ("___|_`つ


309 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 22:31:02 ID:Y6HN6jmT


30 :名無しさん:2007/08/05(日) 12:12:51
「y」=「福本じゅんいち」の精神状態は本当に不可思議ですね。
どうしてこんな見え透いたことをするのでしょう?
自分の頭の中ではこれで他人を欺けると思っているのでしょうか?
幼稚園児の嘘と同じレベルです。
頭の中で空想したことがそのまま現実と区別できなくなっているような気がします。
「y」が障害者だということは本人自らカミングアウトしていますが、一体どういう
障害なのでしょうか?精神的なものなのでしょうか?

因みに、別の場所で「y」が自らの度重なるタイポの理由をこう釈明しました。

>→単なるキ-ボ-ドの不具合だよ。
>tとyのキ-が隣り合っていて、最近、ちゃんと文字が出てこないことがある。
>鬼の首でも取ったかのように、はしゃぐなよ、アフォ♪

これも自分が空想したことが全てだと感じてしまう精神状態に基づくものでしょう。
こんな見え透いた嘘をつけるのはある意味不気味です。
健全な精神状態とは思えません。


310 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 05:17:06 ID:hymL/Yvw
私達の中には、「冤罪などといっても、
どこかに疑われてもヤムを得ないところがあったのではないか?
ある意味、自業自得。普通に学校に行って、就職して、結婚して、
子供を育てていったら、何で犯罪の加害者にも被害者にもなる筈がない」
しかし、実際は、犯罪の被害者にも加害者にもなってしまう。
spkpで、「これは、ちょっと酷いのではないか?」と思った、冤罪の疑いのある事件を
見つけた。
それは、晴山広元(札幌拘置所)が起こしたとされる「二女性連続殺人事件」だ。
これも、例の如く「自白調書」のみが唯一の証拠で、物的証拠は一つもない。
被告は、後に公判で証言を翻した。
そもそも、犯行時に骨折していたことが明らかになっており、犯行のしようがなかった。
明らかな憲法違反の警察の取り調べと判決には、驚くしかない。

311 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 05:36:01 ID:hymL/Yvw
訂正>>310
spkpで、「これは、ちょっと酷いのではないか?」と思った、冤罪の疑いのある事件を
見つけた。
  ↓

そこで、「これは、ちょっと酷いのではないか?」と思った、冤罪の疑いのある事件を
見つけた。
★アムネスティ死刑廃止学習会
「死刑と誤判」 報告
○晴山 広元さんがごく最近、拘置所で獄死したからです。
晴山さんは、胃がんの手術 の後、経過が思わしくなく、
この6月4日に70歳で亡くなりました。晴山さ んは3つの
事件に関わったとされています。1972年に北海道の月形町と
砂 川市で起きた2件の殺人事件と、74年に奈井江町で起こった
強姦事件です。 月形事件では現場に残された血液型が数種類あり、
当然複数による犯行と考え られるわけですが、晴山さんの
単独犯行とされている。
晴山広元さんも、事件当時右腕を骨折した後のリハビリ中で、
二つの殺人事件のような暴行を加えることは不可能でした。
このようなこと が、裁判のなかで無視されてしまうのです。
http://homepage2.nifty.com/shihai/report/040612shimatani/3.html




312 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 05:38:09 ID:hymL/Yvw
当然複数による犯行と考え られるわけですが、晴山さんの
単独犯行とされている。
晴山広元さんも、事件当時右腕を骨折した後のリハビリ中で、
二つの殺人事件のような暴行を加えることは不可能でした。
このようなこと が、裁判のなかで無視されてしまうのです。
http://homepage2.nifty.com/shihai/report/040612shimatani/3.html



313 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 06:47:30 ID:96tzDXGL
なぜ拘置所で「病死」した人間をわざわざ取り上げる?
なぜ死刑を執行されてしまった人間に言及しない?

「死刑」について議論したいのか、「冤罪」について議論したいのか
はっきりすべきだ。

そして「冤罪」について議論したいなら、それ用のスレですべきだ。

314 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 07:10:08 ID:hymL/Yvw
先進国といわれる国々の中で、日本とアメリカだけが
死刑制度を存置しています。
ところが、アメリカでは近年、DNA技術の格段の進歩によって、
200人近い無実の死刑囚が釈放されました。
ところが、日本ではどうでしょうか?
近年になって漸く4人の死刑囚が再審無罪判決を受け。釈放されました。
ところが、現在109人の確定囚の中には、三十年から40年も獄に繋がれたままという人達もいます。
まだ、DNA検査ができれば簡単なのですが、彼等の大部分は、本人の自白とか、目撃者(これも実にいい加減)
の証言のみに頼ったものです。もう、憲法違反である、物的証拠のない事件は、無罪とするべきです。
もっと、国民の側から、日本の司法制度、それも死刑制度の存否について議論が涌きあがってもいいと思います。

315 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 07:28:57 ID:96tzDXGL
冤罪の嫌疑がある死刑囚が「死刑を執行されずに拘置されている」という事
自体が、明らかに「冤罪で死刑が執行される」事を予防する機能が健全で
ある証明に他ならない。

冤罪と死刑廃止を結びつける根拠が薄弱、というより、まったく関係がない。

「冤罪をどうにかしようぜ!」という主張はわかるが、死刑廃止の論拠として
成立しない。

316 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 07:35:22 ID:hymL/Yvw
>>313
>なぜ拘置所で「病死」した人間をわざわざ取り上げる?
なぜ死刑を執行されてしまった人間に言及しない?
→そこなんですよ問題は。
拘置所というか、官僚というかキャリアと呼ばれる法務省の役人が適当に、「死刑囚執行の順番」を決めているのでしょう。
1 世間を騒がせ、いかなる意味でも冤罪の可能性のない死刑囚
2 反省が全くなく、三人以上殺害、反省はしているが、死をもって償うのはヤムえないと覚悟している
3 明確な証拠もなく、本人の自白がないか、公判で自白を否定した
4 明白な証拠もなく、本人が一貫して事件への関与を否定。
状況証拠と曖昧な証言。冤罪の可能性が強い
5 拘禁ノイローゼに罹っているか、不治の病に罹っている
これらに適当に、死刑囚のランク付けをしているのです。
無論、1、2の死刑囚は優先的に処刑され、3、4のものは、死刑にされにくいでしょう。5は恩赦同然の扱いでしょう。
しかし、これで被害者は納得するのでしょうか?「あの男、あの女まだ生きているのか?」という状況も少なくないのです。
死刑なら死刑。代替刑を科すなら科す、ともっと、明確にしてはどうでしょうか?
特に、「疑わしきは死刑にせず」と実質的に終身刑で代替されている死刑囚は人権侵害の扱いを受けています。
日本人の人権意識が低いのは、実は国際的に名高いのです。
常任理事国入りとかを画策するより前に、先進国の責任として、
やらなければならないことがあるのです。

317 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 07:39:27 ID:DhtmYsJP

世間を騒がせ、いかなる意味でも冤罪の可能性のないyuriko

反省が全くないyuriko

不治の脳障害に罹っているyuriko


318 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 07:44:41 ID:DhtmYsJP
みなさん、ID:hymL/Yvwにはレスしないで下さい。

319 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 07:46:48 ID:hymL/Yvw
特に、「疑わしきは死刑にせず」と実質的に終身刑で代替されている死刑囚は人権侵害の扱いを受けています。
日本人の人権意識が低いのは、実は国際的に名高いのです。
常任理事国入りとかを画策するより前に、先進国の責任として、
やらなければならないことがあるのです。
日本弁護士会、もっと頑張れ!
アメリカでは、プロジェクトイノセントの活躍で、多くの冤罪死刑囚が無罪放免されました。
日本も、それに近い運動があってしかるべしです。
特に、三十年四十年獄に繋がれている死刑囚は、明らかな人権侵害被害を受けています。
死刑時効をもっと、厳しく適用するべきなのです。
「疑わしきは死刑にせず」から「疑わしきは無罪に」まで発展させるべきなのです。

320 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 07:53:37 ID:DhtmYsJP
>>319
お前は、アメリカでの人権をアメリカで議論していれば良い!
もう来るな!

321 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 08:03:20 ID:96tzDXGL
>>319
ようやく理解できた。
あなたは「日本が先進国である」と勘違いしているようだが、
まずもって、その前提が誤っている。
誤った前提で議論をする事は、無益なだけでなく、悪であると
すら言える。
従って、あなたがすべき事は、「死刑廃止」を2chで云々する
事ではなく、文部科学大臣となって日本の先進国化に注力
すべきだろう。

322 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 08:26:31 ID:DhtmYsJP
yuriko(George Walker=長文矢印)は日本人ではないのだから、日本の
人権云々をつべこべ言わんで宜しい。外国人による無用の内政干渉だ!
もし外国での人権救済を取り上げたいのなら、中国での人権問題を取り上げる
ほうがずっと救われる人が多いぞ。
しかし・・・、それ以前にアメリカでアメリカの人権侵害について語れ!

323 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 09:49:26 ID:DFbU8rdM
>>321
>あなたは「日本が先進国である」と勘違いしているようだが、
まずもって、その前提が誤っている。
→全く。
先進は先進国首脳会議の八ヶ国には、韓国が代わりに入ってもらっては(笑)
それで、国連事務総長には、緒方貞子氏に就任していただくのが一番いいですね。

324 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 09:54:40 ID:DhtmYsJP
それ以前に、人権意識最後進国中国の国連常任理事国を問題にしろや!

325 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 09:58:08 ID:DFbU8rdM
>>322
>yuriko(George Walker=長文矢印)は日本人ではないのだから、
→どなたか、しつこく、私をYURIKOとやらと誤解しているようだが、
私は全然関係ありませんよ(苦笑)

326 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 10:58:38 ID:6/dJrLLp
簡単な事だろう


自白のみではいかに信頼がおける物でも死刑にできない


物的証拠があり冤罪の余地が無いなら問題は無い

いい加減冤罪と死刑を切り放せ
冤罪は検察と裁判所のあり方の問題で死刑とは別次元

327 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 11:36:25 ID:DhtmYsJP
>>325
お前のことだよ!www

328 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 14:29:02 ID:Nk+y+Jlu
>>326
>いい加減冤罪と死刑を切り放せ
冤罪は検察と裁判所のあり方の問題
→そうはいきませんよ(苦笑)
郷田ラモラ作「モリのアサガオ」の最終巻も結局は、冤罪死刑について考えざるをえなかったのです。
確かに、最も深刻な問題であるが故に、そうなったのでしょうが、それだけ安易なアプローチという印象も持ちました。
でも、現在109人の確定囚の内で、「これは酷い」というような冤罪臭い例が多すぎるのです。
最近は、死刑判決は明らかな例でなくては出ませんが、3、40年前は、結構、簡単に出ていたようなのです。
刑死した中にも「死人に口なし」のも多かったのです。
それが深刻な問題でないという神経がおかしいのです。近年、アメリカで100人以上の冤罪死刑囚があったというのは、
決して対岸の火事ではないのです。この際、日本の死刑囚も、もう一度、全て徹底的に調べ直す必要はないのでしょうか??
死刑そのものが残酷な刑罰であるのは無論、この死刑冤罪問題も真剣に考える必要があります。
例えば、袴田死刑囚が40年も拘束され、実質的に死刑代替刑として、
終身刑扱いにされている理不尽さを思ってほしいのです。

329 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 14:32:24 ID:uToxqdU+
>>328
失格

330 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 14:35:46 ID:afasDgj2
モリのアサガオの一つ覚え

331 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 15:16:57 ID:Nk+y+Jlu
>>330
>モリのアサガオの一つ覚え
→読んでから評価なさってはいかがですか?

332 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 15:26:29 ID:Nk+y+Jlu
それで最近考えていることは、
『モリのアサガオ』全七巻をサンフランシスコpeoplevideo rentalの
貸しマンガコーナーに寄付しようかなと思っている。
そこで、このレスを見てる人の中で、どれくらいの人が
サンフランシスコベイエリア周辺に在住しているのか調べてみたい。
どうか、じゃんじゃんレスしてください。

333 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 15:33:16 ID:uToxqdU+
>>332
あなたのような人が権力を握ると人権を踏みにじる事になる。
その事を君が歴史から(マンガでもいいから)学んでくれる事を切に願う。

334 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 15:38:01 ID:DhtmYsJP
yurikoさんへ
私はSFOのアサアアアパートに住んでいます。
ON THE BRIDGというお気に入りの店がありますが、そこに
寄贈なさっては如何ですか?


335 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 15:42:26 ID:6/dJrLLp
3、40年前は知らんが今は「冤罪くさい」のは無いのだろう?

過去の誤った法などいくらでもある
現在においては死刑はその冤罪性の無さから妥当である

336 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 19:12:16 ID:H8VYWyRo
yurikoさんへ

今年も300ドルのおせち、また買えませんね。
いつになったら、貴方にマトモな生活ができる日がくるのでしょうかね。

混血で最悪の負け犬人生、存分にエンジョイして下さいw

337 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:44:54 ID:AANW19mq
yurikoさんとやら、相当ヤバイ人間みたいですね。
触らぬ神に祟りなしっていう感じですか?


338 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 05:13:10 ID:4l6q9Jy2
光市母子暴行殺人事件の差し戻し審が終了した。
被害者の元夫本村さんは、「厳刑」を望んでいると伝えられた。
実を言うと、私は一瞬、自分の耳を疑った。
普通に言うなら、「厳罰」だからだ。
本当は、「減刑」(罪を軽くして欲しい)と言ったのが、マスコミが勝手に作文した、
ということもあるような気がする。
事件から八年。
本村さんが犯人に対する憎悪がなくなった様子はない。
しかし、刑罰としての死刑については、いろいろと考えるところはなかったのか。
本当に死刑によって、償いはできるのか、を考えたような気がする。
それで「減刑」よいう言葉が思わず口から出たような気がする。
いずれにしても、お亡くなりになった元妻とお子さんの御冥福を改めて、祈ります。
(-人-。)

339 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 05:16:34 ID:02KsTO27
もし、死刑じゃなかったら何年かしたら世に出てくるわけでしょ?
誰かに殺されないかな?
オレが本村さんだったらやると思うな。


そして・・・・・


安田に弁護してもらうw

340 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 05:20:24 ID:4l6q9Jy2
訂正>>338
>それで「減刑」よいう言葉が思わず口から出たような気がする。

それで「減刑」という言葉が思わず口から出たような気がする。

341 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 07:12:18 ID:AANW19mq
>本当に死刑によって、償いはできるのか、を考えたような気がする。
>それで「減刑」よいう言葉が思わず口から出たような気がする。

さすが、脳障害者!
常識では考えられないことを妄想!
こういうのを我田引水という。

342 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 07:24:35 ID:arTrvyog
>>338
おまえキチガイか?

343 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 14:33:05 ID:pSC+7S0k
光市母子殺害事件の被害者である本村さんを気持ち悪い、痛々しいと中傷した死刑廃止論者のブログ
http://aqualeafree.Blog70.fc2.com/?mode=m&no=910
Bは小文字半角に変えて下さい


150 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)