2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【新】死刑制度議論 その1

1 :朝まで名無しさん:2007/10/18(木) 19:39:06 ID:KkAQHGrx
いままでの死刑議論は、わけのわからない長文矢印によって
荒らされました。

こちらのスレッドにてまともな書き込みを期待します。

【ルール】
・いままでの経緯があるため、死刑廃止を冤罪の観点から書き込みすることを禁止。
・yurikoとかいう長文矢印は、絶対に書き込み禁止。名無しでも禁止。
 書き込んだことが判明した場合、アク禁申請します。
・落書き、連投は下記のスレッドでどうぞ。

http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1192634724/
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1192072197/


2 :朝まで名無しさん:2007/10/18(木) 23:58:04 ID:2/rk2BO+
ホカホカ動画です。 あったまりますよ。
http://www.youtube.com/watch?v=77baaX0DVqU

3 :↓こういうのって恥ずかしいですねw:2007/10/20(土) 10:10:42 ID:mqT4kJBb
322 名前:朝まで名無しさん[] 投稿日:2007/10/20(土) 04:45:47 ID:r/Dzw/ri
>>321
>3行程度
→頭の悪い人は、私のレスを読まなくていいです。それでは、私の主張を箇条書きにしてみます。
1 私は死刑制度には反対だが、例外規定は設けておくべきだと思っている
2 現行の死刑制度を維持していくなら、死刑の時効を確定後5年程度とすること
3 裁判員制度で死刑の量刑の言い渡しをする。
ついでに、死刑執行にも参加させる。被害者家族にも、もし希望があれば、参加させる。
4 死刑囚も更生度に応じ、恩赦=罪一等の減 を積極的に行う。
5 懲役刑による償いを国民支援で積極的に行う。
○刑務所産業の育成
○競争力のある民間事業の支援を受け、売れる商品を作る。
○刑事と民事裁判を併せ、加害者に具体的な賠償金を科す。賠償金を支払い終わるまで死刑を延期する。

4 :朝まで名無しさん:2007/10/27(土) 22:47:20 ID:KGBdlgA1
朝日新聞社前抗議デモ

盗人猛々しい朝日新聞を許すな!<沖縄11万人集会の嘘を暴く!>1/3
http://jp.youtube.com/watch?v=nvBWhqCYzuU
盗人猛々しい朝日新聞を許すな!<沖縄11万人集会の嘘を暴く!>2/3
http://jp.youtube.com/watch?v=-Apds5ncX1A&NR=1
盗人猛々しい朝日新聞を許すな!<沖縄11万人集会の嘘を暴く!>3/3
http://jp.youtube.com/watch?v=6wu2mUF5-kU

5 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2007/10/31(水) 18:19:47 ID:0G4EfQqu
秋田県藤里町で小学生の長女と近所の男の子を相次いで殺害した罪に
問われている畠山鈴香被告の裁判で、畠山被告は、弁護側から事件の
償いについて聞かれたのに対し、「自殺も試みたが、今は極刑にして
ほしいという気持ちだ」と述べました。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    フツーいわんだろ、そんな事。
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /   コクミンガ ノゾムノデ シケイセイドハ ハシデキナイ、ト。 
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 要するに死刑制度を廃止したくない
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 人の演出なんでしょ? イカニモ カンリョーッポイ。 (・∀・ )

07.10.31 NHK「畠山被告 極刑にしてほしい」
http://www.nhk.or.jp/news/2007/10/31/k20071031000122.html

6 :論理的虚構 ◆vWilh8Qklc :2007/11/11(日) 13:27:23 ID:jHTGjUyf
●私は、独断バカども間の対立を調停する者である。



事実ならびに/あるいは規範についての独断の論駁

数学は、公理という独断を採用しているために絶対確実に正しいかどうか分からない。
自然科学は、それに加えて実験による証明という、何らかの枠組みを独断的に前提しているために絶対確実性からさらに遠ざかった。
科学哲学は、科学を擁護したいがために、形而上学的実在論、科学的実在論、道具主義、操作主義、実証主義、奇跡論法、構成主義的経験論、介入、構造的実在論、内在的実在論などの独断に陥っている。
俗流心理学に至っては、ただ1つの演繹すらない。
しかし、演繹という語にまつわる問題もある。それは……。

どちらの陣営にも個人的な、あるいは自らが属する集団に共有されている感覚や感情を不当に〔論証なしに〕正当化するという事態が蔓延しているが、実際にはいずれも同一の誤謬に陥っているという点を以って同一項で括ることができる。
わたしは、それが暫定的なものであれ不確実なものを魔術的な仕方で確実なものに変換してしまう独断バカを一般人(これには一般的な多数派と一般的な少数派の双方が含まれる)と呼んでいる。
わたしは、こうした頭の弱い存在者群に対して啓蒙を実践しているところである……。

この問題に絶対確実な回答を与えるには、まず絶対主義対相対主義、超越論対非超越論に決着をつけねばなるまい。
「そして、指示の理論について考えねば……!」
# 記述説、因果説、記述の束説

それは、すべての独断バカを消去=救済する計画――。(隘路であることが判明したが、それでも……!)

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%22%E6%B0%B8%E5%8A%AB%E6%87%90%E7%96%91%22&lr=lang_ja

7 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 12:48:40 ID:ePAVWs8T
長文矢印のせいで1000まで行かずに前スレ停止って、すごい話だなw
しかし、お前ら長文矢印を相手に時間を無駄にすることがそんなに楽しいか?
あいつは明らかなキチガイだぞ。

8 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 13:00:05 ID:I/O2HwOT
>>1
>・いままでの経緯があるため、死刑廃止を冤罪の観点から書き込みすることを禁止。
一見、個人の都合であるかのように装っているが、再審請求権の話に
ならないようにするための布石だな。
相変わらずだね。魔女狩り願望保有者達は。

9 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 14:08:33 ID:giRE0yIO
だから、子供を殺された親の前で死刑反対と言える根性なんてないんだろ、似非人権やどもw

死刑にかわる補償制度はなんなのよ?ローマ時代のように鉄球つけて道路工事を一生させるとかですかw
とにかく犯人を強制労働させて、その儲けは食費以外は家族あるいは国家に返すとかだったら廃止でいい。
それ以外は、おまえらの感傷には付き合えない。一度家族全員ころされたらわかるんじゃねえのw

10 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 19:10:04 ID:HOh6BkE8
>>8
再審請求権に関してはいいんじゃないか?
冤罪の話にもっていくの禁止なのは「その理論でいくとすべての刑罰を否定しかねん」からであって、
個人的には再審請求権は有効なアプローチだと思うんだが
時効を設定すべきか云々の問題もあるしね

11 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 20:05:28 ID:6JTfWLPo
殺人が不可能になれば、自動的に死刑も不可能になる。
従って、殺人が不可能になる以外に死刑を廃止する必要はない。

12 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 20:35:15 ID:yn9SuFIW
>>10
久しぶりだな。
冤罪の可能性が拭えない以上、不当に刑罰を与えられる危険性も拭えない。
それを恐れずに法を運用していく必要がある。
ということは再審請求権も保持しなければいけないわけだ。
ここまでの経緯で冤罪の観点から書き込みするのは必須の条件。
そして、全ての刑罰を否定することにもならない。
つまり、>>1のルールにあんなことを書くのは不毛。

とか書くと、また健忘性ループがはじまるのかもな。

>>11
助詞の使いかたが解かってない。
書き込みは深呼吸してからしような。

13 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 22:18:17 ID:6JTfWLPo
助詞が云々言える立場になるには、少なくとも「使い方」位は
変換して欲しいな。

所で冤罪?結構じゃないか。
冤罪が判明したら、関係者すべて死刑にする。
ほら、無問題だ。

14 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 23:00:08 ID:HOh6BkE8
>>12
お久しぶりです。
ここで冤罪禁止の流れになったのは、冤罪は全ての刑罰の理由である「犯罪を犯した」という前提を覆してしまうから
刑の適正さとか、刑の重さとか、適切に執行されていることとかを語るときに根拠を失うという意味だったんではないかと思う。
現実には無理だが、例えば「殺人罪の刑罰として死刑は妥当か? 」を論じたいときには、犯人が冤罪である可能性を
排除して論じなければならない場合もあると思う。
あと冤罪理論に関しては再審請求権のほかにも「死刑は殺人と同じ」とか色々他の意見も混じってたしね。そのなかにはループもある。

で、自分としては再審請求権はそういうのとは違う性質があると思う。
冤罪が「間違って罰してしまった」ことに重点を置くが故に、刑罰の根拠を覆してしまうのに対して
再審請求権は被告人の将来における権利行使の可否という点で、死刑の場合は確かに他の刑罰とは違う。
だから廃止派が再審請求権の一生保障(刑による終了を許さない)を根拠にするのは理由になると思うし、
存続派は再審請求権を最大に保障しつついかにして死刑制度と両立させるか(もちろん方針転換もありだけど)を考える
ことになると思うんだ。

15 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 23:17:26 ID:yn9SuFIW
>>14
>刑の適正さとか、刑の重さとか、適切に執行されていることとかを語るときに根拠を失うという意味だったんではないかと思う。
こういうことに対して冤罪を持ち出すのは、論点をずらしてるかずれてるかの問題だな。
冤罪は関係ない。つまり、
>「殺人罪の刑罰として死刑は妥当か? 」を論じたいときには、犯人が冤罪である可能性を排除して論じなければならない
そのものだろうね。

>「死刑は殺人と同じ」
死刑は刑罰なので、殺人行為ではない。これも、論点がおかしい。
こういう論点のずれもループの原因のひとつだろうね。

>存続派は再審請求権を最大に保障しつついかにして死刑制度と両立させるか
冤罪の可能性は取り払えない。保証を考えると両立は出来ない。
ま、ここら辺はお互いの立場がある以上、しょうがないね。

16 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 23:32:26 ID:HOh6BkE8
>>15
>こういうことに対して冤罪を持ち出すのは、論点をずらしてるかずれてるかの問題だな
うん、そういうところで冤罪を持ち出せば論点がごちゃまぜになってループに一役買ってたのかもしれない。
「冤罪で死刑になった人の心情を想像できるなら、死刑を存続しろとはいえないはずだ」というのもあったし

>>存続派は再審請求権を最大に保障しつついかにして死刑制度と両立させるか
>冤罪の可能性は取り払えない。保証を考えると両立は出来ない。
>ま、ここら辺はお互いの立場がある以上、しょうがないね。

あと単純に再審は時を負うごとに難しくなっていくから時効がないと現実的ではないのでは? というのも自分にはある。
証拠は劣化するものだし、証人なんかはボケたり忘れたり死んだりするし。
そうすると折角の再審も中身に信頼がおけないものになるかも知れない。
再審請求権には時効があるべきではないのか? というのはそういう理由と、この点に限れば時効つきなら死刑と両立可能だと考えてるからなんだ


17 :朝まで名無しさん:2007/11/15(木) 23:45:19 ID:poUSTX+W

詐欺師政治屋、汚職公務員、うじ虫天下りを

早く死刑にする法律作れ

もう収拾付かなくなってる早くやれ

みんなの汗と血の税金が食いつぶされてる

18 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 13:26:36 ID:PePqVnlM
>>16
>再審請求権には時効があるべきではないのか?
時効は必要ないと考える。
このことについては、自分は議論する気はなかったんだけど、以前に少し話したし、持論だけを述べておく。
ただ、現在の持論であって、議論のようなフィルターを通してないので、(自分なりの)結論とは言い切らない。

時効が必要ない理由は三つ。
1.再審請求には条件があるが、どれも受動的な物であり、本人の努力だけでは難しい。しようと思ったら即時にできるような性質を持っていない。
2.そもそも刑事上の時効という物は刑罰の長さを基準に制定されてるが、再審請求権は刑事訴訟法に定められているのに、その要素はない。
3.法の不備を埋めるための権利なのに、各種法令に定められてる権利と同一視するのは無理がある。基本的人権に近い扱いが妥当。

19 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 13:37:22 ID:Whz1KNQU

本スレage



20 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 17:49:00 ID:Ts5yNcwQ
再審請求については確かに延命理由のものは存在する。
だからこそ再審請求の時効やら回数制限という要求がでるのだろうけれど、
再審請求によって死刑がほぼ執行されないというのは安全保障措置としてやむを得ないように思う。
ただだからといってこのままでいいとも思えないのは確かなんだけれど。

とりあえず1970年代までの確定死刑囚については再審の門を開くべきだろう。
毒ぶどう酒事件や袴田事件等の再審請求まで認めないのは死刑制度にとってもマイナス。
裁判所が再審開始=無罪という流れを断ち切ればいいだけだと思うのだけど、無理なのかな。

21 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 18:28:43 ID:wV+TD37Y
>>9

死刑なんていうものをを支持している連中ってのは、知能が低いね。メディアに煽動されすぎて
脳がいかれたんじゃないのか?近年凶悪事件の数は減少してきているのに、
「体感治安」が悪化しているのは、腐れメディアどもが、事件の内より凶悪そうなものを
センセーショナルに取り上げて、国民の不安と憎悪をあおるからだ。
「全国犯罪被害者の会」ってのがあるが、あれの目的な何なんだ?
「加害者は手厚く保護されている」などといっているが、何を根拠に言っているのか不明だ。
要するに加害者に復讐したいわけだよ。全く空しい事してるよな。
最近メディアが話題にしているいじめや飲酒運転事故対策として何が講じられたか?
「厳罰化」それ一辺倒だ。問題の根本を解決しようとする気なんか元々ないんだよ。
世間は「悪者」を必要としているんだよ。非難すべき対象をな。自分に降りかかる
劣等感から逃れるために自分より下の存在を見出すんだよ。江戸時代の穢多非人と同じものだ。
政府の間抜けどもは、死刑を廃止しない理由として、「国民の多数が支持しているから」などどぬかしおった。
日本ってのは、多数決至上主義だな。国民の多数が支持すれば、殺人さえも正当化される
恐ろしい国だ。要するに、死刑などというものは、正義ではなく、憎悪と復讐心に満ちた、
人道的に最も劣悪な行為だということだ。


22 :朝まで名無しさん:2007/11/16(金) 20:24:17 ID:ThU8VtqL
>>21
死ね、馬鹿

23 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 00:02:56 ID:TeLmTRJY
>>20
>毒ぶどう酒事件や袴田事件
つい最近も警察が自白強要、証拠捏造、裁判官の偏った判決、と冤罪要素フルラインナップの冤罪が発覚したばかり。
要するに司法は昭和40年代から今迄、何の学習もしてない訳だ。
この現状を踏まえて冤罪を軽視し、まるで無き物のような感覚で判断するのは怒りを通り越して迷惑ですらある。
ここら辺の実状を実感できないのなら、死刑存廃議論に参加するのはやめてほしい。

24 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 00:48:03 ID:hr1+ZaGt
犬や猫が不治の病にかかったら即安楽死させるべきだっていう馬鹿が
死刑を論ずる資格などないね。

25 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 01:54:27 ID:NtutpiM9
>21
???※※※※※※※※※※※※※※※※???
???※凶悪事件の数は減少してきている※???
???※※※※※※※※※※※※※※※※???

全くの精神的近視としか考えられないような発言だな。
おまいさん、新聞やニュースを見た事がないのかね?

そもそも、現代の死刑は厳罰などではありえない。
最も慈悲深い刑なのだ。

26 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 02:15:14 ID:osmxTqVJ
>>21
おやおや・・・ココにも日本人特有の幸せ組がいましたか。

しかし「凶悪事件の数は減少してきている」には腹が痛いw

27 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 02:54:45 ID:hkhHgRFk
>>1
>書き込んだことが判明した場合、アク禁申請します。
→σ(^_^;)? 私かな?
誰かに呼ばれたような気がしたので来ちゃいました♪
お前も、私が立てたスレに来るなYO!
(^o^)/~~ さいなら〜

28 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 03:15:11 ID:hr1+ZaGt
yurikoってこれだからダメなんだよな。
一向に更生する兆しが見られない。

29 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 13:21:46 ID:EZc67xZk
http://aqualeafree.blog70.fc2.com/?m

30 :朝まで名無しさん:2007/11/17(土) 14:14:48 ID:3HLVvSmT
死刑もありうるほどの犯罪を犯しておいて懲役ですんだ人間の再犯率とかってデータあるの?

31 :朝まで名無しさん:2007/11/18(日) 02:10:19 ID:5D3i5969
yurikoは死刑は人権侵害だと言うのだが、終身刑は人権侵害ではないと
思っているのだろうか?

32 :朝まで名無しさん:2007/11/18(日) 21:29:23 ID:pSYiUAvA
>>23
日本で年間何件の犯罪が発生して、何件が逮捕されて、何件が送検されて、何件が起訴されているか。
これを知っていての発言ですよね?であればあなたの考え方がよくわかりません。
冤罪は0にする努力は必要でしょうが、0には決して出来ない。
そんなシステムは存在しないし、冤罪が恐ろしければ行刑など科せられない。

例えば欧米各国の裁判での無罪率を調べてみると、どれだけ多くの無罪判決が出ているか。
無罪判決ですら日本では冤罪とカウントされてしまうのはなぜなのか。
これだけ犯罪発生認知率が低く、裁判での無罪判決も極めて少ない、
自分の国の行刑システムを信用できないのは何故なんでしょう?

勿論冤罪発生を極力抑える必要があるのは確かです。
でも少なくとも死刑相当事件については「昭和40年代から何の学習もしていない」という
判断は誤りだと思いますよ。

価値観の問題であなたと意見が違うのは確かでしょうが、
「問答無用、だまれ」というに等しい発言は民主主義における議論としてどうなんでしょうか。


33 :朝まで名無しさん:2007/11/18(日) 23:24:12 ID:gVWYnXCY
荒れてますねw

34 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 12:50:03 ID:OYG5s2BG
>>32
全体的に何を言おうとしてるのかが理解できないな。もうちょっと整理して書いてくれ。

まず、起訴有罪率について拘ってるようだが、自分もこの点については言いたいことがある。
が、あなたのレスに関係があるかが解からないので、現時点では何も言えない。
起訴有罪率を以って、何を説明したいのかを明記してくれ。

>冤罪は0にする努力は必要でしょうが、0には決して出来ない。そんなシステムは存在しないし、
ゼロには出来ないが、運用はしなければいけない。だから、再審請求の道は閉ざしてはいけないと
言ってるんだよ。俺の言ってることの根拠を述べてるにすぎないな。

>自分の国の行刑システムを信用できないのは何故なんでしょう?
冤罪の可能性を排除できないから。

>でも少なくとも死刑相当事件については「昭和40年代から何の学習もしていない」という
>判断は誤りだと思いますよ。
なぜ、死刑相当に限定するんだ?こんな限定条件が出てくる時点で、その後の言葉には説得力が無い。

>無罪判決ですら日本では冤罪とカウントされてしまうのはなぜなのか。
冤罪という言葉の定義の問題だな。俺の言ってる冤罪はこの条件ではありえない。

あと一つ、死刑存置論者がよく使う手法なんだが、
>冤罪が恐ろしければ行刑など科せられない。
>勿論冤罪発生を極力抑える必要があるのは確かです。
この手の言葉を2、3回繰り返して、そのまま冤罪の可能性を棚上げしてしまう奴がいる。
「こういうことを書いたんだから、もう、冤罪については一切考えなくてもいい」
みたいな錯覚をしてるんじゃないだろうな?

ついでに、
>「問答無用、だまれ」というに等しい発言は民主主義における議論としてどうなんでしょうか。
さあ?俺はそんなこと言ってない。

35 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 19:46:10 ID:GbquoWjj
>>34
死刑についてはまだまだ議論する余地がありますが、あなたがここにいていいかどうかについては既に満場一致で結論がでてています。

あなたはここではいらない子です^^どうぞどこでも好きなとこへ行って、お好きに暴れて下さいね^^

36 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 20:55:22 ID:dqrVF1VI
死刑廃止論者は、殺人を廃止する事が出来るまでネット切りなさい。

37 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 21:41:33 ID:v2OlNKx+
冤罪で死刑になる確率よりも、死刑相当の犯罪の被害者になる確率の方が、圧倒的に高いので
冤罪を理由にする廃止論には、まったく同意できない


38 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 22:13:20 ID:InTEGgJR
>>34
冤罪の可能性は0にできない
死刑を執行すると再審請求権を失うので死刑にすべきで無い
不完全な制度で命を奪うのはやめよう、だったよな
これ以上言いたいことがあるか?あるのなら書いてくれ

>あと一つ、死刑存置論者がよく使う手法なんだが、
>>冤罪が恐ろしければ行刑など科せられない。
>>勿論冤罪発生を極力抑える必要があるのは確かです。
>この手の言葉を2、3回繰り返して、そのまま冤罪の可能性を棚上げしてしまう奴がいる。
>「こういうことを書いたんだから、もう、冤罪については一切考えなくてもいい」
>みたいな錯覚をしてるんじゃないだろうな?

0とは言わないよwでも皆が皆そんな錯覚してないと思う
そこでそれ以上議論が進まない又は進めないのは棚上げにしたいからってわけじゃなく
冤罪の可能性から議論を進めると存廃と離れてしまったり、広がり過ぎるってのがある


39 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 22:27:30 ID:OYG5s2BG
>>38
>不完全な制度で命を奪うのはやめよう
これは違うな。単なる尾ひれ。

>これ以上言いたいことがあるか?あるのなら書いてくれ
反証を待ってるのが現状だが、変な茶々入れが発生してるな。
そういうのは他の人とやってくれよ。

>冤罪の可能性から議論を進めると存廃と離れてしまったり、広がり過ぎるってのがある
>>14-16
言葉を言葉の通りに解釈して欲しいな。
こういう現象自体が、尾ひれ。
あと、ここでそのようになってしまうから、というのは冤罪を棚に上げる理由にはならないな。

40 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 22:42:36 ID:InTEGgJR
>>39
違ったっけ?前に「不完全な制度しか作れないのに命を・・・」て書いてたと思ったんだが
記憶違いだったか、すまんかった
>>14-16は読んだよ、その上で書いたんだが・・
茶々入れたかったわけじゃないし続けるのを邪魔する気も無いので退散するわ

41 :朝まで名無しさん:2007/11/19(月) 23:27:40 ID:OYG5s2BG
>>40
>「不完全な制度しか作れないのに命を・・・」
「不完全な制度しか作れないのにそれを棚に上げて死刑制度を作るような安易な思考をやめろ」
みたいなことは言ったね。

>茶々入れたかったわけじゃないし続けるのを邪魔する気も無いので退散するわ
あなたを茶々入れと言ったのではなく、そういうのが湧いてると言っただけ。
基本的に、茶々入れと思えばレスしない。あなたにはレスしてる。
反証があればレスしてくれよ。それがお互いの思想に良い影響を与えるなら、本望だ。

42 :38:2007/11/20(火) 00:26:23 ID:blw9EAz1
>>41
思いこみで人違いしたかと思った・・記憶をたどって一所懸命思い出してみたが
不完全な制度しか作れないのに死人を出すような・・うーん、だめだ思い出せんorz
要約したつもりだったんだけど読んでみるとなんかニュアンスが違ってるよな、すまない

俺はその意見に対して反証等はする気持ちは無いんだ
伝えたかったのは議論の仕方の違いみたいなものだったんだけど
それをここで議論するのもズレてる気がするのでとにかく退散するよ
ずっと興味を持って読んでいるので続けて下さい。

43 :sage:2007/11/22(木) 05:01:41 ID:R+oB/2/4
冤罪を理由に廃止と言っている人は

現行犯逮捕で、複数の目撃者もいて、
自供もしてて、再審請求も出されていない
というような、これ以上はないって確度で罪が確定してる場合でも
「死刑にすべきではない」という意見なのかしら。

少なくとも日本における廃止論と存置論の議論というは
上のように犯行自体は確定してるという条件下での対立だと思うので、
冤罪という要素を混ぜると議論が散漫になってまとまらない。

冤罪込みの議論はよそでやるとして
まずは>>1にある通り冤罪抜きで話し合ってみればいいじゃない

44 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 12:27:31 ID:GWGxCOr3
冤罪が絡もうが絡むまいが、刑罰としての死刑は必須である。
現行の無期懲役を廃止して、死刑に格上げすべきである。

45 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 13:05:14 ID:aTem1ulU
>>43
制度の話をしてるのに、そんな限定した条件の事件のみを以って本筋とするのは
論点のすり替えでしかないな。
俺は量刑の話なんかしてない。
制度上、死刑には矛盾があるので死刑という刑罰はどんな犯罪に対しても
課すべきではないということと、その矛盾点を指摘してるだけだ。
議論を散漫にしてるのは、その矛盾点を棚に上げようとする輩が居るからだ。
例えば>>44みたいな奴な。

46 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 13:31:01 ID:0GE4RG5W
>>45
それは廃止論側もそうだな。

冤罪による回復不可能な殺人、という立場と、
冤罪の可能性とか関係無くとにかく死刑反対という立場を
そのつどそのつどコロコロ変える輩が多いのは確かでしょう。

だから限定した場面で話すのが議論が深まる、と提案するのは間違いじゃない。

存知論者は
冤罪可能性が完全排除された場合における、死刑という刑罰の意味合い、妥当性を
説明しなくてはいけないし、
廃止論者は
冤罪可能性が完全排除された場合における、死刑という刑罰の非妥当性を説明せねばなるまい。

まずはここから始めようという提案を何故に忌避するのか。


47 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 14:18:22 ID:aTem1ulU
>>46
>そのつどコロコロ変える輩が多いのは確かでしょう。
棚上げする奴と同じように多いな。
俺は逆に一貫して同じことばっかり言ってるので、食傷気味だが。

>限定した場面で話すのが議論が深まる、と提案するのは間違いじゃない。
棚上げの実績がある以上、この言葉も棚上げへの布石にしか聞こえないな。
因みに俺は全事件を対象にし、更にたった一つの制度上の矛盾点に限定して
議論してるんだけど、何か不都合でも発生するのか?

>冤罪可能性が完全排除された場合における、
この前提条件がありえないと言ってるんだが?
またまた登場ですか。健忘性ループ野郎。
存置論も廃止論も冤罪の可能性を無くせないのを前提に、妥当性、非妥当性を
説明すればいい。
そして俺はもう、それをやっている。

>まずはここから始めようという提案を何故に忌避するのか。
笑わせるな。単なる棚上げだろ?

48 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 23:13:26 ID:0GE4RG5W
>>47
レトリックで誤摩化してるのはどっちだよw

死刑という刑罰の非妥当性は冤罪可能性がゼロにはならないからという事だけ
というふうに聴こえるぞ。
そしてそれは、全ての刑罰にも同じ様に言える訳で、
この国の裁判制度自体が脆弱なものであると言っているのと同じだ。

刑罰の是非を論議するのに、罪状の確定が怪しいから、ってそこまで戻らにゃならんのか?

「刑罰そのものの意味」を話し合いたいと言ってるのに。

オレの立場を言っておくと、「死刑は無い方がいい」って立場だ。
少なくともホイホイ殺すのは良く無いと思う。
宅間や麻原の例を見ても分かる様に、死にたい奴を殺すのが死刑の本質とは思えないからな。
改心して真人間に戻っても殺される、という理不尽さが死刑の本質だろ。



49 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 23:30:47 ID:aTem1ulU
>>48
お前、健忘性ループ野郎確定だな。
時系列を整理してみろ。

50 :朝まで名無しさん:2007/11/22(木) 23:45:07 ID:2Ne+/DRp
>>43
冤罪を論拠にした場合のやりとりは多分黙って読んでるだけの人が多いんじゃないかと
論として成立するととるかとらないかも人によって違ってるだろうし
現実に廃止した場合に可能かどうか、どうするのかにかかってくるので別の議論が必要と俺も思う

要は疑わしきは罰せずがちゃんと機能してると見るかどうかなのかもな
現実に警察のでっち上げとかあるんだけどさ

51 :朝まで名無しさん:2007/11/23(金) 01:06:03 ID:+L2t4AtE
お前らが棚に上げてるのはこういうことだ。
ttp://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/kagoshima_prefectural_assembly_election_case/

よくもなぁ、現実逃避できるな。
正気の沙汰とは思えない。
頑張れよ、魔女狩り肯定論。

52 :朝まで名無しさん:2007/11/23(金) 01:22:55 ID:NqaQJ/I8
国会で可視化法案出そうだよね
警察庁も取調室の監視やら巡回するとかどうとか
録音、録画は捜査に支障が出るからしないらしい・・
ここでもそういう話出てたけどなんで無理なのかな
支障って具体的にどういうんだろうな?

53 :sage:2007/11/23(金) 01:44:09 ID:6/3TUvll
>>47さんの言ってることはおかしいよ。

死刑に限らずどんな刑罰でも冤罪の可能性はあるでしょ。
刑全般の問題を、死刑存廃議論の時に特別スポットを当てる必要はないと思う。

だから冤罪という要素を外したという条件下での
死刑の存廃を議論してみようと言ってるのに
なんでそれを否定するかな。

あなたの意見が冤罪の存在をなしに成立しないものなら
今回の議論には参加しなければいいだけの話じゃないの?
少なくともここでは>>1に冤罪は条件から省くって名言されてるんだし。

どうしてみんながあなたに合わせないといけないの?

54 :朝まで名無しさん:2007/11/23(金) 03:42:45 ID:w5ZLLSj3
>>52
法廷で開示する必要が出て来た時に都合が悪いんだろうなぁ、とは思う。
ヤクザ絡みとかで、敵対する勢力を利する情報がだだ漏れになっちゃうからな。


55 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 04:44:03 ID:OH6OgzPG
また、健忘性ループ野郎のお出ましか。
冤罪の可能性を無に出来ないということは、冤罪の要素は外せないということなのに。
これでいて、魔女狩り認定すると否定するんだからな。
死刑とそれ以外の刑罰の決定的な違いを理解してない。
刑罰全般の問題が、死刑のみ矛盾を発生させてるのが解かんないんだろうな。
俺にあわせる?笑わせるんじゃないよ。
冤罪の要素を外した、非現実的な条件での死刑存廃議論なんて意味がない。
意味があるというのなら、まずは死刑が抱えてる矛盾を解消してみせろ。

56 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 08:40:20 ID:QCptQO7u
>>55
取りあえず、冤罪の可能性とやらを数値化しなさい。
話はそれからだ。

57 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 10:44:30 ID:OH6OgzPG
>>56
制度が抱えてる不備の有無であって、数値化とかいう問題ではない。
仮りにとんでもなく低い数値だったとしても、それが存在するならそこまでだ。
有るか無いかの問題であって、それ以上のことではない。
ここら辺が魔女狩り待望論者にとって不都合なのは理解するけどな。
お前の方こそ、死刑が抱えてる矛盾を解消してみせろ。
話はそれからだ。

58 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 11:27:36 ID:QCptQO7u
>>57
君が言っているのは抽象論です。
具体的且つ客観的データが無いのなら、それは単に感情論にすぎません。
池田小学校事件のように、冤罪の余地の全くないケースも存在しますので、
可能性云々だけでは通用致しません。
悪しからず。

59 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 13:13:42 ID:BeCWL5mv
冤罪で死刑なんて、発生率の極端に低い事象を理由に
システムそのものを廃止しろってのはただの暴論
冤罪が発生するのは死刑があるからではないし
廃止した国でも冤罪を理由とはしていない



60 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 15:06:49 ID:ydkQBK1x
交通事故があるから車は廃止すべき、に近いような。
理屈は成立してるけど現実的ではない、と思う。

61 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 15:42:14 ID:OH6OgzPG
>>58
>具体的且つ客観的データ
>>51
他にも有るけどな。
あくまでも有る無しの問題なので、これ以上のデータは必要ない。
>冤罪の余地の全くないケースも存在
だったら何?そういうケースが存在することと、制度の不備と何の関係があるんだ?

>>59
冤罪そのものを理由にしてるんじゃない。
健忘性ループはいい加減にしろ。

>>60
全然近くないな。
司法制度は常に運用していかなければいけない。
運用するのにこうすべき、ということを言ってるのであって、運用を廃止しろとは言っていない。
むしろ、もっと堂々と刑罰を課すための死刑廃止だ。
現実的でないと思うのは、コストとか感情とかの別の理由で魔女狩りを容認してしまう棚上げ症候群が原因だろ?

62 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 17:59:54 ID:CRRpwkeg
>>61
質問なんだけど、
>>冤罪の余地の全くないケースも存在
>だったら何?そういうケースが存在することと、制度の不備と何の関係があるんだ?

ここは制度の不備と関係無くもないんじゃないと思う
冤罪の可能性の無い場合とある場合とがどちらも死刑になったとしたら
問題があるのは、冤罪の可能性があったのに死刑になって再審請求できなくなる、だよな
全て廃止にはせず宅間のような場合とわける、という選択肢は無いの?

63 :sage:2007/11/24(土) 21:07:51 ID:I9PWJxao
人権だとか国家による殺人だとか冤罪以外の理由で
死刑に反対する人いますよね?

冤罪込みの議論をする前にそういう人との議論に結論を出して
おきたいので、このスレでは冤罪ファクターを除外した上で
話し合ってみましょう

ということなのに>>55>>57はそれをまったく理解していない。
冤罪込みの議論をしたいのなら別の場所でやればいい。
自分が空気を読めない邪魔者だって気づかないのかな。

この人の持論は冤罪の可能性を前提としたものなんだろうけど
それはつまり、このスレではお呼び出ないってことなのに。


64 :sage:2007/11/24(土) 21:11:34 ID:I9PWJxao
そもそもコテハンも名乗らずに
他の人が自分の主張を理解しているのを前提として
話を進めるのってかなりイタい・・・



65 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 21:13:50 ID:OH6OgzPG
>>62
分けるもなにも、同じ司法制度の中で行うんだから、同じだよ。
何度も言ってるけど、制度に不備があるんだから、ある特有の事件を以ってその不備を否定することはできない。
あと言っておくけど、当事者以外の国民にとって、死刑は完全に国民と隔離する以上の意味はない。
あなたが何と言おうと、あなたが事件の当事者(被害者系類、加害者系類)でなければそれ以上の意味は無いんだ。
そこから先のあなたの感情は、それそのものがおこがましい物でしかない。
それらが量刑に含まれるような考え方自体が感情論なんだよ。

あと、ちょっと話がずれるんだけど、宅間守の場合は殺すべきじゃなかったと思う。
あんな死に逃げさせずに、徹底的に研究材料としてしゃぶり尽くすべきだったと思うよ。
死刑制度があるせいで、それができなかった。
法相も、安全な死刑囚、ということで執行を急いだしな。
普段は躊躇しまくってる癖に、こんな時だけ判子を押してるなんて、お笑い種だよ。

66 :yurikoの後輩 ◆l5CPobFHM6 :2007/11/24(土) 21:15:21 ID:ddCl4pCj
どこからでもかかってきなさい!!

67 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 21:17:03 ID:OH6OgzPG
>>63
冤罪込だと、理論的には詰んでしまう。
だから、冤罪は外しましょうということだろ?
まさに、魔女狩り棚上げ推進論だな。

>>64
俺は全部、説明してる。
他人の理解なんて当てにしてないよ。

68 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 21:49:49 ID:wucIIFsG
>>65
>法相も、安全な死刑囚、ということで執行を急いだしな。
>普段は躊躇しまくってる癖に、こんな時だけ判子を押してるなんて、お笑い種だよ。

これはほんとにそう思う。
結局動機も何も分からないまま、ただ、殺したから殺された、っていう
不可解な思いしか残らないものになっちゃった。

麻原はちょっと違っていて、判決が出るのを延々と引き延ばしたあげく、本人が狂っちゃった。
福田の場合も近い事になるかもしれない。死刑云々よりそっちが気持ち悪いんだよね。
どう判決が出ようと極悪人は極悪人。何で殺したか、殺した事は悪いと思っているのか
などが語られるのはほんの一握りの例でしか無いのだろう。

死刑によって極悪人をこの世から消してしまう事の対価として人々は社会的コストを背負わなくては
いけない。今は執行刑務官や判決を出す裁判官がそれを一手に引き受けている状況。
それは良く無い。

コストを公平に分担するには、無人島かなんかでの終身刑にして、税金という形で国民が
負担する、という形をとるのが望ましいと思う。
無論、更正のための刑務所ではなく、完全に入れておくだけね。



69 :朝まで名無しさん:2007/11/24(土) 23:40:47 ID:OH6OgzPG
>>68
>何で殺したか、殺した事は悪いと思っているのかなどが語られるのはほんの一握りの例でしか無いのだろう。
棚上げしたい人達も興味はないだろうから、そういうのが多数派であるうちは、同様の現象はこれからも起こると思うよ。

>無人島かなんかでの終身刑にして、税金という形で国民が負担する、という形をとるのが望ましいと思う。
税金は既に使われてるけど、懲役付き終身刑なら少しは負担が経るし、わざわざ無人島なんか使う必要はない。
設備も流用できるしね。

>更正のための刑務所ではなく、完全に入れておくだけね。
当然、国民から完全隔離するのだから、恩赦なんかの対象にはしてはいけない。

70 :62:2007/11/25(日) 00:07:07 ID:9iey6UV/
>>65
宅間と書けばあれこれ説明無しで分りやすいと思ったので使った
宅間を出して何某か反論したいのでも何か印象付けたいわけでもないよ
もしかしたら全て同じなのを制度の不備としてるのか確認したかったんだけど
よく考えたらそうならそう最初からそう書くよな・・・
どうも今まで書いてる他に何か考えがあるように見えるんだけど考え過ぎ?

宅間の死刑はそんなに急がないでよかったんじゃないかと思ってる
調べたところでどれだけ何がわかったかは予想できないんだけど
僅かでもああいう考えに至る原因を究明して欲しかった

俺の感情がおこがましいかどうかは、どうかな・・そうかもしれんがよくわからん
62を書いてるときの感情は「もしかしてこうか?違うか?何考えてんだろう?」くらいのもんだったよ


71 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 02:34:35 ID:CZykCOkl
で、だ。
どうするのがいいんだ?



72 :sage:2007/11/25(日) 06:03:44 ID:WfvBadCj
>>67さん
>冤罪込だと、理論的には詰んでしまう。
>だから、冤罪は外しましょうということだろ?

いえ、違いますよ(w


>>64
>俺は全部、説明してる。
>他人の理解なんて当てにしてないよ。

いやいやいやw 私が言ってるのはそういうことじゃなくて
貴方が何を言おうが、コテハンじゃないから
それを特定個人である「アナタ」の継続的に表明された意見だと
認識できないってこと。


ご自身の意見になにやらすごい自信をお持ちなのはわかりましたし、
なんとしてもその持論を開陳したいお気持ちは重々承知してますが
スレ違いなのでどうぞここでは自重してくださいね。

73 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 13:45:22 ID:AXKQp4vx
>>70
>今まで書いてる他に何か考えがあるように見えるんだけど考え過ぎ?
死刑制度に矛盾があることを検証したかっただけだけどね。
ただ、懲役刑の医療事情なんかも考えると、結構、悲惨な条件で拘束してるんで、それで終身刑となると残酷な目にあわせてることになる。
そこら辺を知らない人は、単に、死刑から終身刑に刑を軽くしてるようなニュアンスだけで判断してるような気はするな。
刑務所で癌になんかなると悲惨だぞ。
ある意味、自分の命でギャンブルやってるようなもんだ。

>>72
このスレになっていきなり冤罪を排除するようなルールが作られた。
それまでの1は、痛いのもあったけどこんなルールは無かったんだ。
議論といいながら、死刑肯定の結論ありきでその目的を達成するために
不都合な物を排除したとしか思えんな。

74 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 14:10:02 ID:j5kVYIje
冤罪は、いかなる視点からも死刑の存在と無関係である
事が明白なので排除するべきだ。

75 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 14:10:19 ID:AsV21p7e
冤罪以外の廃止論も聞きたいのに二言目には冤罪冤罪じゃ冤罪論禁止にもしたくもなるわ

76 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 15:20:04 ID:pVoLps/r
死刑という一つの方法に限らず
一定割合以上の死者を出さなきゃならないのが人間社会。
死刑以上に人間的且つ平和的な口減らしの方法があるのか?

77 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 15:35:22 ID:j5kVYIje
そもそも、冤罪を根拠として死刑を廃止しようとしている輩は、それが
どういうことなのかを解らずにヒスてリックに泣き喚いている。
ヒステリックであるが故に議論が成立しない、致命的である。

78 :肝臓:2007/11/25(日) 15:39:08 ID:kF/JHsGa
冤罪は「警察の捜査上での問題」であり「刑法上の問題」ではない。よって、冤罪理由で死刑廃止という考えは理論的に成立しない。
「刑法上の問題」である死刑を刑罰として妥当かを論議する上で、論点がずれている冤罪の観点から書き込みすることを禁止した。
スレッドのルールはこうじゃなかったかな?



79 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 16:45:45 ID:Fb0VscoP
人間は誰しも皆平等なんでしょ?
この大前提がある限り、1人でも殺したら、(よっぽどの事情がない限り)死刑で釣り合う。
それにも関わらず今の日本では人間の命の価値は数年です。本当にありg(ry

80 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 17:55:29 ID:AXKQp4vx
もう、健忘性ループ指定はしないぞ。
いい加減疲れるよ。
こういう輩は。orz

81 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 17:56:05 ID:pVoLps/r
>>79
建前と理念を何処までってのが難しいが、その話は無理がある気がする。
死刑ってのは、罪人を国民全員で殺す制度だ。
殺人の罪科を国民全員で割り算することは、するべきではないと思う。
受刑者/国民総数=各個人の殺人数ではなく
受刑者=各個人の殺人数だろう。
全員が一人以上殺してるんだから辻褄合わなくなるぞ。

82 :朝まで名無しさん:2007/11/25(日) 21:01:59 ID:7ef9cGzI
頑張って、ディベートしてね。
ついでにこのスレを本スレにして下さい。



83 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 01:42:31 ID:COu9srxs

詐欺師政治屋、汚職公務員、うじ虫天下りは

死刑にする法律を作れ

抑止効果がないと血税が食いつぶされる

84 :sage:2007/11/26(月) 03:01:13 ID:fOrpeKqw
>>80さんはご自身こそが健忘症的に同じ主張を
何度もループさせているのにお気づきでないようですね。

>死刑肯定の結論ありきでその目的を達成するために
>不都合な物を排除したとしか思えんな。

何度も言ってるけど、まずは冤罪以外のファクターで死刑廃止を
主張してる人と議論しておきたいということなの。
だからこのスレで死刑肯定の結論が出ても
あくまでも限定条件の中だけのことで
ほら死刑肯定だワーイって騒ぐわけじゃないし
あなたの意見が否定されるわけでもないのよ。

死刑執行による再審不可能性の問題は
この議論の後でやるか、別のスレを立ててそっちでやってね。
私もいい加減ワガママ君に同じことを諭すのに疲れてきたし。

85 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 06:31:35 ID:1jVnvWU1
>>84
>同じ主張を何度もループさせている
しょうがないよな。
論破できないんだから。
俺の言う健忘性ループとは意味が違うけどな。

>冤罪以外のファクターで死刑廃止を主張してる人と議論
順序が逆だ。
死刑に矛盾がある以上、その矛盾を抱えたままその刑について議論してもしょうがない。
まずは、抱えてる矛盾を解消して見せろ。
ここら辺が棚上げのいい例だな。

>私もいい加減ワガママ君に同じことを諭すのに疲れてきたし。
お前より先に俺の方が疲れてるよ。
死刑を肯定してる奴って脳味噌共有してるの?

86 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 07:58:30 ID:OMz9tYtU
死刑廃止議論は出口見つからず。故に現在死刑確定の囚人は速やかに刑を執行するべき。秩序を重んじ日々、勤労に励み人生を全うしている人間から支払われる国の為の血税を犯罪者に費やす必要性微塵もなし。

87 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 08:11:37 ID:S0Ftl479
>>84
ほっとけよ、もう
まともに議論できる人間じゃないぞ
自分だけが正しい君はほっとくのが1番


88 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 14:54:02 ID:1xgvyKdy
>自分だけが正しい君はほっとくのが1番

自分とその同意者だけが、でもいいね

89 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 18:55:42 ID:ehijrpEX
死刑には一切の矛盾はない。ないものは提示できない。
存在すると主張するなら、その矛盾をはっきり筋道を立てて論拠しなさい。
絶対に無理だと考えるが、やれるものならやってみなさい。

90 :朝まで名無しさん:2007/11/26(月) 21:10:37 ID:9qT0DIYI
まあループの理由はそれだけじゃないけどね。
ここはメンバーが決まってるわけじゃないし、コテも基本名乗り放題。
いままで議論してきた内容を示すテンプレもあまり充実しているとは言えないし(まとめサイトでもあればいいんだけど)
似たようなこと考える人はいるだろ。そもそも、オリジナリティある意見を言うような話題でもないし

俺としては、議論ていうのは「よりよい結論に至るためのもの」だから
論点を一時棚上げして他の論点の「外堀を埋める」というのは決して悪くないと思う。
棚上げしたまま最終結論までもってくのは論外で、説得力のないものにしかならないだろうけど。
存置は存置で、廃止は廃止で意見が割れることもあるだろうしね

91 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 06:17:20 ID:MRbRUoSf
こいつ(>>89)なんかループ以前の問題だぞ。
こういうのが湧いた場合の責任は俺にあるのか?
責任持つ気は全く無いが。

92 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 06:25:21 ID:MRbRUoSf
俺は反証を待ってると言ってる。
だが、現実にはループばかりで反証無し。
このスレでは、ループに付き合わない人を「自分だけが正しい君」と呼ぶのは解かったが
そういうのを棚上げということにも早く気付けよ。

93 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 08:50:58 ID:XXpivXEo
他の存廃スレから来ましたよ。

>>90
同意。どっちの派でもスタンスの違う人がいるので、
存置か廃止かって事を議論するには外堀抜きにできない。

94 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 09:17:04 ID:J3X3qHEh
>>91
誰の責任でもないと思う。
文言で見れば、死刑制度に「矛盾アリ」とする意見に疑問があるということだから、
その「矛盾アリ」とする根拠を示せばレスが帰って来るんじゃないかな
抑止力や冤罪など、根拠の如何によって示すべき反証も変わると思う。
相手にするかしないかは義務もなにもないから気にしなくていいけどな

95 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 11:28:39 ID:e1jPZiyu
死刑廃止を訴える立場ってのは色々ある。
正直、廃止派だからと言って皆が人権真理教に取り付かれてるわけでも無いと思うよ。

1.極悪人は極刑に処さねばならんが、死刑には矛盾が多い(冤罪の危険)
 ぶっ殺したいのはやまやまだけど、もしもの場合もあるからな。

2.極悪人なんていません。必ず更正します。
 加害者の人権を守れ!

オレはかなり1に近い。死刑を廃止するなら終身刑を作りなさいって感じ。
廃止しないにしても、即執行は絶対NG。死に充分直面した上で死んで頂きましょう。






96 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 12:17:45 ID:MRbRUoSf
>>95
もうちょっと、原始的な部分で切り分けたらどうだろう?

ある凶悪犯が居たとして、国民からこの凶悪犯を隔離しなければいけない。

1.殺す。
2.隔離ができればそれでいい。

どっちを選ぶかだな。
いろいろ理由もあるだろうし。
俺はあなたの分け方では1で、この場合は2だけどね。
いずれにしても終身刑が必要だけど、実は終身刑って新たに制定する必要は無いんだよ。
誤解してる人が多いんだけど、日本における無期懲役って実は終身刑なんだよね。
運用上20年前後で釈放する方向で運用してるってだけで、その方針を変えて一生刑務所に入れておくこともできる。

97 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 12:37:02 ID:XXpivXEo
>>95

1の「もしものこと(冤罪)」っていうのなら
「もしものこと(脱走や再犯)」も考えないといけないだろう。

さらに
3、死刑ではなまぬるい
4、理想思想浸透の為殺さない
ってのもあるよ。

98 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 12:49:18 ID:MRbRUoSf
>>97
あんた何言ってるの?
>>95とは何の関係も無いことをいってるぞ。
脱走や再犯はそれそのものが刑罰の対象なので、とっ捕まえて裁けばよい。
3,4にいたっては>>95の前提条件とは関係がない。
自分の書いた文章をよーく読んで、検証してみな。

99 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 12:52:13 ID:XXpivXEo
立場がいろいろあるって話じゃないの?

100 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 14:21:36 ID:wneJk5BF
>脱走や再犯はそれそのものが刑罰の対象なので、とっ捕まえて裁けばよい。

実に摩訶不思議な事に、このような考え方をする人間が、なぜ冤罪を「予防」する
為に「刑罰その物を廃止しよう」という結論付けをするのか?
まったくもって非論理的である。

このような非論理的、非根拠的態度を表明しておきながら「反証しろ!」と喚き
続ける。

どうやったら「議論」になるのか?ほとんど不可能であろう。

101 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 16:29:57 ID:2lJTOQxo
>>100
こういう妄想野郎はいい加減にして欲しい。

102 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 16:39:28 ID:F8AZHKM1
刑罰を廃止しろとは言ってないじゃない。

103 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 16:49:16 ID:a1j8nPhC
このレスを見たあなたは確実に交通事故に会います



逃れる方法はただ一つ
↓このスレに行き
http://game14.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1184857893/
http://game14.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1175105268/
http://game14.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1170781766/


蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾
蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾
蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾
蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾
蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾
蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾
蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾
蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾
蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾
蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾
蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾
蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾蛾



と書き込んでください。書き込まなければ確実に明日交通事故にあいますよ

104 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 17:21:00 ID:e1jPZiyu
>>96
どうだろう?
終身刑ってのは刑に一切「更正のため」という事が入らないから。
単に運用をいじるだけではなぁ。


105 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 22:58:32 ID:2lJTOQxo
>>104
可能であるってだけね。
あと、現状、無期懲役って「何時かは出られる刑」だろ?
そのタガが外れるのは、いろんな効果を生むと思う。
それを狙って犯罪を実行してしまう奴もいるし。

106 :朝まで名無しさん:2007/11/27(火) 23:51:25 ID:M0TueVDM
現在の刑法の殆どは、明治時代に作られたことを頭に入れておかないと
勘違いをするよ。
刑法とかって、明治時代からあまり変わってなかったりする。
無期懲役って、元々終身刑の意味で作られている。
当時の日本人の平均寿命は49歳。刑務所はといえば、かなり劣悪な環境。
だから無期懲役が作られた当初は、死ぬまで刑務所から出られ無いことを
意味していて「運が良ければ出られるかも?」ぐらいの意味合いしかなか
った。
現代人が無期懲役を軽い刑罰と感じるのは、人権を旗印に刑務所の環境改
善が行われ、健康的な務所暮らしできるようになったため、受刑者の寿命
が延びただけだったりする。




107 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 02:04:09 ID:ijSPm+Zf
軽いまとめ


冤罪論者の死刑廃止は死刑と言う「刑」そのものを否定してるわけではなく
運用上の問題からリスクヘッジできないって観点。

対して人権論者の死刑廃止は「刑」自体が人権蹂躙なので廃止すべきって立場。
更正可能性や精神薄弱者犯罪、少年犯罪などをよく例に出す。
もちろん、その冤罪・人権両方派もいる。

対案として出されるのは仮釈無しの終身刑しか無い状態だが冤罪派はコレが微妙。
冤罪リスクは当然終身にも存在するが、死んで無いなら何とか取り返しがつくって論。

人権派はまだ楽で、目的が死刑廃止そのものなのだから
終身なら妥当と落としどころとしては悪くない。

死刑派は主に冤罪派に対しての反駁になる。
冤罪確率の少なさ、再犯率対冤罪率の多寡などを基に一定のリスクを
国民が負うのは止むを得ないと言う説。
また終身にしても結局取り返しは「つかない」と言う論。

対人権派には殺人者の人権など認めん、で一蹴。
また、被害者サイドの人権が無視されている現状もよく言われる。

108 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 03:03:26 ID:pUG9CVmC
>>101 のような低脳と「議論」をしなければならない(なるわけないが)事は、
正に拷問であって、非常に苦痛である事は言うまでもあるまい。

>>102 おや、死刑という刑罰を廃止しろと主張(但し確たる根拠もなしで)して
いたのではないのかね?それとも「死刑廃止論者=若年性アルツ」なのかね?

109 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 03:07:02 ID:pUG9CVmC
>>107
> 死刑派は主に冤罪派に対しての反駁になる。

間違った解釈である。
冤罪は、そもそも死刑廃止の論拠にならないと主張している(少なくとも私は)。
死刑と言う刑罰は必須であり、死刑を廃止するに至るべき理由は一切存在しない。

110 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 03:17:13 ID:pUG9CVmC
また、誤解があるといけないのではっきりさせておくと、私自身は現行の
死刑が該当する犯罪、もしくは行為に加え、責任能力がない場合(所謂
神経なんとやらや未成年者)や「殺意」がなかったとされる場合、さらに
事故に起因する場合においても1名の生命が奪われた場合においては
その犯罪または行為を行った者に対して量刑として死刑を該当させるべき
であると考えている。

いわば、死刑拡大論者であることを、ここに明言する。

111 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 08:44:44 ID:KSzroZsM
>>107
俺はその廃止論者内での議論が見たいんだが。
そこで結論が出ないうちに存廃で議論しても収拾がつかない。
ごね得狙い廃止論者にいくらでも逃げ回られて迷惑なだけ。

112 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 11:45:41 ID:3lYXskjX
死刑より先に社会保護を強化して欲しいと思う廃止派寄りの俺

113 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 16:01:28 ID:pUG9CVmC
まず、現行の殺人として裁定される犯罪において1名の殺害が行われた
場合に、必ず死刑が裁定されるよう提言する。
また、死刑の執行に法務大臣の命令を要する現行の規定を解消し、再審
請求などの期間を含めない6か月後に、自動的に執行されるよう修正すべき
であると強く要望する。

114 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 16:59:29 ID:KSzroZsM
死刑を廃止するのは、全ての「犯罪者でない求職者」が屋根の下で暮らせるだけの職を得、
「犯罪者でないニートやひきこもりやPTSDを持つ人」が定職に就けるように更生できた後で良い。

115 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 22:11:55 ID:ijSPm+Zf
少し論点を変えてだな

死刑があっても無くても構わんのでそれは置いといて
終身刑の扱いはどうだろかね?

20年で出られる無期と何があっても、どんなに更正しても懺悔しても
出られない終身刑との差は大きいと思う。
まずはコレを導入・運用してから、期が熟した後
改めて死刑廃止論を考えるってのも手だと思うんだが。

それまでは死刑併用もできるんで当面死刑>終身>無期って感じで
やって行くってのは悪く無いと思うんだが。

116 :朝まで名無しさん:2007/11/28(水) 23:49:02 ID:30fKixGn
存廃についてはだいたいは自分の立ち位置変えない人が多いよな
議論してる内に変わりましたって人を見た事無い
だから尚更自分の考えを変えるような意見を見てみたいとも思うんだけどさ
言ってる事はある程度理解できてもそこに立とうと思わないものなぁ

117 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 00:08:47 ID:nwjZvs6n
結局、死刑を是非とも廃止せねばならない理由、もしくは、そう主張するに至った動機とは、いかなる
ものなりや?

118 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 00:41:33 ID:1Ve4imq1
人権派の死刑廃止論者は死刑廃止を通じて
どういう社会を目指しているのかがサッパリわからない。

例えば私は平和憲法によって平和が確保されるとは思っていないけれど
9条信者がどのような社会を目指しているのかは理解できる。
それはおそらく日本も外国も武器を捨てた「平和」な社会だ。
実現可能性は別にして、それは理想的であると理解はできる。

だけど人権派死刑廃止論者は凶悪犯を死刑にしないことによって
どんな社会が作り出したいと願っているわけ?
目指すべきビジョンも示さずに、現状問題なく機能している制度を
変える必要を普通の人が感じることはない。

119 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 00:54:46 ID:2L6/bC1V
フランスで終身刑で平均27年くらいらしいんだけど
残酷だから20年以下にすべきって話しが出てるとか少し前に読んだ記憶が・・
はっきり20年以下と決めるとして年長者は早い目に出れたりすんのかね
まあ日本と違って凶悪犯とかその場で撃っちゃっててそんな危なくないのかもしれんけど



120 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 02:31:03 ID:1Ve4imq1
犯人が40歳だったとして
終身刑と懲役25年とどっちが残酷かってのは
誰にもわからないよねぇ

121 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 04:49:55 ID:misr60Zm
結局、健忘性ループか。
反証できる奴居ないの?

122 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 07:31:27 ID:VTrWqsOS
今の日本の法律を変えようとしてるのは廃止論側なんだから、
廃止論のきちんと統一された結論をいつでも見られるところに出しておくべき。
掲示板での議論で毎回引用できる決定版のホームページすら無いようでは、
国の制度を変えるのは無理。
というか、こんな程度で法律が変わるようじゃ、法治国家としてヤバイ。

はっきり言って廃止論側は、廃止論内部で結論が出てないか、激しく手を抜いてるか、
正式に証拠となるウェブページと残すと追い詰められて困るから、わざとあやふやにしてるとしか思えない。

123 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 11:36:42 ID:misr60Zm
>>122
時折こういう妄想の強いレスがあるけど、相手にしなくて良い?
おそらく同一人物だと思うんだけど。

124 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 17:21:02 ID:D8D2PEwk
まず存置か廃止かという立ち位置を決めてそこから理屈をひねり出す
という発想の人が多いなと感じる。

125 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 17:38:17 ID:nwjZvs6n
>>121=123
一所懸命探したのですが、どこにもないのです。→死刑を廃止するに足る論証が。
なので >>117 で聞いてみたのですが、誰も回答してくれません。
反証する対象である論証がないので反証しようがないのです。

126 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 22:32:47 ID:Qx08+yV9
>>124
そうかもな。基本どっちゃでもいいから。

人権屋は何のつもりか分からんけど、交通事故死を防ぐ運動とか
ガンを撲滅する研究とか、そういうのをやったらいいよ。


127 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 22:43:06 ID:misr60Zm
廃止論者=人権屋、というロジックが理論を棚上げしちゃうんだろうな。
存置論者がここまでヒステリックなのは、根源が感情だからだと思う。
でも、そんな理由で魔女狩りに対する違和感を感じなくなるのは何故?
ひょっとして集団心理?

128 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 23:01:01 ID:Qx08+yV9
>>127
それは確かにあるな。
魔女狩りが何の事を指しているのかはピンとこないがね。

オレは基本どっちゃでもいいが、冤罪は取り返しがつかないから死刑は無くすべきというのは
理解出来るよ。
ただ、現状で死刑を廃止してしまうと、最高刑が20年程度で出られてしまう無期懲役って事に
なってしまうから、それはアカンだろうと思うだけで、死刑廃止論にとって冤罪ってのは
充分な根拠だと思うぜ。

所詮、被害者と加害者、刑務官以外はみんな他人事だからね。
何をどう言おうとさ。


129 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 23:06:08 ID:VTrWqsOS
非廃止論者=根源が感情、というロジックが理論を棚上げしちゃうんだろうな。
廃止論者=根源が感情ではない、というロジックが理論を棚上げしちゃうんだろうな。

130 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 23:17:20 ID:wtjz6coG
>>124
自分自身の意見ならそうなるはずないんだけど
そう見えるのはどうしてだろうな?

>>127
そんなにヒステリックとは感じないけどなぁ
皆わりと穏やかな方なんじゃないかと思うよ

魔女狩りは俺もよく分らんのでよかったら説明頼む

131 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 00:19:01 ID:87P3qtU9
>>128
俺は冤罪そのものを問題にしてるんじゃなくて、冤罪という現象を受け入れた上で、こうなんじゃない?
っていってるだけ。
あと、無期懲役(禁固)は運用を再検討するべき。
有期刑では最高が30年なんで、今後はそれ以上の尺度にするべきだし。(実際、そのように移行してる)
運用を変えることで終身懲役(禁固)は姿を変えられるので、そこら辺は死刑が廃止されれば、すぐに変わるんじゃないかな?
あと、魔女狩りは麻痺してなければ理解できることだと思うんで、敢えて説明はしない。
解からないのは麻痺してる証拠だ。

>>130
再掲するが、
>廃止論者=人権屋
この反応な。
これをヒステリックといって何が悪いのか、説明できるなら説明してみろ。

132 :130:2007/11/30(金) 01:12:08 ID:Gz3wePyw
ヒステリックの解釈にもよるけど俺は読んでてそんなに思わないなぁ
今まで「廃止派=人権屋」って反応が多かったっけかな・・
人権屋も含まれるだろうけど全員人権屋と皆が皆決めつけてもないだろう?

麻痺してる証拠なのかw
そういう答えが返ってきそうな気がしたから、それはやめてくれよと書こうかと思ったがやめた
やっぱり書けば良かったと思ったよw麻痺かぁ・・うーん・・
実際に無実の人を処刑じゃなくて、ここでの魔女狩りなんだよな?
わかりそうな気もするけどわからん〜もう少し考えてみるわ

133 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 01:18:39 ID:mBHvEcmK
>>131
>冤罪という現象を受け入れた上で、こうなんじゃない?

へ?こうなんじゃない?ってどこかに言及してるか?

ずいぶんヒステリックな書き込みだが、何がそんなに逆鱗に触れたのか意味が分からん
オレは肯定してるじゃないかw

魔女狩りって光市の犯人の事を言ってるのか?
だから言ってるだろう?所詮他人事だって。
自分の嫁と娘があんな感じで殺されたらオレはどうするかな?とは考えるけどね。

ま、これが魔女狩りだと言うならアンタの方が麻痺してるよ



134 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 01:44:22 ID:87P3qtU9
>>132
ニュートラルに思考できればそれでいい。
その上で死刑存置ならそれでも良いんだよ。
ただ、その場合は俺の指摘する矛盾の説明をもとめるけどね。
変な妄想野郎や、実質前スレの1みたいな痛い奴や、健忘性ループ野郎みたいな奴が議論の足を引っ張るから、俺も用心しちゃうだけで。
何だったら、誰が何といおうと死刑じゃないと自分は納得出来ない、みたいな主観のみのレスだって良い場合もあると思う。
それを麻痺と言ってるだけだから。

そんなことより、もっと堂々と刑罰を課そうよ。
刑罰を課すのに矛盾があってはいけないと思う。
「お前、一生刑務所から出てくるな」
こういうのが限界なんだよ。現状は。

>>133
何?逆鱗って。
あなたとはニュアンスが違うよ、とは言ってるがあなたの意見に反対はしてないんだけど。
あと、こうなんじゃない?、の部分は敢えてぼかした。
何回も同じことを言う必要は無いんでね。
これは、魔女狩りも同じ。

135 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 02:53:56 ID:cIjCBxK1
健忘性ループだ!厨がまた出たよ・・・
空気嫁

136 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 03:23:06 ID:PrVIv2b1
世界各国のチンポの大きさ平均値(勃起時)

|iiiiliiiii|iiiiiliiii|iiiiliiiii|iiiiiliiii|iiiiiliiii|iiiiliiiii|iiiiiliiii|iiiiliiiii|iiiiiliiii|iiiiiliiii|iiiiiliiii|iiiiiliiii|iiiiliiiii|iiiiliiiii|iiiiliiiii|iiiiiliiii|iiiiiliiii|
0   1   2   3   4   5  6   7   8   9  10  11  12  13  14  15   16  17
                             ↑.         ↑   ↑      ↑
                             韓          日   独      仏
6.2in(16.7p)  フランス
5.9in(15.0p)  イタリア
5.9in(15.0p)  メキシコ
5.6in(14.2p)  ドイツ
5.5in(14.0p)  チリ
5.4in(13.8p)  コロンビア
5.3in(13.4p)  スペイン
5.1in(13.0p)  日本
5.0in(12.8p)  アメリカ合衆国
5.0in(12.8p)  ベネズエラ
4.9in(12.4p)  サウジアラビア
4.8in(12.2p)  ブラジル
4.8in(12.2p)  ギリシャ
4.0in(10.0p)  インド
3.7in(09.4p)  韓国

ソース
http://www.altpenis.com/penis_news/global_penis_size_survey.shtml
参考
http://home22.inet.tele.dk/flash/swf/gamemun.swf




137 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 04:17:40 ID:PT9XR0pm
1. 主観的な善悪で死刑を拒否する人
2. 死刑の代替にできる刑罰が存在、もしくは案出できると考える人
3. 要・不要で考えるなら死刑まではいらないのではないかと考える人

これ以外の根拠で死刑の廃止を主張する人はいますか?

138 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 10:13:25 ID:se/9ry2E
廃止論者が思った以上に思い上がっててワラタ

139 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 19:22:40 ID:5oJrdwbD
今日の朝まで生テレビ
激論! ”検察の正義”とは何か?!

大谷昭宏(ジャーナリスト)
小沢遼子(評論家)
郷原信郎(桐蔭横浜大学法科大学院教授、元東京地検検事)
鈴木宗男(新党大地代表、衆議院議員、一審実刑:控訴中)
土本武司(白鴎大学法科大学院院長、元最高検察庁検事)
永野義一 (神奈川大学専任教員、元最高検検事)
中山信一(鹿児島県議、志布志市冤罪事件被害者)
平沢勝栄(自民党、衆議院議員、元警察官僚)
宮崎学(作家)
村岡兼造(元衆議院議員、日歯連1億円ヤミ金献金事件:上告中)
鷲見一雄(司法ジャーナル代表取締役)

色んな所に貼り付けて、多くの人に知らせてあげて 、みんなで考えよう。

140 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 15:49:49 ID:FMENW/ru
結局死刑存続と言うことでOKですね。

141 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 18:12:20 ID:hbGNLjDM
でも死刑存続の論拠って特に無いよ

142 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 18:36:10 ID:+Spn3YMQ
死刑廃止の論拠も無いから、世論を尊重すると存置しかない。

143 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 18:56:41 ID:+Spn3YMQ
21歳男が「刑務所入りたい」と放火
ttp://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20071201-OHT1T00146.htm

死刑がなくなると、こんな動機の奴はノーリスクで
むしろ被害がでかくなるほど得するんだぜ?

144 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 21:03:40 ID:B0+oOcTw
>>143
こういう輩は、無期や不定期刑まで望んでないんじゃない?
死刑以前のところに限界があるのなら、死刑には関係ないかと。

145 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 01:03:15 ID:Cv205m9c
死刑宣告されて執行までおよそ5年は塩漬けにされんだから
その間に再審請求が通るような要素が提出されなかったのなら
その後に判決が覆るような新証拠がみつかる可能性は低いだろう。

冤罪の者が死刑執行されて再審要求権が保障されないなんてケースはごくわずか。
仮に法の理念を100%遂行できなかったとしても
その是正にかかる社会的コストとリスクを考えれば
そのわずかな穴のために制度そのものを否定するには及ばないというのが
常識的な判断なわけ。

どんな制度にだって不備はある。だからこそ常識的に
そのリスクと是正の社会的コストを天秤にかけて判断してる。
社会人はみんなそこんとこわかってんだよ。

頭で極めて確率の低い理念の穴を一つみつけたからって
大はしゃぎで制度自体を否定したり、まして
自分だけがわかってるかのような尊大な態度を取ったりしない

146 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 02:46:27 ID:r0JOGthr
>>141
死刑は経費が安い(即座に執行できればだが)。
懲役・禁固は「犯罪者を税金で養う」という致命的な欠点がある。

従って、罰金・反則金以外はすべて死刑にすべき。

147 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 02:48:58 ID:r0JOGthr
つまり、すべての刑罰を金で解決すれば、よくね?
死刑相当の罰金が確定できれば、死刑も廃止できるぞ!

148 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 06:31:48 ID:+1ICOgVp
>>144
むりやりだなw
どう考えても関係ある

149 :朝から全突破:2007/12/03(月) 06:36:43 ID:zoeCsgNM
>>147 ナイス!!
それは名案なんだが、そうはいかの金玉なんだな。人には感情という物があってな・・・。
義理と人情がないとな・・・。(笑)
義理がけ倒ししないようにね。(ぼそっ)

150 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 14:03:38 ID:iVELT2zQ
金で解決する世の中に拍車がかかる

151 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 14:05:48 ID:r0JOGthr
>>149
> >>147 ナイス!!
> それは名案なんだが、そうはいかの金玉なんだな。人には感情という物があってな・・・。

うむ、確かにそゆ面もあるやもしれず、だが、
現代資本主義において、勘定は感情を超えるのだ!
と、あえて言いたい( ̄ー ̄)ニヤリッ

152 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 15:09:15 ID:rG90gp7a
>>145
問題は、死刑をやるメリット=廃止するリスクがはっきりしない点だな。

>>137
それって、“死刑は無くてもさしたる問題が無い”という前提だけど
死刑なんて役に立ってなくて、ない方が効果的な犯罪対策ができるっていう廃止論もあるよ。

153 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 17:57:43 ID:+1ICOgVp
>>152
>死刑なんて役に立ってなくて、ない方が効果的な犯罪対策ができるっていう廃止論

それは2に入るだろ。

154 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 18:54:14 ID:d7UKvynV
存置派も廃止派もどこまで多角的に見ているのか疑問だ。
凶悪犯を死刑で殺す場合と殺さない場合との「世界に与える影響」について
もっともっと考察しないといけないんじゃないのかな。
答えをだすのは全ての可能性を議論してからでも遅くない。
もちろん俺や皆が気ついてない「ある種の可能性」もあるだろうし
それらは議論しながら引き出していくべきではないのか?
賛成反対の論破にしか目が行かない連中には無理だろうけど。


155 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 19:30:24 ID:r0JOGthr
やっぱり金で解決すべきだと思うな。

どうだろう?死刑を廃止して、廃止後の死刑相当の刑罰を
維持する費用を、通常の税金とは別個に負担して貰う。
まず死刑廃止に賛同もしくは反対である事を、在住する地
方自治体に届出て貰う。
無届の場合は、賛同と同じ扱いとする。
そして前年度の費用を特別徴収税額として賛同者にのみ
上乗せする。

こうすれば、死刑になるべき犯罪者を生かしておく費用は
生かしておきたいと考えた者のみが払う事になる。

但し、このシステムでは死刑と同等の効果が得られなけ
ればならない訳だから、受刑者は2度と社会に復帰させて
はいけない。

156 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 19:38:47 ID:r0JOGthr
つまり、完全に社会と隔絶して生かしておく。
刑期の短縮などありえない。自然死するまでが刑期。
差し入れ、面会、手紙のやり取り等の通常の社会との
接点は一切なし。

死刑と同等、しかも死刑を容認する立場にとっては、
一切社会的な負担なし、これでどうだろう?

157 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 19:39:33 ID:+1ICOgVp
>>154
むしろ今はあらゆる可能性を無秩序に考えているのが問題なんだよ。
正しいとも間違いとも証明する方法がないから、どんな仮説でも立てられ、どんな難癖でもつけられてしまう。
無限の可能性が考えられ、無限に言い逃れができるから、全ての可能性を考えてから何かするなんて不可能。
神様が今何を考えてるかを議論しても、有用な結論が出ないのと一緒。

で、そういう可能性を持ち出して現状を否定しようとして、そのつど逆の可能性を示されて
毎回廃止論側が自滅し続けてるのがこの手の議論の実態。
存置側が考察において必ずしも勝ってるとは思わないが、
基本的に廃止論者が火の無いところに煙を立てているだけなので
存廃同列に見るのは誤り。
日本では廃止論と存置論の間には、加害者と被害者くらいの開きがある。

158 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 19:43:03 ID:r0JOGthr
あっと、忘れてたけど受刑者には健康で長生きして貰いたいから
ビリーズブートキャンプのDVDは、完備しておく(σ´∀`)σゲッツ!!

159 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 20:33:52 ID:4mYf6jBw
死刑囚がどんなに刑務所内労働で稼ごうと思っても、刑務官の給料相当額すら
稼ぎ出すことは難しいだろうね。
つまり、長くいればいるほど税金を食いつぶすということだな。

160 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 20:52:37 ID:+1ICOgVp
>>159
というか、採算が取れるような仕事があるなら、先に犯罪者でない求職者にいきわたらせるべきだから
土台採算で考えるのは難しい。

採算が取れる仕事だったら、実際には人権どうこうで難しいが、一般人がやりたがらない、
又はさせられない条件の労働でないと、筋が通らない。
同じくらいの能力の人で比べて、犯罪者の方が得するような事があってはならないから。

161 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 20:55:28 ID:cJCzxo/h
がんがれ年末議論w 長文矢印早く視ね

162 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 21:02:58 ID:4mYf6jBw
死刑執行ボタンは、服役中の死刑囚にやらせてはどうだろうか?

163 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 23:01:33 ID:Hh+yW4qE
日本人はある意味、全員殺人経験者です。

正当防衛を主張している少女を非難する投稿が見受けますが、
なんだか日本人特有の穢れ思想をふりかざしてるようで気持ち悪いです。
獣の肉は食っても獣はある階級に殺させて、
「自分は穢れてない」と言っている感じです。
それで正当防衛で自分の身を守るために中年男性を殺した少女に
殺人者の烙印を押して非難してる。

あのですね。日本人は全員が合法殺人とはいえ殺人者ですので、
なぜなら日本には死刑制度がありますからね。
例え、犯人に裁判長が死刑の判決を出し、
法務大臣が死刑執行命令書に捺印し、
刑務官が死刑執行を行おうとも
それらは彼らがあくまで勝手にやっている事ではなく、
死刑制度を支持し維持している日本国民全体の意思を代行しているにすぎないのですから、
死刑囚が縊り殺される責任は日本人全員にあります。
綺麗な体の日本人など一人もいません。
もちろん、私もその一人だとは思ってます。

「私が直に殺しているわけではない」という反論もあるかもしれませんが、
麻原とか八木茂みたいに一人も自分自身では手を汚さずに死刑囚になった
人物もたくさんいますので。

皆様、どう思われますか?

164 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 23:41:35 ID:OpzL1W2s
>>163
それこそ社会的コスト。
応分に負担している。

165 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 23:49:20 ID:+1ICOgVp
コピペだろうが

>>163
死刑憎しの曇った目で作った、的外れの難癖と言わざるを得ない。

そんな理由で人を殺人経験者呼ばわりするのは
「子供を作る奴が人類の苦しみを生んでいる」とかいうレベルの言葉遊びに過ぎない。

また、死刑でなければ監禁致死しても恐喝しても汚職や横領してもさして問題ない
などと考えているのなら、それは人間として最低の思考回路。
倫理を語る資格は無い。

つまり君の言ってる事は、世の中の事が全て汚く見える反抗期のようなレベルで
火の無いところに煙を立ててるだけと言える。

166 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 23:49:41 ID:rxKcqTOM
>>157
冤罪云々の場合、「0では無い」が出発点だから火の無いところに煙は言い過ぎじゃないかなw
どうしてそこに、彼等がその「0では無い」状態にこだわるのかが謎なんだけど
現状で0では無いと承知している上での存置だと説明しても
納得してもらえないのと同じなのかもしれんなぁと近頃思うようになった
又、可能性の中でなぜ「冤罪なのに死刑を執行して死なせてしまう可能性」だけなのかも不思議だが
世の中いろんな人間がいるからバランスとれてるんだろうな・・



167 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 00:22:05 ID:uToxqdU+
>>166
では火がある煙だと考えてみてもいい。

その場合もやはり、「可能性が0ではない」という事を言い出した時点で、その廃止論は自分の首を絞めている。
なぜなら、冤罪死刑のように「無実の人間が死ぬ可能性」を絶対に許さないのなら、
死刑廃止によって生き延びた死刑相当の凶悪犯が、刑務所内外で新たに犠牲者を出す可能性も絶対に許されなくなるので、
死刑がある状態と無い状態での、犠牲者の数の比較になってくる。

そして、可能性の大小でいえば、国が何年もかけて裁判をして無辜の人を殺す事よりも
生きている凶悪犯が近くにいる人間を手にかける事の方がはるかに多くありうる と考えられる事から、
死刑より死刑廃止状態を先に廃止しなければならなくなる。
「可能性が0ではない」ことが理由の廃止論は、こうして矛盾し破綻する。

つまり、死刑に火は実際にあると考えると、廃止論には同等以上の大きな火が燃えていることになる。
しかしこの「0ではない」の廃止論者は、自分に火がついているとは言わないし思ってすらいないだろう。
廃止論の火の大きさが0ならば、死刑の火は0以下なので、
廃止論者が自分に火が無いというならば、死刑もそれ以上に火が無いといえる。

要するに「火が無い」ことにしているのは、他でもない廃止論者自身なので、いいすぎでもなんでもない。

168 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 00:27:25 ID:QYul1HA0
>>153
代替ってのは、”代わりがきく”って事だろ?
弊害もあるので、代わりのきく他の方法を使おうってさ。
そうじゃなくて、普通に死刑なんてない方が効果的って事だから違う。

>>166
>どうしてそこに、彼等がその「0では無い」状態にこだわるのかが謎なんだけど
それは簡単。
メリットがたくさんある、リスクが0ではない、ならば0でない事にこだわる必要は無いだろう。
懲役刑みたいに、刑務所に入れるメリットがたくさんあり、冤罪のリスクはあるが最低限、
それなら、リスクを0では無いってのにこだわる必要ないよね。

しかし、死刑に関しては、リスクが懲役刑なんかに比べて極端に大きいうえ、
メリットがはっきりしない。死刑存置派の脳内では、死刑があるだけで世の中ハッピーかもしれないけど、
懐疑的な人からはとてもそうは見えない。
ならば、メリットが無くてリスクが0ではない、ってことはやる意味無いっていう事になる。
リスクが0ではないってのは致命的な欠陥なわけ。

169 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 00:28:26 ID:uToxqdU+
>>168
残念ながら、もうそれでは人は騙せない時代に来ている。

170 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 00:33:09 ID:QYul1HA0
>>167
>死刑廃止によって生き延びた死刑相当の凶悪犯が、
ったって、死刑囚自体が年間10人増えるかどうかだし、
その人たちが刑務所外に出される可能性はまず無い。
犠牲者数は変わらない。

171 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 00:46:26 ID:uToxqdU+
はあ。
なんでかわからんが都合の悪い可能性は全部無視したいんだね。

誰か他に本気で>>170の間違いを聞きたい人いる?


172 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 00:47:41 ID:XmEZh7bl
>>170
>その人たちが刑務所外に出される可能性はまず無い。

福岡だったかな?刑務官が死刑囚の脱走の手助けをした事件があったな。未遂だったようだが。
人間が作った物で人間が管理する以上、絶対はありえないね。
死刑があってもなくても言えるけど、死刑囚が増え続ければ可能性も増すね。

だがそれ以上に凶悪犯が生き続ける事の「社会への影響」の方が心配だ。
誰も言わないが、悪のカリスマになり得る可能性を否定できまい。
終身刑ならいずれマスコミもいじりにくる可能性も否定できない。

173 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 01:03:19 ID:zlYSi6lC
>>167
今までに何度もそのように丁寧に説明する人がいたが
廃止側の人達から、言ってることはわかりますみたいな返事が
ほとんどと言って良いほど来ないのはなぜなんだろうな?と思うんだよ

>>168
致命的と考えているのは知っているよw
なぜそれほどまで今「致命的」と考えるのかがよくわからないんだ
俺は存置派だけれど未来永劫ずっとそうかどうかはわからない
現時点で致命的なので廃止すべきとまでは思わないってだけだから
もし将来、何か今までは知り得なかった事実が明るみに出るとかすれば考えは変わるかもしれん

174 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 04:48:23 ID:5dZS/aUR
コストだのリスクだのその他etc…。
全部ループだな。
数日寝かせて置いたけど、結局反証はないのね。
魔女狩り推進論者は魔女狩りさえ出来れば何だって良いんだな。
アホくさ。

175 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 06:59:32 ID:96tzDXGL
ループであると認識できるだけの脳味噌があるはずなのに
なぜかループにとどめをさせるだけの論述ができない。
実に不思議だが、所詮、その程度の脳味噌という事だ。

> アホくさ。
大抵の場合、捨て台詞を吐く方が社会通念上は、小物で
あると言う事に、何時になったら気付くのか?

なにより、何度も何度も捨て台詞を吐きに来る精神状態が
心配だ。一度、神経内科にお世話になってみる事を勧める。

176 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 07:49:15 ID:DhtmYsJP
>>163
その論理で行くと・・・、
殺人犯と同じ社会に生きることを黙認している人間は、殺人ほう助罪に
問われるということになりますかね?w

177 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 11:32:33 ID:XmEZh7bl
>>174
>魔女狩り推進論者は魔女狩りさえ出来れば何だって良いんだな。

意味がわかんないね。何がどうしたら魔女狩りなの?

178 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 11:42:42 ID:i/ia6t+X
>>177
誰かを意図的に死刑囚に仕立て上げる事が出来ると思ってるんじゃない?


179 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 11:53:23 ID:P901i4It
魔女狩りの意味分かってんのかねえ

180 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 15:53:13 ID:6/dJrLLp
こいつの頭の中は中世で止まってんだろ

181 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 17:05:46 ID:uToxqdU+
こういう事ばっかり言ってるから廃止論は支持率を伸ばせないんだけどね。
逆に言えば、口の減らない廃止論者は、実は全員死刑推進論者の工作員と疑える。
それくらい日本の廃止論は質が低い。

182 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:12:00 ID:uKkXx89A
議論になってないだけにも思う

183 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:06:34 ID:gTRLxTZx
確かに廃止論が自分の首絞めてるだけで
議論では無いな。

83 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)