2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【証券】大手信託銀行:株券電子化で代行管理、系列を超えた提携も…三菱UFJは14地銀と・みずほは事業会社向け [07/12/03]

1 :明鏡止水φ ★:2007/12/03(月) 07:58:20 ID:???
 大手信託銀行が平成21年1月の株券電子化(ペーパーレス化)を控え、金融機関や事業会社が
担保として保管している株券の代行管理業務に相次ぎ乗り出す。三菱UFJ信託銀行は、地方銀行が
融資担保として保管している株券を代行管理するほか、みずほ信託銀行も事業会社が持つ株券の
管理サービスを年内にも開始する。電子化に伴う手続きの煩雑さを回避し、コスト軽減にも
つながるとアピールし、新たな収益源に育てる考えだ。

 株券は金融機関が融資の際の担保にしたり、事業会社間でも信用補完、売掛債権の担保として
使われてきた。これまで担保取引は、現物の株券を介して行われていた。

 21年1月に予定されている株券電子化後は、金融機関に証券口座を開設し、改めて担保設定する
必要がある。ただ、手続きが煩雑なことや、口座管理などに費用がかかるなどの難点が指摘
されている。

 そこで、三菱UFJ信託は、地銀が融資担保として保有する株券を代行管理するサービスを21年
までに開始する。すでに武蔵野銀行(埼玉県)、十六銀行(岐阜県)、泉州銀行(大阪府)、南都銀行
(奈良県)、紀陽銀行(和歌山県)など14地銀が同サービスを利用することが内定している。

 三菱UFJ信託が契約窓口となり、子会社で資産管理業務を手掛ける日本マスタートラスト信託銀行
に証券口座を開設して株券を管理する。

 一方、みずほ信託は9月30日施行の改正信託法で可能になった担保権信託(セキュリティートラスト)
の手法を活用し、事業会社の担保株券の代行管理を始める。第一弾として、住宅設備機器大手の
INAXが保有する担保株券の管理契約を年内にも締結する。

 INAXは販売業者との取引で、売掛債権の担保として株券をおさえている。これまで担保権は
債権者であるINAXが管理していたが、これをみずほ信託に信託。債権が仮に回収不能となった
場合は、みずほ信託が担保株券を処分する。株券の電子化後は、みずほ信託に証券口座を開設、
引き続き担保権を信託する。

 株券電子化に対応するため、系列を超えた提携も始まっている。中央三井信託銀行とみずほ信託は、
証券代行業務のデータ管理などを手掛ける共同出資会社を20年にも設立することで合意している。
株券電子化で新しいシステムが必要となるため、共同出資会社で業務の効率化を進める。

 ■株券電子化 上場会社の紙の株券を電子化(ペーパーレス化)する措置。偽造や盗難を防げる
うえ、印刷代がかからずコスト削減につながる。平成21年1月に実施予定で、証券会社などで
必要な手続きをしないと自宅や貸金庫で保管したままの「タンス株」は“紙くず”になり、株主の
権利を失う恐れもある。電子化後の株券は「証券保管振替機構(通称・ほふり)」に預託され、
金融機関に開設された証券口座で管理される。


▽News Source FujiSankei Business i.on the Web 2007年12月03日
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200712030005a.nwc
▽三菱UFJフィナンシャル・グループ 株価 [適時開示速報]
http://www.mufg.jp/
http://company.nikkei.co.jp/index.aspx?scode=8306
http://smartchart.nikkei.co.jp/smartchart.aspx?Scode=8306.1
▽みずほフィナンシャルグループ 株価 [適時開示速報]
http://www.mizuho-fg.co.jp/
http://company.nikkei.co.jp/index.aspx?scode=8411
http://smartchart.nikkei.co.jp/smartchart.aspx?Scode=8411.1


2 :名刺は切らしておりまして:2007/12/03(月) 08:30:46 ID:Aer2OJ/n
2

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)