2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【鉄鋼】『産業のコメ』--日本の近代製鉄150周年、岩手・釜石で記念式典 [12/2]

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2007/12/02(日) 00:58:14 ID:???
日本で近代製鉄が始まって150周年にあたる12月1日、初の洋式高炉による製鉄が行われた
岩手県釜石市で記念式典が開かれた。

JR釜石駅前にできた記念モニュメントに、新日本製鉄釜石製鉄所で1989年に停止した
高炉の火がともされた。

モニュメントはステンレスのアーチ型で、高さ約3・8メートル。釜石鉱山から採掘した
約4・8トンの鉄鉱石と、大島夏江さん(84)の筆による「ものづくりの灯を永遠に」との
プレートがしつらえられた。大島さんは、洋式高炉での製鉄に成功した南部藩士、大島高任
(たかとう)のひ孫にあたる。

新日鉄の三村明夫社長は1日、釜石市で記者会見し、鉄鋼メーカーの歴史を振り返りながら、
「どんな産業、企業、商品も安泰はあり得ない。大変な状態になっても、努力すれば復活できる」
と述べた。

砂鉄を使う「たたら製法」から、鉄鉱石を原料にする近代製鉄への転換は、1857年(安政4年)
12月1日(新暦では1858年1月15日)とされる。

「産業のコメ」とされる鉄鋼は、明治の近代化や戦後の復興を支えてきた。1900年にわずか
1000トン程度だった粗鋼生産量は、2007年、1億1947万トンと34年ぶりに過去最高
を更新する見通しだ。

2度のオイルショックや80年代後半の急激な円高、97年のアジア通貨危機などで需要が激減、
設備が余る苦難の時代もあった。設備廃棄や人員削減の課題に直面し、02年、NKKと川崎製鉄が
経営統合、JFEホールディングスが発足する大型再編が起きた。

その後の安定期を経て、鉄鋼メーカーには今、世界規模の再編の波が押し寄せつつある。
06年には、粗鋼生産量が年1億トンを超える世界最大手アルセロール・ミッタル(ルクセンブルク)
が誕生し、優れた技術を持つ日本メーカーへも関心を持っているとされる。

住友金属工業、神戸製鋼所と提携を結ぶ新日鉄は、中国やインドの最大手との連携強化を相次ぎ
打ち出している。

◎ソース 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20071201i414.htm

2 :名刺は切らしておりまして:2007/12/02(日) 01:12:02 ID:LeN3QuiX
ミタルに負けるな2ゲット!!

3 :名刺は切らしておりまして:2007/12/02(日) 05:49:33 ID:rGOVB+ly
鉄鋼がんばってほしいね。

4 :名刺は切らしておりまして:2007/12/02(日) 08:53:07 ID:YMyEFHwy
産業のコメは半導体

5 :名刺は切らしておりまして:2007/12/02(日) 08:58:52 ID:YMeirk8A
>>4
輸入物が欠かせない半導体は、産業の小麦と言った方が合ってるな。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)